ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

タグ:戦争と平和 ( 117 ) タグの人気記事

ミクロネシアには「国家」による死刑はありません!

a0043520_814461.jpg

ここんとこ毎日「潮」づけで、楽な海モノ記事ばかり書いているけど、心にド~ンとのしかかっていることがある。それは、ニホンがとんでもなく民度許容性のない国へと転落していくのを見ている悲しさだ。はい、わたしにゃ関係のないことです。ニホンがどういう国になろうと、わたしはその流れに従わないし、ず~っと、思ったことを表現していくつもりだから。どんなことがあっても、たとえ檻に入れられようとも。キッパリ!

人を憎む、殺してやりたいほど憎む
思わずカーッときて殺してしまった

こんなことは、ニンゲン社会である限り、どこにでもありえる、起こりえること。そして、殺された側(死んでしまったヒトではなく、愛するものを奪われ残されたモノ)にも、同じ感情を産む。憎しみ、因縁の連鎖...

それらは、きわめて個人的なことだ。われわれ「自ら」が処理するべき問題だ。
間違っても、「国家」に自らの「復讐」を求めちゃいけない。
憎かったら、殺したいほど憎かったら、自らが殺人者となれ!
もし、そうすることでしか自らを救済できないのであれば。

国家=権力に、国家の構成要素である民を殺す権利を与えてはいけない。
絶対に、いけない。
いつからニホン人は、お上が自分を守ってくれる-と「信じ」られるほどノーテンキになってしまったんだ?

テレビや、新聞や、週刊誌や、漫画や、いろんなメディアが豊富なわりには、いや、それだからこそ、どんどん心の幅を失っていく人々とその社会。

学校に行かなくても、文字を知らなくても、じっとヒトと自然に接して生きれば、おのずからの生に対する倫理は身につく。そこんとこの基本が、失われてしまった、壊れたニホン。

その口から出るコトバは、実態を持たない空っぽなカスばかり。
カスともしらずに、カスにカスの上塗りをし、カス同士で「議論」とやらをやっている。

そんな心貧しい世相で、来年から裁判員制度が導入されようとしている。

しかも....

情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
速記録は見られないけれど、大丈夫?…裁判員が参照できる証言はDVDなどのみ
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/
e/aaa00b4f553549372026733a22a58d06

かつて多くのニホン人は、「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」という法然サンや親鸞サンの言葉をちゃんと理解し受け入れるだけの知性があった。それは文化である。その文化をかなぐり捨てて、メディアの喧伝にのせられ、どんどん野蛮な国に成り果て、その行き着く先は...?

(追記)
歎異抄を久しぶりに(なん10年ぶりだろう!)読み返してみたら、こりゃまたなんと革命的な!(笑)。また、
松岡正剛さんの親鸞・唯円『歎異抄』1954 角川文庫梅原真隆 訳注の「要約」
瑞興寺の和尚さんの歎異抄「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」のコメント
がぶっとぶほど面白い。
歎異抄の全文は、こちらのサイトでも読めます:
歎異抄
歎異抄は、権威、権力にふんぞりかえるモノたちにとっては、まさにコワイ書物でありますなあ!と同時に、それらの権威、権力の側に身を置かないモノたちにとっては、精神的自立へのガイドブックともなる。中学生のとき読んでぶっ飛んだ気持ちを、今回もういちど新たにしましたデス。はい。(字句は忘れてても、そのぶっ飛んだ気持ちがずーっとわたしの人生のベースになってたことがわかったのも、嬉しかったなあ)

というわけで、以下は元通りのエンディング:

裁判員制度の導入に慎重でありたい。


※思いつくままを書いています。こういう表現についていけない方は、どうぞご退場ください。

<追記>
1) ゴンベイさんとノリタケさんにご指摘いただいたとおり、最初の稿は「民度」というコトバを多用していました。たしかに、これはマズイ....で、直しました。ご両人の「民度」についてのご指摘は、コメント欄を参照してください。

2) 「カルマ」としていた部分も、「因縁」に代えました。

3) 「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」の言いだしっぺに法然サンを加えました。

4) 歎異抄について、思いっきり追記しました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-05-04 08:57 | 新聞捨ててテレビを消そう

覚えておきたいこと、見張っておきたいこと

a0043520_16235149.jpgまずはじめにお知らせです。こちらの記事に少し変更を加えました。記事の末尾と、コメント欄の末尾あたりをお読みいただければ顛末をご理解いただけるかと思います。ただし、興味のある方だけで良いですよん(笑)。
[911の真実] それでも王様は裸だ!(笑)<追記あり><さらに変更あり(笑)
http://suyap.exblog.jp/6608512/

a0043520_16243139.jpgさて本題は、4月17日に名古屋高裁で出された自衛隊のイラク派兵は憲法9条違反だとする判決です。覚えておきましょね~♪♪

天木直人さんや池田香代子さんを含む1000人以上の市民が原告となって、自衛隊のイラク派遣差し止めと損害賠償の支払いを求めていたものが、却下という判決ではいちおう被告の国側勝訴となりますが、勝った国側は上告できない!わっはっは~

原告のひとりの天木さんもこう書いておられます:
この判決は、戦後の憲法9条(戦争放棄、武力の不保持)をめぐる数ある違憲訴訟の中で、政府が決定し、実施した自衛隊の活動が、たとえ一部であるとしても、「違憲である」と司法が明確に判断した、戦後初の画期的な判決であるということである。
   ~~中略~~
すなわち判決文は、たとえ政府と同じ憲法解釈に立ち、イラク特措法を合憲とした場合であっても、自衛隊の活動の一部、つまり航空自衛隊のバグダッド空港への多国籍軍の兵員輸送活動は、イラク特措法にも、憲法9条にも違反している、と断じたことである。
下された正義ー名古屋自衛隊イラク派兵違憲訴訟の判決と真の立役者
そして、この判決を出した青山裁判長は、判決の日を待たず定年まで2ヶ月を残して依願退職されたそうだ。


続きを読む
by suyap | 2008-04-19 12:15 | ヤップでつらつら政治など

右の左の言ってる場合じゃない、仕掛けの大元は誰だ?

a0043520_2353168.jpgきょうはミル・チャネルでスノーケリングをした。途中で少し雨がきたけど、お天気はおおむね良好、小潮のためブルーの水は期待できなかったが、浅いところの透明度はまあまあだった。ゲストはそれぞれのペースでお楽しみのようなので、わたしはそれとなく安全確認をしつつ、まわりで泳いでて...ハナゴイさんはきょうも美しかった(笑)。

a0043520_2361635.jpg水中では、浮力や抵抗といった陸上とは違った力を受け、重力からはかなり解放される。それと関係あるのかどうか知らないが、わたしの頭の中も、水中では陸上とは違った感覚で思考が結びついたり、ときに何かひらめいたりする。きょうもそんな一瞬が、オレンジフィン・アネモネフィッシュを眺めながら訪れた。

a0043520_2365143.jpgもちろん、それには陸上から引きずってきたどうにも解せないこととか、不思議でしようがないこととかがあってのことだけど、それらが水中で何の脈絡もなく、すら~っと解けちゃったりするんだよね。このハナビラクマノミもびっくりって感じで(笑)。

それで、きょうは何がひらめいたかというと、映画「靖国 YASUKUNI」の上映を、必死になって妨害・阻止しようとしている連中の黒幕は、右翼でもなんでもなくて、ニホンをアジアから孤立させておきたい奴ら、そうすることで得する奴ら、じゃないかってこと。そして、それは複雑で大きな組織として、ニホン中をおおっているということ。その大元は必ずしも日本人とは限らない、アメリカ人だってヨーロッパ人だっているかもよ。国境を超越して金儲けを企む奴ら...と、その下部組織(某&某-宗教団体+マフィア、麻薬組織、暴力団)。その政治家を対象にした下部組織が、日本会議であり、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(←こんな小学生レベルのネーミングでよく恥ずかしくないね!)の連中であり...、大元からのおこぼれに群がる売国奴ども。
 

続きを読む
by suyap | 2008-04-14 23:00 | 新聞捨ててテレビを消そう

ミャンマーとチベットとヤップの暮らしと

a0043520_651546.jpgヤップではおだやかな春の日々が続いているが、石油の高騰とともに光熱費がシャレにならないくらい値上がりし、生活に大きな影響が出始めている。

ときどき店のパソコンを使わせてあげているビルマ人の若い友人が、読んでいたメイルから顔を上げて、軍政府がまた僧院を包囲しはじめているようです-と悲痛な声をあげた。チベットの騒ぎと関係があるのかしらね...と、わたし。

日本でもチベット人への中国政府の弾圧は大きく報道されて、中国政府のやり方に非難が寄せられているが、なぜこの時期にチベットでこのような騒ぎが起きているのかという問題の核心に触れる記事が表に出てこないのは不気味に思う。わたしもビルマ人の友人も、昨年の夏から秋にかけてミャンマーで起きたことと今回チベットで起きていることに、同じ臭いを感じているのだ。

昨年のミャンマーのムーブメントについては、わたしもFree Burma! 追記ありという記事を書いたが、なにか腑に落ちないものがあったので、「追記」として少し書き足しておいた。ミャンマーやチベットの人々が、表現信仰教育結社通信などの自由(基本的人権/ヒューマン・ライツ)を武力によって奪われているのは事実であり、彼らがヒューマン・ライツと取り戻せるようにサポートするのが、国際社会(他の地域に住むわたしたち)の義務だと思う。それはまた、わたしたち自身のヒューマン・ライツを向上させることでもあるのだから。しかし、どうやって?

去年のわたしの中では、オノ・ヨーコさんのメッセージが強烈に響いた。
彼女は事態の真相を知っている。だから、こういうメッセージを発表したのだ。
と思った。命を差し出してまで「自由」を求めて闘っている純粋な僧侶や民衆に、祈るような気持ちで発せられた悲しく重いメッセージである。

オノ・ヨーコがミャンマーの僧侶たちへ“生きる”というメッセージ
http://www.latina.co.jp/html/topics/
topics_disp.php?code=Topics-20071005113237
メッセージは、反政府抗議行動を行った僧侶のリーダーたちに送られ、ヨーコは多くの志をもった僧侶たちが「平和と健康のうちに生きること」を願っていると伝えた。
「私は行動を忘れはしません。今、あなた方(僧侶たち)のやってきたことを世界中に伝える仕事がはじまりました。あなた方が生きて健康でいてくれることを願います。世界は、知性と優しさのスピリットを必要としています。あなた方は、シンプルに生存するという事実を通して、世界中の人々を助けてあげて下さい。お願い、この世で生きるということを大切にして下さい。私も同じことをします」(オノ・ヨーコ)
今回は、ダライ・ラマさんが同じようなメッセージをチベットの民衆に送っている。

ダライ・ラマ、「チベット情勢悪化なら引退」
http://www.afpbb.com/article/politics/2362740/2752459
【3月18日 AFP】(3月18日 写真追加)チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は18日、亡命先のインド北部ダラムサラ(Dharamshala)で記者会見し
   ~~中略~~
チベット独立は「問題外」
 チベット独立については「問題外」との見方を示し、チベット人と中国人の共生を呼びかけた。
われわれは中国人と良い関係を構築しなければならない
暴力は誤りだ。反中国的な感情を煽るべきではないし、中国人とは共生しなければならない
 一方でダライ・ラマは、暴動を陰で操っているとの中国政府の主張は否定している。


続きを読む
by suyap | 2008-03-20 05:16 | 戦争はビジネス(怒)

トンボ飛んだ?

a0043520_1395764.jpga0043520_1402654.jpg写真左はヤップのホンモノのトンボ。左は、去年からワシントンやニューヨークの反戦集会で目撃されるようになったロボ・トンボ。もちろんFBIやCIA、軍当局は否定しているが、昆虫型のスパイ兵器の研究はかなり進んでいるらしい。低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの記事からたどった記事:
〇机の上の空 大沼安史の個人新聞「どういうつもりだ、ペンタゴン?! 「サイボーグ昆虫」を開発 デモ監視に「ロボ・トンボ」も登場
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2008/02/post_112a.html
〇ワシントン・ポスト:Dragonfly or Insect Spy? Scientists at Work on Robobugs.
http://www.prisonplanet.com/articles/october2007/101007Robobugs.htm
否定する当局の言い分に対して、デモ参加中に目撃した人のコメント「トンボはかたまって飛ばないよ("Dragonflies never fly in a pack,")」には笑ってしまったが、記事中にニホンの研究者も出てくるので、そのうちニホンの集会にも登場するかもしれない。これからは、集会には捕虫網を持って行きましょう、新種のトンボを発見できるかも(笑)。


続きを読む
by suyap | 2008-02-17 00:41 | 新聞捨ててテレビを消そう

あるイヌの夫婦の会話

a0043520_0465991.jpgねえねえ、あんた、ちょっと起きてよ。
海の向こうのニホンて国ではね、中学生の娘がメリケン兵に暴行されても、ついて行くほうも悪い、だとか、しつけがなっとらんとか言われるらしいわよ。

なんだと?
うちの娘は大丈夫か?

まあまあ、落ち着いて。これはニホンの話よ。
ヤップにも昔はメリケン兵がいたけど、若い子はいくら言っても憧れるもんだわね。昔も相当ひどいこともあったようだけど、そういや、あそこの家の娘は去年メリケンに行ったなり、カリブの属国から来た志願兵にはらまされて帰ってきたわね。男はイラクに行ったまま、いまだに居場所もわからないそうよ。それでもヤップじゃ誰も娘や親が悪いなんて言わないし、みんなで大事に子供を育てるから、ニホンよりマシね。

それにしても、ニホンになんでメリケン兵がおるんだ?ニホンはまだトラストテリトリー(信託統治領)なのかい?

オキナワという島は、ベースだらけだっていうしね。マリーン(海兵隊)ばかりゴロゴロしてるそうよ?

a0043520_048531.jpgなんでマリーンが小さな島に配属されてるんだい?島で戦争でもしてるんかい?

不思議よね~。たぶんイラクに送る前に人殺しの練習をさせてるんでしょ。そういや、隣の家の息子がマリーンに入ってたでしょ。アーミーに入る前はおとなしい良い子だったのに、この前4年ぶりに休暇で帰ってきたのを見たら、ほんとうに人が変わったようになってたわ。もうあの息子はヤップでは暮らせないでしょうね。毎日飲んだくれて喧嘩ばかりして、家族も面倒みきれないようだったわ。



続きを読む
by suyap | 2008-02-14 23:19 | ヤップでつらつら政治など

岩国にはジュゴンもクジラもいないけど、素晴らしいニンゲンがいる!

a0043520_1483481.jpgまた貿易風がびゅーびゅー吹きはじめた。昨夕の地震のあと、今朝まで何回か小さな揺れがあったが、今は納まっている。スタッフのチョメに、きのうの震源はシピンみたいだよ。ヤップもいつか沈むかもねと言うと、マジで絶句していた。トトロの世界で育った彼には、シピンの沈没はわたし以上に身近なのかもしれない。

a0043520_1491072.jpgヤップの沈没も気になるけれど、わたしにはニホンの沈没のほうがより身近で心配だ。列島が海の中に沈まなくても、そこに暮らす人々が気持ち的にも経済的にも沈み込んでしまい、誰かのロボットのようになって生きていかざるを得ないのを外から見ているのはつらい。まわりから最近のニホン人はどうなってんだ?と聞かれると、よけいにつらくなる(ヤップ人からもそう言われることがあるのです-ホント)。

投票日を明日に控えた岩国出直し市長選挙で、ウソこき橋下に応援されるようなウソこき候補が勝ってしまうようなことがあると、ますます心配は強くなる。どんどん変化している世界情勢にニホン人だけ目をつむって、嘘とわかっていながら権力にまかれるほうを選ぶような風潮は、ほんとうにうんざりだ。イルカクジラジュゴンや、はたまたイヌネコなんかが絡んだら、もっと多くのブログが取り上げられるんだろうけど、ニンゲンだけが表に立って頑張っている岩国では、多数の支持が得られずアクセス数につながらないということか?そういうのをポピュリズムっていうんでは...(爆)




続きを読む
by suyap | 2008-02-09 13:44 | ヤップでつらつら政治など

岩国市長選挙-候補者になったつもりの妄想

a0043520_074237.jpg美味しいレンコンの産地、岩国の住民にとって、大変な決断を迫られる日が5日後に迫っている。両サイドの外野がわいわい喧しい状況は、わたしが住民だったらウザイだろうなあ...

自分の頭でしっかり考えて、もう心の決まっている人は断固として信じた方に投票するはず、そういう人たちや市外から駆けつけた賛同者が大量に集まった決起集会の盛り上がりだけで喜んでいては、ちょっとorかなり不安だ。大阪のアンダー・ザ・ブリッジが証明したように、いまどきの選挙は、あれこれ喧しく内容はないけどオモシロイ宣伝に判断を左右されるテレビっ子(歳は取っていてもね)有権者を無視できないし、小さいけどかつての城下町=岩国市の場合は、なんたって地縁・血縁も濃いだろう。そこへ日本の全国民の血税がヒミツの資金(これを官房機密費と言いますけど)としてドバーッとばら撒かれたら...そりゃ、お金欲しいよ、わたしだって(爆)

a0043520_082965.jpgそこで自分が候補者になったつもりで、いっちょ、こんな街頭演説を妄想してみたんだけど...:
市民の皆さん、私は皆さんのご支持を得て過去9年間、岩国市政を務めさせていただいておりましたが、今回改めて皆さんの私への信任を伺うために、しなくていも良い辞任をし、ということは私の安定した収入をも投げ出して、再度市長選に望んでおります。それは、市長には、日頃言いたいことがあっても公に発言する機会のない住民の皆さんの意見を、幅広く取り上げ市政に反映する義務があると信ずるからです。



続きを読む
by suyap | 2008-02-04 21:00 | ヤップでつらつら政治など

ジュゴンが勝訴!

a0043520_0462420.gifヤップでは、ここんとこ貿易風がビュンビュン吹いているが、こんなときって日本は寒いはず。世界の気象もつながってるなあ...。それに海だって!!!

朗報です。
ジュゴンも原告となって米国防長官と国防総省を訴えていた裁判で、サンフランシスコの連邦地裁は、ジュゴン勝利の判決を出した!!!
ジュゴンへの影響考慮を 普天間移設で米地裁命令
(2008年1月25日11時59分配信 中日新聞)
【ロサンゼルス24日共同】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、同県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部に生息する天然記念物ジュゴンの保護をめぐり、日米の環境保護団体が起こしていた訴訟で、米サンフランシスコ連邦地裁は24日、米国防総省に対し、移設に際してジュゴンへの影響を考慮するよう命じた。AP通信が伝えた。
 同地裁は国防総省に、ジュゴンに対する影響評価(アセスメント)を示す文書を90日以内に提出するよう求めた。
 原告は日本環境法律家連盟(名古屋市)や米国の生物多様性センターなどで、2003年9月に提訴した。訴訟はジュゴンが原告に加えられ話題となった。
ジュゴン影響調査命令 米連邦地裁が判決
(1月25日16時00分配信 琉球新報)
普天間飛行場の移設予定地である名護市辺野古沖に生息する国の天然記念物ジュゴンをめぐって、日米の環境保護団体が米文化財保護法(NHPA)に基づき保護を求めた訴訟で、サンフランシスコ連邦地裁は24日(現地時間)、米国防総省が普天間飛行場代替施設建設でジュゴンへの影響などを評価、検討していないことがNHPA違反に当たるとし、同省として公的な環境への影響調査を実施するよう求める判決を下した。
 同地裁は国防総省に対し、ジュゴンへの影響などを示す文書を90日以内に提出するよう求めた。
防衛省=国と県の馴れ合いで環境アセス方法書がごり押しされようとしているこのタイミングで、この判決は大きなサポートとなるだろう。こうなったら大浦湾のアオサンゴも原告に加わったらどうでしょうね>さめさん

判決全文はこちらで
http://www.earthjustice.org/library/legal_docs/dugong-decision-12408.pdf
原告側の代表窓口となっているEarthjusticeのプレスリリース
Federal Judge Rules Against U.S. Defense Department Plans for Airbase in Habitat of Okinawa Dugong


続きを読む
by suyap | 2008-01-25 20:16 | 戦争はビジネス(怒)

藤田幸久議員の911質問@参議院外交防衛委員会について

a0043520_22402174.jpg今回のタイトルも反・陰謀「論」な方々のブーイングを買うだろうが、そんなこたあどーでも良い。まだニホンでは誰も問題にしてなかった2002年2月某日から(ご本人の記述から察するに、きくちゆみさんより早い時期!)、わたしの青天霹靂(へきれき)してしまったのだ。これが書かずにおれようか(笑)

といっても、民主党の藤田幸久議員だって国会で取り上げたんだから...(911が米国政府内部も絡んだ陰謀だよん)などと、鬼の首を取ったように宣伝するつもりはない。逆に、かなり冷めてこの現象を見ている。最近わたしがよくお邪魔する「ジャパンハンドラーズ」のアルルの男・ヒロシさんは、
それで分かったのは、去年末から、国会内でUFOについての議論が突発的におこなわれていた理由である。真実である陰謀を隠す場合に、いかがわしい陰謀に混ぜて、うやむやにしたり、あえてわざと質問する側がそのような「あほ」を気取って質問するということがある。

民主党側で、UFO質問をしたのは、山根隆治議員だったが、おそらく藤田議員との連係プレーがあったのではないか。民主党首脳部としても、UFOと同レベルの議論にしてしまうことで逃げを打つことが出来るから都合が良い。
なぜ国会で不可解な「空飛ぶ円盤」質疑がおこなわれていたか?
http://amesei.exblog.jp/6943568/
という分析をしている。つけられたコメントもまたおもしろい。「陰謀論とあえて蔑まれる所以・・・真実に嘘をまぶせることで自らの身を守る」

いまのニホンの現状を打破するにはとりあえず民主党も注意深く(制御しながら)盛り立てる派なわたしは、ニホンのテレビも見ないし民主党ウォッチャーでもないので、藤田幸久サンという人を全く知らなかった。そこできくちゆみさんの記事に載っていたご本人のHPとブログに行ってみたら...
また、日本政府は、日本人24名が9.11同時多発テロで犠牲になり、従って、「テロとの戦いは他人事ではない」といった答弁を繰り返してきましたが、その確認もきちんとおこなっていないことが今回の質疑で明らかになりました。

例えば、「飛行機に搭乗していた2名の死亡確認ができる資料はなく、具体的な確認はとれない。一般論だが、DNA鑑定と理解できる」という答弁でした。

今、余りに多くの世界中の指導者や専門分野の知識人、アメリカ政府、議会、軍の関係者などが、9・11の再検証を求めている中で、日本も無知ではいられないと思い、いくつかの具体的物証や証言のある以下の材料を選んで質問しました。
藤田幸久Blog:9.11の検証を求めた10日の質問の真意
http://www.election.ne.jp/10870/37036.html
とあり、ニホン以外の世界では常識になりつつある主だった疑問が指摘され、各国の政治家や専門家の見解もまとめられている。それでは、何が藤田議員(+民主党)をUFO談義まで混ぜながら911を国会で取り上げさせたのだろう...?藤田さんてどんな人?:
1975年から77年にかけて、MRA国際親善使節「ソング・オブ・アジア」(Song of Asia)で、アジアの青年50名とともに世界14ヶ国を歴訪。
  ~~略~~
NGO(民間のボランティア団体)の草分けのひとつであるMRA(Moral Re-Armament:道徳再武装 現在はIC(Initiatives of Change))の活動に参加。1984年には国際MRA日本協会(現在の国際IC日本協会)の専務理事になる。
MRA?道徳再武装?なんだなんだなんだあ~~~?
モラルとか道徳という言葉に生理的な拒絶反応を示すイモラルなわたしとしては、すっごく気になるなあ...


続きを読む
by suyap | 2008-01-15 17:11 | 戦争はビジネス(怒)