ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

タグ:レイ ( 3 ) タグの人気記事

香りのアート:ヌーヌー(レイ)の組み合わせ

今年の貿易風のシーズンは、風は強いがそこそこ雨が降ってくれるので、草花もわりと豊富だ。きのうはG嬢が、店番の合間になにやらヌーヌー(ヤップ語で花のレイなどのこと)を作っていた。チョイ(パンダナスの葉)から作った4本の紐で編みこむ本格的なやつだ。

a0043520_1591678.jpga0043520_1595359.jpg
筒状の白い花は、バラウGuettarda speciosa、和名:ハテルマギリ、英名:Zebrawood)といい、ヤップの海岸近くにたくさん自生している樹高数メートルに達する常緑樹のもの。とても上品な香りを持つが、早朝に咲いて日が高くなる頃には落ちてしまう。左右の写真は午前9時過ぎにとったものだけど、もう花は残りわずかだった。大きな実はフルーツ・バットの好物だ。

a0043520_15103791.jpga0043520_15111030.jpg
どの花とどの葉を組み合わせると良い香りになるか、ヤップのヌーヌーづくりには香りあわせみたいなものがある。とくに早朝に摘み取った(あるいは地面に落ちたのを拾った)繊細なバラウの花にの香りには、ゴブと呼ばれるシダの仲間(一番上左の写真で、G嬢の膝の上にある葉っぱ)か、

a0043520_15115855.jpga0043520_15123163.jpg
アールPremna corymbosa var. obtusifolia、和名:タイワンウオクサギ)のと葉の組み合わせが良いという。アールの和名を漢字で書くと台湾魚臭木となって、あまり良い香りを想像できないかもしれないが、食物の嗜好と同じく、香りにも地域や民族なりの嗜好があるものだ。アールの葉は柔らかいので、若い葉っぱを揉んで耳に引っかけて香りを楽しんだりもする。

アールゴブは、グチョルCurcuma longa、ウコン)やモンAngiopteris palmiformis、ナンヨウリュウビンタイ)のように香りが強くないので、同じくかすかな香りのバラウの花と釣りあうのだろう。

a0043520_15135354.jpga0043520_15142567.jpg
さてG嬢の作業は黙々と進む。この手の作業に不器用なわたしは(自分でも作ったことはあるが)、ひたすら側でおしゃべりをする人(爆)。右の写真でG嬢がつまんでいるのはソウル(赤いプルメリアの仲間)、白いプルメリアに比べて香りは弱いが、それがかえってバラウヌーヌーにはマッチして彩も添える。

a0043520_15145886.jpga0043520_15155313.jpg
ヤップのヌーヌー作りも、この10年間で激変してしまった。以前は男も女も日常的にもっとヌーヌーを身につけていたものなのに、最近はずいぶん減ったなあ。それに材料がたくさん必要で編むのに時間のかかるこのタイプのヌーヌーではなく、簡単にチャカチャカ編めるタイプが主流になった。若い子にはこのタイプを作れないのがどんどん増えている。

a0043520_15163322.jpgそんなヤップの変化もどこ吹く風、読書家で手先の器用なG嬢は、本を読んでないときには、ビーズ編み、バスケット編み、ヌーヌー作りと何かしら手を動かしている。このヌーヌーは、ホテルで働いている妹にあげるのだそうだ。

そばでガチャガチャおしゃべりするわたしに付き合いながら、あっという間に20センチくらい編み進んだ。首にかけるヌーヌーなら、ひとつ作るのにG嬢のペースで20分から30分くらいかな。わたしがやると...?2時間かかります、ハイ(とうぜん花も葉もしおれます)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2008-02-16 19:06 | ヤップの伝統文化

ビーチでピクニック!(続編)

a0043520_11283233.jpgお腹もかなり満腹になって、わたしのビールも6本目になった頃、チョメタマの頭に、いつのまにかヌーヌー(花のレイ)が乗っかってるのに気がついた。

a0043520_11275326.jpgとくにチョメの頭からは、なにやらとっても良い匂いが漂ってくるではないか!
注:チョメは帽子の上からヌーヌーをつけてます、念のため(笑)。

a0043520_11244963.jpg良い匂いを放っているチョメのキャップを飾るのは、このビーチの水際にあったテリハボク(ヤップ語ではビヨッチ)の花で、この花のことをヤップ語ではフィトウという。

a0043520_11252732.jpg←これがそのテリハボクの木。年に何回か花をつけるが、今、この木は満開だった。そういえば、この木の花の名は、今年の9月初旬にニホンを襲った台風9号フィトウ(Fitow)の語源でもあった(ニホンではフィートウと表記されているようだけど、正しくはフィウです)。

a0043520_11262533.jpga0043520_1127050.jpg
それを若い女子たちが摘んできて、おしゃべりの合間に作ってはオッチャンたちにあげていた-というより、たぶんオッチャンたちが、ソレ、ヨコセ!と奪った可能性のほうが高そうだ(笑)。ちなみにタマちゃんのスキンヘッドを飾るのはフィトウのつぼみ。なんでわざわざつぼみだけでレイを作ったのか、また、それをもらったのかは不明。本人は明日になれば花開き、オレはそのかぐわしい匂いで目覚めるんだとほざいておりますが…モチロン、アスニナレバ、スベテ、カレテシマウデセウ(爆)。

ところで、今年はヤップのあちこちでテリハボクの開花が1ヶ月くらい遅れているようである。例年なら10月末から11月初めにかけて開花するのだが、どこも今が花盛りみたい。

a0043520_1130663.jpga0043520_11304262.jpg
さあ、子供たちにとっては待ちに待ったケーキ・タイムです。何度も書いたとおり、できるだけ使い捨て容器を使わないがモットーの弊社なので、ケーキの取り皿も海岸に生えていたバラウという木の葉っぱだ。もちろんフォークもスプーンもなし、手で食べましょうね(笑)。

a0043520_11312333.jpga0043520_11315937.jpg
ケーキをほおばる兄・弟・妹(写真右)。ケーキも食べたしぃ、もっと遊ぼうよぅ、また海に連れてってぇ、ねえねえ、どうして海が遠くなっちゃったのぉ!(写真右)。このG嬢の甥っ子2人は、まだ砂(ヤップ語でヤンyaan')と死体(ヤップ語でヤムyaam')が言い分けられず、大人たちの爆笑を買っています。

a0043520_11324054.jpga0043520_11331868.jpg
だんだん陽が傾いて、潮が引いて広がった砂浜を探検に行く子供たち(写真左)。日が陰って涼しくなったビーチ・ハウスでは、ヤングギャルたちが爆睡中…(暗いけど写真右の小屋の中)。

わたしも飲んだビールの数をカウントできなくなってきた頃、チョメからライターをひょいと投げ渡された。そろそろゴミを燃やす時間だ、火を起こせ!とのお達し。ひぇっ、ワタクシ目で大丈夫でござんしょうか?

a0043520_11335945.jpga0043520_11343498.jpg
もちろん大丈夫なわけはない(笑)。みんなの爆笑や呆れ顔に耐えながら、オバチャンのひとりにヘルプを要請。火起こしって、すごい才能だと思うよと言うと、これまた大爆笑。スー、あんたにゃ炉にも男にも火をつけるのは無理だわねと誰かが言って、これまた妙に納得(爆)。そうしているうちに火が燃え上がって、次々と放り込まれる空になったビール箱9ダース分。

それから子供たちを総動員して空になった皿やコップを回収し、まわり中のゴミを集めて燃えるものは燃やし、ビールの空き缶は希望者で分け合って(現在アルミの空き缶は1缶3セントで買い上げられ、フィリピンに送ってリサイクルされている)、飲み残した冷えたビールはチョメが嬉しそうに分配している。

気になっていたわたしの手作りハイビスカス・ティは、9リットル+氷で12リットルの容器が満杯状態だったのに、ほとんど空になっていた。あとでG嬢に聞くと、若い女子らやG嬢弟などは、何これ~、甘くない、クスリみたい…と言う者が多かったそうだが、モノが何かを気にしない小さな子供たちは、隣に置かれた氷水よりもハイビスカス・ティを好んでいたようだとのこと。ほうら、小さい子供は身体がほんとうに欲するものに正直でしょ^^

a0043520_11352033.jpgやがて燃えるような西日が海に沈むころ、来たときと同じように、それぞれの家族がそれぞれの車に分かれて家路に向かった。

わたしはオクサンを実家に迎えに行くタマちゃんから子供4人を無事に家まで送り届ける大役を仰せつかり、はりきって安全運転を励行しえっビール…?何?、子供たちがあまり歩かなくて済むようにと薄暗い彼の家の大きな敷地の中まで車を入れたとたん、見事にヌカルミにはまってしまった。後で家に帰り着いたタマちゃんとオクサンは、全員泥だらけになっている子供たちを見て、さぞかしびっくりしたことだろう(笑)。

前のストーリーを読む



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2007-12-31 23:23 | ヤップな日々

ナンヨウリュウビンタイの香り

a0043520_2341236.jpgヤップの人は男も女も香りを楽しむのが大好きだ。G嬢の頭に載せているのはナンヨウリュウビンタイAngiopteris palmiformis)というシダの仲間で、ヤップ語ではモンと呼ばれている。こうして頭に載せておくだけで甘くさわやかな香りがするので、グチョル(うこん)とともに、ヤップ人のヌーヌー(レイ)の筆頭格だ。

モンは湿り気の多い樹木の陰になったような場所で、直径が40cmぐらいにもなる塊状の根茎をもち葉の高さは3~4mにもなる大型のシダ類だ。いろいろな伝統薬に使われる大切な薬草のひとつで、消炎、鎮痛、解熱などに効くとされている。根茎や葉などを用途に応じて調合するヒミツの処方のほか、この葉を敷いて寝ると腰痛に効くのだそうだ。こんな素敵な匂いのフトンなら、ぐっすり眠れそうだ。

葉軸を石かなにかでたたいて柔らかくし、2つの葉片を適当な長さに切って結び合わせると、頭や首にかけるレイになる。あるいは小葉片を切り取って、他の香りの良い花と組み合わせてレイに織りこんでも良い。葉が乾燥しても匂いはかなり残るので、体につけて楽しんだあとは部屋の中にかけておいても良い。

この記事を書くために、このシダの和名を捜して検索したのだけれど、ナンヨウリュウビンタイやその他のシダの「匂い」について触れているサイトはなかった。こちらでは、この植物が沖縄ではシシバー(獅子葉)とかンマパイバラピ(馬の蹄)と呼ばれることを知ったが、やはり香りのことは書いてない。こんなマイルドな匂いには気づかないほどニホン人の生活が忙しいのか、ヤップ人の匂いのセンスが格別に繊細なのか...


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2007-10-26 23:39 | ヤップの自然・陸