ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

タグ:バナナ ( 17 ) タグの人気記事

バナナの味くらべ:ミング・ラン

遠くの村に住むLさんちを久しぶりに訪ねた帰りがけ、「これ持ってきな」と大きな袋を手渡された。中にはバナナが二房。

あっ、これはグモイだね!

きれいに黄色く熟れたグモイは、生でも揚げても煮てもいける。

「もうひとつのはミング・ランよ」とLさんの奥さん。
a0043520_22262281.jpg

なるほど、よく見ると、グモイのように扁平な部分が無いし、先端がフロリダのように尖っている。でも長さや太さはグモイ的。

「これは生で食べるのが良い。煮たり焼いたりには向かないぞ」と親切に解説してくれるLさん。

「ああ、熱を加えるとタナイボッチフロリダみたいに溶けるんだね」

「そうよ、これは生食用、甘くておいしいわよ」

というわけで、久しぶりのバナナ・バラエティ・シリーズに新しい品種が加わった。

a0043520_22264628.jpg早速あじわってみると、シュガのような甘みにフロリダ系の香り、ややタングラッド的な舌触りと分厚い皮...おいしい!

ちなみにミング・ラン(M'ing Raan')というヤップの名前は、先割れた(草木の)てっぺんという意味。このバナナの形状を言っているものかどうか、Lさんから聞きそびれたのでG嬢に聞いてみると、「そんなバナナの品種、わたしも知らなかったわ~」とのこと。この調子なら、ヤップのバナナ品種の発掘は、まだまだ続いていくでしょう...(笑)。


<バナナの味くらべシリーズ>
スプーンで食べるバナナ
(アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/7238587/
再びシャコガイ・バナナ
(グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/7841524/
いろんなバナナ
(フロリダorファルボン/タナイボッチ・ニ・アチグ/ヌグネイ/アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/8087175/
バナナバナナバナナ(笑)
(グモイ・ニ・ワアブ)
http://suyap.exblog.jp/9351448/
バナナの味くらべ
(シュガ/フロリダ)
http://suyap.exblog.jp/11589920/
バナナの味くらべ・パート2
(アライ・ニ・ギル/パウ・ニ・マラヨウ/パウ・ニ・メリケン)
http://suyap.exblog.jp/11640686/
バナナの味くらべ・パート3
(タングラッド/タナイボッチ)
http://suyap.exblog.jp/11732295/
バナナの味くらべ・パート4
(ンガリイ/グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/11784745
バナナの味くらべ・パート5
(アワットワット)
http://suyap.exblog.jp/11873058/
チビのアライ
(アライ・ニ・ンゴッチゴチケンギン)
http://suyap.exblog.jp/13908617/
ヤップのバナナ・バラエティ:ラグタン
http://suyap.exblog.jp/16723942/
バナナの味くらべ:アサカとバウル?
http://suyap.exblog.jp/18704680/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-07-17 21:06 | ヤップの自然・陸

ヤップのバナナ・バラエティ:ラグタン

久しぶりのバナナ・エントリーです。
さっき調べたらなんと一年ぶり!いろんな資料やお年寄りへの聞き取りを通して、これまでに手元に集めることができたヤップのバナナの名前は30以上にもなるのに、そのうち、わたし自身が現物を見て(食べて)写真をストックできたものはまだ17種しかなく、このブログではそのうちの14種を紹介してきた(ハッキリしていない3種はまだ載せていない)。

そして久しぶりに「ン?これはもしかして?」というバナナに出合ったので、早速、手に入れて調べてみた:
a0043520_11543799.jpg

上の写真ではまだ青い部分が多いけれど、これは2~3日もすれば熟れて食べごろなる、もっとも適切なタイミングで収穫されたもの。しかし、これが売られていたコロニアのYCAストアの店員に聞いても名前がわからず、けっこう農産物に強いスタッフのG嬢に聞いてもわからず、とうとう彼女の家に持ち帰ってG嬢ママに聞いてみてもらうことに。

a0043520_11555365.jpgすると、さすがG嬢ママ、「あっ、これはラグタンよ」と一発で名前が判明したそうだ。「え~、これがあのラグタンなの?」と、いそいそとファイルに写真を加えるわたしなのであった。

さてこのラグタン、完熟するのを待ち構えて待って食べてみると、

①皮は中くらいの厚さ、
②香りはフロリダ/ファルボン系
③甘さはシュガ系だけど控えめ、ややタナイボッチにも似るかも、
④食感や色(黄色)になんとなくタングラッドを思わせるものあり。

...といった感じで、とても美味しいバナナだった。どこのどなたがこれを育てたのか知らないけれど、どうぞこの品種を今後末長く、大事に守り育てていってくださいな。

バナナの名前の記録があっても、なかなか現物に出合えない理由のひとつとして、名前の重複が考えられる。たった100平方キロしかないヤップ島なのに、地域によって違う名前で呼ばれる植物はけっこうあるからだ。また、いろんな理由や事情から、現在よく(好んで)植えられる品種が限られてきていること、そしてヤップ人自身がいちいちバナナの品種や名前を気にしなくなっていることの影響も大きいだろう。この傾向はバナナだけに留まらず食物全体に及んでおり、これは現代ヤップ人が食糧生産にあまり注意を払わなくなってきていることを示していて、種の多様性という観点からも、持続可能な自給自足体制の維持という観点からも、かな~りモンダイなのである...とはいっても、それらをほぼ失ってしまったニホンの状況よりも、ず~っとマシですけどネ。


<追記>
wikipediaにこんな記述を見つけた。もしかしたらヤップでラグタン(Lagtan)と呼ばれている品種はフィリピンのラカタン (Lakatan)から来たのかもしれない:
色と形はキャベンディッシュとほぼ同じで、大きさは少し小さい。クエン酸が多く含まれ、やや酸味が高く味が濃い。フィリピンではキャベンディッシュよりも味が好まれ、最も流通量が多い品種となっている。日本ではドール社がスポーツバナナという名称で販売し、疲労回復効果が高く、糖質の体内吸収が速いため、よりスポーツに適した品種としている[5]。宣伝文句は「体にうれしいコクうまバナナ。甘酸っぱさがクセになる。」など。東京マラソンでは、6万本を無償で提供した。ごく一部のスーパーで販売され、インターネットでも注文することができる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A
わたしが食べたラグタンからは、酸味はほとんど感じられなかったけれど...。


<バナナの味くらべシリーズ>
スプーンで食べるバナナ
(アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/7238587/
再びシャコガイ・バナナ
(グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/7841524/
いろんなバナナ
(フロリダorファルボン/タナイボッチ・ニ・アチグ/ヌグネイ/アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/8087175/
バナナバナナバナナ(笑)
(グモイ・ニ・ワアブ)
http://suyap.exblog.jp/9351448/
バナナの味くらべ
(シュガ/フロリダ)
http://suyap.exblog.jp/11589920/
バナナの味くらべ・パート2
(アライ・ニ・ギル/パウ・ニ・マラヨウ/パウ・ニ・メリケン)
http://suyap.exblog.jp/11640686/
バナナの味くらべ・パート3
(タングラッド/タナイボッチ)
http://suyap.exblog.jp/11732295/
バナナの味くらべ・パート4
(ンガリイ/グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/11784745
バナナの味くらべ・パート5
(アワットワット)
http://suyap.exblog.jp/11873058/
チビのアライ
(アライ・ニ・ンゴッチゴチケンギン)
http://suyap.exblog.jp/13908617/
バナナの味くらべ:ミング・ラン
http://suyap.exblog.jp/18117481/

バナナの味くらべ:アサカとバウル?
http://suyap.exblog.jp/18704680/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-03 13:28 | ヤップの伝統食

夢の散歩への第一歩?

a0043520_8542128.jpg明け方、久しぶりのひどい金縛りで目が覚めた。

生れてこのかた金縛りには全く無縁で生きてきたのに、7年前に今の家に引っ越してから、ときどき襲われるようになった。身体の前や後ろからものすごい力で羽交い絞めにされたような感覚に身動きできず、呼吸すらままならない。ときには口の中に手を入れられたような感覚すらおぼえることがある。目に見えないけれど何か強烈な存在がしっかりと感じられ、「誰よ?いったいなんでこんなことするのよ?」と恐怖と混乱のなかで息づまりながらもがいているうちに、だんだんと手足の自由が利くようになる…。

今の家に移ってから起きはじめたので、ここには地縛霊サマでもおられるのじゃないかと不安になって、「あっちの世界」が見えるというヤップの友人に尋ねたところ、「それは死んだ人の仕業じゃないわね。生きている人よ」だって。それ以来、「生きている奴なら、ま、いっか…」と、少しホッとした気持になった(笑)。

a0043520_854987.jpgまあ今では「睡眠麻痺(sleep paralysis)」だのなんだの金縛りについて「科学的」な説明がいろいろされているけれど、わたしもようやく体外離脱への登竜門に立てたのだと思うと、まんざら嫌な気もしない…(笑)。それに金縛りにあっている最中はすごく苦しいけれど、翌朝、起きたあとはケロリと忘れてしまうので、枕や寝具、寝る場所を変えるとか、まして家の引越しなんか考えたこともない。ネズ公、ゴキにヤモリ大勢との共同生活である今の家は、超オンボロだけど超居心地が良いのだ(それに家賃が安い^^)。

…というわけで、本日の写真は、我が家の前にある大家さんのバナナ林の、見事なバナナの花です。フロリダ(またの名はファルボン)という、成長が速くてたくさんの房をつける品種。そろそろ花苞を切り落とす時期だけど、残念ながらフロリダの花苞は細身で、食べられる部分は少ししかないのが玉に瑕(きず)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-05-17 10:25 | ヤップな日々

チビのアライ

ヤップはただいま低気圧の通過中、朝から断続的に雨が降り、ときおりカミナリも鳴ってます。

そんな雨にもめげず、本日はバナナづくしで^^ 下は一昨日買ったフルーツたち:
a0043520_16513472.jpg

上左のバナナは、まだ熟れるには一週間くらいかかりそうなマラヨウ。完熟しても皮に緑色が残るへんてなバナナだけれど、上品な香りと甘さが美味しい。あっ、右下のはもちろんパパイヤです。これはあと2日くらいが食べごろかな。

そして真ん中のが...
a0043520_16515198.jpg

アライの一種。ヤップ語でアライといわれるバナナの品種にはさらにまた何種類かあって、同じくずんぐりむっくりだけど皮がゴツゴツしているアライ・ニ・ガミグルや、バナナらしく細長くたくさんの房をつけるアライ・ニ・ギール、そしてこれは...アライ・ニ・ガミグルよりもっと小さくずんぐりむっくりで、しかも皮がすべすべ。小さく店のおばちゃんも「アライの一種」としか知らなかったけれど「背が高くてたくさんの房をつける他のアライと比べて、こっちのは背が低く房も少ないのよ」とのことなので、わたしたちの間ではアライ・ニ・ンゴッチゴチケンギン(ちびのアライ)と呼ぶことで一致した(笑)。

a0043520_1652534.jpg他のアライ同様、このチビちゃんアライも皮をスルリと剥けないから、このようにナイフで割ってスプーンで食べるほうが良い。そしてお味は...アライ・ニ・ガミグルほどオレンジが濃くなくてやや酸味もあり、種(の痕跡?)が舌に残る食感は、なんとなく他品種との交配を思わせた。

バナナっていろんな品種があって、興味はつきないなあ。バナナ・シリーズまだまだ続きそう...

<バナナの味くらべシリーズ>
スプーンで食べるバナナ
(アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/7238587/
再びシャコガイ・バナナ
(グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/7841524/
いろんなバナナ
(フロリダorファルボン/タナイボッチ・ニ・アチグ/ヌグネイ/アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/8087175/
バナナバナナバナナ(笑)
(グモイ・ニ・ワアブ)
http://suyap.exblog.jp/9351448/
バナナの味くらべ
(シュガ/フロリダ)
http://suyap.exblog.jp/11589920/
バナナの味くらべ・パート2
(アライ・ニ・ギル/パウ・ニ・マラヨウ/パウ・ニ・メリケン)
http://suyap.exblog.jp/11640686/
バナナの味くらべ・パート3
(タングラッド/タナイボッチ)
http://suyap.exblog.jp/11732295/
バナナの味くらべ・パート4
(ンガリイ/グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/11784745
バナナの味くらべ・パート5
(アワットワット)
http://suyap.exblog.jp/11873058/
ヤップのバナナ・バラエティ:ラグタン
(ラグタン)
http://suyap.exblog.jp/16723942/
バナナの味くらべ:ミング・ラン
http://suyap.exblog.jp/18117481/
バナナの味くらべ:アサカとバウル?
http://suyap.exblog.jp/18704680/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2011-10-30 16:55 | ヤップの伝統食

バナナ・バナバナ・バナ談義(笑)

夕方、ローカル産物を売っている小さな店に寄ると、店じまいのためか珍しく主がいた。別の仕事を持っている彼は、この店を普段はパートのおばちゃんたちにまかせている。

主:きょうはバナナがたくさんあるぞ、買ってけよ。

なるほど、5種類ほどのバナナがずらりと店頭に並んでいた。まず吊るしてあるのがアワットワット、ずいぶん小さめだねえ...と冷やかすわたし。
a0043520_8141784.jpg

主:大きいのはみんな売れちゃったからね。それなら↓グモイ↓はどうだい?

わたし:いま家には芋もたくさんあるしねえ、主食のバナナは間に合ってるわ...。
a0043520_8132658.jpg

わたし:あら、↓こっちも↓グモイなの?

主:いや、そっちはンガリイだよ、煮るとうまいぞ。

わたし:へえ~、ンガリイなのか...。ンガリイは煮るとさっぱりしてるよね。でもグモイとの見分け方が、わたしにはイマイチだなあ。どういう違いで見分けるの?

主:簡単だよ、ンガリイはグモイみたいに、くっついてないだろ?
a0043520_8134118.jpg

わたし:な~るほどね。

主:ところでフクシマの原発はどうなってんだ?

わたし:もう最悪よ、テプコと政府がグルになって隠しているから、多くの人は事実を知らないでいるけど、これから何年、何十年もかけて、汚染された食べ物を食べ続けたたくさんの日本人が死んでいくよ、理由も知らずにね。

原発問題:人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響
http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-711.html

主:そりゃ~、たいへんだな。ヤップに逃げてくりゃ良いのに。それじゃ、この↓フロリダ↓はどうだい?ちょうど食べごろだよ。
a0043520_8125380.jpg

わたし:う~ん、フロリダはねえ...あなただって、この品種はそんなに好んで食べないでしょ?これはツーリスト用にとっておけば?...ったって、今どきツーリストもほとんどいないわねえ。

主:ツーリストが少ないのはフクシマのせいか?

わたし:いや、それだけじゃないと思う。世界的に経済ががたがたしてるし、日本は政治もがたがただしね。みんな将来が心配だから、いくら円高でもよけいなお金は使いたくないという気持はわかる。もう政府もマスコミも、なんにも信じられなくなっている人が多いよ。日本政府が取り続けている原発事故後の避難対策について、外国人から文明国のやる事とは思えない!とまで言われちゃってる。

あはは星人がゆく♪:「これはもはや食べ物ではなく放射性廃棄物です」
http://ahaha.365blog.jp/e391458.html

主:ひどい話だね。ミクロネシアのマーシャルでも、アメリカの水爆実験のお陰で島ごと強制移住させられた連中がいたけれど、もしヤップでそんなことが起きたら、先祖代々の田んぼを捨てるなんて...おれには考えられないな。おっと、そっちのタナイボッチなら、あさってころには熟れるぞ、どうだい?
a0043520_8131097.jpg

わたし:そうだね、タナイボッチならひと房もらっていこうかな。実はチャス(オオタニワタリ)を捜しに来たのだけど、きょうは無いのね...。

   ~~~~~~

バナナ談義のついでに、いますごく気になっていることを、書いておきます。

福島の放射性廃棄物をどう処理するかということで、まだ日本のあちこちで盛んにもめていますが、この問題を武田邦彦先生がすっきり説明しておられます:

「福島のものは移動してはいけないの?」読者からのご質問
http://takedanet.com/2011/09/post_7848.html

上のあはは星人さんの記事にもあるとおり、汚染された土壌から採れた作物も放射性廃棄物です。そして日本にはちゃんと、放射性廃棄物を取り扱う法律があるのです!

もしかしたら、政府をあげて法律無視の違法行為で放射性廃棄物を全国に拡散しようとしているのは、数年後から顕著な増大を見せることが確実な内部被曝との関連が疑われる病気や死亡率が福島近辺だけに偏らないように、日本全国に内部被曝者を拡散しようという、原子力村+霞ヶ関官僚らの、深慮遠謀陰謀ではなかろうか?と思ってしまいます。

いますぐに国がしなければいけないことは:
1)広範囲な放射能汚染ホットスポットの調査と、法律に従った「放射線管理区域」の指定
2)放射線管理区域に指定された地域に住む住人の移住と生活保障、健康調査
3)放射線管理区域から物を流出させない管理の徹底
4)すべての食品にベクレル表示を
どれも、やる気になれば難しいことではないはず、それが出来ないのは、どこかに上のような思惑があるからでしょう。

小沢一郎さんの秘書たちへの不当判決でもわかるとおり、もはや日本の司法組織では公正な裁判さえ期待できないことが証明されました。そんな国はすでに法治国家とはいえません。法律を遵守すべき連中から率先して違法行為を働いている。こういう世界で生き抜いていく術は、情報力と小さな繋がりの輪だと思います。まず非常事態に生きていることを自覚しましょう!66年前のように、理由も知らずに死んでいくひとりとならないように...。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2011-09-28 08:18 | No Nukes!

シャウシャウ(トゲバンレイシ)の花が...

a0043520_23172162.jpgヤップの近海で発生し、フィリピンに向かっている台風17号(ネサット)が広範囲な雨雲を引きずっていたので、きょうもお昼過ぎまで断続的に雨が降っていた。ようやく土から水気の引いてきた夕方、雨に打たれ続けたわが猫の額ガーデンに行ってみると、ややや、せっかく花をつけた↓あのシャウシャウ(トゲバンレイシ)↓のガクが、地面に散らばっていて!

シャウシャウ(トゲバンレイシ)の花が咲いた!
http://suyap.exblog.jp/13511842/

でもご安心を。首尾よく受粉(たぶん)した実はちゃんと木に残っていて、
a0043520_23173860.jpg

これから長~い時間をかけて、こんなに↓大きなフルーツ↓に育っていくでしょう。楽しみ、楽しみ...。

サワーサップ
http://suyap.exblog.jp/2958592/

それでもひとつだけ心配しなのは、いま観察している実が、主幹から分かれた細めの枝についているということ。そうでなければこんな眼の高さで写真など撮れないのだけれど、同じ時期に、主幹の高いところで花を咲かせた他の2つに比べると、やはり栄養の行き渡り方が劣っているように見える。これじゃ成長してもやや貧弱な実になるかもしれない...。

a0043520_23183537.jpgきょうはもうひとつの発見があって、何気に「バナナ」をググッていたら、ヤップでファシュウ(シャコガイ)と呼ばれているバナナの品種が、なんと英語ではPraying Hands Banana(祈りの手=合掌バナナ)と呼ばれていることを知った。なるほど、"bananas, praying hands"で検索すると、たくさん引っかかってくる。

また日本語のサイトでは、このバナナをリンキット・バナナとか、Lingkit としているものが多いことも知り、念のためにlingkit や、linkit や、lingid や、果ては ringkit というスペルで検索してみたけれど、日本語以外のサイトで、リンキット(あるいはリンギット)がPraying Hands Bananaの名前としては引っかからなかった。いったい「リンキット」の名前の由来はどこから?

シャコガイ・バナナ
http://suyap.exblog.jp/3756896/
再びシャコガイ・バナナ
http://suyap.exblog.jp/7841524/
バナナの味くらべ・パート4
http://suyap.exblog.jp/11784745/

あと気になったのは、「リンキット・バナナは食用に向かない」と書いた記事があったこと。たぶんこの記事を書いた人は、バナナ=フルーツというイメージしか思い浮かばなかったのだろうけど、実は上の写真のようによく熟れさせれば生食できるし、フライにしても、主食用に炊いても、たいへんに美味しいバナナなのですね~♪


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2011-09-25 21:51 | ヤップの自然・陸

バナナの味くらべ・パート5

バナナの味くらべシリーズ、まだまだ続きます...とはいっても、世界で1万人弱しかいないヤップ人のバナナの分類を、ここでどんなに一生懸命に説明しても、関心もつ人は少ないってことは承知してます。まあ、わたしの自己満足と勉強のためでもあるので、我慢してください^^
a0043520_0193164.jpg

今回のバナナは、主に煮て食べるバナナのアワットワット。名前の由来は、表面が粉を吹いたように白っぽいから。アワットワットとは、ヤップ語で灰色のことだ。

a0043520_0195083.jpga0043520_0201184.jpg
先が尖がっている皮は厚く、他のバナナのようにスルリとむけないので、中身の歩留まりは良いとは言えないけれど、独特のサクッとした舌触りとほのかな甘さには、飽きのこない味わいがある。

上のように煮て、皮付きのまま冷蔵庫に入れておくと長持ちするので、作り置きしておくと忙しいときに便利。

a0043520_0205328.jpga0043520_021134.jpg
もちろん熟れるのを待って食べても美味しい。他の小さなバナナのように一気に熟さないし、持ちも良いので、ゆっくり食べられる。熟れてもやはり皮離れは良くないのが難点ではあるが...。

いま、ひと房の正体不明のバナナが手元にある。これについては名前を調べ、生で&煮て食べ比べてみてから、後日また報告しま~す♪


<バナナの味くらべシリーズ>
スプーンで食べるバナナ
(アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/7238587/
再びシャコガイ・バナナ
(グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/7841524/
いろんなバナナ
(フロリダorファルボン/タナイボッチ・ニ・アチグ/ヌグネイ/アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/8087175/
バナナバナナバナナ(笑)
(グモイ・ニ・ワアブ)
http://suyap.exblog.jp/9351448/
バナナの味くらべ
(シュガ/フロリダ)
http://suyap.exblog.jp/11589920/
バナナの味くらべ・パート2
(アライ・ニ・ギル/パウ・ニ・マラヨウ/パウ・ニ・メリケン)
http://suyap.exblog.jp/11640686/
バナナの味くらべ・パート3
(タングラッド/タナイボッチ)
http://suyap.exblog.jp/11732295/
バナナの味くらべ・パート4
(ンガリイ/グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/11784745
(アワットワット)
チビのアライ
(アライ・ニ・ンゴッチゴチケンギン)
http://suyap.exblog.jp/13908617/
ヤップのバナナ・バラエティ:ラグタン
http://suyap.exblog.jp/16723942/
バナナの味くらべ:ミング・ラン
http://suyap.exblog.jp/18117481/
バナナの味くらべ:アサカとバウル?
http://suyap.exblog.jp/18704680/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2011-01-08 23:17 | ヤップの伝統食

バナナの味くらべ・パート4

バナナの味くらべシリーズ、第4弾!
過去にどの品種を取り上げたか、自分でもわからなくなってきたので、最後に過去記事のリストをつけました。
a0043520_10561486.jpg

今回とりあげるバナナのまず初めは、ンガリイ。同名の村の名前が南ルル地区にあるけれど、その村と関係があるのかどうかは不明。

例によって、生でも煮てもOKなバナナだけど、味はかなり薄味かも...甘味も酸味もモッチリ度も少なく、すっごく淡白な味だった。ちょっと熟れてても煮くずれしないので、煮バナナか焼きバナナで食べたほうが良いかもしれない。

a0043520_10563122.jpga0043520_10571215.jpg

お次は、以前にシャコガイ・バナナとして取り上げたことのあるグモイ・ニ・ファシュウ。そういえば、しシャコガイ・バナナの記事をもうひとつを書いていたっけ。
a0043520_10573693.jpg

ファシュウというのはシャコガイのことで、グモイというのは、主に煮て食べるバナナの品種の代表格。誰に聞いてもこのシャコガイ型のバナナは「グモイの一種よ」というので、今回からこれをグモイ・ニ・ファシュウ(シャコガイ型のグモイ)と呼ぶことにした。

a0043520_1058236.jpga0043520_10592859.jpg
その変わった形から、まさか、これがあのフツーに煮て食べているグモイと同じとは思えなかったが、実の形に惑わされることなく、おそらく味や食感、それに実際に栽培した経験などから、即座にこれをグモイの一種と判断するヤップ人はさすが。

a0043520_110374.jpg実際に煮てみると、まさに味、食感はグモイそのもので、かなり熟れていても、煮崩れる心配はまずない。身がペッタンコなので、熟れたものを油で両面焼き(フライド・バナナ)にするのも簡単だ。

以前は房ごと大鍋にぶち込んで炊いてみたけれど、もちろんバラして煮たほうが早く火が通る。くっついた部分にはすごく薄い皮しかないけれど、加熱してもそれがしっかり形を保っているので、とても料理しやすいバナナといえる。

a0043520_1103328.jpgそれに比べてこっち→のほうは...。前回の記事で紹介したタナイボッチ、そこで書いたとおり、うちの忘年ピクニック用に煮てみたけれど、その結果がこれです(笑)。

バナナに火が通り始めると、どんどん身が膨れて皮に亀裂がはいり、そこからバナナの味が抜けて代わりに身が水を吸い、その結果、出来上がったお味はノーテイストのスカスカ。

この失敗をしてから思い出したのだけど、まだバナナの区別がつかなかった頃、持て余した完熟バナナをフライド・バナナにしているとき、なぜかフライパンの中で融けちゃうバナナがあったんだよね。たぶん、それがタナイボッチだったのだろう。

それにしても、生食バナナ御三家でもあるシュガフロリダタナイボッチのうち、なぜタナイボッチだけが火を通すとこうなるのか...?この失敗を通して、わたしの探究心はますます燃え上がったのであった~(笑)。


<バナナの味くらべシリーズ>
スプーンで食べるバナナ
(アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/7238587/
再びシャコガイ・バナナ
(グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/7841524/
いろんなバナナ
(フロリダorファルボン/タナイボッチ・ニ・アチグ/ヌグネイ/アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/8087175/
バナナバナナバナナ(笑)
(グモイ・ニ・ワアブ)
http://suyap.exblog.jp/9351448/
バナナの味くらべ
(シュガ/フロリダ)
http://suyap.exblog.jp/11589920/
バナナの味くらべ・パート2
(アライ・ニ・ギル/パウ・ニ・マラヨウ/パウ・ニ・メリケン)
http://suyap.exblog.jp/11640686/
バナナの味くらべ・パート3
(タングラッド/タナイボッチ)
http://suyap.exblog.jp/11732295/
バナナの味くらべ・パート5
(アワットワット)
http://suyap.exblog.jp/11873058/
チビのアライ
(アライ・ニ・ンゴッチゴチケンギン)
http://suyap.exblog.jp/13908617/
ヤップのバナナ・バラエティ:ラグタン
(ラグタン)
http://suyap.exblog.jp/16723942/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2010-12-26 11:01 | ヤップの伝統食

バナナの味くらべ・パート3

バナナ・シリーズ第3段です。
a0043520_2259589.jpg

今回取り上げるのは、ずんぐりむっくり系の、ヤップ島ではタングラッドというバナナ。バナナに限らず、このブログではできるだけ現地名で紹介するようにしているけれど、ミクロネシア連邦内どころかヤップ州内でも、島(言葉)が違えば、おなじモノでも違う名前で呼ばれているのが普通なので、どうぞご注意ください...とまずは前置き。

さてこのタングラッド、一見アライ・ニ・ガミグルに似ているけれど、熟れても色は黄色が少し濃いくらいでアライほどオレンジにならないし、もっちり度もアライほどヘビーじゃない。

a0043520_2302826.jpg完熟したアライは皮をむくのも難しいけれど、タングラッドはこうして普通にむいて食べられる。適度な甘味と酸味があって、生で良し、煮て良し、ただし、やはり他の小さなバナナよりももっちり度が高いから、生の場合、1コをパクつくだけですぐお腹一杯になる。

a0043520_2301094.jpgそしてわたしは、このタングラッドの美味しさを最も引き出せるのは、やっぱり煮バナナだと思う。火を通すと、こうして黄色が引き立ち、バランスのとれた酸味と甘味もしっかりしてきて、グモイ系の煮バナナが淡白な「白飯系」とすると、タングラッドは「炊き込みご飯系」といった感じで、あっさりした「おかず」の主食として、パクパクいけちゃいます^^

というように、わたしの中ではタングラッドの評価はとても高いのだけれど、悲しいかな栽培量が少なく、おまけにほとんど自家消費されるので、入手はかなりむずかしい。運良く見つけたら、メ~ッケとひとり小躍りして喜んでいる。しかしG嬢いわく、うちにもタングラッドあるけど、おじいちゃんとお母さんだけで食べてるわよ。わたしはラック芋のほうが好き...だって。味の好みも人それぞれですネ。

そして↓こちらのバナナ↓は、タナイボッチ。生食バナナのうちで、ヤップ人が最も好む品種だ。
a0043520_2304957.jpg

どんなバナナでも生食もするし、調理しても食べるヤップ人なのに、不思議なことに、誰に聞いても、このタナイボッチだけは煮て食べたことがないという。どうして?と聞いても、G嬢:タナイボッチを煮るなんて、考えたこともないわ。チョメ:オレもそんなもん食ったことも見たこともねえぞ。

ふう~ん、それなら...あさっての忘年ピクニックには、これを煮て饗して進ぜよう、うっひっひ...と、わたしの曲がったヘソは企んでいる。さて、どんなお味になりますことやら(笑)。


<バナナの味くらべシリーズ>
スプーンで食べるバナナ
(アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/7238587/
再びシャコガイ・バナナ
(グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/7841524/
いろんなバナナ
(フロリダorファルボン/タナイボッチ・ニ・アチグ/ヌグネイ/アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/8087175/
バナナバナナバナナ(笑)
(グモイ・ニ・ワアブ)
http://suyap.exblog.jp/9351448/
バナナの味くらべ
(シュガ/フロリダ)
http://suyap.exblog.jp/11589920/
バナナの味くらべ・パート2
(アライ・ニ・ギル/パウ・ニ・マラヨウ/パウ・ニ・メリケン)
http://suyap.exblog.jp/11640686/
バナナの味くらべ・パート4
(ンガリイ/グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/11784745
バナナの味くらべ・パート5
(アワットワット)
http://suyap.exblog.jp/11873058/
チビのアライ
(アライ・ニ・ンゴッチゴチケンギン)
http://suyap.exblog.jp/13908617/
ヤップのバナナ・バラエティ:ラグタン
(ラグタン)
http://suyap.exblog.jp/16723942/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-12-17 11:20 | ヤップの伝統食

バナナの味くらべ・パート2

a0043520_2113337.jpgあらっ、もう12月...しかし南国のヤップでは、貿易風が強まるくらいで、気温はまんま「夏」。それで今回は、一部の読者にちょっと受けたバナナの味くらべに気をよくして、パート2、いきます^^

コロニアの端にあるローカル・マーケットに、ちょっと見慣れないバナナが掲げられていた。ヤップではアライと呼ばれる、中身もオレンジ色になるバナナの品種があるが、その中でもこれはアライ・ニ・ギールと呼ばれているもの。このひと房で15ドルという値段がついていた。しかし店のおばちゃんによると、このバナナの持ち主が自分で食べたいから売っちゃ駄目だっていうのだって。でも、このバナナを見て立ち寄るローカルの客が増えているそうだから、宣伝効果はあるようだ。

a0043520_212790.jpgやっぱり珍しいバナナ、貴重なバナナは、みんな売りたくないんだな...と思っていると、こっちにもきょうは珍しいバナナがあるよとおばちゃんが指してくれたのが、これ→、パウ・ニ・マラヨウだ。熟れても黄色くならず、幹も高くならないので、パウ・ニ・ゴッチゴッチケンギン(背の低いバナナ)という人もいる。

a0043520_2124362.jpg数日すると、←こんな風に、薄黄緑色に斑点がはいった状態で熟れた。これは、おじいちゃんの一番好きなバナナよとG嬢。香りが高くて、すご~く甘て柔らかい。ヤップのバナナを知っている人には、シュガの甘さと、フロリダの香りを強くしてミックスしたような味...といえば、ご想像いただけるだろうか?

a0043520_213869.jpgもうひとつゲットした珍しい品種は、パウ・ニ・メリケン、訳すとアメリカ・バナナとなる、これ→

このメリケンやフロリダなど英語由来の名がついたバナナは、おそらく戦後入ってきた品種で、ヤップではそんなに古いものではないだろう。フロリダはその繁殖力と手間のかからなさのお陰でヤップ中にはびこったけれど、メリケンはかなりマイナーなタイプだ。

a0043520_213353.jpgやがて完熟すると、皮の赤色は増したが、←中身はごらんのとおり、他の多くのバナナと同じく、黄味がかった白。お味はというと、酸味・糖度・粘りがやや高いほかは、たいして特徴のない感じだった。このバナナを細々と植え続けている人は、たぶん、その皮の色の珍しさもあってのことじゃないかな?

普段、何気なく目にし口にしているヤップのいろんなバナナを、こうして味比べしながらまとめるのが、自分でも楽しくなってきた。というわけで、このシリーズ、ときどき続けます^^


<バナナの味くらべシリーズ>
スプーンで食べるバナナ
(アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/7238587/
再びシャコガイ・バナナ
(グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/7841524/
いろんなバナナ
(フロリダorファルボン/タナイボッチ・ニ・アチグ/ヌグネイ/アライ・ニ・ガミグル)
http://suyap.exblog.jp/8087175/
バナナバナナバナナ(笑)
(グモイ・ニ・ワアブ)
http://suyap.exblog.jp/9351448/
バナナの味くらべ
(シュガ/フロリダ)
http://suyap.exblog.jp/11589920/
バナナの味くらべ・パート3
(タングラッド/タナイボッチ)
http://suyap.exblog.jp/11732295/
バナナの味くらべ・パート4
(ンガリイ/グモイ・ニ・ファシュウ)
http://suyap.exblog.jp/11784745
バナナの味くらべ・パート5
(アワットワット)
http://suyap.exblog.jp/11873058/
チビのアライ
(アライ・ニ・ンゴッチゴチケンギン)
http://suyap.exblog.jp/13908617/
ヤップのバナナ・バラエティ:ラグタン
(ラグタン)
http://suyap.exblog.jp/16723942/



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2010-12-02 06:43 | ヤップの伝統食