ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

カテゴリ:ヤップの自然・海( 474 )

血が騒ぐ?

急速に発達した台風第18号 (マンニィ)が日本列島に接近中のようだけど、ヤップも雲の南端にかかってきて、きょうはちょっと雨が多いかもしれない。コースからみると、東電フクイチの放射能ダダ漏れタンクやグラグラ4号機が心配だ。
血が騒ぐ?_a0043520_5141866.jpg

こうしてフクイチからダダ漏れの放射能は北太平洋中にばらまかれるのだけれど、ヤップでは男たちは海に出て魚を取ってなんぼのものなので、「ボート借り上げ」で海の上で長い待ち時間を過ごしている合間に…
血が騒ぐ?_a0043520_5145672.jpg

なんと入れ食い状態のタテシマフエフキをばかすか釣り上げていた(苦笑)。

場所はリーフの中、水深2~3メートルの砂場にサンゴがぽつぽつあるところ、上げ潮時だったので、透明度はクリスタル・クリア、タコの切り身にそそられてパクっと食いついたタテシマフエフキくんには運の尽きだった。
血が騒ぐ?_a0043520_515579.jpg

ボートには氷なんて積んでなかったけれど、ぜ~んぜん問題な~し!チョメさんがごそごそバスケットから取り出した紐を細工して、Jくんが魚の鰓から口にそれを通す。
血が騒ぐ?_a0043520_515696.jpg

魚が釣れるたびにこうして紐に通して海に流しておくだけで、何時間でもまったく腐らず保存できる。ボートを走らせるときもそのまま。まるで魚が生きているようだ。まあサメなど食いつくのがいないエリアだってのを知っててやっているのだけれど。
血が騒ぐ?_a0043520_5165975.jpg

小一時間のあいだに4匹釣り上げ、男どもは満足げ、釣られた魚は恨めしげにのぞきこむわたしを見上げていた。ごめんな。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-09-14 05:33 | ヤップの自然・海

カラーレスの海

数日前にヤップにバッド・ウエザーをもたらした嵐が、やはり発達して台風になった。台風第15号コンレイくん、なななんと!九州から西日本へ針路を向けるらしい。
カラーレスの海_a0043520_1223597.jpg

ヤップでも、きのうまで西側のリーフはうねりの影響を受けていて、おまけに小潮まわりときているので、水路の透明度は白濁状態。マンタもお留守で淋しいかぎりだけれど、地べたではハゼどんが頑張っていた。

しっかし↑このニチリンダテハゼも頑張ってるな。ここに住み着いてもう何年になるかしら?身体もずいぶんと大きくなった。
カラーレスの海_a0043520_12231536.jpg

こっちのヤマブキハゼも愛嬌ものだ。目だけぎょろりとわたしに向けて、エビどんを逃がすための警戒信号を発している。

それにしても、これらの写真の「白濁」ぶりは…時化で濁った海水ばかりのせいではありません。ここんとこ、どうも手持ちのデジカメの調子がどれもわるくて…色の抜けたハゼどんの姿がなにやら淋しげだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-08-28 12:35 | ヤップの自然・海

お~いマンタ...

きょうは朝から雨で、一日中降り続けるという予報...石垣島近辺にむかっている台風の影響がややはいっているのかもしれない。
お~いマンタ..._a0043520_4573975.jpg

それにしても、ああマンタ...大潮の数日後という絶好のタイミングだから、早朝にいけば良い透明度が期待できるのだけれど、やはりマンタに会うことを期待してこられがゲストは、それだけでは満足されないから、各サービスのボートはあっちこっちとマンタのクリーニング・ステーションをうろうろおろおろ、でもノー・マンタ。
お~いマンタ..._a0043520_459628.jpg

ミル・チャネルのギンガメアジやカンムリブダイのおっさんたちは、みんな総出演でがんばってくれているのだけれど。

さあ、雨の中のダイビングとなる本日、どうなりますことやら...行ってまいりま~す。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-07-12 05:06 | ヤップの自然・海

暑っ!

といっても陸上は日本よりうんと涼しい29度から30度くらいですが...海の中、どこを潜ってもまた29度になっちゃった。水中の1度の差は大きく、魚影もなんとなく薄く、ダイバーもサカナもうだってる?
暑っ!_a0043520_4493613.jpg

これからまたしばらく忙しい日が続くのだけれど、そんなときに限ってブログ更新に片時の時間をかけるわたしって...サイパンの北で熱低ができかけているのがちと気になりながら、早朝出勤前の15分でやっつけ(苦笑)。
暑っ!_a0043520_449230.jpg

きのうはファニフ・ウォールでナンヨウツバメウオにからまれて、どうとう浮上までついてきちゃったけれど(餌付けもしていないのに...)、さて、きょうはどんな海が待っているか...いってまいりま~す!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-07-08 04:56 | ヤップの自然・海

マンタの休日には…

先週からヤップのマンタさんは長期休暇に入った模様。リーフの外でプラッと通りかかりを見ることはあるけれど、水路の中のクリーニングステーションにはあまり出てこない。まあ戻ってくるのを、気長に待ちましょう^^
マンタの休日には…_a0043520_19512227.jpg

さて小さな低気圧が抜けたあと、すばらしい青空が広がった昨日、バーティーゴのサメさんたちはいつもよりも大フィーバーしていた。あまりマンタに恵まれなかった今回のゲストも、最後に30匹以上のオグロメジロザメやツマグロに囲まれて、少しは気が晴れていただけたかしら...
マンタの休日には…_a0043520_19532784.jpg

どういう加減か、マンタだけでなく全般的に魚影が薄いこのごろだけど、ウミウシ系はチラホラそこそこにいて、とくに餌の↑ミドリトウメイボヤ↑がまた増えてきたので、
マンタの休日には…_a0043520_19554327.jpg

トサカリュウグウウミウシがもどってきた!

こういう小さい系も好きなダイバーなら、マンタさんがお留守のヤップでも、楽しんでいただけるのだけどね...(ため息)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-06-29 19:56 | ヤップの自然・海

アイスクリーム・ア・ラ・カルト

またまたヤップやパラオの上空で雲のかたまりが大きくなりつつあり、きょうのヤップも曇り時々雨、たまに晴れ間という変わりやすいお天気だった。でも運良く風が南西に変わったので、きょうは東側のリーフがぺたりと凪いで、まったりしたリーフダイブを楽しめた。
アイスクリーム・ア・ラ・カルト_a0043520_227497.jpg

2004年のスーパー台風Sudalを契機に、台風の物理的なダメージに加えてオ二ヒトデの大発生が、ヤップ島のサンゴの回復を遅らせてきたけれど、ようやくポツリ・ポツリと回復し始めたエリアも増えてきた。しかしそれらは飛び地としてあり、まだ面としてつながってはいないけれど。

それでも元気なリーフには元気なサンゴが育つ。直径10センチくらいに育ったハナヤサイサンゴが↑3つきれいに並ぶと↑、まるで3色アイスクリームみたいだった...おっと、↓こっち↓には、4色アイスクリームも^^真ん中の2つのサンゴは境界を接して戦っている。
アイスクリーム・ア・ラ・カルト_a0043520_2273844.jpg

深窓の美女ならぬ、どこでも美女なハタタテハゼも、サンゴの回復を心待ちにしている様子で...^^ サンゴはみんなのおうちでみんなの森だ。
アイスクリーム・ア・ラ・カルト_a0043520_226476.jpg

見渡せば、あたり一面、ベイビー・サンゴの庭ができていて、それならこれは...うわっ、ここまで並ぶと...アイスクリーム・アラカルトかな(笑)
アイスクリーム・ア・ラ・カルト_a0043520_2272090.jpg

なんの変わりもなさそうな、ひとつながりのサンゴ礁(リーフ)でも、サンゴの回復にこんな違いが出るのはおもしろい。回復の遅いエリアにはきっと、サンゴが生きにくい何かの理由があるのだろうね。

波あたりの良い浅場のショウガサンゴに加えて、もう少し水深のあるところでは、ミドリイシの見事なテーブルも大きくなりつつある。
アイスクリーム・ア・ラ・カルト_a0043520_2283015.jpg

こういう回復期のサンゴ礁を見ていると、どんなダメージを受けても負けてないサンゴのたくましさから、なんだかパワーをもらってるような気がするのだった。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-06-26 22:44 | ヤップの自然・海

天気晴朗なれど魚影薄し...

ようやく台風4号 (リーピ)の影響下からヤップ島が抜け出した昨日(6月21日)、晴れて再び南のリーフに繰り出した。
天気晴朗なれど魚影薄し..._a0043520_6531992.jpg

おりしも満月の2日前、1ダイブ目を終えた正午前には、リーフ(サンゴ礁)の上に乗っかっている大岩小岩がすっかり顔を出して、あたりには磯の香が漂っていた。やや東風はあったけれど、最南端のリーフを西側に回りこめば、波も無くベッタリと凪いだ海だ。
天気晴朗なれど魚影薄し..._a0043520_6512792.jpg

ところで海の中はといえば、先日、まだお天気が安定していないときに南のポイントまで来て、島の北より水温が1度ほど高かったことを書いたのだが、たった3日のあいだに水温は北と同様に28度まで戻っていた。いったい、あの高水温はなんだったのだろう...?

それならサカナもたくさん出てきてくれるかも!と期待して、潮の上げはじめを待ってマジック・キングダムで長距離のドリフト・ダイブをやってみたけれど、大きな魚の影がえらく少なく、あまり近寄らせてくれないマダラトビエイ2匹と、ホワイトテール・ウィップレイが1匹...定番のギンガメアジはバラケちゃってた(悲)。
天気晴朗なれど魚影薄し..._a0043520_6522946.jpg

そんなこんなでやや不完全燃焼気味でボートに上がってくると、キャプテンのチョメさんがちょっと興奮気味!?われわれが落ち着くのもそこそこにボートをスタートさせて、よくまあこんなにスピード出すなと思って「ねえチョメさん、燃油代を考えて、もっとゆっくり走りなよ」と言うと、あごで遠くの方を示された。
天気晴朗なれど魚影薄し..._a0043520_6533983.jpg

うわ~~~~!すごい鳥山だ。

うとうとされていたゲストも興奮気味で、わたしも「ツムブリ取って!カツオやマグロよりもツムブリ!!!」と、ここんとこよく海の中で見る美味しそうなツムブリを頭に描いて念じていたのだが...
天気晴朗なれど魚影薄し..._a0043520_6524520.jpg

こんなに鳥山が立っているのに、1匹もかからなかったなんて...きっと、わたしたちのそういう想いが強すぎたんだね(苦笑)。いや、わたしの心の隅には「ああ、燃油代が...」という想いも強くあり、そういうケチな根性がチラとでもあると、ヤップではバッド・ラックを呼ぶと信じられている。

それを感じたチョメさんは早々に釣りをあきらめて、ボートを3ダイブ目を予定していたミル・チャネルに回したのだった。このヤップ島周回コースで燃やした燃油は11ガロンを超え、ゲストはおひとりだけで、燃油代に60ドルが吹っ飛びました...(こんなこと考えてるからサカナが釣れないのだね、とほほ)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-06-22 07:25 | ヤップの自然・海

南高北低

ヤップの西、フィリピンの東海上でまた台風発生、今度は台風4号 (リーピ)だそうだ。その産みの苦しみのおかげで、ヤップも先週末から雨がちなお天気が続いており、カラッと晴れて穏やかな南の海を期待して来られたダイバーには、ちと悲しい状況なのだが...。

それでも、ちょこっと晴れ間が出て安定しそうだった一昨日、サッと南のポイントに行ってみたら、
南高北低_a0043520_731460.jpg

嵐一過で砂が巻き上がってやや白濁はしていたものの、ヤップ・カバーンズの小さな穴めぐりも十分楽しめたのだけど、やけにぬるいな...と水温を見たら、なんと29度!道理でサカナの出が少ないはずだな...。

前日までは一番静かな北西側で潜っていて、そちらは平均的に28度、たまに下がって27度だったから、どうして急に水温が上がったんだろう...と、きのうまた北西側に戻って潜ると、やはり27~28度。
南高北低_a0043520_7653.jpg

また一日中雨がちで、ボートの上ではガタガタ震えながら、修行僧のように黙々と潜り続けるゲストとガイド(笑)。それにしても、やっぱり水温が低めのほうがサカナの出が良いのだね。ナンヨウツバメウオも嬉しそうに寄ってきた。
南高北低_a0043520_762950.jpg

定番のサメさんやバラクーダに加えて、美味しそうなツムブリも何度も通りがかり、おもわず水中で、しょうゆショウユ、わさびワサビ!と叫んでいるのは、わたしだけ?
南高北低_a0043520_764142.jpg

1日3ダイブのノルマ(!)を終えて帰途に着くころになって、ようやくうっすらと日が差してきたと思いきや、桟橋に戻るとまたザーッと一雨くるという、なかなかスッキリしないお天気です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-06-20 07:20 | ヤップの自然・海

大引きの午後

5月の大潮後の海は、午後にず~んと遠のくから、陸から見ても、広い範囲でマングローブの根っこまで丸だしになる。
大引きの午後_a0043520_12333387.jpg

泥地の下からはゴカイやらがプクプクと潮を吹き上げてきたり、泥の上ではシオマネキがさかんに腕を降ってたり、ミナミトビハゼがぴょんぴょん飛びはねてたり...みんな束の間の「空気」を楽しんでる感じ?

こうなったらもう、ボートもイカダも動きまっせ~んから^^
だんだんと潮が上げてくるのを、のんびりビールでも飲みながら眺めて...♪

大引きの午後_a0043520_1233481.jpg大引きの午後_a0043520_1234194.jpg
...いたかったけれど、そんな時間はあいにく持てず(とほほ)。こんなときに海辺でまったりしていると、ひたひたと上げてくる潮の音が、ほんとうに聞こえてくるんだけどな。

それにしてもマングローブってほんとうに強い植物だ。根っこまで干上がろうとも、葉っぱまで潮に漬かろうとも、それが日に2回も繰り返されても、まったく平気の平左。たまたま実がストンと落ちて刺さったところから、しっかり根を張っていきます。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-05-28 13:05 | ヤップの自然・海

マンタも見ている

ここんとこ、さっぱり海もんが無いじゃないか...という声が聞こえてきたので、久しぶりにマンタに登場してもらいましょ^^
マンタも見ている_a0043520_1944136.jpg

ミル・チャネルのずっと奥のほう、サンゴが浅く盛り上がった突先に、小さなベラに体の掃除をしてもらおうと、マンタがよくやってくる場所がある。そこは水深が数メートルと浅いので、運が良ければスノーケリングでもマンタにあえる...が、足を下にしてプカプカ浮いていると、うっかりマンタを蹴飛ばしそうになることもあるからご用心!

↑上の写真↑は、水面近くまで上がってきたチビオス・マンタ。しっかりカメラ目線でこっちを観察しているのがわかる。
マンタも見ている_a0043520_19445696.jpg

↑こっち↑の写真も、カメラだけ水面下30センチくらいまで降ろして撮ったものだけれど、やっぱりマンタの目線はこっち(カメラのほう)を向いている。マンタが役者っていうより、「撮られてる」っていうのが、気になるのだろうな。

魚類のマンタたちが、いったい何を感じて、それをどう考えているんだか、人類のわたしにはまったく知る由もないけれど、やけに馴れ馴れしいときと、妙によそよそしいときの、彼らの微妙な気配の違いは、水を通してでもビシバシと伝わってくる。
マンタも見ている_a0043520_19455625.jpg

ガイドとして同行しているわたし自身は変わりないのだから、その違いの起きる原因は、そのときどきのゲストの感情や行動によるものなのかなあ...とか、漠然と思ったりもしているが、やっぱりこればっかりはマンタの勝手でしょってことで(笑)。

ただひとつハッキリわかることは、少人数のゲストとひっそりマンタを見ているときなどに、バタバタと他のボートがやってきて、ダイバーがドボン、ドボンとエントリーを始めると、マンタがスーッと姿を消してしまうこと。きっと彼らは遠くのほうで、全身の感覚を使って新しく来たダイバーたちを観察してて、OKな人たちと感じたら、またクリーニング・ステーションに戻ってくるんだろうな。そして「こいつら、ウザいな...」と感じたら、「チッ」と舌打ち(マンタに舌はないけれど)しながら、彼らが去るまでどこかで待っているんだろう。

それじゃ、マンタにウザがられないコツは?

うっふ~ん、細々した提案はいろいろあるけれど...「マンタにあえなくても、海に入ってるだけでシアワセ~♪...海の生き物さん、ちょっくら、お邪魔させてもらいますね~♪」というホンワカとした気持が、いちばん大切じゃないかな、と思ってます^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-05-03 10:51 | ヤップの自然・海