ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

[ダイビング]ウミウシと沈船と

久しぶりにLaura Marine(ローラマリン)という沈船に潜った。ここは桟橋から5分と近くて良いのだけど、水路の中の凹んだところに沈めてあるので、透明度はあまり期待できない。今回も視界は15mくらいか。

a0043520_23233439.jpg

視界が良くない分、小さなものに目がいきやすい。沈船の近くでちょっと変わったウミウシをみつけた。ダイアナウミウシChromodoris dianae)の全身をホワイトにして、その太い黒線を何本にも裂いたような感じ?ただいま写真をAustralian Museum Sea Slug Forumに送って返事を待っているところです。そうそう、日本にもいるウミウシなら小野にぃにぃが詳しいので、TB送らせてもらいました。

a0043520_23224978.jpg

さてLaura Marine、先に「沈めてある」と書いたけど、そう、この船はダイバーのアトラクションにするため、1994年に沈められたのだ。下の写真は舳先(左)と船尾の舵とスクリュー(右)。

a0043520_23243232.jpga0043520_23261157.jpg

Laura Marineは、もともとブルーノ・サーカス(今は名前をThe Magic Circus of Samoaに変えているらしい)のものだったという。1980年代後半から、Bruno Loyaleというアメリカ人(?)が、最初はサーカスの動物や一切合財を船に積み込んで、太平洋の島々を回っていた。初期のころヤップにも来たことがあり、30代以上のヤップ人なら、はたいていブルーノ・サーカスを覚えているだろう。それが、今では荷物はコンテナで運ぶようになったが、彼の船がなぜヤップで生涯を閉じることになったのか、詳しい事情を知らない。

a0043520_23282056.jpgそれにしても、この船で、かつてはゾウやおサルさんがサーカスと一緒に太平洋中を旅していたと思うと、なんだか楽しいではないか。そして、かつて大活躍した船が、水中でだんだん朽ちていく姿を見るのは哀愁をさそう。右の写真はブリッジを外から眺めたところ。





a0043520_23291155.jpgブリッジを内側から見るとこんな感じ。といっても船内には入らないで、小さな隙間から手だけ突っ込んで撮りました。船はかなり老朽化しており、泥が積み重なっているので、むやみに船内に入るのはやめたほうが良い。

a0043520_23313589.jpg沈めてから14年も経つというのに、いまだにハード・コーラルもソフト・コーラルが育たない。ホヤやカイメン類ですら、うっすら表面を覆う程度だ。場所が悪かったのか、それとも塗料やメタルに問題があるのか... 船は水深20mの海底に、右舷を下にして静かに横たわっている。

a0043520_23421714.jpgほんとうはストレートに沈めるつもりだったのに、バランスを崩して傾いてしまい、船尾を浅いほうに向けて横倒しとなった。

デッキ上の艤装にもかなり腐食が進んでおり、船首のマストも折れてしまった。それでも、沈船は画になりますなあ。あまりサカナはついていないけれど、潮加減によっては大きなものも入っているし、近くの岩場ではウミウシやカメもよく見られるので、ここを基点に、まわりをじっくり潜ると、けっこう面白いダイビングができると思う。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-06-15 22:23 | ヤップの自然・海
<< 今夜はワインな気分、だったが... オイ、大丈夫か? >>