ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

[ダイビング]ツムブリの知恵

[ダイビング]ツムブリの知恵_a0043520_647435.jpgきょうは朝から雲が多く、降ったり止んだりのくりかえしだった。当然、ボートの上は寒い(涙)。この辺を旅慣れたダイバーならご存知だけど、ミクロネシアの海遊びにはウインド・ブレーカー(あるいは簡易レインコート)をお忘れなくね。

さいわい風は東なので西側のリーフは静かで、バーティーゴでは、いつもどおり、たくさんのオグロメジロザメCarcharhinus amblyrhynchos)、またの名をグレイリーフシャークたちがお出迎えしてくれた。

ところで、1匹のグレイリーフシャークに、なんとツムブリElagatis bipinnulata)がくっついているではないか!もちろん、グレイリーフシャークツムブリの捕食者だ。それがなんでまた...?

まわりに他のグレイリーフシャークがウジャウジャいるときに、群れからはぐれたツムブリが1だけ匹でウロウロしていると、絶対にパクリとやられるだろう。ところがこのツムブリは、あちこちに転進するサメに、必死にくっついて泳いでいた。しかも、いつも同じサメに。

これは、わたしの勝手な妄想だけど、はぐれたツムブリは、こう考えたんじゃないだろうか:
ああ、はぐれちゃったよ~、どいうしよう・・・?
ひとりでいると、すぐにサメに食べられちゃう・・・
そうだ、いっそのこと、1匹の捕食者のお尻にくっついてれば、いちばん安全かもしれない...

敵をもって敵を制す
(あれっ、違う?)




まず、ツムブリにくっつかれているグレイリーフシャークは、振り向きざまにパクリとはできない。くっつかれてることを知ってるかどうかも怪しいもんだ。それに、このサメの尻の下にいる限り、他のサメも襲ってこれない。もし襲おうとしたら、宿主(?)のサメに向かって突進することになる。これは大変だ。

イルカのように複雑な思考のできる頭をサメは持ち合わせないから、仲間同士がチームを組んで、このツムブリを引き離し、それから襲いかかるという計画的な行動はまずムリだろう。

さらに、サメたちと一緒にいると、元の仲間に再びめぐり会えるチャンスも増えるだろう。サメがツムブリの群れを見つけると、捕食のために突っこむかもしれない。そのときに、このはぐれ者のツムブリは、さっと群れに帰る。そのときには群れの誰かが犠牲になるだろうけど、まず自分が生き抜かなきゃね。頑張れよ~、ツムブリくん!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-05-04 06:48 | ヤップの自然・海
<< ミクロネシアには「国家」による... [ダイビング]南はいいなあ... >>