ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

原爆投下のほんとうの理由-追記あり-

今日はのどかなヤップの海のことでもと思っていたのに、こんなニュースを見ては放っておけなくなりました...

a0043520_2313512.jpgそれは、またまた炸裂してしまった久間防衛大臣の大問題発言。昨日(6月30日)、千葉県柏市の麗沢大学日文研セミナーで「我が国の防衛について」という題の講演だったそうだ: 
久間章生防衛相は30日、千葉県柏市の麗澤大学で講演し、先の大戦に関し、米国の広島、長崎への原子爆弾投下が日本の無条件降伏につながり、ソ連の北海道侵略・占領を防いだと指摘。その上で「(原爆で)本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今しょうがないなと思っている。それに対して米国を恨むつもりはない」と述べた。
 久間氏は長崎県出身。原爆投下を容認した発言と受け取れ、被爆地や野党などから批判の声が上がっている。
 久間氏は1945年8月の終戦直前の状況について「(米国は)日本が負けると分かっているのに、あえて原子爆弾を広島と長崎に落とした。そこまでやったら日本も降参し、ソ連の参戦を止めることができるということだった」と説明。さらに、「(終戦により)北海道は占領されずに済んだが、間違うと北海道までソ連に取られてしまう。その当時の日本は、取られても何もする方法もない」と述べた上で、原爆投下は「しょうがない」と発言した。(時事ドットコム
自国に投下された原爆を「しようがない」と言えてしまうのは、先日のクラスター爆弾発言で「被害にあうのは日本国民だから云々」と言い放ったのと同じく、一国の政治家(それも防衛大臣)としての資質どころかその人格までも疑ってしまう暴言であるが、おそらく本人にはそれを理解するセンスもないのだろう。こんなのを大臣に置いておくなんて、外国に対しても恥ずかしい限りである。(もうあちこちでニュースになっている:BBC

すでに多くのブログが抗議や異議を表明しているが、ちょっと気になるのは、「原爆投下が日本の無条件降伏を早め、ソ連の北海道侵略を防いだ」とする理屈を否定しないもの、中には認めていると取れるものが、少なからずあることだ。いうまでもなく、これらは戦後、原爆投下を正当化するためにアメリカが宣伝したプロパガンダであって、決して事実ではない。

アフォーなQ間大臣が口をパクパクさせて「しかたがなかった」と言ったことにムカッとするよりも、このようなプロパガンダがいつのまにか違和感なく人々の頭に侵みとおってしまうことのほうが、わたしには怖い。

a0043520_23142771.jpg敗戦にいたるまでの情勢をちょっと書き出してみよう:
1944年9月18日ハイドパーク協定
ルーズベルト・アメリカ大統領(当時)とチャーチル・イギリス首相はニューヨークのハイドパークで会談、日本への原爆投下と将来の核管理について申し合わせた秘密協定を結んだ(1972年に公開)
1945年2月11日ヤルタ会談でアメリカはソ連の参戦を求め、イギリスもそれに合意(ヤルタ協定
4月06日:ソ連は日本に日ソ中立条約を延長しないことを通告
5月:アメリカの国務長官で元駐日大使でもあったジョセフ・グルーは、降伏条件を変えるだけで戦争は終結すると、トルーマン大統領(ルーズベルトの死を受けて着任)に進言
6月22日:昭和天皇、「時局収拾」を述べて降伏の意向をかためる
6月25日:日本政府はソ連政府に接触して連合国側との仲介を頼むが、スターリン・ソ連大統領に断られる
7月16日:アメリカ、初の原爆実験
7月17日ポツダム会談(~8月2日)
7月26日ポツダム宣言(日本に対する降伏勧告)、日本政府は無視
8月06日:広島に原爆投下
8月08日:ソ連はヤルタ協定に従って、対日宣戦布告
8月09日:長崎に原爆投下、満州にソ連軍侵攻、関東軍は民間人を置いて退散
8月10日:日本政府は連合国側に国体の保持を求めて打電
8月14日:ポツダム宣言受諾を御前会議で決定
8月15日:戦争の終結(敗戦)を国民に放送(玉音放送)




a0043520_23134262.jpgアメリカのトルーマン大統領(ならびにイギリス・チャーチル首相)が日本への原爆投下に固執した裏には、いくつかの理由があるが、決して「戦争を早く終結させて多くの兵士の命を救うため」でも、「日本をソ連の侵攻から守るため」でもなかったことだけは、すでにいろいろな文献や調査で裏付けられている。
1)日本はすでに非公式にではあるが戦争終結にむけて模索していた。
2)日本に最終的に無条件降伏を決心させたのはソ連参戦であって、原爆投下ではなかったというアメリカ陸軍省諜報部の機密文書が発表されている。
3)アメリカは極秘裏に行われていたこの原爆製造計画(マンハッタン計画)に、すでに6年の歳月と20億ドルの資金、5万人をつぎ込んでおり、終戦前になんとか形にしないと指導者の責任問題となる恐れがあった。
4)しかし原爆は1945年7月半ばにならないと完成せず、それまで戦争を長引かせて双方の犠牲者を増やした。
5)マンハッタン計画によって軍部、政府、研究者、産業が大掛かりに癒着した構造(軍産官学複合体)ができあがり、「戦後の計画」=「次の戦争構造」を必要とするようになっていた。
6)戦後処理でソ連を封じ込めるためには、原爆の使用はソ連参戦「前」でなければならなかった。
7)その威力をソ連に見せつけ、その効果も研究する!
そう、日本への原爆投下は、
日本人を使った壮大な人体実験だったのだ!

Q間氏が「しかたがない」と言ったことで、われわれには彼の立ち位置がよりクリアになった。

奴とその楽しい仲間は、いざとなったら国民を放って敵前で遁走する!
(ソ連参戦で遁走した関東軍を思い出そう)

奴らが守るのは、国でも国民でもない、奴らの財布とその中身だけ!
(そうして生き延びたのが、昭和の妖怪といわれたアベシンゾーのおじいちゃん)


参考:
日本人が知らない 恐るべき真実「日本の講和提案を無視した理由」
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060730
晴天とら日和「マンハッタン計画」&「ハイドパーク協定」秘密協定から Q間に真剣に反論!
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/50992281.html
人類猫化計画「この許しがたい暴言―久間防衛相「原爆投下しょうがない」」
http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-entry-324.html
ミクロネシアの小さな島・ヤップより「太平洋戦争は避けることができた@ヒロシマ」
http://suyap.exblog.jp/4083740

(追記)
コメントで書籍の紹介をいただきました。
原爆を投下するまで日本を降伏させるな
――トルーマンとバーンズの陰謀

鳥居民 著

(追記の追記!)
今日この記事を一生懸命に書いてるそのとき、Q間大臣は、またトンデモ発言の上塗りをしたようだ。
人類猫化計画「久間「原爆しょうがない」防衛相が陳謝?」
http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-entry-325.html
(フジテレビの『報道2001』で)なおも「ソ連参戦をアメリカはわかっていたのに、日本はわからなかったということだ」とわけのわからない屁理屈を並べ、発言の訂正も辞任もしないと強がった。

ところがその後、島原市内で記者会見して陳謝。発言も撤回したという。周囲の批判のパンチ攻撃にあえなくダウンした格好だ。
しかし昨日もちらっと書いたけれど、この人、世界史の常識的な知識もご存知ないようだ。
そこでロキさんにならって、わたしも出来の悪い日本国防衛大臣に歴史のレクチャーをば...

a0043520_2193393.jpg←の写真は1945年2月11日、ヤルタ協定に署名した左からチャーチル、ルーズベルト、スターリン

ヤルタ協定の内容は次のとおり:
3大国、すなわちソヴィエト連邦、アメリカ合衆国及び英国の指導者は、ドイツ国が降伏し且つヨーロッパにおける戦争が終結した後2箇月または3箇月を経て、ソヴィエト連邦が、次の条件で連合国側において日本国に対する戦争に参加することを協定した。
1 外蒙古(蒙古人民共和国)の現状は維持する。
2 1904年の日本国の背信的攻撃により侵害されたロシア国の旧権利は、つぎのように回復される。
(イ) 樺太の南部及びこれに隣接するすべての島を、ソヴィエト連邦に返還する。
(ロ) 大連商港を国際化し、この港におけるソヴィエト連邦の優先的利益を擁護し、また、ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権を回復する。
(ハ) 東清鉄道及び大連に出口を提供する南満州鉄道は、中ソ合併会社を設立して共同に運営する。但し、ソヴィエト連邦の優先的利益を保障し、また、中華民国は、満州における完全な利益を保有するものとする。
3 千島列島は、ソヴィエト連邦に引渡す。
前記以外の外蒙古並びに港湾及び鉄道に関する協定は、蒋介石総統の同意を要する。大統領は、スターリン元帥からの通知により、この同意を得るために措置を執る。

3大国の首班は、ソヴィエト連邦のこれらの要求が日本国の敗北した後に確実に満足されることを合意した。

ソヴィエト連邦は、中華民国を日本国の束縛から解放する目的で、自国の軍隊によりこれに援助を与えるため、ソヴィエト社会主義共和国連邦と中華民国との間の友好同盟条約を中華民国政府と締結する用意があることを表明する。
これをもって、ソ連は1945年4月06日、日本に日ソ中立条約を延長しないことを通告した。したがって日本がソ連の参戦を知らなかった(予想もできなかった)というのは大嘘!

いっぱしの外交官や政治家なら、中立条約を更新しませんよ、と言われた段階で空気を読めただろう。それなのに6月25日になってもなおソ連に停戦の仲介を求め(他国のエイジェントにも密かに連絡をしていた)、断られている。ここまできてソ連の意図を読めないようでは外交どころか国防のセンスすら無かったことになるが、わたしには外交官や政治家・軍人のすべてがそこまで無能だったとは考えられない。おそらくどこかで適切な状況判断がストップさせられていたと思われる。

ここで防衛大臣としてのQ間氏が「しようがない」と言うのを許せば、そういう過去の国政の不手際とそれを招いたシステムを国民は「しようがない」と許し、それによって引き起こされた多大な犠牲を受け入れたことになり、そんな国が再軍備(もうしてるけど)し、軍隊が自由に武器を使えるようにしたら、また同じことを繰り返すことは目に見えている。

原爆や太平洋戦争のみならず、過去に起きたすべての戦争は、敵・味方にかかわらず、「恒久の平和を築くために」綿密に検討と研究がなされ続けなければならない。決して「しようがない」で片付けてはならない問題なのだ。そこには必ず戦争を未然に防ぐ、あるいは被害を最小にする「しようがあった」はずなのだから。

太平洋戦争中、アメリカやオーストラリアを含む連合国側は、主要な会議や公開された協定などの内容を、東南アジアや西太平洋の島々に散開する敵国(日本)の兵士向けのラジオ放送で流していた。ヤップ島の守備についていた元日本軍兵士だった方から、ヤップ守備隊参謀本部はポツダム宣言の全内容をはじめから把握していたと聞いたことがある。彼の任務は、シドニー放送、ニューデリー放送などを毎日定時に傍受して、参謀本部に報告することだった。戦後のヤップ島で、きわめて平和に降伏の調印と武装解除が行われたのは、そういう背景があったからかもしれない。

こちらもぜひお読みください:
なごなぐ日記「キューマ発言は「失言」ではない」
http://miyagi.no-blog.jp/nago/2007/07/post_6b52.html
その2日後、マスコミは「発言撤回、謝罪」と騒いでいるようですが、発言を時系列で追っていくと、「あれっ?ちっとも謝罪してないじゃん!」
なごなぐ日記「キューマは謝罪も撤回もしていない」
http://miyagi.no-blog.jp/nago/2007/07/post.html




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2007-07-01 14:21 | 戦争はビジネス(怒)
<< [ダイビング]ああ曇り空... [辺野古]緊急:注目お願いします! >>