ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

お好きなときに

きのうは全地球的に満月だったが(笑)、その直後のけさの満潮時間は、まだ8時代だ。早起きして7時に船を出しても、ミルチャネルに到着すると、推定満潮時より1時間以上も前なのに、もう潮は流れ出していた。いま外海の波が高いせいか、潮の変わり目が早い。
a0043520_19141839.jpg

そんなわけで、期待していたマンタ・リッジでの水族館ダイブはあきらめ、流れの穏やかなところでリフレッシャー・ダイビングを終えたあと、2ダイブ目にマンタのクリーニング・ステーションに行くと、しょっぱなから6匹のマンタの歓迎を受けた。その後、1時間以上におよんだダイビングのあいだ、マンタたちはほぼ途切れることなく、かわりがわりに登場して楽しませてくれた。

わたしたちの前に潜っていたダイビング・ボートが2隻いたので、てっきり彼らもたっぷりマンタを見ているだろう思っていたら…
a0043520_19145346.jpg

早朝ダイビングから戻ってまったりしているとき、他サービスのガイドKがふらりとやってきて、「きょうは何匹マンタ見れた?」とさぐりを入れてきた(笑)。「6匹だよ、最近、ずいぶん機嫌が良いね」と答えると、「えっ?!」と絶句。

彼のボートは、わたしたちより1時間ほど前に同じ場所で潜っていたのだが、待って待って最後のころに、ようやく3匹ほどチラリと出てきただけだそう。その彼らより少し前に潜っていたダイバーたちは、なんと1匹も見られなかったという。

「へえ~、うちのゲストはよほど運の良い人たちだったんだね…」

しかし…今回は、潮に対して少し「遅め」にエントリーしてラッキーだったけれど、きのうは逆で、うんと早朝に一番乗りしたダイバーたちが、もっとも多くのマンタを見られた。

もしかしたらマンタのほうでも、ダイバーの少なそうなときを狙って、毎日、「いつ出るか(クリーニングをされに行くか」、立ちまわり先と時間の調整をしているのかもしれない。ニンゲン様の都合で生活パターンを変えざるを得ないマンタたちに、つくづく、ゴメンナサイと言いたい。

本日の水温、限りなく29度に近い28度でした(暑っ)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-08 20:28 | ヤップの自然・海
<< 第6回カヌー・フェスティバル パチンコォ! >>