ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

いやな悪寒

ヤップ島はきょうも順調に(?)晴れわたっています。

桟橋からラグーンをはさんで対岸の丘の中腹に生える見事なゴムノキにはシロアジサシが生息していて、朝夕には緑の中に白い点々がいくつも見えるのだけれど、みんな日中はお出かけ中のようで、静かな緑だけが広がっている。
a0043520_12524217.jpg

ところで、このところブログの更新がのんびりになっていますが、どうしたわけか、一週間ほど前からエキサイト・ブログの自分のアカウントに、とってもアクセスしづらくなっているのです。店で使っているデスクトップからは完璧にログイン不能で、スタッフ用のPCからもつながりにくく、ふだん家においているラップトップからのみ、なんとかログインできるという状態…(汗)。

どのPCもOSはWin7で、ブラウザはFire Fox、わたし専用のラップトップだけが日本語OSであるほかは、環境も設定もみな同様にしているのに?!いろんな可能性を考えながら、あれこれ設定をいじってみたりしても、結果は同じ。まったくつながらなくなったPCに外部から侵入されて、何か細工されたのかも?

それはともかく、『発酵マニアの天然工房』の著者、きのこちゃんも、たいへんな目にあっているらしい。飯山一郎さんのレポからどうぞ:

きのこ女史が家宅捜索を受けた
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10241
執拗な取り調べを受けている きのこ
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10242
日々、警察国家化するニッポン
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10243
きのこ女史、帰宅へ
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10244
きのこ宅ガサ入れは ガサツだった
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10245
きのこ宅のガサ入れは、不当で不法で無法!
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10251
きのこが書いた! 復活!
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10252
きのこ宅ガサ入れは、背後に体制側の陰険な意図と絵図があったので、強硬な家宅捜索が強行された! というのが飯山一郎の意見。山崎行太郎の意見は?
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7573.html

それできのこ女史と小保方晴子サンには共通点が三つあります。(飯山一郎)というわけなのだが、もっとも重大な点は、自称サイエンス・ライターの片瀬久美子にヤラれたこと。

この裏にはSTAPに限らず、いまをときめくエボラ利権をめぐるエゲツナイ国際的詐欺強盗軍団の影。自称サイエンス・ライターの片瀬久美子なんざあ、その下っ端チンピラ売文屋だわなあ。

最近、こんな新聞記事を目にして、「えっ?」と思った方もおられるでしょう:
STAP特許、手続き継続…「存在否定されず」
読売新聞 10月25日 8時45分配信

理化学研究所は24日、国際出願しているSTAP(スタップ)細胞の特許について「当面取り下げず、審査開始に向けて必要な手続きを継続する」と明らかにした。

一方、共同で出願した東京女子医大は、この手続きに加わらない方針を示した。この日は日米など一部の国で、審査に必要な書類の提出期限だった。

理研は2012年4月、東京女子医大、米ハーバード大の関連病院と共同で、STAP細胞の作製法に関する特許を米国で仮出願した。その上で13年4月に約150か国が加盟する「特許協力条約」に基づき、国際出願していた。

ただし、特許を認めるかどうかは制度上、加盟国ごとの判断で、どこの国でも実質的な審査は始まっていない。

特許の出願を取り下げないことについて、理研広報室は読売新聞の取材に対し、「STAP細胞の存在が否定されたわけではない。STAP細胞が実用化された場合に利益を生む主要国で、手続きを進める」と説明している。
笹井さんが何度も言っておられたとおり、STAP現象はあるのだから、その存在証明というかノウハウの特許申請は早い者勝ち。それを一般化しないで独占(秘匿)して、金儲けにつなげようとしている勢力に笹井さんや小保方さんはヤラれ、笹井さんにいたっては殺された命まで奪われたという次第。アメリカ政府(CDC)が2009年に早々とエボラ・ウイルスの特許(特許番号EP 2350270 A2CA 2741523 A1)を申請し取得していたのと、構図は同じです:

エボラ・ウィルスは本当に空気感染しないのか
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3119.html
Why does the CDC own a patent on Ebola 'invention?'
http://www.naturalnews.com/046290_Ebola_patent_vaccines_profit_motive.html#

<追記>
虎は死して皮残す。笹井は死して特許残す
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7576.html#more

それで、この国際的詐欺強盗軍団の下っ端のヌッポン自称科学者どもの、そのまた下っ端、片瀬久美子の正体をがんがん記事にしていた山崎行太郎センセも、きのこちゃん同様に狙われているだろうという悪寒:

小保方晴子論(2)・・・小保方晴子事件(STAP細胞事件)は、Twitterと2チャンネルから始まったように見える。たとえば、新聞やテレビの情報源は、最初は、明らかにTwitterの書き込みだったはずである。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20140909/1410245963
「小保方晴子擁護論(4)・・・僕が理解できないのは、日本の多くの科学者たちが、小保方晴子博士による「STAP細胞再現実験」に反対したことである。おそらく、彼等は、小保方晴子博士の「研究不正」に争点を限定することによって、「STAP細胞の存在の可能性」を封鎖し、科学研究としてのSTAP細胞問題そのものに反対だったのである。何故か?
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20140911/1410388031
「STAP細胞問題」と「STAP細胞事件」とは異なる。STAP細胞問題とは科学問題だが、「STAP細胞事件」とは、「2チャンネル」やTwitter、ブログ、そしてマスコミに於ける「小保方博士バッシング報道」のことだ。小保方晴子博士を鬱病状態に追い詰め、そして笹井芳樹博士を自殺に追い込んだのは「小保方博士バッシング報道」である。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20141005/1412466510

まあ、こんなリンクをがんがん貼っているこのブログも、とっくに狙われているのは確かで(笑)、だから自分のブログに自分のPCでログインできなくなっちゃったりするんだろうけど、ここで黙っちゃダメなんですよっ

だから、きのこちゃんの決死の覚悟を、全面支援するからっ!!!

拷問にも不法操作にもマケズ
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-6773.html
不法捜査 偽証には誣告罪で
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-6770.html

これを読んだみなさんにできることは、とにかく、書く・言う・真実を拡散する…ことを、止めないことです。心があるなら。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-10-26 14:29 | 新聞捨ててテレビを消そう
<< バナナでも食べますか… 蝶よ花よと >>