ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

古巣へもどる

a0043520_15454616.jpgヤップ島は、きのうもきょうもおおむね晴れで、ときどきザーッとスコールがやってくるというお天気ぶりだった。10月半ばから後半にかけては、こういう不安定な空模様の日が多くなる。そんななか、修繕のために仮住まいしていた場所から、約4ヶ月ぶりで古巣の我が家に戻ってきた。放りっぱなしだった我が猫の額菜園は、ヤムイモ&サツマイモ天国、ひゃ~!

ところで、まるで再稼動の準備が進んでいる川内原発を狙うべく、いったん北西に進路をとって鹿児島県北西部に上陸した台風19号、ヌッポン・メディアの喧騒にもかかわらず、「たいしたこと無いじゃん」と思われた方も多かったでしょうが、陸に上がった台風は急速にエネルギーを失うのが常です。それなのにヌッポン・メディアが、現実無視で騒ぎ立てるのは、ワケありと見たほうが良い。今回はおそらく、本日14日に閣議決定される特定秘密保護法(施行は12月10日)隠しでしょうネ。
a0043520_1547164.jpg

さてヤップ島の10月は季節の変わり目、いろんな渡り鳥さんがやってくる月でもあります。前回記事のツバメに加えて、真っ白なアマサギ(Bubulcus ibis)の姿も、あちこちで目にするようになった。ヤップ語でブネネと呼ばれるこの鳥は、人里近くのどこへでも出没して、せっかく撒いた種をほじくったり、ゴミを漁ったり、とにかく何でも口にする。ヤップ語で同じくブネネと呼ばれる白いサギの仲間に、パシフィック・リーフ・ヘロン(Egretta sacra)の白色バージョンがいるが、こちらは海岸近くに住み、サカナしか食べない。パチンコで野鳥を撃って食べちゃう男の子たちも、ゴミ漁りのアマサギ・ブネネだけは、さすがに食べないそうな(笑)。

a0043520_15492599.jpgというわけで、パチンコにも狙われず、ほぼ天敵を心配する必要のないアマサギ・ブネネさん、街中のアスファルトの道だって、へいっちゃらで闊歩してます(笑)。ただし、この鳥、あんまり賢くないようで、車に驚いて飛び立ったのはいいけれど、どんどん車の前を飛び続けてしまう。体が大きいので滑走距離が必要なのだろうが、どうして道路から外れて飛び立つという発想がもてないのかしら?ま、鳥には鳥の都合があるのでしょう^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-10-14 16:53 | ヤップの自然・陸
<< お金の洗濯場 ツバメ到来 >>