ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

狩猟採集ディナー(笑)

ブオイ(タイヘイヨウグルミ)の実とコプラ(完熟ココヤシの実を削ったもの)で作ったイム(iim)をもらった。イムとは、ヤップのチマキみたいな料理法。中身はパンノキの実でもバナナでもタロイモでもなんでもいいけれど、一度調理した材料をリーチ(センネンボク)の葉にくるみ、チョイ(タコノキ)の葉でつくった紐で結わえて、もう一度ゆでる。
a0043520_2223865.jpg

添加物なんてまったく入っていない手づくりだから、ヤップの気候では、常温では朝つくったものは夕方までが命。はやく食べねば…ルンルン♪

で、包を開いて羊羹のように切ると↓こんな感じ↓
a0043520_2225550.jpg

いろんなイムのなかでも、わたしはブオイで作ったのがいちばん好き。いまでもブオイの木はあちこちに生えているから、実を集めるのは簡単なのだけれど、イマドキのおされなヤップ人の中には、①料理に手間暇かかる②ブオイは屁の元…とか理由をつけて、あまり歓迎しない輩も出てきた。

しかし、①料理に手間暇かかる・・・ってのは、わたしはブオイの固い殻を蛮刀で割れない(いちど指を落としそうになって以来のトラウマ)ので、もっぱら「食べるヒト」に徹しているけれど、②の屁の元なんて、ドンマイドンマイ(笑)、屁は健康の元!
a0043520_2255834.jpg

そうそう、あの魚も食べてあげなければ…と、一週間ほど冷凍室に入っていたソバク(ハタの仲間)を下して、さあ、今夜はスープたっぷりの煮つけでいきますか…レモンをぎゅーっと絞って。

というわけで、気がついたら全食材(塩も海水だからね)がヤップ産。これだから、地球になにがあっても、島さえ浮いててくれればダイジョーブ!という安心感は、言葉にならないほど大きいのですヨ^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-07-06 22:33 | ヤップの伝統食
<< 雨の七夕と温故知新 つっぱり棒 >>