ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

フランシーヌの場合

サンゴを穿(うが)ち、長い年月をかけて成長するヒメシャコガイ、着底せずに大きくなるシャコガイをヤップ語でファシュウというのに対して、これはトウと呼ばれて、一目置かれている。ちなみにトウとは「穿つ」こと、またはその道具を意味する。
a0043520_19395820.jpg

なにがあってもコツコツと、ひとりサンゴを穿って生きているヒメシャコガイに、なんとなく感情移入してしまうのは、わたしだけではなさそうだ。

ところで…

昨夜は遅くすぎて触れなかったのだけれど。
a0043520_19404825.jpg

昨日の午後、新宿駅南口で起きた焼身自殺(未遂)、モミイのNHKをはじめ、ヌッポンの大手メディアはほぼ総スルーしているようだから、書いておく!

ご覧のように、スーツに身を包んだ紳士は、ガソリンの入ったペットボトルを傍らに、拡声器で集団的自衛権行使容認への反対と安倍政権への抗議を訴えたあと、
a0043520_19451892.jpg

ライターでわが身に火を放ち、消防隊員の放水を浴びながら、
a0043520_19454110.jpg

一段下の通路に落下して、体中の火を消火された後、救急隊に運ばれていった…という事件。

ヌッポン・メディアが(国内向けに)シカトを決め込んでも、海外では大きく取り上げられている。

Japanese man self-immolates in pro-pacifist constitution protest
http://rt.com/news/169216-japan-self-immolate-protest/

コメントの中には、「まるでチベットみたいだな」とまで言われてるけれど、覚悟の紳士の端正な面立ちを見て、わたしは思わずフランシーヌの場合を思い出していた:

フランシーヌの場合
http://www.k5.dion.ne.jp/~noho-hon/Travel/Africa01/Data/Francine/francine.html
君はフランシーヌ・ルコントを知っているか
http://banyuu.txt-nifty.com/21st/2004/11/post_14.html

そういえば、新谷のり子が歌うフランシーヌの場合が発表されたのは、同じ年の6月15日、つまり1960年に国会前で樺美智子さんが圧殺された日だった。

歌詞にあるとおり、焼身自殺なんて何の効果もない「おばかさん」な行為かもしれないけれど、そして、わたしもそういう方法で命を捨てるつもりは毛頭ないけれど、それでは目の前で行われる不正や不義、それに苦しむ人々(じぶん)を、黙って見過ごせるのか?じぶんなら…なにができるのか?フランシーヌ(背広の紳士)の「場合」は、みずから炎に命を投げ出すという方法を選んだけれど、それなら、わたしは…? あなたは…?

世の中を悪くする究極の原因は、テロでも悪徳政治家でもない、それは無関心だ!

愛の反対語は…憎しみではない、無関心です(by マザー・テレサ)

あなた(わたし)のなかに、「愛」がありますか?

明日、安倍は予定どおり、集団的自衛権の閣議決定をするのだろう…。

集団的自衛権に反対する男性が新宿で焼身自殺を図る(ビデオ)
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-6462.html
海外でも大きく報道、「新宿焼身自殺事件」
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2311.html
なぜ報道しない!東京で集団的自衛権反対の焼身自殺
http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-5f16.html#more


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-06-30 20:53 | 新聞捨ててテレビを消そう
<< 死から目をそむける者は生ける屍 本日のお魚 >>