ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

ゴキブリ、ネズミをかじる

食べものなんてまったく置いてないのに、人の気がなくなる夜間、店の中をかなりのゴキブリが徘徊しているらしいことは、デスクや棚の上などあちこちに残っているフンで気づいてはいたけれど…
a0043520_22173954.jpg

ノートパソコン用に使っている携帯マウス、あのコードが細くて収納できるやつが、ヤ・ラ・レ・タ!

初めは「まさか」と思って様子を見ていたが、むき出された箇所が日々広がって、
a0043520_22193177.jpg

ついに、差し込み側までやられるようになった。まだマウスは使えているけどね。

いったい、こいつ(ネズミのしっぽ)のどこが、そんなに美味しいっつーのよっ(怒)

…それはともかく、

「美味しんぼ」の件。

なななんと、科学技術庁(当時)からの委託を受けて、1991年3月に日本原子力文化振興財団原子力PA方策委員会出した報告書には、「美味しんぼ」の「手口に学びたい」と書いてあったんだってね:
(6) 分かり易さではマンガが第一だ。正確さを損ないがちな点には十分留意した上でマンガを活用したらよい。ストーリーの面白さがいる。「美味しん坊」というシリーズマンガはストーリーもあるし、料理の中身についてもよく解説している。あの手口に学びたい。

(8) 形式だけマンガにしても内容がよくなければだめだ。「美味しん坊」は内容がよいから読まれている。推理小説の手法で、原子力を盛り込んで書いたら読み応 えのあるものができると思う。推進派の人間は、手軽に本を書き過ぎる。手軽に書いた本が面白いはずがない。大学教授の書いたものをそのまま本にする。これ もだめだ。図書館に本を無料で送ったら置いてもらえるのではないか。教科書的な本は当然に必要である。マンガチックなものや読み物風なものばかりではいけ ない。

「原子力PA方策の考え方」(日本原子力文化振興財団原子力PA方策委員会報告書)14頁より抜粋
そりゃ~「ヌッポン原子力村」の住民にとっちゃ、ショックだろう…。なんせ「手口のお手本」から、その手口でケチョンケチョンにやられちゃったんじゃね…(嘲笑)。

それにしても「鼻血論争」で気になるのは、なぜ(被曝すると)鼻血を出す人が増えるのか…なぜ鼻血が出るのか…という、根本的なメカニズムを、肯定派でも考えてない人が多そうなことだ。

鼻血までいかなくても、じっさいに喉や鼻の奥がヒリヒリしたり、金属質なにおいがしたり、痰がたくさん出たりという経験が多少でもあれば、これは多量の放射線をじかに浴びて被曝したものではなさそうだ…という感覚はつかめていると思うけれど。そういう人なら鎌仲さんがベラルーシの医師から聞いた話は、たぶんピンとくるだろう:
私も取材の中で沢山の鼻血経験を聞いています。生まれて初めて出した、子どもたち、大人たちが多いです。

ベラルーシの医師に訊ねたところ、鼻の粘膜にセシウムが吸着し、そこから出てくるガンマ線で皮膚がない場所にある毛細血管が破壊されるのだ、という答えでした。そしてその破壊された毛細血管からセシウムが体内に入っていく、と。チェルノブイリでも非常に多くの子どもたちが鼻血を出してあまりに大量で、救急車が出るくらいだったといいます。

広島でも鼻血を出した人を肥田先生は沢山目撃しています。チェルノブイリの子どもたちが日本に保養に来ると、最初は良く鼻血を出していた、と里親たちも言っています。

先日、私のカメラマンも福島から帰ってきて鼻血を出しました。
みんな楽しくHappy♡がいい♪さんの記事から抜粋させてもらいました。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3708.html

テキ=原子力ムラは決して「内部被曝」の存在を認めようとしないけれど、そういう手合いにごまかされないで、「鼻血論争」するときには、ハッキリと「内部被曝」とはどういうものかということを、認識しておかないといけない。つまり、放射性パーティクルの拡散&堆積の仕方や、それらがどうやって体内に入ってくるかとか、それらが引き起こす内部被曝による障害の、さまざまな形態や内容とか…それが理解できていないと、歯切れの悪い反論にしかならないんだにゃあ…いや、ちゅう…か。

きっこちゃんまでが「個人的見解」だって断ったりして…

「美味しんぼ」の問題に関する個人的見解
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2014/05/post-6515.html

でも鋭い文章、ひさびさの「きっこ節」をたんのうできました^^

民主党政権時代には、野党として「被曝による鼻血」を認めて政権党を批判していたのに、いまじゃ必死の形相でそれを否定しまくり、でも、やればやるほどアラが出まくり(嘲)、それで、ヤツラが隠したいほんとうのところは、だいたい↓こんなところ↓でしょう:

大阪市が『美味しんぼ』に抗議したことから判ること
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7675685.html

そして実際に原発作業員だった人の「美味しんぼ」感想は:

原発日誌(171)「美味しんぼ」の被ばく問題
http://ameblo.jp/masaya1015/entry-11847936910.html

このマンガによって引き起こされた議論によってフクシマの事の本質とその重大さを知り、「国」や「県」やまして「東電」なんてアテにしないで、自立した健康法と生き方に目覚める人がひとりでも増えますように。

まず、自分でやってみること…が第一歩!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-05-12 23:43 | No Nukes!
<< マイプレイス・マイライフ 花さき実のり >>