ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

蚊の涙

数日前、「できるかな~?」と書いた、ヤップに大雨を降らせた嵐は、その後カジキ(台風201402号)という名のついた台風になり、フィリピンを一気に駆け抜けて、消えた。
a0043520_20331689.jpg

その雨風のせいか、ある西海岸のサキシマハマボウが、幹の根元で真っ二つに裂けて倒れていた。それを見て、つい、今の東京都知事選におけるバトルを連想してしまうってのも、なんだかなあ…(苦笑)。

大集結した「細川支援」文化人 すさまじい熱気と切実な声(週刊ゲンダイ/http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7275.html)をあげているというのに…細川・小泉劇場を徹底して封じ込めようとするメディアの異常さhttp://www.amakiblog.com/archives/2014/02/02/#002855)!ホソカワ&コイズミの街頭演説を聞きに(見に)集まる群衆は増える一方だというのにw…これで細川が落ちたら、世界中が「日本」を軽蔑して笑う。そして国家システムを疑うhttp://www.k2o.co.jp/blog2/2014/02/post-1100.php)のは間違いなし。

a0043520_2134470.jpgそれにしても、同じく脱(反)原発を掲げるホソカワ陣営に対する、ウツノミヤ陣営からの陰湿なネガティブ・キャンペーンは度を越えているわ…と不思議に思っていたけれど、デンコちゃん工作員がウツノミヤ陣営に入りこんでいたと考えれば、ヒジョーに納得できるわ?!

つくられた「四面楚歌」-東京都知事選挙中盤情勢
http://onodekita.sblo.jp/article/86517033.html#more
落合恵子への都知事選の出馬打診 - 宇都宮健児のフライング
http://critic20.exblog.jp/21571892/
岩上安身の誹謗と暴言 - 宇都宮健児の宣伝機関と堕したIWJ
http://critic20.exblog.jp/21582732/
宇都宮健児君、立候補はおやめなさいーその33
http://article9.jp/wordpress/?p=1970

現代版の巌流島は…「殿」と「禿」の闘いではない!安倍武蔵と 小泉小次郎の決闘だhttp://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii02021)、そしてヌッポンが再び愚かな戦争をおっぱじめるかどうかの、今は瀬戸際なのだ。だから、世界はトーキョー・ガバナーズ・エレクションを、固唾を飲んで注目している。

ところで、NY多層金魚さんが、ホソカワ「殿」のご先祖さまの歌を紹介しながら、一服の清涼剤のような記事を書いておられる。
蚊のこぼす 涙に浮かぶ浮き島の
浜の真砂を千々に砕きて

   細川幽斎
極小から極大へ —幽斎の歌から護煕公を多層的に応援する
http://nyckingyo2.exblog.jp/20295779/

a0043520_20331436.jpga0043520_20332868.jpg
そういえばヤップのジカ熱(ジカ・フィーバー/zika fever)についてという過去記事が、最近よく読まれているらしい。現在のヤップでは、同じくネッタイシマカヒトスジシマカが媒介する、チクンギニヤという流行病のほうが問題になっているのに。もっとも、すでにヤップ島の人口の半分以上が、このチクンギニヤに顕在・不顕在感染しているだろうから、たいして心配はしていないけれど、今回もCDCが嬉しそうにデータを集めているw

ところで、そのちっぽけな蚊の涙…に浮かぶ泡沫の小島の、またその砂浜の…砂を千々に砕きて…宇宙を見るという、ものすごく哲学的で壮大な句を詠んだ「殿」のご先祖は、果たしてムサシに立ち向かう勇気を授けてくださるだろうか?このブログにもリンクを貼っているTwitterが、1月14日ころを境に、まったく更新されなくなっているのも気になる。それはうちだけではなく、同じくエキブロの「世に倦む日々」さんのところも、同様のようだ。一滴の蚊の涙も見えない者は、まわりを、国を、そして地球を、腐らせる。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-02-02 21:47 | No Nukes!
<< 生きとし生ける命のために できるかな~? >>