ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

これ特定秘密です^^

昨夜は永田町まで出張った方々、お疲れさまでした。とうとうアホの極みが通っちまいましたね。ヤップのわたしはといえば、午後5時ころまでTwitterで様子を見ていたものの、あとは、花金のふたり女子会に出かけ、深夜を大幅にまわって帰宅、今朝、朝日も高くなって目覚めたら、パソコンが立ちあがりっぱなしになっていた。どうやらヌッポンの国怪が気になってニュースを見ようとしたらしいけど、記憶にございません…(爆
a0043520_11553446.jpg

今回の写真は、いま一番サンゴが元気なヤップ南西部の海中、ベイビーサンゴちゃんたち。オニヒトデに食いつくされて荒廃したあと、必ずよみがえってくるサンゴを見ていると、なんだか、こっちまで「よしっ」て力が湧いてくるような。

さて、そんな荒廃まっしぐらの中で、コッソリぽろぽろ出されるフクイチの現実。そのうち特定秘密になっちゃうだろうから、今のうちにどんどん記録しておこう:
福島第1の排気筒下部で25シーベルト
時事通信 12月6日(金)20時0分配信

 東京電力 <9501> は6日、福島第1原発の屋外で最も高い毎時10シーベルト以上の放射線量が測定された1、2号機主排気筒の根元を再測定した結果、表面付近で同25シーベルトに達する可能性があるとの推定を公表した。 
あはは、もう笑っちゃうしかない状況だけど、これが出たの、Yahooニュースの経済面ですぜ。隠したい気ミエミエ。

んで、原発格納庫のお外が25シーベルトというのがどれくらいのことかというと...
近くに寄ったら間違いなく死ぬ、死亡率100パーセントという数字です。近寄ったら死ぬので、誰も近づけませんw 放置ですw 
というネットゲリラさんちの記事をどうぞ。

以後特定秘密です
http://blog.shadowcity.jp/my/2013/12/post-4113.html#more
a0043520_11543748.jpg

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)さんちでも:

〇福島第1の排気筒下部で25シーベルト
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7442714.html
〇25シーベルト 現時点でなぜ高線量か不明
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7443353.html

そして、とうとう特定秘密保護法が衆参で暴力採決されてしまい、それでブログやめちゃう人も多いなか、まだまだまだ~と希望を示す人もいる。こちらは弁護士さんのブログです:

超安心 秘密保護法なんて怖くない! 憲法は最強の切り札なのだ
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/12/post-664f.html
a0043520_11525661.jpg

なるほど...と特秘法のほんとうの狙いを解き明かす記事がいっぱい:

特定秘密保護法の狙いが国家の株式会社化にある 事態のおぞましさに保守系議員よ、早く気づいて!
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/11/post-8321.html
特定秘密保護法による恐るべき国家改造 特定秘密保護法の正体はアメリカとグローバル企業による遠隔操作法だった!
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/11/post-426e.html
投資家世界法に縛られる国家主権と投資家による国家意思決定
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/12/post-5498.html

原発を爆発させて放射能をバラまき、高度汚染地区に住民を縛り付けるどころか、汚染空気と食品を全国に拡散し、そこでバタバタと出る病人や死人からバッチリ儲けまっせ...とグローバル企業がよだれを垂らしている構図。

いい加減で気づきましょうよ>ヌッポンの人!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-12-07 12:51 | No Nukes!
<< ああデータが… ヤバいよ、ヌッポン >>