ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

ブルートゥース・ナグ

ようやく雲の隙間から顔を出した夕方の太陽…実は昨日のものです。今日は雲がまだ多かったけれど、雨はすっかり止んで、南の風も収まってきた。ところでヤップに大雨を降らせた雲は、とうとう台風18号(EWINIAR)になったようで。EWINIAR(エウィーニア?)という名前はミクロネシア連邦から出たものだけれど(ポンペイだったかな?)、ヤップとは言葉も文化も違うので細かいことはワカリマセン。
a0043520_22583878.jpg

ところで昨夜は別のネタでブログを更新しようと写真だけアップしたところで、ふとfacebookに飛んだら、あららら…これはきっちりと保存&みんなでシェアしないと…という投稿がぎっしり貯まっていて…。

実はこのところ、6月の初めに書いた「中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その1)」「中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その2) 」という記事へのアクセスが高く、この件に関して日本でもまたなにか動きがあったのかなと思ったりしているのだが、ヤップでもこの数週間は、かなり目まぐるしい動きとなっている。

当然、いろんなグループや個人がこの破廉恥な開発計画に不安や反対を表明しており、州政府や州議会、伝統リーダー会議に公聴会を求めたり、それらの状況が公営ラジオで放送されたり(されなかったり)、州政府広報メディアで発表されたり(されなかったり)するので、比較的若いインターネットにアクセスできる連中はfacebookなどで、村にいる年寄り連中はラジオにかじりついて、あとはココナッツワイヤー・エキスプレス(口コミ)を通して、この開発会社(ETG)に関する話題には、老若男女を問わず、いまヤップ人全体がものすごく耳ピン状態になっている。わたしもETGアーカイブなるものを作ってはみたが、だいたい商売のウエブサイトすらまともに作れない人間が、ものすごいスピードで膨らんでいる情報量を管理しきれるはずもなく、そのままになっている。もしこれが理由でこの記事を頻繁に訪れてくださっておられるのなら、ごめんなさい。

そのかわり、facebookの中に作られた2つのグループ(mixiでいうところのコミュですね)では、素早い情報交換と素晴らしいディスカッションが続いていて、州政府メディアの隠蔽や情報操作を台無しにしている(笑)。2つとも管理者はヤップ人で主な投稿者もヤップ人、それにヤップを研究している有意の文化人類学者らもたまに加勢して、これらの投稿やディスカッションを通して、ヤップの若者たちだけでなく、生のヤップに少し「触れた」ことがある人で、もっとヤップを「知りたい」人にとっても、良い勉強の場を提供している。

興味があれば、facebookのアカウントを開いて、「Yap State Youth」、「Yap's Development」という名のグループを検索してみてください。ただし使用されている言語は、英語とヤップ語(このグループに参加しているヤップ人はみな英語の読み書きに何不自由ない人ばかりだけれど、ヤップ語がわからない外国人に読ませたくない会話はヤップ語で書く)、あるいはそのミックスですけど。

a0043520_22591751.jpgうちのスタッフのG嬢もチョメのおじさんも、新入りのJくんも、当然この問題にはすごく耳ピンというか、とにかくどんな些細な動きや情報にも敏感になっているわけで、そういう理由もあって、店のパソコンのセットアップも急いでいたのだが。G嬢やJくんは携帯やパソコンからfacebookできるけれど、重い音声や映像のダウンロードはお金も時間もかかる。そしてアナログ人のチョメおじさんにいたっては、大きなフォントで印刷してあげないと読めないし(笑)。ともかくバラバラで情報収集するよりも、facebookなどでわたしが集めたものはすべて店のパソコンに持ってきて、いつでも誰でも見られるようにセットアップしたわけだ。

そんなあるとき、G嬢が友人と電話で話している会話を小耳にはさんだ。いわく「ング・ブルートゥース・ナグ・ロム」…「G嬢、いまなんて言ってた?ブルートゥースって、最近の携帯の機能についているあのブルートゥースのこと?」

「そうだよ、suyapが手にいれたあの公聴会の音声ファイルを、友達にブルートゥースしてあげるって言ってたの」…「○×△?!」…(恥を忍んで)「G嬢、最近よく聞くブルートゥースって、ナンデスカ?」

てなわけで、いまさらながらにG嬢からブルートゥースの講義を受けたわけ(アナログおじさんのチョメのことを笑えないね)。ちなみにわたしの携帯(右上写真)は、ヤップで携帯電話が始まってすぐに買って、今年でちょうど10年目を迎えた。もちろんブルートゥースもインターネットもできないけれど、島の暮らしには携帯なくても不自由しないし…さすがにバッテリーはもう製造してないようで、そろそろ買い換えようかな…と考え始めてもう半年以上が経っている(爆)。

しかし新しい言葉を覚えるとすぐに「いかにも昔から知ってました!」という顔で使いまくるわたしのこと、さっそくブルートゥース・ナグ(外来語にナグをつけるとヤップ語の動詞として使える)を連発しまくっているのだが…そんなわたしに、G嬢から新たな指令が。「suyap、今度からね、ETG関係の文書をもってくるときは、プレイン・テキスト形式にしておいてね。そうでないとせっかくブルートゥースで送っても、相手先の携帯で読めないことが多いから」…「○×△?!…ハッハイ、カシコマリマシタ!」

いまヤップで起きていることは、ヤップ人としてのアイデンティティの確認作業だ。表向きには自分らには伝統文化があるから…としながら、戦後70年近く、あまり深く考えもせずに外来のものを受け入れてきた人々が、ようやく「yalean yu waqab」に真剣に向き合い始めた。しかし若者たちに「yalean yu waqab」のことを聞かれて、初めてあわてて大昔の記憶をたどる戦後育ちのアメリカ世代…それが今のヤップのリーダーたちの姿なのだが…。それでも(わたしの知る限り)みんな真剣そのものだ。いまfacebookでは、machibのあるべき姿まで語られている。近い将来このふざけた大開発を止めることができれば(わたしは絶対に止められると確信しているが)、いま島全体を揺るがしているこのショックは、戦後からずっと続いてきた対米依存から脱却し、ヤップ人が自立を模索していく良いきっかけになるだろう。

現在の島内の動きはきわめて「ヤップ的」なので、ヤップに縁の無い方々にそれを説明するのも難しく、また誤解を生むのも嫌なので、このブログでは一切詳細には触れません。もっと突っ込んだことを知りたい方は、鍵コメントなどで理由と連絡方法をお知らせください。対応できるものには対応いたします。


(同一テーマの記事)
中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その1)
http://suyap.exblog.jp/15476633/
中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その2)
http://suyap.exblog.jp/15478850/
流行のステッカー
http://suyap.exblog.jp/16527479
果報は寝て待て???
http://suyap.exblog.jp/17070174/
大統領との会見
http://suyap.exblog.jp/17206333/
パパイヤガラスもあきれてる...
http://suyap.exblog.jp/17219576/
おひさしぶりです
http://suyap.exblog.jp/17432052/
ヤップ島の巨大開発に反対するオンライン署名募集中
http://suyap.exblog.jp/17531397/
やっぱり果報は寝て待てか?
http://suyap.exblog.jp/17652204/
結実まであと一歩?!
http://suyap.exblog.jp/17756107/
懲りない面々
http://suyap.exblog.jp/17925665/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-24 22:55 | ヤップの開発問題(ETG)
<< フリーダム・オブ・スピーチ 雨・雨・雨… >>