ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

立ち上がるナマコ

これから7月ころにかけては、陸上でも海の中でも、いろんな動植物の繁殖が見られるようになる季節。
立ち上がるナマコ_a0043520_21583235.jpg

満月を控えた数日前の夕方のこと、ウォネダイ水路を上げ潮に乗ってドリフトしていると、沈船のガレ場で、大きなクロテナマコBohadschia graeffei)が、さらにまた大きく背伸びするように半身を立ち上がらせて、ゆらゆらと左右に揺れていた。

よく見ると、黒い触手のある口の部分よりやや後ろに下がったあたりから、なにやら白い煙のようなものが噴き出されていて...
立ち上がるナマコ_a0043520_21594952.jpg

どうやらこれは、放精中みたいです。あたりを見まわしたけれど、近くに他のクロテナマコは見当たらず(ふつう近くで一斉に放精・放卵することが多いのに...)、わたしたちはそのまま流れに押されて通りすぎてしまった。

こうして放たれた精子や卵子が運良くめぐり合えると、それらは数日ほど漂いながら変態を繰り返したのち、やがて海の底に到着する。そしてその後は一生、「海の掃除屋さん」として海底を這いずりまわって生きることになるのであった。

そうしてみると、こんなにエネルギーをつかって立ち上がって行われる放精・放卵は、ナマコたちにとっては一世一代の大事業なのかもしれないね。なんだか、見ているだけで元気がもらえそう...?


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
タグ:
by suyap | 2012-05-07 22:50 | ヤップの自然・海
<< 毒盛り~~~ スーパームーンで稼動原発ゼロを祝う >>