ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

テリハボクの花ざかり

2週間くらい前から少しずつ開花していたテリハボクの花が、いまや島中で満開となり、ほのかな良い香りをあたり一面に漂わせている。
a0043520_21532739.jpg

このテリハボクCalophyllum inophyllum)の木をヤップ語ではビヨッチと呼ぶが、一年のうちに2回くらい咲くその花は、フィトウと呼ばれている。

先月ヤップに来られたSさんに、「フィトウとはどんな花ですか?」と聞かれたときには、まだほとんどつぼみだったけれど、ほら、こんなに咲きましたよ^^
a0043520_21531619.jpg

Sさんがフィトウのことを尋ねられたのは、2007年に関東地方に上陸した台風9号の名前となったフィトウ(Fitow)が、いったいどんな花なのか見てきて欲しいとお友達のTさんに頼まれていたかららしい。

そう、フィトウ(Fitow)は、グチョル(Guchol)、ミタグ(Mitag)とともに、北西太平洋・南シナ海で発生する台風の影響を受ける14ヶ国から10個ずつ出された140の名前のうち、3つあるヤップ語由来の名前のひとつなのだ。ヤップ州からはもうひとつファナピ(Fanapi)という名前を出しているが、これは離島由来でヤップ語ではない。ちなみにグチョルはうこん、ミタグはヤップの女性の名前だ。順番では今年の台風4号がグチョルになる予定。
a0043520_21534663.jpg

ゆっくり時間をかけて大木に成長し、硬くて丈夫な建材ともなるテリハボクは、ヤップ島では神さんの宿る木のひとつとして大事にされているが、その実であるフィトウも、かつては薬用として使われた(髪の毛や肌に良いとか)。ただし毒性が強いので食用にはならない。

上品な匂いのする小さな花でヌーヌー(レイ)を作るのも素敵だが、落ちた花をひとつふたつ耳の上に差しておくだけでも、しばらく香りを楽しめる。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-02-05 23:00 | ヤップの自然・陸
<< タイマイのつぶやき...ニホン... さらにあでやか…ウミウシ祭り~... >>