ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

タグ:メディア ( 36 ) タグの人気記事

もはやテレビ・新聞・週刊誌のいってることの反対が、真実と考えたほうが良い

ほんとうは、ヤップのうららか春日和な日常や、

a0043520_19141934.jpg

わたしが一番ほっとできる場所=海の中のことを書きたいのだけど、

a0043520_1915401.jpg

70年前の日本も真っ青なくらい、去る筋から統制されきったマスメディアの大騒ぎを目の当たりにすると、とてものん気な記事は書いておれない。

今の日本は、

もやはテレビ・新聞・週刊誌のいってることの反対が、いちばん真実に近いと思ったほうが良い!

今夜は時間がないし、すでに多くの人が指摘しておられるので、ここに重要な情報を伝えてくれる記事のリンクだけ貼っておく。ぜひ読みに行って下さい!!!

植草一秀の『知られざる真実』:NHK偏向と消費増税派岡田克也氏まんじゅう説
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/nhk-16bb.html

田中良紹の国会探検:記者の資格
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2009/03/post_172.html

リベラリスト白川勝彦の永田町徒然草:事の本質は…!?
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1005

リベラリスト白川勝彦の永田町徒然草:鳩山由紀夫民主党代表は…
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1006

そして、とらちゃん、毎度、良いとこ突いてくれるねえ...
晴天とら日和:鳩山由紀夫:民主党代表選に出馬表明(ノーカット+全文掲載) 「男の顔は履歴書」になったと思いました。
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51377133.html


民主党国会議員の諸氏、ゆめゆめマスゴミの論調に踊らされて道を誤らないように、ピシャッ!

もはやテレビ・新聞・週刊誌のいってることの反対が、いちばん真実に近いと思ったほうが良い!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2009-05-14 19:04 | 新聞捨ててテレビを消そう

のどかな海と三浦和義さん(追記あり)

a0043520_7501571.jpg一時的な低気圧の通過で、午後から雨がちになる予想...だったけど、いまは満月の4日前、午前中はがんがん潮が下げていて透明度が悪いから、ダイビングのスタートは遅い午前となる。というわけで、下げ止まりを待って入ったお昼時のゴフヌー・チャネルではマンタに振られてしまった。それに予報どおりに雲が増えてきて、雨も降り出した。

次に潜るサイト(ポイント)のオプションをいろいろ挙げてゲストに伺うと、小物でまったり・のんびりのナマコ・ヘブンをご指名、そうです、こんな天候、海況には、こういう場所がいちばん楽しめるのです!だ か らタイマイが2匹、それも3回も登場してくれて、ゲストの賢明なポイント選びを祝福してくれた。

a0043520_75139.jpg潜り始めは、わりと透明度の良い海水が流入していて、流れに乗ってギンガハゼやハナミノカサゴやヒレフリサンカクハゼを楽しみながら移動していたら、上記タイマイの登場で、うっかりシライトウミウシChromodoris magnificai)をはずしそうになっていたところ、目の良いゲストが発見してくださった。きょう見たウミウシとしては、他にコールマンウミウシChromodoris colemani)やアンナウミウシChromodoris annae)が元気にしていた。

さて、なんでもかんでも話題てんこ盛りのこのブログだけど、今夜のサプライズというか恐怖というか...三浦和義サンの<自殺>疑惑について、ちょこっと触れて彼の冥福を祈りたい。

まずこのニュースを聞いてすぐ思ったのが、彼は殺されたという感覚だ。だって、ヤップの拘置所ですら、どう頑張ったって首吊りできないように、紐ひっかけるとこさえないつくりになってるのに、もっと大きくて立派な施設であろうはずのロサンジェルスの拘置所で、そんなに簡単に自分の着てたシャツで首をくくれるだろうか?

湧いてくる疑惑はもっとある:
〇ロサンジェルス到着後、三浦サンと面会したロサンジェルス駐在日本領事によると、読書がしたい、油で揚げた食べ物にアレルギーがあるので改善を申し入れてほしいと要請していたという。
〇独房で異常が「発見」されたのが現地時間で午後9時45分、三浦サンの弁護士に連絡が行ったのが翌朝午前0時15分、2時間半もかかっているのはなぜか?
〇サイパンからロサンジェルスへ移送のとき三浦さんがかぶっていた帽子に「遺言」なんていう、とってつけたようなストーリーの流布。
いまのところ、三浦サンの弁護士も<自殺>事件の徹底究明を要求すると言っているけど、ぜひ真相究明に努力してもらいたい。

わたしは三浦サンが言われているような罪を犯したのかどうかには関心はない。国家・官憲の暴走を防ぐために、何をしなければならないか、どういう視点が必要か、そういう観点でこの事件を見てきた。ニンゲンという生き物は、悪でも善でもない。同じニンゲンが悪にも善にもなる。見たり聞いたり読んだりした身の回りの事象を、ひとつひとつ内心への掘り下げもなく、単純に自分を「善」側において、「悪」を糾弾するようなものを、「偽善者」という。

そういう偽善者がメディアによって増産され、多くのニンゲンが三浦サンの死にざまあ見ろと溜飲を下ろしているうちに、カリフォルニア州をはじめ全米多くの州と同様な共謀罪が認められるような法律が日本で成立するのを許してしまうことになるのが怖い。

まだあまりこの件でネットをあたってないけど、ざっと見た限り、次のブログの視点にわたしは大いに同意する:

日本がアブナイ:三浦和義が自殺・・・帽子に別れの言葉?+米国逮捕と日本政府(検察)への疑問
http://mewrun7.exblog.jp/8743096/

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報:三浦和義は殺されたのか?それとも単に司法をあざ笑ったのか?
http://amesei.exblog.jp/8750387/
          ~~~以下追記~~~
晴天とら日和:『ロス疑惑』(三浦和義、ロス市警本部の留置場でTシャツで首を吊って自殺。)
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51290987.html

雑談日記:ロス疑惑、三浦和義氏自殺のニュースを聞き気になった事をメモしておきたい。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/10/post-f914.html

神州の泉:三浦和義氏の不可解な死
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/10/post-15e2.html

植草一秀の『知られざる真実』:三浦和義元社長死亡の深層
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-a257.html

ほんとうに、とらちゃんのおっしゃるとおりだわ:
何の証拠もありませんが、・・・・・。私の直感です。
「殺された!」

アメリカ側に三浦和義を殺さなきゃぁ~ならないナニかの事情があったのではないか。これこそが、真の闇ではないか!って、・・・
こういう真の闇が表に出ることはめったにないだろうけど、そういうもんが大きく力を持ってこの世が動いているってことに敏感になり、できるだけ多くのニンゲンが情報を共有していくことが大事だと思う。


(追記)その後のニュースメモ:
2008年10月20日 15時45分 共同通信
三浦元社長は他殺と結論 弁護側病理学者

 【ロサンゼルス20日共同】米ロサンゼルス市警で10日に自殺したと発表された三浦和義元会社社長(61)について弁護人ゲラゴス氏は19日、検視を依頼した病理学者が、他殺だったと結論付けたと語った。AP通信が報じた。遺体には殴打されてできたとみられる傷が背中の深部組織にあったほか、首を絞められてできた可能性がある血腫がのどにあった。これらの傷は首つり自殺の痕跡ではないとしている。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-11 23:52 | ヤップの自然・海

地を這うウツボカヅラ

a0043520_6401317.jpg

上の写真は、ヤップ名物(?)の地を這うウツボカヅラです。ウツボカヅラは言わずと知れた食虫植物、そう、葉っぱの先が変形してウツボ(壺)形になってて、そこに虫さんを誘い込むような良い匂いのする溶液があって、フラフラと誘われて落っこちてしまった虫さんたちを、その溶液に溶かして養分にしてしまうのですね。植物らしからぬ獰猛な奴らという見方もあるでしょうが、こんなに小さくても懸命に生きる彼らを見ると、なんだかパワーをもらえるような気がします。

さて、話はバフ~ンと変わって、日本のフクダ首相が辞意を表明したようです。ヤップの真北にある日本の方角に、なにやら暗雲が立ちこめて...るように見えて、ちょっと心配しているのは、わたしだけでしょうか?これからスコールのひとつふたつは覚悟したほうが良いかもしれませんね。

すでに多くのブロガーがいろんな論評を発表しておられますが、いつもながら反戦な家づくりさんの明快な構造説明には敬服です:
反戦な家づくり「ドロドロの内乱の時代が始まったようだ」
これから政権党につく者は、国民資産の略奪的な暴政を行い、自民党支持者からさえも悪代官として指弾されることを選ぶか、ちょっとはマシな政治をしようと考えてアメリカの怒りを買うか、二者選択を迫られる。
だれがどのように政権につこうとも、この板挟みでボロボロになり、より赤裸々な対立構造がはっきりしてくるだろう。
   ~中略~
これからドロドロと巻き起こる、アメリカ代理人 VS 日本金持ち の戦いに、私たちはどう構えて、どうかかわるべきか。
ほんとうに日本の政治選択も、いよいよ正念場でしょう。おかしなテロ事件が起こされて、変な方向に突っ走らないことを祈ります、それこそ70年前にあったように...。そのためには、国際情勢とそれを動かしているほんとうの背景にもっともっと目をむけて、世界の動きから見た日本の将来選択について、真剣に考える必要があると思います。

それはそうと、べシャワール会の日本人がアフガニスタンで拉致・殺害された事件で、パキスタンの新聞では、拉致された日の午後(2008年8月26日)に、すでにはっきりと「殺された」と出ていたようですね。
PUBLICITY】1777:3つの疑問~アフガン邦人殺害
わたしたちは、日本国内主流メディアどころか、日本政府の在外公館すら信用できない状態にあるということを、しっかり認識しておくべきでしょう。どんなときにも、あらゆるプロパガンダに踊らされず、それを見抜き、地に足のついた地を這うものの視点で、物事を判断していきたいと思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-09-01 23:36 | ヤップの自然・陸

木を見て森を見ず

八つぁん: ご隠居、ご隠居、てえへんだ~!!!

ご隠居:  まあまあ、八つぁん、落ちつきなさい。いったい、どうしたってえんだい?

八つぁん: そこの横丁の緑豆屋のジュン公とトオルのダンナがしょっ引かれたっていうじゃねえか。

熊さん:  なにを今ごろ寝ぼけたこと言ってるんだい。もう3日も前の話じゃねえか。それにお上とつるんだ津軽の岡引どもは、また昨日になって、あのふたりを牢から出すもんかって決めやがった。

ご隠居:  熊さんや、いったいジュン公らに何が起きたのか、ハチ公にわかるように説明してやっておくれ。

熊さん:  合点だ、ご隠居さん。オイ、ハチ公、耳をかっぽじってよく聞けよ。おめえは鯨問屋と悪徳網元らがこっそりご禁制の鯨を取って闇市場に流しているってのを知ってたかい。ジュン公らはな、どうにかそれを暴いてお天道様の裁きを受けさせようと思っていたんだが、鯨捕りの銛打頭やその手下まで、おこぼれのご利益に蒙っておるのを、偶然、元銛打頭の手下からチクリがあって知ったわけさな。そもそもだな、鯨漁をご禁制にするってんで、前々から鯨問屋には、ご公儀の金が、そりゃーたんまりと出てるときてるんだが、それにもかかわらずご禁制の鯨を獲って闇市場に流して儲け、そういう悪だくみを見知っておる手下までが、こっそり鯨肉をへずって横流ししておるというのが見えてきた、こりゃー、大ドロボーもいいとこだろってえんだ。

八つぁん: それじゃなんで、ドロボーを追ってたジュン公らが、ドロボー呼ばわりされて捕まっちまったんだい?

熊さん:  まあ聞きねえ。確かにジュン公らは先を急ぎすぎたかもしれん。ただ海産物総元締代官や果ては老中までグルになって甘い汁を吸っておるような大それたドロボー仕掛けのシッポをつかむのは、なかなか容易なことじゃねえ。そこでジュン公らは、鯨獲りの手下どもの小さな荷抜けの証拠をつかむことにしたってわけだ。鯨問屋の河岸から荷を追ってって、津軽の飛脚屋の荷分け所に忍び込んで、たくさんある鯨肉が入った樽の中のひとつだけを失敬してきた。不思議なことに、その樽には中身は「紙」だと書いてあったそうだ。やっぱり、手下どもとはいえ、奴らにも「正直に鯨肉と書くのはマズイ」っていうのはあったんだろうな。こりゃ、やっぱりドロボーだもんなあ。

八つぁん: それで、ジュン公らは、そのドロボーの盗品をドロボーして、その鯨肉を食っちまったのかい?

熊さん:   とんでもねえ。そんなことしたら本当のドロボーだろうが。ジュン公らは樽の中身が鯨肉だということを確認してから、江戸は北町奉行所まで持っていって届け出た。そのときに、どうやって樽を入手したか、どうしてこんなことしたか、ぜんぶ正直に申し上げておるわけだ。それに、必要とあればいつでもご説明に参上すると言ってあるし、どこにも逃げも隠れもしておらん。

八つぁん: それでも、ジュン公らにとって、世間の風当たりはえらく強そうじゃねえか。いったい、どうしてなんだい。

熊さん:   そこが問題よ。ハチ公、世間、世間と気軽にいうがな、それじゃ、いったい何が世間なんでえ? ご隠居さん、お前様は世間でござんすかい?ハチ公よ、おめえは世間かい?みんながみんなして世間と言いやがるが、じゃ、誰が世間かって聞くと、誰も名乗らないじゃねえか。そんなお化けみてえな世間様のご意見なんざ、あっしはちっとも怖かねえ。まっ、緑豆屋もジュン公も、はなからそういう覚悟でやったんだろうから大丈夫だろうが、世間様は、ちったあ、ジュン公らの心意気を見習ったらどうでいってんだ、えっ?何万両もの大金が、悪徳老中、悪徳代官、悪徳問屋に銛頭らを肥え太らせるために使われ、田舎の百姓は年貢米をがっぽり搾り取られてるってえのに、おれら長屋の住人は銀シャリも拝めない日もざらってのによ。

八つぁん: 鯨肉の樽ひとつを掠めただけで、しかもその樽はちゃんと奉行所に返したってえのに、40人もの岡引が1日中出張って、緑豆屋だけじゃなく、ジュン公やトオルのダンナの長屋まで漁りまくったそうじゃねえか。ありゃ、なんだい?

ご隠居:  見せしめじゃろうのう。緑豆屋をいかにも悪者のように仕立て上げ、それに密告者への脅しもあるのじゃろ。誰が緑豆屋にチクッたか、正体を探るつもりもあったやもしれん。

ところで、日頃は悪徳老中や代官をなんとかせんといかんと言っておきながら、この緑豆事件については、ドロボーはいかんと妙に四角いことを言いおって、陰も形も見えぬ「世間」に同調しとるフリをする輩、あるいは心底そう信じきっておるノーテンキな輩が多いのも、いやはや気色の悪いことよのう。

熊さんに八つぁんや、こういうのを、木を見て森を見ずというのですぞ。些細なことだけにとらわれて全体を見ないと、気がついたら山中が杉の木だらけになってしまい、そこら中に花粉症が蔓延することになる。まあ、この国の「世間」とは、そういうレベルのものじゃ。けだし、世間を主語にして意見を言うような奴らには、今後とも要注意ですな。

紹子どの、他人事じゃない、わしは、おまえさんのことを言っておるのですぞ(渇っ)

a0043520_15373878.jpg

Release our activists!(グリーンピース職員の逮捕と不法拘留に抗議!)
グリーンピース:告発レポート「奪われた鯨肉と信頼 ―『調査捕鯨母船・日新丸』での鯨肉横領行為の全貌」 (PDFファイル2.3MB)
天木直人:グリーンピースジャパンのメンバー逮捕は裏目に出るのではないか
植草一秀:政治の対立軸(2)三つのトピックス
カナダde日本語:グリーンピース職員の即時釈放を


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-06-23 18:18 | 新聞捨ててテレビを消そう

シロクマさんとCO2

a0043520_22353613.jpgもうすぐ北海道の洞爺湖でサミットが始まるとか、そういや東京は桜田門本舗に勤務する知り合いと4月に再会したとき、本舗でもリストラが進んでいる上に、このサミットのお陰で仕事が倍増し目が回りそうだと言ってましたっけ。そうそう〇〇ちゃんも、いまごろ北海道だよねー、ご苦労様です>サミットな皆さん。

ところで、いつの間にか自民党エコサイトというのが立ち上がってましたー。エコロジミンだって(プッ)。ポスターにはシロクマさんが起用されてるけど何で?夏だから氷の上で涼しさ演出ってか? それにしても、フクダさんと並んで立っているシロクマさん、ずいぶん姿勢が良いですねえ、あんた着ぐるみでしょ(笑)。どうぞ2人で仲良く昇天してください。

すでにカナダde日本語の美爾依さんとこでも掲載されてるけど、ヘンリー・オーツの独り言さんから、こんな楽しいパロディ・ポスターが届きました。
(画像をクリックするともっと大きな画をご覧になれます):
a0043520_23141790.gif

シロクマさんの右手の下に小さく常温核融合ってあるのは、オマエ(常温核融合技術)は引っ込んでろってことかしらん?

さて映画やマスコミのプロパガンダキャンペーンが功を奏して、CO2の増加によって地球温暖化が進んでいる、たいへんだ、みんなで電気消して省エネしなきゃ!というのが世界中のジョーシキになっているようですが、言いだしっぺの元アメリカ副大統領アル・ゴアさんの省エネぶりは、こんな感じだそうです:
ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報「10年か15年に一度、気候変動が惨事を生むとの風説が流れる」
ゴアさんはお金持ちなんだから、これぐらい良いんじゃないの?とおっとり構えていられるほどお人よしにはなれませんってば。反戦な家づくりさんの一連の記事は、たいへん参考になります:
学校の先生は、温暖化を教える前に必ずこの本を読んでください。
『気象兵器』 と 温暖化
ドル暴落と地球温暖化サギ
温暖化脅威論は原子力利権そのもの
人類総家畜化計画=「CO2脅威論」
そして『気象兵器』の話を聞くと、わたしはいつも2004年4月9日にヤップを直撃したスーパー台風のことを思い出すのです。あの熱帯低気圧があんな風に発達して直前に進路をヤップ島に向けるなんて、こんなのありかよーと当時もみんな不思議に思ってた。それに台風直後のFEMAの対応の速さに加えて、アメリカがヤップの復興援助に大統領決済で$32M(約32億円!)も支出するという決定も、ものすごいスピードで進んだし... 台風Sudalが『気象兵器』HAARPの実験の結果だったのなら、その後の顛末がすごく納得できます。温暖化の胡散臭さと『気象兵器』についてはこちらの記事も参考にどうぞ:
ゴーヤンのぼやき日記:地球温暖化の嘘と、それによって金儲けを企む連中


続きを読む
by suyap | 2008-06-22 22:27 | 新聞捨ててテレビを消そう

今夜はワインな気分、だったが...

a0043520_2122074.jpgここんとこカナダde日本語の美爾依さんの記事がイカシてる。父の日にちなんで:きっこちゃんに捧ぐも、ぐっちー捏造問題における磯野彰彦氏の誠意ない対応も、相槌うちながら、じっくり読ませていただきました。それで何か関連する記事を書きたくなって、ブドウ畑の隣にお住まいだという美爾依さんのことばかり考えていたら、久しぶりにワインが飲みたくなった(笑)。でも明日の仕事のことを考えると、普通のワイン・ボトルの栓を抜くと飲みすぎちゃうのが心配だし高い。んだもんで、最近ヤップに入ってきたミニ・ボトル(美爾依さんにひっかけてるんじゃないよ)を買ってみた。1本3.50ナリ。で、お味は...うへっ。2本買ったのだけど、1本を飲みきるのが精一杯かも(涙)。だから今夜はあまり酔っぱらってないと思うけど、話題はあっちこっちに飛ぶかもしれない。というわけで、ヤップな日々のワインな夜...

まず父の日にちなんで:きっこちゃんに捧ぐという美爾依さんの記事では、虐待体験とくに幼い頃のそれは、被虐待者の心や人生を後々まで大きく左右すること、そして一方的な感情だけで「犯罪」を語るのは危険であるということ、などと勝手なマトメをしてみたが、それを元に考えを進めてみたい。

まず前者について、美爾依さんの記事でリンクされている赤城高原ホスピタル虐待被害者の声、そこからさらに解離性同一障害境界性人格障害kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)などを読んでみると、日頃からマトモとキチガイの違いなんて紙一重、自分自身なんか限りなく後者に近いと思っているわたしには、ますます秋葉原事件が他人事とは思えなくなった。自分自身が被害者(またはその親族)、あるいは加害者(またはその親族)になるかもしれない可能性を、どうして否定できようか。

虐待(いじめ)は昔からあった。それをバネにして大きく成長した人もいただろう。しかしそれを可能にしたのは、鬼のような虐待を受けても陰でそっと手を差し伸べ育んでくれる人の存在があったからではなかろうか。いじめられても、どこかで息をつける空間があった(多様な共生社会)。しかし太平洋戦争後、急速な経済成長を遂げていった日本は、そういう息のつける空間をどんどん犠牲にしていった。お父さんもお母さんもすごく忙しかったし、もっとお金を稼ぎたかったし、テレビも車もマイホームも欲しかった。そんな社会の変化を一番敏感に察知するのは、いつの時代も子供たちだ。わたしの成長期にもすでにその兆候は現れており、時代の先端を行くわたしも早速登校拒否やら摂食障害やらをやってみたりした。今は遠い昔のことだけど(笑)。

それからさらに時代が下ると、息のつける場はますます、大人からも子供からも、失われていった。それぞれに兎小屋のようなマイホームができたのは良いが、そこからはオバチャンやオジチャンが消え、オバアチャンやオジイチャンも消え、キョウダイすらほとんどいなくなり、ニンゲンのアカチャンとイヌ・ネコなどのペットが同じような扱いを受けるようになった。と同時に、いつのまにか家の中も外も電磁波バチバチの電化製品に包囲され、日頃何気なく口にするものは、化学物質&成長ホルモンてんこ盛りのインスタント食品、養殖魚に狂牛(豚・鶏)肉ばかり、こんな環境でマトモな神経を保ってられるほうが奇跡に近い。そこでイジメや虐待が起きると、いったいどこで息がつけるのか?どこへ逃げろというのか?

そういう意味で、いまの日本社会では、発狂するほうがむしろマトモなのかもしれない。こんなクレイジーな社会では、自分をマトモと思えるほうがクレイジーではないか。そういう発想をもっとたくさんの人が持てるようになったとき、すなわち、こういう社会のほうがクレイジーなのであって、発狂しかけている自分の感性のほうがマトモなんだと気づくヒトが増えたとき、もっと息のつける場所を社会に取り戻す第一歩となるだろう。すごく抽象的だけど...(安物のワインが効いて来たか?)。

だから、素直にクレイジーになれない(なるのが恐い)ヒトが、クレイジーな社会でマトモにクレイジーな反応をして人殺しまで突っ走ってしまったヒト(このパラドックス、わかってよね)やその親族を責めたてるばかりでは、何の問題解決にもならない。わたしは死刑制度には大反対だけど、その理由のひとつは、人殺しまでやってしまうほどのマッドネスの根本原因を解明しないで、国家の名の下に殺してしまっては、そのマッドネスを生んだ社会は何も学べないからだ。国家が死刑=殺しを急ぐのは、何か知られたらマズイことがあるんだろうと疑ったほうが良い。狂った社会にマトモに反応して狂った者と、狂った社会を狂っているとも感じられないほど狂った者を、相対立させて鬱憤のガス抜きをして、得するのはいったい誰だ?したがって、一方的な感情だけで「犯罪」を語るのは危険であるのだ。

(追記)
心配してたことが本当に...
カナダde日本語:宮崎勤死刑囚の処刑は見せしめのため?

ああ言い回しがくどい?<酔っ払い(笑)。でもついでだから、美爾依さんのもうひとつの記事ぐっちー捏造問題における磯野彰彦氏の誠意ない対応にも、ちょこっと触れておこう。



続きを読む
by suyap | 2008-06-17 23:27 | ヤップな日々

文は人なり-あるいは品格の差

a0043520_23155236.jpgもうすでに、神州の泉の高橋さんカナダde日本語の美爾依さん晴天とら日和のとらちゃんがしっかり書いてくださっているから、この件でわたしがしゃしゃり出る必要はないかな-と思ったけど、植草さんのことをこのブログを通してしか知らない人が、再び隠微な形で始まっている意図的な印象操作を、うっかり鵜呑みにされると悲しいので、そういう嫌らしい手合いに対して、正々堂々と反論を述べられている植草さんの記事と、それをサポートするブロガーの素晴らしい記事を紹介しておきます。

植草一秀の『知られざる真実』:
「貞子ちゃんの連れ連れ日記」藤井まり子氏への反論
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_f0dd.html
「貞子ちゃんの連れ連れ日記」へのコメント(2)(追記を含む)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_aeb7.html

神州の泉:
『貞子ちゃんの連れ連れ日記』は小泉・竹中路線の出先ブログか!?
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/06/kakko.html
貞子ちゃんこと藤井まり子氏からの投稿
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/06/post_e741.html

カナダde日本語:
ぐっちーさんはやっぱり官僚の味方だった
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-940.html
貞子の謝罪
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-943.html

晴天とら日和:
植草一秀氏を読む。「貞子さんって?」+大阪府知事は独裁者ヒトラーの形相を呈してきています。
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51230971.html

一秀くんの同級生のブログ:
女ぐっちー登場!
http://hirarin601.exblog.jp/7206037/

AAA植草一秀氏を応援するブログAAA:
事実じゃない事がわかった時の対応が大事なのではと思う
http://yuutama1.blog.shinobi.jp/Date/20080612/1/


それにしても、いい歳をした人間が、ぐっちーさんだの、貞子ちゃんだの、自分のことを恥ずかしげもなく呼ぶかぁ?もしかして、そういう軽~いノリを装って読み手を絡めとる魂胆?ハナからデタラメ記事で相手を引っかけようとしてるとしか思えんですな。

ところで貞子ちゃん、もうちょっと文章の推敲しようよ(笑)。よくそれでライターですぅなんて言えるねえ... おっと、これもB層 読者を釣るためにわざと...<<そんなこたあ、ないだろっ(怒)。


植草事件の真実 ひとりの人生を抹殺しようとするこれだけの力
http://www.tek.co.jp/u/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-06-13 23:57 | 新聞捨ててテレビを消そう

あしたも晴れると良いね...

カメラを持たずに出歩いてたら、きれいな夕焼けが。そこで大急ぎで家に帰ってカメラをピックアップして、坂道を転がり下りて(あっ、クルマ使っちまいましたけど)、かなり暗くなってから撮ったのがこれ:

a0043520_2311414.jpg

いろいろあるけど...明日晴れるといいね... そうそう、ぬぬぬさ~ん、早く戻ってきてくださいねー!

ところで、わたしは直感を信じることにしています(なぜか今夜はですます調で...)。
身近な出来事の場合は、信じたくない直感は無意識のうちに否定しているのですが、それでも心のどこかで、そういうことだよ、やっぱりこうなるんだよという寝覚めの悪い思いがくすぶっており、最後にそれを認めざるをえなくなります。

あまり(まったく)身近でない出来事では、状況をざーっと見聞きして、パッと思い浮かんだ感想を大切にします。ニュース・ソースは自分でインターネットを読みに行くしかないので、日本国内のマスゴミによって、ガチャガチャ情報かく乱されない分、自分の感じたことを素直に大事にできます。

事件が起きるまで名前を聞いたことも見たこともなかった川田亜子さんという人の亡くなられ方を知ったとき、なぜかこれは自殺じゃないという直感を持ちました。それ以来、気になって仕方なかったのですが、インターネットをざーっと見回しても、彼女の自殺は規定のこととして語られていたので、なんだかなーと感じていました。

それが、秋葉原通り魔事件について、ヤップのわたしのところまで複数のTBをいただくようになり、ようやく今日になって秋葉事件関連記事を追ってみました。そこで見つけてしまったのです。やっぱり...ね:
現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ:サイバッチを訴えてもしょうがないだろうに
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50658264.html
ネットゲリラ:蛆虫最後の聖戦、だそうで。
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/06/post_1a1a.html
掲示板 59bbs.org:元TBSのフリーアナウンサー川田亜子さん他殺の疑い
http://59bbs.org/detail368.html
案外秋葉原通り魔事件って話題そらし工作だったりしてというコメントが、ネットゲリラ記事についています。同じ感じをわたしもうっすら持っていたので、ふんふんふん...とうなってしまいました。

川田亜子さんは、自殺されてないと思います。(普段着、目張りは運転席だけ、車がロックされてなかった、衝動的自殺では練炭は選ばない、現場は自宅から離れた場所etc. あとは上にリンクした記事をじっくり吟味してみてね)

秋葉原通り魔事件は、格差社会や派遣労働者の不安が引き起こしたものと単純に片付けてはいけないと思います。(行動が計画的、大胆、冷静過ぎ...。2001年6月8日に起きた池田小事件(まさにちょうど7年前!日付あわせでもしたのだろうか?)、去年4月の伊藤長崎市長刺殺事件12月の佐世保発砲事件との類似性を強く感じます。また戦前1938年に起きた津山30人殺し事件(こちらは今年が70周年!)のことや、それらが起きた時代背景や、その後の日本の歴史も、すぐに頭に浮かびました。

凶悪(いやな言葉ですけど)事件が起きるのは、今に始まったことではありません。むしろ、昔のほうがもっとすごかった。今の時代に気をつけなければいけないのは、主流メディアによる一方的な情報操作です。まずは、テレビ、新聞、週刊誌のいってることの、裏を探ることから、始めないといけませんね。


(追記(9:00 a.m. 06/11)
日本のメディアは容疑者の身内を晒し者にしているという情報が入りました。25歳の男の行動に親は関係ない。そういう視聴率稼ぎだけに走る腐れマスゴミには厳重に抗議すべきです。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-06-10 23:12 | 新聞捨ててテレビを消そう

メイド・イン・ヤップ

TBS「世界ふしぎ発見」では、やはりわたしの予想通り、壮大なヤラセ(仕込み、演出というヒトもいますが)をやってたようですね。DVD入手しだい(とはいっても、郵送でヤップに届くまで速くても10日はかかるなあ...)、どこが間違ってるか、やっちゃいけないことしてるか、レポートしますねー!

a0043520_811351.jpgところで、きょうの話題は、ヤップ製のサカナの燻製(写真右)。ある日、ヤップ人のDさんと話していたら、フィッシャリーズのスモーク・フィッシュを食べてみたか?と聞かれた。えっ、何それ?と知らなかったわたし。

それから、あちこちの店で気にかけて探したけど、ヤップ州漁業公社(Yap Fishing Authority-YFA、通称フィッシャリーズ)謹製のスモーク・フィッシュはなかなか見つからなかった。それに、昨日やっと、お目にかかることができた。

a0043520_8154236.jpg販売している店によると、なかなか見つからなかった原因は、供給がちゃらんぽらん一定していないからとのこと。ならびに品質にもいい加減さばらつきがあるなあ(笑)。一袋4切れ入って$2.75ナリ。

わたし:だけどさ、こっちの空気が入ったパッケージのも同じ値段なの?

店員:あっ、これね、パッキングがヘタクソねえ。空気をちゃんと抜かなきゃ意味ないじゃん。でもノーディスカウントよ!味は一緒だよ、たぶん(爆)。

この素晴らしいメイド・イン・ヤップ製品を製造しているのは、↓こちらの施設↓でございマス。

a0043520_8195031.jpg

どんな所だかは、↓こちらの記事で↓だいたいわかるかも(とくに真ん中より後の部分)。
http://suyap.exblog.jp/3864480/
それはともかく、Dさんの言い分は、
日本政府の金で立派な施設をつくって、JICA/OFCFの専門家(日本人)を2人も置いて、それでやってることは、ドラム缶でスモーク・フィッシュを作ってローカル・ストアで売りさばくだけなんて、いったい(専門家+JICA/OFCFは)なに考えてるんだろうか?
ということだった。彼は日本でJICAの研修を受けたこともある、いわばヤップ人の中でもその方面に明るい人のひとりなのだ。



続きを読む
by suyap | 2008-05-17 22:54 | ヤップと恥ずかしいニホン

あちゃー、やられた~!

a0043520_2214890.jpg連休から連日続いていた海の仕事が4日ほど途切れ、ふっと一息ついたらブログまで二息も三息もついてしまいました...毎日チェックに来てくれた方、ごめんなさい。

そんなわけで身体もたるんで頭もボーっとしてたので昨日は早めに家に帰り、寝るぞーと思って夜8時前から爆睡したのだけど、最近の起床時間にしている午前5時までに3回もトイレに起きた。ふだんはそんなことないのに、いったい、どうしちゃったんだろう...もうそんなトシか?と、寝ぼけた頭でぼんやり考えたり... そのうちの1回か2回は、外で何か気配がするな...と感じたが、眠気のほうが勝って確認もせず再び爆睡。そして今朝、仕事に行こうとして家を出ると...あちゃ~~、この間変えたばかりのタイヤがぺちゃんこだ!やっぱり、何度も目が覚めたのは、ムシの知らせだったのか...(わたしには、ムシがせっかく知らせてくれているのに、事前に手を打てないというドジがけっこうあるのです)。

a0043520_22145326.jpg駐車している車のタイヤが、しかも夜中に自然にバーストするかなあ??と、一瞬何が起こったのか見当がつかなかったけれど、見れば見るほど、様子が変だ。タイヤの上の部分が切られたように裂けていて、刃物がタイヤを突き抜けて反対側に出たような形跡があり、裂け目は反対側にもある。ワイヤの入ったチューブレスをここまで切れるかよ-というほど、あっぱれな切り口だ(オイオイ)。それにタイヤ・フード(というのかな)の端は塗料が剥げてている。ここをテコにして、ナイフをギコギコやったんだろうなあ...



続きを読む
by suyap | 2008-05-16 22:10 | ヤップな日々