ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どんなに日照り続きでも、雨はかならずやってくる!

また久しぶりの投稿です。

日照りの続いているヤップ島ですが、少しずつ雨が降るようになりました。そして今回の旱魃では、水道水を24時間止めることなく供給し続けてくれた電気水道公社は、ほんとうに頑張ってくれたと思います。貯水池があんなに焼けちゃったのに!
a0043520_2315651.jpg

ある日、徐行するボートの真上で、一羽のクロアジサシがしばらく舞ってくれました。

大きな台風や今回のような日照りを、繰り返し経験するたびに思うのですが、どんなシビアな天変地異でも、かならず終わるときがくると!たいへんな渦中にヒステリックにわーわー騒いでも、なんにも事態の改善にはならんわなーと。
a0043520_2321756.jpg

まだまだ降った雨はすぐに地面に吸い取られて、タロイモの田んぼも貯水池もカラカラですが、それでも、草木は確実に生気を取りもどしています。実がなかなか太らなかったパパイヤも、少しずつ大きくなってきました。
a0043520_2323079.jpg

しかし満月の夜になっても、オオオカガニの姿をあまり見かけません。巣穴はたくさんあるので、地面が乾いている間は隠れているのかも。もう少し雨が降って土地が湿ってくると、そのうちワラワラと出てくることを期待しています。

ヤップの日常はこんな感じで無事に過ぎておりますが…

心配なのはニッポンのゲンパツ。こんなデータを見るにつけ:

福島県の放射線量統合グラフ
http://new.atmc.jp/pref.cgi?p=07
a0043520_23354930.png

福島県下すべて2.5μSv/hから11μSv/hの線量を今現在も計測中て…タダゴトではありませぬ。

さきの4月26日で、チェルノブイリ原発事故からちょうど30年を迎えました。

チェルノブイリ原発事故から30年「死のゾーン」は今?
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160426/2028667.html#ixzz47EA64NQ2

東京株価大暴落中>安倍さんとプーチンがソチで会合>伊勢神宮でG8>オバマのヒロシマ訪問…

近々、日本も世界も大きく動くなにか、がありそうな気配。わくわくしながら、見守っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2016-04-29 23:58 | ヤップな日々

ヤップ島炎上、日本列島は霧情

いつもの年なら桜見物に日本上陸している時期ですが、今年は止めました。理由は…書かなくてもわかる方にはわかっていただける…「ほ」のように解釈してください。
a0043520_19151598.jpg

ただいまヤップはカラッカラに乾ききっておりまして、百平方キロしかない島のあちこちから、毎日のように火の手があがり、先日は貯水池まで燃えてしまいました。
a0043520_19142913.jpg

1万5千立方メートルしか容量がない貯水池が4/5まで干上がった上の火事ですから、あ~あ…です。満水のときに水を落とす取水口が、完全に露出しちゃってます。
a0043520_19153242.jpg

消防も、電線や主用公共施設に火の手がこないかぎり、見ているだけです。だって水がないんですもの。以前は消防車で海水を汲み上げて消火作業をしていたのですが、最近はなぜかそれも止めてしまったようで、消防車が塩で壊れるのを恐れているのかしら?

下は2009年の三月末に撮った写真です。この年もかなり乾いて、どんどん水位が下がっていく貯水池を心配で撮ったものです。
a0043520_19143937.jpg

ところが今年はそれよりも低く…(ほぼ同じアングルから撮ってます)
a0043520_1915240.jpg

ヤップのこういう状態を書くと、日本のみなさんは「うわ~、火事怖いねー、大丈夫?」と心配されますが、「まあ自然現象ですから、仕方ないですねー、あっはっは」と笑って返すしかありません。

幸い、電気水供給公社(YSPSC)が頑張ってくれていて、ありがたいことに、今年はまだコロニアの水道からは、24時間水が出ています。ほんとうに乾ききると、2日おきに1時間だけ水が出るという時間給水を、過去に3回くらい経験していますから。

というわけで、ヤップ島の旱魃の心配していただくより、日本列島の「ほ」の霧の問題を、真剣にご心配くださいますように!
plethysmogramさんのツイートより(キャプチャはこちらから)
a0043520_20383235.png

a0043520_20384156.png

a0043520_2038529.png

「へっ、だから日本に来ないのかよ、この卑怯者めが!」と言われても反論はいたしません。事ここに至っては、それぞれが身を守るしかないのですから。そして現在日本列島に、しかも関東東北といったフクイチから近い距離に居る方でも、身を守る術はたくさんあります。

そのヒントがあのSTAP現象。細胞はいくらでも再生できるというその仕組みをハッキリ理解して実践すれば、だれがどう言おうと生き残れます、キッパリ!

飯山一郎
STAP細胞の秘密は乳酸菌!
http://grnba.secret.jp/iiyama/STAP.html#TOP

小保方晴子さんが、ホームページで彼女の研究のノウハウを一般公開されました:
小保方晴子氏がHP開設、STAP細胞の作成方法を公開…「人類に大きく貢献」
http://biz-journal.jp/2016/03/post_14499.html
「STAP細胞研究が進歩し、然るべくして科学出版の最前線に戻る事が心からの願いです。それは皆の利益になるでしょう」

「切なる希望は、誰かが生命の秘密の次の扉を開けてくれることです。STAP現象はその扉の鍵となるかもしれない。STAP現象が将来の人類に大きく貢献するものであると信じています」
こちらがそのHPです:
STAP HOPE PAGE
https://stap-hope-page.com/

今の日本列島で大手メディアの垂れ流す嘘をボーっと聞き流していると、身も心も死んでしまいます。まずはSTAP問題の真相あたりから、「なにが起きているのか」はっきりと自覚し、「生き残る」意思を持って行動するヒトビトが増えることを願います。

STAP問題の元凶は若山教授だと判明…恣意的な研究を主導、全責任を小保方氏に背負わせ
http://biz-journal.jp/2016/02/post_13989.html

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明
http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html

STAP現象、理研で再現されていたことが発覚…若山教授、不当に実験成果物を大量持ち出し
http://biz-journal.jp/2016/04/post_14498.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2016-04-03 21:07 | ヤップな日々