ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ほっとキョロキョロ

やや心配された台風第26号(Typhoon 27W In-fa)は、グアムとヤップのあいだをササッと通り抜けてくれて、海もあまり荒れず、フライトへの影響もなくほっとしました。
a0043520_21423065.jpg

ガーデンイールくんもこのとおり、びよ~んと首を伸ばしてキョロキョロ...^^
 
さて本日のタイトル同様、ますますワケワカメなフクイチ+ニッポンの先行きと(一見)コンブ(混迷)を深める国際情勢ですが、恵まれたことに、ウチみたいな潜り屋に来てくださるゲストにはデキたお方が多く、潜り女が振るそんな話題にも気軽に応じてくださいます。が...なにしろ事態がワケワカメ&コンブなわけですから、意見の一致を見ることはなかなかにムズカシク...(苦笑)、そんなときには、「賭けてみませんか?」と提案することにしています。もちろん、お互いすぐに会えるわけではないのでモノは賭けないけれど、ゲームとしてはおもしろいです。それで「TPPはぜったいに成立しない」に賭けちゃったきょうこのごろ...みなさん、いかがおすごしですかw

...とか(きっこちゃん風にツカミを〆ながら、今夜もいきなりオワリです(爆
 
以下はじぶんへの防備録を兼ねてURLをコピペ (コペルニクスもびっくりの!読んでみてね♪):

米・中に踊らされる日本。複数のシンクタンクが見抜いたAIIBの真実=高島康司
従来、AIIBはどのように受け止められていたか
http://www.mag2.com/p/money/6353
「AIIB」の設立を持ちかけたのはアメリカ
http://www.mag2.com/p/money/6353/2
日本の手前、中国との“対立関係”を演出しているアメリカ
http://www.mag2.com/p/money/6353/3
「AIIB」設立の見返りとしての南シナ海
http://www.mag2.com/p/money/6353/4
幻想に閉じこもる安倍政権と日本国民
http://www.mag2.com/p/money/6353/5

ハリィ〜の千島学説リボーン祭り
千島学説リボーン祭り①
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-587.html
千島学説リボーン祭り②
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-588.html
千島学説リボーン祭り③
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-589.html
千島学説リボーン祭り④
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-590.html
千島学説リボーン祭り⑤
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-591.html
千島学説リボーン祭り⑥
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-592.html
千島学説リボーン祭り⑦
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-593.html
千島学説リボーン祭り⑧
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-594.html
千島学説リボーン祭り⑨
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-595.html
千島学説リボーン祭り⑩
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-596.html
千島学説リボーン祭り⑪
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-597.html
千島学説リボーン祭り⑫
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-598.html
千島学説リボーン祭り⑬
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-599.html
千島学説リボーン祭り⑭
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-600.html
千島学説リボーン祭り⑮
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-601.html
千島学説リボーン祭り⑯
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-602.html
千島学説リボーン祭り⑰
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-603.html
千島学説リボーン祭り⑱
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-604.html
千島学説リボーン祭り⑲
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-605.html
千島学説リボーン祭り⑳
http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-606.html

おなじみ放知技のスレッドも新しくなってます:
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15572396


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-11-23 00:15 | ヤップな日々

命がけ

中東はもとより、ヨーロッパでも火の手があがっています。○○○の断末魔、いつ火の粉がアジア太平洋に降りかかってもおかしくない世界情勢ですが、とりあえずヤップの日常は、表面上穏やか進行中です。(この件で、きな臭い動きがあるにはあるのですが)。
a0043520_230430.jpg

わたしのダイビング器材で羽根を休めていた、なつかしいシルビアシジミの写真を引っ張り出してきました。体長1センチにも満たない小さな昆虫ですが、その可憐な美しさに、あらためて感動しました。その後、ちょこちょこと目にしてはいても、なかなか写真がタイミング良く写真が撮れなくて…。

今回、この蝶を思い出したのは…
a0043520_2344521.jpg

3.11の直後から、フクイチ近辺のヤマトシジミの研究を憑かれたように開始し、たいへん貴重な成果を残しながら、この10月28日に急逝された野原千代さんのことに触れたからです。

ウィンザー通信:最期まで原発事故の汚染と未来と子供達の事を心配してた野原千代さんの『原発事故のチョウへの影響の研究』
http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/89480a7d4e075af02572b5e1338e9594

野原千代さんのヤマトシジミの研究とその成果については、たぶん2012年の発表からそんなに隔たっていない時期に、内部被曝を心配する日本国内のわずかな人々の間で話題になったのを覚えています。失礼ながら、わたしは研究者としての野原千代さんを、てっきり男性だと思い込んでいました。

原発事故のチョウへの影響、スイスでの講演発表が大反響
http://www.swissinfo.ch/jpn/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%A7%E3%81%AE%E8%AC%9B%E6%BC%94%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%81%8C%E5%A4%A7%E5%8F%8D%E9%9F%BF/41148962

発表された研究成果としては、

ー原発事故後2カ月目の2011年5月、サンプリングで得た福島市と本宮市の被曝1世のオスの翅(はね)の大きさが、つくば市などのものより「矮小化」していると確認。

ー被曝したチョウを沖縄で育てその子世代で、原発からの距離が近くなるにつれ卵からの蛹化(ようか)と羽化において多くの日数がかかる「成長遅延」と「形態異常率の増加」。

ー子世代の異常個体を親として孫世代を作り、そこでは、類似の異常が次世代遺伝しただけでなく、これまでにない(触覚が二股に分かれるなど)「異常形態の出現」も観察。

ー沖縄の個体に外部被曝と福島地方のカタバミ(食草)を与えて内部被曝を行い、この両方の被曝において「生存率の低下」、「矮小化」、「形態異常」を観察。

しかし…
これまでの実験の中で、最も印象に残ったことは?

野原 : 福島県の福島市、飯舘村、広野町の汚染食草と山口県宇部市の食草を与えた内部被曝の実験です。

その実験で、羽化したチョウのうち、福島市と飯舘村2カ所のチョウの動きが山口県の葉を食べて育ったチョウに比べて、明らかにモタモタしている。毎朝、羽化するチョウがすべてそうなのです。大変な衝撃を受けました。これがいわゆる「原爆ぶらぶら病」なのかと感じました。

しかし残念ながら、こうした事態を想定していなかったので、そのような動きの違いを定量化することはできなかった。ですから、形態異常が見られなかったそれらのチョウは、「正常」なチョウとしてカウントしています。

このことから、私は、確実に福島で何かが起こっていると感じました。

--------------------

野原 : 確かにF2で生存率・正常率が回復したので反響は大きかった。しかし次の二つはきちんと確認したい点です。一つは、F1で本宮や郡山の草を与えた場合の死亡率・異常率は相変わらず高いということです。そしてもう一つは、沖縄の草のお陰で生存率や正常率は回復したF2でも、ゲノムのレベルで損傷が起こっていないとは言えない点です。
野原千代さんのご冥福を祈りつつ、彼女の研究成果をしっかり咀嚼して、なんとしてでも生き残る行動を決意してくれる人が増えることを祈願します。

生き残りの知恵と技術を切磋琢磨する掲示板:
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15558491


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-11-14 23:33 | ヤップな日々

トーチカ…いまむかし

ヤップ島の中心地コロニアの裏山に、いまもひっそりと残る日本軍のトーチカ、
a0043520_2274676.jpg

戦後70年も打ち捨てられた知る人ぞ知る場所なのですが、これがなんだか知らないジモッチーにとってはただのコンクリートの塊。すでにすぐ近くを道がとおっているので、将来ブルドーザーで潰されてしまう日が来るかもしれないと危ぶんでいます。

中は大人が2人も入ると身動きもとれないくらいの狭さ。真っ暗でクモの巣だらけで、さすがのわたしも、できたら入らずにすませたい…。それでも「探検」したいゲストを外で待ち、出てこられた方を地上に送ったあとでチャチャッとオートでシャッターを切ったら、意外なものが写りこんでいました。ジモッチーの子供たちの落書き。以前はこんなのなかったのに(苦笑)。
a0043520_2264917.png

ところで↑こちら↑は沖縄は宜野湾市の嘉数高台公園に残っているトーチカの看板です。ヤップと大違い!7年前の放映のようですが、NHKがこのトーチカにまつわる話を収録しています。

戦争と証言:嘉数のトーチカ(宜野湾市)【放送日 H20.4.23】
http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/senseki/detail04.html
a0043520_227732.png

ヤップのトーチカも岡の上、この写真のよりも上のほうに、稜線に沿って何個もありました(今では潰れてしまったものが多いですが)。
大きな家には少尉 中尉 幹部が寝泊りするわけです。
そういうふうなときには兵隊さんと一緒になって
迎え撃つかと 協力は惜しみませんということになる
奉仕と言うよりも勝つために軍隊に協力しなさいですから
考える余裕はないですよ、
思想信条もないですよ
勝ち戦のためにやれでしょ
今考えたらばかなことをしたなと
それで犠牲になったなと
これは番組に登場した、当時少年としてトーチカ造りに借り出された方の言葉ですが、なぜか今の日本の現状とかぶって聞こえてきました。それでも生き残ってばかなことをしたな述懐できる人は良いですが、その陰で何十万人も命を落としているわけです。
a0043520_23184563.jpg

a0043520_2326108.jpg

白目をむく、けいれんする、泡を吹く、悲鳴をあげる てんかんのような発作を起こす人が増えている
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/168.html

こんなことが水中で起きたら一大事ですから、日本からのダイバーさんには、特別に神経を尖らせて対応しています。

発狂し、自滅してゆくプロセス
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ss11071

東日本、とくに首都圏で、最近、意味不明の事故が多くありませんか?


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-11-09 23:08 | ヤップな日々

エルニーニョ

あっという間に11月になっていました。
気がついたら、このブログを始めて10年が経ってしまったのですね…。
a0043520_20234518.jpg
先の記事でも触れたように、エルニーニョの影響があちこちで報じられています。ヤップ島の「霞」は、風が変わったので吹き飛んで消えてしまいましたが、ミクロネシア地域も、東のほうからじわじわと乾いてきているようです。

ヤップ島では、年末から来年中ごろにかけて、強烈なドラウト(旱魃)が心配されています。旱魃がひどい年は、最終的に水道の給水が「2日おきに1時間だけ」になってしまった年を、過去に何回も経験していますから、そろそろドラム缶を調達したほうが...と思案中。
a0043520_20232911.jpg

もうひとつの影響は潮位です。エルニーニョが強くなると、なぜかヤップ島では低水位になります。数ヶ月前には楽勝でボートが通れた潮位が、現在は「あれっ?」と思うほどに低くなっていて…。まあ、それはそれで、別な自然観察の楽しみが出てきてオモシロイのですが。


さて放知技です。これからをサバイバルする知恵と実技の寄せ集め、教えられることが多いです:

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15558491

ではまた数日後…


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
by suyap | 2015-11-04 20:50 | ヤップな日々