ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ゴールデン・マッカレル

ミクロネシアの島々で超ポピュラーなサンフラワー・ブランドの缶詰、なかでもサバ缶について書いたら、Mr. Radishさんから、パラオでは「寒い時期に獲れた脂ののったサバの缶詰は、赤でも緑でもなく、金色のゴールドラベルが販売されています」とコメントいただいた。ヤップでは見たことないな~と、いい加減なお返事をしたものの気になっていたら、なんと、ヤップにもありましたっ!
a0043520_1813332.jpg

し・か・も…1缶(190g)が$3.15という高値。ラベルにはPremium、The Seasonal Harvestとあるものの、同じサイズの赤や緑のラベルだと1缶$1.75だから、ほぼ8割り増しの値段設定だ。これを売っていたBlue Lagoon Storeによると、それでもパラオよりもヤップのほうが安いので、パラオ人がヤップに来ると、みんな大量に買い占めていくという。知らなかったなあ(笑)。

良いブログ・ネタにはなるけれど、サバ缶に3ドルオーバーは高いよね、どうしようかな…と散々悩んだあげく、ついに買っちまいました。たった一個のゴールデン・マッカレルを手にして逡巡するわたしを哀れんだか、レジのおばちゃんが、「これ、おまけ」とタオルをくれた。わ~い!

a0043520_185391.jpga0043520_186151.jpg
そうか、京和商事さんも創立40周年になったのか…。

ミクロネシアではあまりにも見慣れた存在なので(ヤップにも営業員が毎月御用聞きに来ておられる)、今までウエブサイトの存在すら気づかなかったけれど、京和商事さんサンフラワー・ブランドとは、こういう関係だったんですね。
a0043520_182464.jpg

ところで、このゴールデン・マッカレル、いったい中身の正体は?

伊藤食品のウエブサイトによれば、
http://www.ito-foods.jp/lineup.php

旬鯖限定 鯖水煮
◎青森~銚子沖で、8月~12月に漁獲された脂乗りのいい旬鯖を使用した商品です。一度も冷凍していない生鯖なので、鯖本来の旨みが余すことなく詰まっています。
とのこと。ふつうの水煮缶との違いは、脂乗りのいい旬鯖冷凍してない生鯖を使用というところがミソのようだ。それにしても、青森~銚子沖で、8月~12月に漁獲されたとは…ちょっとかなりコワイなあ。

そこで念のために製造者と製造所を調べてみたら、
a0043520_1814381.jpg

製造所固有記号検索サイトhttp://tosymsoft.com/prosrch/index.cgiを駆使して調べても、ITO3もMKNも出てこないかわり、TKGはマルハニチロ茨城工場ということがわかった。
MKN:サバの水煮のこと?
140110:製造年月日
TKG:マルハニチロ茨城工場
サンフラワー・ブランドのサバ缶には、ITO3と、TKGと、少なくとも2種類の刻印があって、ITO3のほうが、圧倒的に新鮮で美味しく、あたりはずれがほとんどない。TKGの中には、オイルがすっかり干からびていたり、味が変質していたりするものがたまにある。うーむ、TKGはマルハニチロだったか…(別に深い意味はありませんが-笑)

それで…このサバ缶の製造者は伊藤食品さん、それともマルハニチロさん、どっちなんですかね?

ここでもう一度、↓グリーンピース食品放射能調査;魚介類缶詰↓ 貼っておきまっしょ:
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20120402_5th_tinnedfish.pdf

それでは最後にゴールデン・マッカレルのお味は…?
a0043520_1821126.jpg

たしかに赤缶や緑缶よりもやや大きな切り身が2切れ入っておりまして、それをチョメさんと分けあって味見したところ、
わたし:なるほど、ちょっと脂が乗ってて、少しだけ美味しいかも!

チョメさん:安いのとなんも変わらん!
という結果となりました。

まあ、こんなにお高いサバ缶を買うことはもう二度とないだろうけれど、これからサンフラワー・ブランドを手にするたびに、製造工場がTKGなら避けるかも…という感想だけは残ったのでありました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-30 20:10 | ヤップで頑張る日本製品

この世に「中立」はない

a0043520_16141770.jpg北東からビュービューと強い風が吹きこんだ一日だった。フィリピンに行ってしまった熱帯低気圧の影響にしては風が強すぎるなと思っていたら、東のほうでまた雲が集まっているし、そろそろ貿易風が強まる季節だから、そのせいもあるのだろう。このところの雨で、あちこちにキノコが出現している。

さて11月4日に行われたヤップの総選挙(州知事と州議会議員を選出する)。11月18日にUS本土から戻ってきた在外投票箱を、限られた開票人だけでコッソリ開けた(らしい)のを最後に、州政府ならびに選挙管理委員会からの発表が、まったく止まったままになっている。そんなこんなで、あきれかえって or しらけ切ってシーンとしていたヤップの一般ピープルも、そろそろ選挙結果について話題に上せはじめた。

その選挙期間中、ヤップ商工会議所が各立候補者あてに公開質問を行うことになり、その質問案をまとめる会議というのがあって、選挙権のないわたしよりもとG嬢に出席してもらったら、プンプン怒って戻ってきた。
「せっかくポイントをついた質問案が出てきたと思ったら、〇〇さんや△△さんが中心になって、『すべての候補者が気持ちよく答えられるような質問でないと駄目だ』といってつぶしちゃったのよ(怒)」

「わたしたちが知りたいのは、どの候補者がETG(中国の土地転がし開発会社)を止めてくれるかということなのに、それをズバッと聞かないで、候補者の耳に優しい、あたりさわりのない質問ばかりして、いったいなんの意味があるのよ?」

「たとえば『あなたはカジノ禁止法案を支持しますか、しませんか?』という質問は、『あなたは神の存在を信じますか、信じませんか?』と聞くようなもので、『どちらでもない』なんて答えはあり得ないわよね。わからない、答えられないということは、すでに神の存在を疑っているのと同で、それは神を信じない(カジノ禁止法案を支持しない)ということよ」
さっすが、G嬢、冴えてるねえ!!!(彼女がこんなに強くなったのは、わたしのせいだという陰口もあり…^^)

ヤップ商工会議所メンバー(ヤップの事業者)の多くにも、すでにETG(中国の土地転がし開発会社)の金がまわっているからねえ…。そういう意味でも、今回の選挙では候補者の立場が非常にハッキリとしているにもかかわらず、カネに転んだ側は、一致してETG(中国の土地転がし開発会社)のことを一切話題にせず、それについてのかん口令&報道規制ぶりはほんとうに見事だった。

ハイ、それでは、お次はヌッポンのお話です:
a0043520_14201185.jpg

【衝撃スクープ】安倍政権が在京キー局に報道圧力 メディアは一切報じず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141126-00010003-noborder-pol
DAILY NOBORDER 11月26日(水)22時37分配信

衆議院が解散され選挙戦が始まったばかりだが、それに向けて安倍政権がメディアに対して報道圧力をかけていたことがノーボーダーの取材で明らかになった。

ノーボーダーは自民党が萩生田光一筆頭副幹事長と報道局長の連名で在京テレビキー局各社に対して政権に不利な報道をしないよう要請する文書を入手し、26日のインターネット番組「ニューズ・オプエド」の中で報じた。
a0043520_14495110.jpg

「選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い」と題し、在京テレビキー局各社の編成局長と報道局長に宛てた文書によると、2009年の民主党政権誕生時に偏向報道があったとした上で、以下の4点について要望を出している。
a0043520_14495675.jpg

1.出演者の発言回数や時間を公平にする
2.ゲスト出演者の選定についても中立公平を期すこと
3.テーマについても特定の出演者への意見が集中しないよう公正を期すこと
4.街角インタビューなどの映像で偏った意見にならないよう公正を期すこと

1については、これまでもテレビ局側の自主規制により候補の取り扱いが平等になるよう配慮されているが、2については番組の出演者にまで介入し、3は番組内容についても介入している。

特に3についてはアベノミクスなどの政策について議論することも止めろという圧力で、「事実関係について淡々と報じるように」と指示されたという証言もある。

4は、安倍総理が解散直後の19日に各局テレビに出演した際、TBSの「ニュース23」の街角インタビューでアベノミクスを批判するような映像が流れ安倍総理が番組中に激怒する一幕があり、これを受けての圧力であるとみられる。

また、この文書は11月20日付けとなっており、在京キー各局はこのような政治的圧力を加えられていながら、少なくとも6日間一切報じておらず、すでにテレビ報道が政権の意向に添う形になっている現状が明らかになった。

「ニューズ・オプエド」にゲスト出演していたジャーナリストのカレル・ヴァン・ウォルフレン氏は「選挙管理委員会から来るならまだしも、一つの政党から来るのは一党支配の政治が存在することの証明だ」と話し、30年前とのメディアの違いを問われると、「ジャーナリストの人たちがジャーナリズムの本分を忘れている。真実を語らなければ、ジャーナリズムを失うだけでなく、国まで失ってしまう」と述べ、変わらない日本のメディアの状況を嘆いた。
さっすが、言論の自由度が世界59位の国だけありますねっ(怒)

総選挙に向けた各党党首の「舌戦」が熱くなっているが…、選挙結果がどうなろうとも、ニッポンは変わらない。どのみち私は棄権主義者なので総選挙には行かない。そのかわりに冬の蜜蜂にエサ(蜂蜜&黒糖酒)をやって過ごす。 (飯山一郎)
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7599.html

↑こういう意見↑にも大いにうなづきながら、それでもやはり落ち着いて見てられない、在外投票もできないわたしなのでありましたっ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-27 16:45 | ヤップでつらつら政治など

これで二人目…

おとといヤップに雨風をもたらした低気圧は、その後、パラオまで南下して進路を西に変え、予想どおり熱帯低気圧となって、ただいまフィリピンに接近中です:
http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/warnings/wp2114.gif

いっぽうヤップのお天気は、きのうから急速に回復して、リーフ(サンゴ礁)の外もまったりと静まった。せっかく日本の連休を利用して来ておられたゲストにとっては、ちょっと悔しいお天気のめぐり合わせとなった、嗚呼。
a0043520_19463669.jpg

ところで降ってわいたヌッポンの師走総選挙、税金のムダ遣いもえ~加減にせんかいな…と腹立たしい限りだけれど、ヤップの総選挙もどうしようもない不正だらけで、なんともやり切れない気持ちで過ごしている人が多い。それでもようやくショックから立ち直ってきたか、Facebookにもちらほらポストが復活し始めた。皆の衆、戦いはこれからですぞ!

そんな中、わたしが気になっていた東京のある事件の詳細が、少しわかってきた。

11月11日に日比谷公園で焼身自殺した「新田進」さんの抗議文と論文
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55615808.html

11月11日、集団的自衛権行使容認と、辺野古・高江の基地建設に抗議して日比谷公園で焼身自殺した「新田進」さんを記憶する
http://chikyuza.net/archives/48910

同じ年に、同じ政権で、これで二人目の、政治的抗議の焼身自殺。

しかし、11月11日に起きたこの事件を、いったいどれだけのヌッポン人が知っているだろう?

パリに本部を置く国境なき記者団、活動資金の2割近くがアメリカ、カナダやヨーロッパ諸国政府から出ている、決して「左寄り」とはいえない団体にも関わらず、そこが発表する各国の報道の自由度ランキングで、なんとヌッポンは59位!ちなみに韓国は、ヌッポンより少しマシな57位です。

World Press Freedom Index 2014
http://rsf.org/index2014/en-index2014.php

さすが世界で59番目に報道の自由度が低いと評価されただけあって、現政権に都合の悪いことは、メディアもまったく取り上げないわけだw…(怒)。

政権+官僚に都合の悪いことは徹底して隠す…これがヌッポンでもヤップでも、諸悪の根源中の根源。

それを正すべく炎に身を投じた6月の新宿の人も、今回の日比谷公園の人も、今ではきっと阿修羅となって、人間界では罰しきれない悪人どもに、天から炎の鉄槌を与えるべく、忙しく立ち働いておられることだろう。

なにも考えずにボーっと生きていると、その鉄槌はあなたの(わたしの)上にも…きっと…下ろされる。さあ、これから、どうする?


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-26 21:46 | ヤップでつらつら政治など

雨とか地震とか

ヤップのお天気はまた崩れ中、こんな雨風のなかをボートで出て行くのはつらいなあ(涙)
a0043520_52437.jpg

また「産まれる」かもしれません、ヤップ産台風ちゃん。

それはそうと長野の地震、忙しくしててニュースをまったく追ってないけれど、震源の深さが10キロって?また近くで穴掘ってたんじゃないのお?

けさはこれにて、書き逃げ~~~(いざ、雨の中へ出陣っす)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-24 05:06 | ヤップな日々

伸び放題

ヤップから3000キロほど北にいった国でも、「今のうち解散」なんて失礼なことをやって平気な税金泥棒だらけですが、ヤップでも、投票が終わって半月になるというのに、まだまだ選挙は「終わってませんっ」…というわけで、なかなか落ち着けないきょうこのごろです。
a0043520_16495983.jpg

そんなわけで、わが猫の額菜園もまた放置プレイ状態になっており、ほとんど引き抜いたはずのサツマイモがいつのまにか盛り返して、とうとう可憐な花までつける始末(苦笑)。
a0043520_16513990.jpg

どんなに踏みつけられても、引っこ抜かれても、負けずに芽を出すサツマイモのたくましさに…ぜひ、あやかりたいものです。

さて、たくましいといえば、↓こちらのお方↓も、それはもうたいしたものです!
a0043520_16505562.jpg

日陰でひっそり生えていたノニの幼木を3本ほど、一ヶ月前に移植してみたら、固くて痩せた土地にもかかわらず、みんな、なんとか根を生やすことができたみたい。ほんとうに、すごい生命力…。
a0043520_165215.jpg

時間をかけて土いじりする余裕は、まだしばらく持てなさそうだけれど、ほんの一瞬でも、こうした強く生きる命をながめるときをもつと、一日が豊かに過ごせるような気がする。やっぱり猫の額でもマイ・ガーデンは貴重です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-21 17:44 | 猫の額菜園日記

マッカレル

曇り空が広がり、ときどき雨もパラつく一日だったが、小腹の空いたお昼過ぎ、「もうお昼ごはんすんだの?」と、ヤップ人のともだちがココナッツとマッカレルを持ってきてくれた。
a0043520_15304589.jpg

「へえ、今年はまだマッカレルがとれてるんだね…」と、うれしくいただいた。これで今夜のおかずは決まり^^ 両面を軽く油でソテーして、トマトソースで煮こむとおいしかった!

ところでマッカレルというと、ヤップ語でパシュイとも呼ばれるムロアジのことを指すが、一方、缶詰にもマッカレルがあって、こっちはサバ缶のことを指す。
a0043520_1518661.jpg

その缶詰のマッカレルでもっともポピュラーなのが、SUN FLOWERブランドだ。なぜか緑ラベルと赤ラベルがあるけれど、食べ比べてみてもまったく同じ。どういう理由で色分けされているのか、さっぱりわからない。
a0043520_15184353.jpg

そしてSUN FLOWERブランドといえば輸出元は京和商事さん、太平洋の島々に日本やアジアからの物品を卸している日本の商事会社だが、しかし輸出元が日本の会社だからとって、その製品が日本製とは限らない。事実、ツナ缶もサバ缶も、たいていは東南アジア製である。

ところが…
a0043520_15182539.jpg

最近出まわるようになったSUN FLOWERブランドのサバ缶が、缶きりのいらない↓こういう↓形になっていて、開け方の説明も日本語!「あれれ?」と思って、正面のラベルをよく見ると、なんとPRODUCT OF JAPANの文字が!

この発見が2011年3月11日以前だったら、とても喜ばしく思えたのだが…

ふと缶の形から、ネットゲリラさんが、最近豆州楽市でさかんに売り出しているサバ缶のことが思い浮かんで、
a0043520_1519423.jpg

バーコード番号とMKN ITO3という記号から、やっぱり静岡の伊藤食品のものだとわかった。
a0043520_15191651.jpg

しかし会社は静岡でも、つくっているのは青森らしい。そして気になるのは、どこでとれたサバで、どれだけベクレているかってこと。ちょっと古いけれど、グリーンピースが2012年に調査したものによると、三陸沖で取れたサバらしく、セシウムさんがけっこう出ちゃってます…。

http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20120402_5th_tinnedfish.pdf

フクイチがばら撒いている放射能が、こうしてヤップの食卓にもフツーに到達する時代、すごいなー。ちなみに、アベッチがいまの時期に解散するっきゃないのは、消費増税で落ちこんだ景気はともかく、どうやら」来年あたりから、放射能の被害の甚大さが隠しきれなくなるからみたいですよ。

そんなヌッポンや世界や…ましてヤップがどうなろうとも、まず「生残り」を賭けて、毎日、発酵生活(米とぎ汁乳酸菌づくり、玄米豆乳ヨーグルトづくり、あらびき茶のがぶ飲み etc. それにお日様をしっかり直視するなど、免疫力を養う生き方をまずは実践!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-15 23:30 | ヤップで頑張る日本製品

恐るべきゴキの食欲

昼前ころから厚い雲がおおってきて、やがて小雨から本降りになってしまった本日の午後…。
a0043520_15475310.jpg

開けた店のドアからボーっと降る雨をながめていたら、さいきんマスクによく水が入ってくることを思い出した。もう、ずいぶん長いこと使っているから、そろそろ交換どきではあるのだが。

ギャ~~~!

なんとマスクの内外両側のスカート部分が、まるで歯のこぼれたノコギリのように欠けているではないか!おのれら、ゴキめがっ(怒)
a0043520_15481069.jpg

いつも完全に乾かして、風通しの良い棚に置いてあるレンタル用の器材はまったく大丈夫なのだけれど、濡れたり湿ったりしまままであることが多いスタッフ用器材、とくに乾きにくい布製のストラップをつけているわたしのマスクは、ゴキブリの格好のターゲットとなる。そのために、マスクだけメッシュの袋に入れて、ゴキブリから遠ざけているにもかかわらず、なんと、やつらはそのメッシュカバーの上から、口先(?)だけ突っこんで食らいついているらしい。一度、その現場を見てみたいものだが…。

それにしても信じがたい仕業、よくもここまで…(絶句)。しかし、これだけボロボロに食われても、チョボチョボくらいの浸水ですむほど、わたしの顔にフィットした(顔の一部となってしまった)マスクを、なかなか代える気にはなれないのも事実(苦笑)。

なんだかんだと言いながら、けっきょく、まだしばらくボロボロのマスクを使い続けそうな予感が…。どうか笑わないでやってください>>お客様。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-13 16:20 | ヤップな日々

デオドラントにへきえき

きれいに晴れ上がった日だというのに、気持ちはどんより…というより、煮えくり返っている感じの今日この頃。それでも、わたしよりも落こんでいる仲間に少しでも「これからがスタートだ」という気持ちになってほしいから、あれほど嫌っていたフェイスブックをいじくりたおしている。

志を同じくするものだけのグループをつくって、バナー用に適当に編集した写真…のうちのボツ。
a0043520_20295339.jpg

明るい未来を志向するには「レインボー」が良いかもと思ったのだけれど、虹を細長いスペースに収めるのはなかなか難しく、それに画質も低すぎるw(爆)
a0043520_20294617.jpg

とはいっても、わたし的に好きな夕日じゃ、だんだん沈んで行っちゃうしね~(笑)。結局使ったのは、マングローブの奥深くグリーンに包まれ…癒されるという感じのやつ。ヒミツのグループなので、ここではリンクいたしません。

いまは詳しいことを書けないけれど、ヤップでも、こんなの(写真はヤップではありません)や、
a0043520_20304353.jpg

こんなの(写真はヤップではありません)を
a0043520_20305214.jpg

…行動につなげて、汚い不正を白日のもとに晒す努力をしないと。だから選挙はまだ終わってませんよ、これからです!

それにしても年配のメンバーの落胆は見ていて心配になるほどだ。若いメンバーも「もう選挙なんか行かない」なんて言ってるし。はいはい、そのとおり、どこでも選挙はウソとマヤカシだらけなんですけどね、実は。

それでも、ゴウツクどもの思うがままにさせないためには、気づいたものから集まり行動するしかありません。なんたってテキは、カネと権力とメディアを欲しいままに握っているのだから、こちとらも地下に潜ってオルグるっきゃない。

a0043520_20303259.jpgヌッポンと同じく、ヤップでもデオドラントなお坊ちゃまやお嬢ちゃま(といっても20代~50代の…デブばかりだけど)たちは、外資による大開発やカジノ誘致反対派を、職場のネットを駆使して叩きのめし、ぜったいにあり得ないバーチャル・ドリームを説きなさる。かたや純粋にヤップの将来を心配して自立を守ろうとする側は、ネットどころかパソコン環境にすらない人たちが主体で、昔どおりのココナッツ・ワイヤー・ネットワーク(口伝えのこと)だけで選挙戦にのぞんできた。なんたって千人針の世界ですから(涙)。

いっぽうネット環境にあるヤップ人の多くは、バーチャル世界で声の大きなデオドラント・ヤップ人に降りまわされ、考えの浅いものは簡単に洗脳され、控えめな人は声も上げられず…。そんな不条理を解消するひとつの方法として、ヒミツの集い場を設けてみてはと、ふと思ったしだい。

ところで「デオドラント・ヤップ人」という表現をG嬢に説明したら、
デオドラント・ヤップ人:体に塗りこんだヤシ油と、かまどから立ち上がる煙が溶けあって織りなす、あの芳しくも郷愁をそそる匂いを捨て去り、シャンプーと人工香水の強烈な臭いを振りまいている、魚とりにも田んぼにも行かなくなった似非ヤップ人
すごく受けて、ぜひ新しいヒミツFBグループで広めよう!ということになった。

ヌッポンも、とっくの昔にデオドラント似非ヌッポン人ばかりになってしまった。除菌シートだの朝シャンだのが流行ってたころが、最後のトドメだったような気がする。それでも本来の匂いと自立心を取りもどせるかどうかは、本人の心がけ次第だ。まあ、それができなきゃ、これからの時代、真っ先に淘汰される(死ぬ)側だろうね、バイバイ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-12 21:38 | ヤップな日々

第6回カヌー・フェスティバル

11月09日と10日の連休で、ことし6回目になるカヌー・フェスティバルが開催された。
a0043520_0121025.jpg

初日のきのう(9日)は競技用カヌーのレースが主で、伝統踊りはひとつのみだったので、わたしは最後の踊りだけ見に行った。2日目のきょうは伝統帆走カヌーが加わるので行ってみたら、午前9時30分開始予定が、10時になってもカヌーははるか沖合にいて、なかなか進む様子がなく…風が緩すぎるのだ(笑)。
a0043520_015593.jpg

それでもなんとか会場にたどりついたところを見ると、なななんと!男子にまじって女の子もクルーとして乗っていた!伝統的にはあり得る話ではないが、最近、伝統航海術を授業で取りいれた高校があり、今年はカヌーを会場にもってくる役を、その高校生たちが引き受けたとのこと。へえ~~(時代は変わるものです)。
a0043520_0122221.jpg

そしてカヌーが入ってきたら、お偉いさんたちのスピーチが続いて正式なオープニングとなるはず…だったのに、なななんと、州知事をはじめとして「お偉いさん」がひとりも会場に来ていなかった!実は、わたしを含めて多くのヤップ人の気持はいま、カヌー・フェスティバルなんかやっている場合ではないのだ。

競り合っている選挙の結果がまだ出ていない。週末にグアム、サイパン、パラオの在外投票箱が戻ってきた。ポンペイにいたっては、投票箱が投票日までに到着しなかったので、投票そのものが無効になりそうだ。それに今朝、意外に早く離島連絡船がもどってきて、ほとんどの離島からの箱も届いた。立候補者や両派関係者は、おめおめ人目につくところに出てくる気はしないだろう。
a0043520_0123498.jpg

わたしもすっかり「イベント化」したカヌー・フェスティバルに一日つき合っている暇も興味もないので、カヌーの入場だけビデオに収めたら、午後の踊りまでいったん店にもどろうと思いながら、ガニール橋の近くで小型の手漕ぎカヌーに乗って遊んでいる子供たちを撮っていると…

コロン。
a0043520_0153318.jpg

あ~あ、やっちゃった!海にはまった3人の、照れ笑いしている顔が目に浮かぶ。

でも彼らは大丈夫、転覆したカヌーを復元する方法は、操船法で第一にならう必須技術だからね。
a0043520_0124667.jpg

カヌーをゆっさゆっさ、ゆっさゆっさ、足の立たない水中で、惰性がつくまで前後に揺すっていく。
a0043520_0125816.jpg

ほらほら、もう一息、ゆっさゆっさ、ゆっさゆっさ…カヌーに惰性がつくと、前後からざっぶざっぶと水がこぼれ落ち、カヌーが浮かび上がってくる。
a0043520_0174513.jpg

ひとりが乗っても沈まないくらい浮いてきたら、初めに乗りこんだ者が今度はカヌーの中から水を汲みだし、ふたり、最後のひとりと乗りこんで…
a0043520_013137.jpg

ふううう、やれやれ(笑)。体制を立て直して、いざ出発。

おそらく次の順番待ちしている者たちのために、このカヌーは橋のむこうにある発着場へ戻って行った。
a0043520_0132920.jpg


今年のカヌー・フェスティバルでは、披露された踊りが3つとも女の座り踊りだった。
a0043520_0134947.jpg

上の写真は、きのう披露されたルル地区に伝わるマロイという踊り。パラオへ石貨を取りに行く道中がストーリー。
a0043520_014890.jpg

↑こちら↑は、トミル地区の…(え~っと、あとで聞き出します)。午後3時過ぎというまだ暑い盛りに、延々と40分以上も続く踊り、踊っている本人たちはもちろん、見ているほうも大変だ。

そして最後にガギル地区の踊り、スーダル(10年前にヤップを襲ったスーパー台風の名)が、今年のカヌー・フェスティバルの締めとなった。

直前に、「明朝8時までに開票結果が発表されるだろう」とアナウンスがあったものだから、最後の踊りが終わると、それぞれ思いを同じくする者同士で静かに語り合いながら家路を急ぎ、ラジオとフェイスブックにかじりついたのに、深夜近くになっても開票アナウンスは始まらず、とうとうラジオは放送終了してしまったのであった。


第二回ヤップ・カヌー・フェスティバル(1日目)
http://suyap.exblog.jp/11558492/
第二回ヤップ・カヌー・フェスティバル(2日目)-陸上編
http://suyap.exblog.jp/11562978/
第二回ヤップ・カヌー・フェスティバル(2日目)-海上編
http://suyap.exblog.jp/11563065/
第二回ヤップ・カヌー・フェスティバル(3日目)
http://suyap.exblog.jp/11574019/
第二回ヤップ・カヌー・フェスティバル-伝統踊り編
http://suyap.exblog.jp/14068781/
第三回ヤップ・カヌー・フェスティバル(1日目)
http://suyap.exblog.jp/13989738/
どしゃぶりの第三回ヤップ・カヌー・フェスティバル(2日目)
http://suyap.exblog.jp/13995108/
第三回ヤップ・カヌー・フェスティバル(3日目)海上編
http://suyap.exblog.jp/14014072/
第三回ヤップ・カヌー・フェスティバル(3日目)陸上編
http://suyap.exblog.jp/14016063/
第三回ヤップ・カヌー・フェスティバル-伝統踊り編
http://suyap.exblog.jp/14069067/
第四回ヤップカヌーフェスティバル-が始まった
http://suyap.exblog.jp/16774373/
大雨のカヌー・フェスティバル2日目
http://suyap.exblog.jp/16780457/
いまはそれどころじゃ…
http://suyap.exblog.jp/18955265/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-11 01:48 | ヤップの伝統文化

お好きなときに

きのうは全地球的に満月だったが(笑)、その直後のけさの満潮時間は、まだ8時代だ。早起きして7時に船を出しても、ミルチャネルに到着すると、推定満潮時より1時間以上も前なのに、もう潮は流れ出していた。いま外海の波が高いせいか、潮の変わり目が早い。
a0043520_19141839.jpg

そんなわけで、期待していたマンタ・リッジでの水族館ダイブはあきらめ、流れの穏やかなところでリフレッシャー・ダイビングを終えたあと、2ダイブ目にマンタのクリーニング・ステーションに行くと、しょっぱなから6匹のマンタの歓迎を受けた。その後、1時間以上におよんだダイビングのあいだ、マンタたちはほぼ途切れることなく、かわりがわりに登場して楽しませてくれた。

わたしたちの前に潜っていたダイビング・ボートが2隻いたので、てっきり彼らもたっぷりマンタを見ているだろう思っていたら…
a0043520_19145346.jpg

早朝ダイビングから戻ってまったりしているとき、他サービスのガイドKがふらりとやってきて、「きょうは何匹マンタ見れた?」とさぐりを入れてきた(笑)。「6匹だよ、最近、ずいぶん機嫌が良いね」と答えると、「えっ?!」と絶句。

彼のボートは、わたしたちより1時間ほど前に同じ場所で潜っていたのだが、待って待って最後のころに、ようやく3匹ほどチラリと出てきただけだそう。その彼らより少し前に潜っていたダイバーたちは、なんと1匹も見られなかったという。

「へえ~、うちのゲストはよほど運の良い人たちだったんだね…」

しかし…今回は、潮に対して少し「遅め」にエントリーしてラッキーだったけれど、きのうは逆で、うんと早朝に一番乗りしたダイバーたちが、もっとも多くのマンタを見られた。

もしかしたらマンタのほうでも、ダイバーの少なそうなときを狙って、毎日、「いつ出るか(クリーニングをされに行くか」、立ちまわり先と時間の調整をしているのかもしれない。ニンゲン様の都合で生活パターンを変えざるを得ないマンタたちに、つくづく、ゴメンナサイと言いたい。

本日の水温、限りなく29度に近い28度でした(暑っ)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-08 20:28 | ヤップの自然・海