ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

満月の夕べ

気持よく晴れあがった日の夕方、オオオカガニが、ゴソゴソと巣穴から出てきはじめた。
a0043520_5405748.jpg

西の空に陽が沈んで小1時間も経つと、
a0043520_542010.jpg

東から大きな満月が昇ってきた。

もう1時間ほど待つと、ゾロゾロと海を目指すカニさんが見られるかもしれないけれど、いまはまだ忙しいので、また来月。それにしても、今年はオオオカガニの産卵姿は、やや少ない気配がする。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-27 05:44 | ヤップな日々

本心は自ずと表れ…

a0043520_8113065.jpg

いそがしいのだけれど、晴天とら日和のとらちゃんの記事をシェアしておきたくて…

米第35代大統領ケネディの言葉→「核兵器が我々を滅ぼす前に、我々は破棄しなければならない」(日本が「核不使用」共同声明に署名せずの報を聞いて
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52102060.html

RECNA NPT2013:第3報 深刻に問われる日本政府の核兵器認識(2013.4.24)
http://npt2013.wordpress.com/2013/04/25/no3/
日本が「核兵器が二度とふたたび、使用されないことに人類の生存がかかっています」という今回の宣言の一文の、「いかなる状況下においても」に異議を唱えたと伝えられることは間違いないであろうが、言葉をいじって済む問題ではないと考えられる。「いかに非人道的あっても、日本にとっては核兵器に役割がある」という日本政府の認識が露わになったのである。これは、かくも非人道的と認識される核兵器に依存しなくても、より安全な安全保障への道があるのになぜその方向に進もうとしないのか、という問題とつながって問われ続けることになる。
「いかに非人道的あっても、日本にとっては核兵器に役割がある」という日本政府の認識が露わになったこういう政府を野放しにさせないように、その方策を、国民ひとりひとりが真剣に考えるべきだっ(怒)

2015年核不拡散条約(NPT)再検討会議第2回準備委員会
核兵器の人道的影響に関する共同声明

http://npt2013.files.wordpress.com/2013/04/joint-statement_jp.pdf

同英文
http://npt2013.files.wordpress.com/2013/04/joint-statement_en.pdf


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-26 22:35 | No Nukes!

それぞれの夕日

日中は貿易風がビュービュー吹いていたのに、夕方近くになって、またスコールがくるようになった。夕日が見れないかな…と期待されるゲストといっしょに丘の上で様子を見ていると、一瞬、雲の切れ間からオレンジの光がのぞいたので、ガテモオンの浜に急行して…なんとか間に合った。
a0043520_6251950.jpg

こうして風が強まったり弱まったり、目まぐるしく変わりつつ、季節がだんだんと移ろう。まったりべったりの海を楽しめる日も、これからは多くなるだろう。

さてヤップに戻ってまだ4日目だけれど、忙しい毎日に没入してゆっくりニュースを見る暇もない。しかしチラッとネットのソースをのぞいただけでも、ボストン・イカサマ・テロの姿が浮き上がる。911を境にして、ホントに世界は「なんでもあり」ってことが、あからさまに見えるようになってきたものだなあ。イカサマ自体はケネディ暗殺のころからバンバンあったのだけどね。

ボストン爆破は、自作自演テロである!! 忽ち暴露・・・!
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/04/post_37bd.html

いやはや、恐れ入った! 爆破兄弟は無傷、生存している!
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/04/post_c72c.html

ボストン・テロは多目的偽旗作戦だった?:チェチェン人犯行シナリオの矛盾が噴出
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31832094.html

'My sons never do bombing!' Boston bombers' screaming father denies 'angelic' sons' actions as mother insists her '100 per cent innocent' sons are being framed
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2311667/Boston-bombing-latest-Father-Tamerlan-Dzhokhar-Tsarnaev-denies-angelic-sons-actions.html

イカサマに騙され続ける人生を送るか、覚醒して自立するか、わたし次第、あなた次第よ、ウランやプルトニウムも舞い散っている地で、どう生きるかも!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-25 07:10 | ヤップな日々

サカサクラゲ大発生

ヤップにもどってから初めての、朝から雨が降ったり止んだりするお天気となったが、午後には雨もすっかり上がり、青い空が見えるようになった。
a0043520_21261448.jpg

そんな雨の合間をぬって島内観光に出て、ウル村の石畳の道を歩いているとき、埋め立てられて半陸封状態になったマングローブ湿地の海水中に、お皿のようなものがたくさん沈んでいるのを見つけた。

なんじゃらほい?と、陸の上からしばし観察していると、ややや?「お皿」のヘリが、もぞもぞと動いているではないか!

これってもしや…サカサクラゲ?!

(上の写真のグリーンぽく見えるのは水面に映ったココヤシの葉。雲のように見えるのがクラゲちゃん)
a0043520_21263235.jpg

直径が10mもないような水たまり(海水)のあちこちに、たくさんのサカサクラゲがモゾモゾ動きながら沈んでいた。こんなに大量のサカサクラゲを一気に見たのは、もちろん初めてだ。

ここは潮の干満で水位が上下しているので、埋め立てられていても、どこかで海と繋がってはいるのだろうけれど、いずれは埋め尽くされてしまうだろうこの場所に、土管などが埋設されているとも思えない。ということは…このクラゲたち、外の広い海に出られる可能性は低いだろうな。浅くて狭いこの場所で、みんな一生を終えてしまうのだろうか…?

そんなことを考えていたとき、ゲストの声が…

「このクラゲ、食べられますか?」


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-23 21:46 | ヤップの自然・海

健全な命は勝手に伸びる(笑い)

きのうはあれからグアム空港でヤップ行きの飛行機が出る搭乗口のほうに行くと、ヤップ人のどの顔もやけに明るく、日頃あまり口をきいたこともない人までわたしに気軽に声をかけてくるので、「これはひょっとして…?」と思いながらヤップに降り立つと、深夜の空港全体がなんだか華やいでいて、「これはやっぱりそうに違いない」と確信した次第。ヤップ島にクレイジーな開発をしかけようとしていた中国・四川州のデベロッパーETGの鄧鴻社長が、賄賂事件で中国当局に取り調べを受けているというニュースが、みんなの顔をこんなに明るくしているのだ。この件の続報を、今後お楽しみに!

そして…ただいま~♪
a0043520_23381272.jpg

ゴキとネズが留守番している我が家にたどり着いたのはもう午前1時過ぎ。真っ暗な猫の額菜園のあたりの雰囲気がなんだか気になったのだが…!?

一夜あけて、コワゴワその様子を見にいくと、きゃ~っ、足の入れ場もないほどカボチャが地面をはいまわっていた。

a0043520_23385778.jpgどこかに実がついていないかと捜してみたけれど、咲いているのは雄花ばかり。やっぱり自然な受粉は無理なのか…。

ヤップを出る直前に植えつけた、台所で芽を出しかけていたサツマイモたちは、しっかりと根付いて緑の葉を茂らせていた。チキン除けのケージをかぶせていたので、こっちは大丈夫。

a0043520_23383189.jpgしかしパイナップルやギンガンの植わっているところでは、どうやらワンコが運動会をした形跡があり、ギンガンのケージは吹っ飛んでいた。それでもみんな、なんとか健気に生き伸びていたのでホッ。

日本に滞在中もしばしばヤップ島近辺のお天気をチェックしていたけれど、こっちではずっと好天が続いていたようだ。おかげで土地はすっかり乾いてしまい、道路には土ぼこりが舞っている。わが菜園の連中も、水が欲しいよ~と訴えていた。

a0043520_23391232.jpgそして家のなかでは…!?なんと、ヤップに戻ってきたら炊いて食べようと残しておいたヤムイモから、スルスルと芽が立ち上っていた。

毎年この時期にヤップを離れて、もどってくるたびに再確認することは、「親はなくとも(いや、いないほうが…)子は育つ」ってこと。いやはや、畑もある程度、放っておくほうが良いのかも!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-21 22:19 | 猫の額菜園日記

やっぱり果報は寝て待てか?

a0043520_19295815.jpgとうとう一度も石鹸やシャンプーを使わず、自作の米とぎ汁乳酸菌だけで過ごした日本滞在を終えて、いまグアム空港のラウンジです。飛行機を降りた途端、ムワ~ッとくる湿気に触れると、ホッとする身体にわたしはなってしまったんだなあ…(笑)。今回の滞在中、ウン拾年ぶりにボタンつけをする羽目に(家庭科ならってて良かった!)、やはりモノづくりは大切だーっと実感したのも収穫???

ネットがサクサク動く間にと、たまっていたメイルのお返事や、ブログもちらっとアップをと急いで書いているのだけれど、実は、ヤップでは、中国の「財新オンライン」が伝えた↓このニュースで↓いま大騒ぎ?になっているはず…

Another Sichuan Businessman Investigated for Graft
http://english.caixin.com/2013-04-12/100513654.html

去年の12月にはうまく逃げおおせたETGの鄧鴻社長に、いよいよ司直の手が伸びていると!

ひゃっほ~い、やっぱ、やつは中国のホリエモンだったか(爆
<上の記事をクリックすると、お顔が拝めますよん>

※「財新」は日経オンラインがときどき載せているようだけど、この記事の翻訳は出ないのかな?

個人的にもヤップからメイルがくるわ、今までは事実を曲げてもETGに利する記事しか書かなかったヤップ州広報にも載るわ…すでに島でも保身体制に入ったモンが続出しとるんかいな?ああ、楽しみ、楽しみ。

そんなわけで、久しぶりに常時80%の湿度と同じく、ムワ~ッと元気が沸き出てくるのを感じているのだった!


(同一テーマの記事)
中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その1)
http://suyap.exblog.jp/15476633/
中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その2)
http://suyap.exblog.jp/15478850/
ブルートゥース・ナグ
http://suyap.exblog.jp/16355238/
流行のステッカー
http://suyap.exblog.jp/16527479
果報は寝て待て???
http://suyap.exblog.jp/17070174/
大統領との会見
http://suyap.exblog.jp/17206333/
パパイヤガラスもあきれてる...
http://suyap.exblog.jp/17219576/
おひさしぶりです
http://suyap.exblog.jp/17432052/
ヤップ島の巨大開発に反対するオンライン署名募集中
http://suyap.exblog.jp/17531397/
結実まであと一歩?!
http://suyap.exblog.jp/17756107/
やっぱり果報は寝て待てか?
http://suyap.exblog.jp/17652204/
結実まであと一歩?!
http://suyap.exblog.jp/17756107/
懲りない面々
http://suyap.exblog.jp/17925665/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-20 19:44 | ヤップの開発問題(ETG)

舞い散る桜の下で

今回のsuyap@japanもそろそろ終わりに近づいてきた。

毎度のことだけれど、今回お会いできなかった方々、まことに申し訳ございません。また管理人自身が一週間以上も放置しているにもかかわらず、何度もこのブログを訪れて、ブログ・ランキング・サイトをポチッ…もうしとつ…ポチッと応援してくださっている方々、ほんとうにありがとう!お陰さまで、あんまりアクセス数が落ちとらんのでたまげたけれど…こりゃ~、ここら辺でなんか書かんにゃ、いけんねえ…(なぜか広島弁)。

というわけで、今年もわが故郷ヒロシマを訪れ、去年同様、被曝2世&2世半の同窓生と時間を忘れて盛り上がったのだけれど、今年は以前から気になっていた、もうひとつの場所へも足を伸ばしてきた。
a0043520_9351267.jpg

東国から夜汽車を乗り継いで、かつて備後の中心地であった福山城址を訪れた日の朝は、格別の寒さで震えあがったけれど、東京で見そびれた桜(ソメイヨシノ)の花びらが、まだハラハラと舞い散っていて感激。うわ~今年もなんとか桜が見れた!

a0043520_9352617.jpgまずは、まだ人影少ない城址内をそぞろ歩いて桜を堪能し、天守閣にある福山城博物館の開館を待って見学したあと、ゆっくりと裏道を下っていくと、「阿部神社」と書かれた石柱が見えた。目的地である備後護国神社が、近年まで阿部神社と呼ばれていたと知って、ちょっと感ずるところあり…。現ヌッポン国首相も安倍サンだけど、阿部=安倍氏族って…隠された古代のなにやらを…あれしてこーしてふむふむ?

まあそれはさておき、宮本武蔵サンが座ったという石を横目に見ながら本殿正面側に出て、広く立派な石段を下っていくと、各地の戦没者慰霊碑が、続々と目に入ってくる。そして残り少なくなったデジカメのバッテリーを気にしながら、たどりついた先が、
a0043520_9351725.jpg

メレヨン島戦没者
慰霊碑
巨大な碑であった。

メレヨンとは、ヤップ州離島のひとつウォレアイ環礁のこと。そこに1944年から送られた日本帝国陸海軍の将兵、軍属あわせて5500人を上回る人々が、戦没(その死因のほとんどが餓死、もしくは栄養失調による病死)された。

ウォレアイ環礁(メレヨン)で62年前に起きたこと
http://suyap.exblog.jp/6032304/

碑の裏には、その数千人に及ぶ戦没者のお名前が、ひとつひとつ刻まれている。
a0043520_9345496.jpg

正面前広場からの備後護国神社の眺め。左手の大きな碑がメレヨン島戦没者「慰霊碑」。

そのウォレアイ環礁では、滑走路の老朽化が進み、ここ数年、軽飛行機すら降りられなくなっている。ヤップ島や他の島からのアクセスは、州または連邦政府が運営する不定期の連絡船のみで、ひと月(あるいはそれ以上)に一回といったところ。したがって、2007年を最後に、厚労省の遺骨収集事業も行われていない。

テレビをつければ、安倍っちや防衛相の無様な顔ばかり映り、空疎な「防衛論」が連呼されるという信じられない世相になってしまったなか、桜の舞い散るこれらの慰霊碑に集う戦没者の「英霊」は、いったいなにを思っておられることか。
命とりのアメーバにかかりてすべもなし
 ただ生きのびむ心をはりて
国亡びて山河ありといふことば
 しみじみおもひ南洋にをり
  (メレヨン島・ある軍医の日記/中野嘉一)
1945年8月14日につづられた歌である。

ヒロシマ、ナガサキにとどまらず、フクシマを経験したいま、「国亡びて山河あり」という言葉さえ虚しく響く。便利で、清潔で、一見なんでもスムーズに生活が進むかに思える日本に2週間ほど滞在してみて、「国亡びて山河…すら」の思いが強まるばかりだ。

わがエアー・カウンター君は、福山駅前でいきなり0.20μSvを出した。花崗岩のせいで広島県東部は自然放射線が高い土地柄だけれど、平均0.14~0.16μSvが出た。広島市内では平均0.09~0.12μSv

ガンマー線の空間線量はあくまでも目安、これが上昇しているってことは、呼吸や飲食を通して体内に取り込む様々な人工放射性核種もモチロン増えているってこと。ここまできたら、こんな世の中に誰がしたっ(怒)と静かに憤りつつ、ただ生きのびむ心をはりて、コツコツと自衛するっきゃない!ってわけで、今回もホテルでせっせと米とぎ汁乳酸菌&豆乳ヨーグルト作製中で~す。

もう15万部売れたきのこちゃんの名著:

発酵マニアの天然工房


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-18 13:17 | ヤップと戦争

どさまわり中

またまた長い間のご無沙汰ですが、ただいま、一年ぶりのニホンどさまわり中です。
a0043520_982473.jpg

(上の写真は、昨夜たまたまテレビで見た「土佐ジロー鶏」に触発されて、ヤップの野鶏の卵を載せました)

成田に降り立って測った空間線量が0.14-0.2 μSv、東京のホテル内では0.06-0.10 μSv、ヤップではエア・カウンターの最低測定限界の0.05を超えることはほぼ無いので、さすが…放射線管理区に近い今のニホン!と改めて感心。

福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ
http://toyokeizai.net/articles/-/13516

「甲状腺異常」全国に広がっている
http://gendai.net/articles/view/syakai/141756

さあさあ、これからですよ!

友人関係を含めて、ちゃんと知っている人は、それなりに覚悟して(防護策を各自とって)生きているんだけ、最悪なのは、これらの事実を見ようとしない、受け入れようとしないヒトビト、自業自得といえばそれまでだけど…。

だけどね、安倍っちを含めてニホンの原発推進エスタブリッシュメントらは、これらをわきまえたうえで、ちゃんと防護策をとって暮らしてるんだからね。まわりには「内部被曝は問題ない」とか「低線量放射線は身体に良い」とか言いながら、じぶんらはしっかり安全策をとって暮らしてる。そこんとこを、よくわきまえましょうね。

というわけで、ヤップに戻る日を指折り数えながら、ホテルでせっせと米とぎ汁乳酸菌や豆乳ヨーグルトを仕込んでおります。どさまわり中にも、また時間が取れたら更新します…


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-07 09:51 | 番外

ヤップ語の表記

ヤップ島の巨大開発に反対するオンライン署名にご協力ありがとうございます。この署名はヤップ州の知事さんあてになっています。世界中から、こんなに注目されてるんだよ、ってことを示すことが大事と考えています。ひきつづき、よろしく!

Say NO to Massive Tourism Investment; Say NO to Land-grabs!

a0043520_725945.jpgところで、こうして外資によるヤップの大型開発反対運動に加わっていると、いままでお付き合いのなかった方々の村のおっちゃん、おばあちゃんたちとたくさん知り合いになれて、わたしにとってもそれは大きな収穫なのだけど、ときに思わぬ依頼を受けることもある。

ある日、ミーティングが終わったあと、Tさんがわたしに話しかけてきた。「suyap、あんたなら、これ読めるだろ?」

見ると、カタカナばかりで書かれた手紙のようだ。しかし...文字は読めてもチンプンカンプン。「Tさん、これ、どなたが書いたものですか?」

「母が遺したものなんだけど、手紙か...もしかしたら(ローカル)薬の処方が書いてあるのかもしれん」と、70がらみのTさん。彼のお母さんなら、生きておられたら90代、バリバリの日本語教育世代だ。しかし、ほぼすべての子音が母音をともなう日本語表記法(カナ)で、唇歯音、 無声破裂音、破擦音、無声・有声摩擦音だらけのヤップ語を表すのはたいへんなことだ...というか、無理。ところどころ拾える単語はあっても、ほぼワケワカメ。

a0043520_7252380.jpgG嬢にも応援をたのんで、2人であ~でもないこ~でもないとやっていたら、チョメさんが「おまえら、中国語しゃべっとんか?」だって(笑)。そんなときG嬢が、「これ、もしかして、左から読むんじゃない?」

なあるほど...
ソロクヤランゴグメマナンガクファラ、ウモグネギ...

「ソロクはSiroeq(シロゥッ=すみません)だよ、ファラはfaa ra(接辞詞)、カルマガリはKa rin m'magaer(カリンマガール=どうもありがとう)だよ、きっと」とG嬢。わたしよりも解読に熱中している(笑)。

「わたしの知らない単語もあるかもしれないから、うちに持ってってお母さんに聞いてくる...」

よく見てみると、LAとかBULとかTHとか、アルファベットらしきものも見られ、おそらくカタカナでは表現しきれないものがアルファベットで書いてあるのだろう。それに全体として、書き手なりに統一した表記のルールのようなものがあるようだ。このようなカタカナによるヤップ語の文書化が、書き手の世代間では普通に行われていたものかどうか、残念ながら知る機会がなかった。

19世紀末にはカソリック教会によってヤップ語の聖書がアルファベットで作られており、戦後になってからはさらに大々的にアルファベット表記が普及したので、日本の統治時代に固有名詞など一部が(日本人によって?)カタカナ表記された以外に、こんな長文のヤップ語カナ表記を見たことがない。

まだまだ解読への道のりは長いけれど、G嬢の助けを得て、なんとか意味がつかめるまでになりたいものだ。ヤップ語表記法については、まだ書きたいことがあるけれど、本日はこの辺で。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-01 09:20 | ヤップの近代史