ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

木を育てるには日々の畑仕事が大事です

まがりなりにも小さな菜園をやり始めて、どんなに小さな命にもおのずから生きる力が備わっているんだなあ...と感動する毎日だ。なんだか見ているだけでこっちが元気をもらっているような...^^ それは海の中を潜っていても森の中を歩いていても同じで、やっぱり「自然に育つ」命から遠ざかったら、ニンゲンはなにか大切なものを失うんだよね...そんなことを考えながらジャングルの小道を歩いていたら、あらら、久しぶりにワチャギランイヌビワ)を見つけた:
a0043520_14492088.jpg

さすがに、もうヤップでもわざわざこの実を採って食べる人はほとんどいないだろうけど(レシピはこちら:http://suyap.exblog.jp/8043993/)、いざというときには海の中からも森の中からも、食べるものを見つけられるんだっていう自信が、ヤップの人の強さだと思う。

しかし...ヤップでも中国資本の大開発計画に対してせっかく反対の声が盛り上がりつつあったところへ、カネ+体制側に切り込まれてわけのワカランチンなグループが立ち上がってしまった。そういうワカランチンに絡みとられるような連中は、口では殊勝なことを言うのだけれど(本人らも「ボクって賢いでしょ」て信じこんでるようでね)、田んぼにも行かず魚とりも行かず(「仕事」があるんだそうで)、食生活も輸入物の米や肉に大きく依存(そりゃ、カネがかかるよね)、そして彼らの話しぶりを聞いていると、なんか変...あれっ、言ってることのどこを切っても金太郎飴!ぜ~んぜん心に響かないのよ、そういえばなんか目もあっち逝っちゃってるし(笑)。でもカネと権力に仕立てられたこの手のプロパガンダには、どこか嫌らしい伝染性ウイルスが仕込まれているから、ゆめゆめ対応を誤ってはなりませぬ。なんたって体制側メディアしかないのも、どっかの国を同じだし...。

ところでそのどっかの国といえば...オリーブの木が、なんとか育ちつつある気配です:

「日本未来の党」オリーブの木が立派に立ちました。
http://d.hatena.ne.jp/f-kafkappa/20121128

ヤップのワカランチン団体のように、カネと組織で目があっち逝っちゃった社民さんと共産さんは残念でしたねとしか言いようがないけれど(そういや最近、共産党のポスターが素敵だのとステマのような記事もネットで見かけるね^^)、やはりThink Globally, Act Locally(地球視野で考え、それぞれの地域で行動する)ができてないと、生ぬるいサラリーマン(ウーマン)政治屋にしかなれないのだね、本気で体制を変えるゾという戦術も策略も気迫もゼロ。これじゃ政治はできませぬ。

ところでこれからのオリーブの木、まあ「みんな」のオッサンらも寄り添いたいなら寄り添わせて様子を見るもよし(笑)、しかし木に水をやり、枝を払い、成長を見守るのは、わたしたち国民の役目!...これを永遠に続けなければ、元気な木は育たない。そういう意味で、未来なんだなあ...。


ヤップは今日も晴れわたり、かなり強めの貿易風がビューンと吹いていた。その風に乗って台風24号(BOPHA)は予定通りの進路を進んでいるので、あさってくらいから影響が出始めるでしょう...やれやれ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-29 11:46

うわ~!

まだ少し日ざしが残る夕方5時過ぎ、落ち葉の散ったノニの木のまわりを掃いていたら、緑のトカゲ、アタラウ君がじっとこちらをうかがっていた。
a0043520_17142483.jpg

アタラウ:ケッケッケ、suyap、でかい台風がやってくるの知ってるか?ケッケッケ(実際はアタラウ君は鳴き声を発しませんけどね)

えっ?こんな良い天気なのに、台風???掃除を終えて家にもどり、半信半疑で衛星写真を見てみると、ひゃ~~~!(下はnoaaサイト、ヤップ時間27日午後5時30分の衛星画像をいじらせてもらいました)
a0043520_17144262.jpg

ヤップ島からはまだ2000キロ近く離れているけれど、ポンペイとチュークの間に台風24号(BOPHA)ができていた。しかも米海軍のJoint Typhoon Warning Center (JTWC) によると、ほぼ真西に進路をとって、パラオとヤップの間、ややヤップ寄りを12月2日ころに通過という予想:

http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/warnings/wp2612.gif

ヤップのすぐ北を台風が通過してもあまり騒がないことが多いわたしが、2000キロも離れた台風にどうしてこんなにあわてるのかというと、このまま5日もかけて赤道近くを進めば、とんでもない勢力に発達するだろうから。おまけにチューク州からヤップ州にかけての進路上には、たくさんの小さな環礁島が散在しており、海抜数メートルしかないそれらの島々の多くに人が住んでいるのだ。

JTWCは日本近辺ではあまり当てにならないかもしれないけれど、日本の気象庁が赤道近くの北太平洋でどのくらい当てになるか...でも見てみよう:

http://www.jma.go.jp/jp/typh/12245.html

ついでにデジタル台風さんの進路予想も:

http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/forecast/google-maps/

ちなみにBopha(ボーファ?)とはカンボジアの花の名前が由来だとか。これからしばらく台風ウォッチの毎日が続き、週末は...。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-27 17:19 | ヤップな日々

季節もチェンジ

ネットで見るニュースによると、今朝の日本列島はこの秋いちばんの冷え込みとか。11月末の「寒さ」を思い出そうとするが、いまいち実感がわかなくて、ああ祖国は遠くなりにけり...。
a0043520_12462620.jpg

いっぽうヤップ島では、きのうからビュンビュンと貿易風が吹いている(だから北のほうでは「冷えあがる」んでしょうね)。青く晴れ渡った空を見あげれば、東から西へと、かなりの速さで流れる小さな白い雲。ボートから陸地を眺めると、空と海のブルーに挟まれた緑がくっきりと映えていた(上写真はルムングのブルオル村沖から)
a0043520_12464239.jpg

こんな日の海上や海岸では、サワサワとかなりの風を感じるけれど、村の中の石畳の小道に入ってしまえば、あたりはこんもりと樹木に包まれ静寂そのもの、木漏れ日から差しこむ日の光が、美しくまわりの緑と溶け合っていた。

「それにしても、どうして人の姿を見かけないんでしょう?」

まだ日が高く暑い盛りの正午過ぎ、そんな時間帯に外を出歩くのはツーリストくらいなもので、よほどの用事がない限り、島の人たちはもう少し日がかげってから外出しますから...(上下写真はカダイ村の石畳道)
a0043520_12465396.jpg

人っ子ひとり見かけない村の道、石と石の間に静かに歩を進めていると、足元の土の乾き具合が明らかに先週とは違ってきているのがわかる。わが猫の額菜園のヤムイモの蔓もとうとう枯れ落ちたし、いよいよ本格的な貿易風の季節が到来したようだ。

これが南の島の季節の感じ方...です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-25 14:11

小さな目玉系

いくら腹を抱えて笑っちゃえるとはいえ、きのうは気色悪いがん首を5つも載せてしまったので、今回はそのお口なおしに可愛い目をした小さなハゼたちにご登場を願った:
a0043520_22421813.jpg

まずはヤップの内湾の浅い海ではフツーに見られるネオン・ピグミーゴビー。ピグミーゴビーとはイソハゼの仲間で、オレンジの地に金色の線という、とてもエレガントな装いにも関わらず、なにせ小さくて(体長2~3センチ)数も多いせいか、ほとんどのダイバーにスルーされているのは残念。
a0043520_22423329.jpg

同じように小さい上にボディの色もさらに地味系で、ネオン・ピグミーゴビー以上に気づかれにくいのが、このアオイソハゼ。生きたサンゴの上だけでなく、ガレ場のゴチャゴチャしたところも好きらしいので、それがまた目立たなさを助長している。こういうイソハゼ系にうっとりし始めると、アナタも立派にオタクの仲間入り?(笑)。
a0043520_22424682.jpg

さて今回の目玉系のトリはシノビハゼ。目のまわりがやけに黒ずんでるけれど、スリムなボディに浮かぶ淡い茶色の点々と、なんといっても胸ヒレの付け根にある白い点がシノビハゼの証明だ。これもヤップのリーフ内ではフツーに見られるハゼもけれど、地味系指数はかなり高いかも。

こうして地味なサカナを眺めて、まったりボーっと過ごす海の中も、なかなかオツなものでございます...。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-24 00:07 | ヤップの自然・海

ぴーひょろりん

海の中ではキベリクロスジウミウシが3人(?)寄り集まって、なにやらおしゃべりに夢中の様子、
a0043520_0401573.jpg

キベリA:あの放射能を世界中にまき散らしているニホンっていう島では、これから選挙があるんだって?フクシマをはやく何とかして欲しいし、あんな地震の巣窟みたいなところの原発は、一刻もはやく封鎖してほしいわ。

キベリB:あの国では、政治家も役人も国民の税金で雇われている身だということを忘れて、おのれの目先の利益ばっかり考えているらしいよ。だから、なかなか「脱原発」が進まないのさ。ま、それを利用しているのがアメリカ...原発と戦争で儲けているやつらに乗っ取られたアメリカ...なんだけどさ。

キベリC:そういや、昨晩、suyapが、海の中まで聞こえてくるような大声で、腹抱えて笑ってたよ。どうやら↓これ↓を見たせいらしい。
a0043520_0403441.jpg

キベリA:ああ、きのこちゃんが作った画像ね。投げ出し五人囃子だって。
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-3628.html
あかりをつけましょ 原発に
どかーんと一発 核の花
五人ばやしの ホラ太鼓
きました不快な 総選挙
キベリB:うまいこと言うな。もともとはこれ、土佐の橋本大二郎がツイートで書いたのが始まりらしいね:
a0043520_0404971.jpg

キベリA:ひゃっは~、大ちゃん、座布団5枚!ところで飯山一郎のおじいちゃんも、ガンガン、限りなくホントーに近いネタを飛ばしまくってるわよ。

2012/11/22(木) おも黒いコトになりそー
http://grnba.com/iiyama/index.html#rr11221
なあるほど、東はオームの石原慎太郎に、西は口蹄疫の東...ってわけ、あれっ、なんか変(笑)
2012/11/22(木)② 「生活党」を連呼するマスコミ
http://grnba.com/iiyama/index.html#rr11222
「国民の生活が第一」を比例代表で選ぶときには、「生活」だけで党はいらないから、覚えておいてね!
2012/11/22(木)③ カネで踏み絵を踏む真紀子http://grnba.com/iiyama/index.html#rr11223
ひゃ~、民主党から億の金かあ...(そんな金額、当然、見たこともないし...)
キベリC:ニホンの有権者に、こっちも覚えておいてもらいたいね。

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-2202.html#comment676
せめて、期日前投票の投票箱に鍵が3こちゃ~んと付いてるか?見張ったらどうかな?

国民の権利は利用しよう。ねちねち、しつこく言いましょう。
頼むよ、年金世代!専業主婦!
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-2212.html#comment694
選挙の度にまさかの結果になるんだが、投票用紙の改竄や対立候補の票を捨てる等の第三世界並みの不正を働いている疑いがある。

捨てるのは防げないが、改竄は油性ボールペンで筆圧高く記入することで防げる
票の改竄が不可能なら、不正をする側は票を捨てる以外に方法がないので異様に低い投票率になるから、そうなったら徹底的に調査すべき!
キベリB:あと、東京都知事選挙が良い指標になるかもな。都知事選で脱原発候補の宇都宮けんじ氏を推している党を、全国の国民が各地で選べば良いわけだ。

キベリA・C:間違っても、投げ出し五人ばやしを選ばないようにね~♪(笑)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-23 14:20 | 新聞捨ててテレビを消そう

犯人はキミだったの?!

11月に入って強まり始めた貿易風も、ここにきてちょっと一休みといった感じの日が続いているが、幸い、ミル・チャネルでは、よくマンタが出てきてくれている。
a0043520_2242422.jpg

浅いクリーニング・ステーションでたっぷりとマンタを見たあと、ゆっくりボートに戻りかけていると、ユビエダハマサンゴの中に頭をスッポリと埋めているタイマイがいた。ほとんど動きがなかったので、ドジなタイマイが餌を食べようと首をつっこみ過ぎて抜けなくなり、窒息でもしたんじゃないかと心配して様子を見ていると、ようやく手足がゆっくり動き始めた。そうすると...別のことが心配になった。
a0043520_2252830.jpg

ちょっとちょっとぉー!

ここは、タマイタダキイソギンチャクと共生するダスキーアネモネフィッシュの住処じゃなかったっけ?

マンタを求めてこのポイントに潜り初めたのは、今からちょうど2年前。その当時は、もっとたくさんの場所で、タマイタダキイソギンチャクとダスキーアネモネフィッシュの共生が見られたものだったが...。
a0043520_2235820.jpg

いつのまにやら、イソギンチャクがクマノミごとゴッソリと姿を消すようになった。ここにダイバーが潜るようになったせいで水槽用海水魚コレクターの目にとまり、やられちゃったのかな...どうやってグアムに密輸してるんだろう...などと心を痛めていたのだが、まさか、犯人がタイマイだったとは...!
a0043520_2262496.jpg

彼らの主食はカイメン類だが、軟らかいサンゴ甲殻類棘皮動物藻類なども食べるという。だからイソギンチャクを食べてもおかしくなさそうだが。しかし...さすがに「動く」サカナは食べないのか、「家」を失って茫然自失のダスキーアネモネフィッシュも、タイマイに警戒している様子はない。
a0043520_2271475.jpg

さて、一度顔を上げたタイマイくん、またサンゴの中に首を突っこんだ。何の抵抗もできず、オロオロとそれを見守る、行き場を失ったダスキーアネモネフィッシュ...。
a0043520_2272433.jpg

タイマイ:うるっせえなあ、ボコボコ大きな音立てて(注:ダイバーが吐きだす呼吸音は、水中ではかなり響きます)オレを取り囲みやがって。他人のメシ時をじゃましないでくれよ。オレだって腹減ると食わないわけにはいかんのだから。
a0043520_2275727.jpg

タイマイ:あーあ、イソギンチャクのやろう、奥に引っこんじまいやがったじゃないか。べキッ、ボリッ、よいしょ、よいしょ、もうちょっと首突っ込めたらなあ...う~ん、まだ奥のほうか。
a0043520_2283333.jpg

タイマイ:しっかし、まわりでこんな大音立てられたんじゃ、ゆっくりメシも食ってられねえや。仕方がない、よそのメシ場に移動するか。おい、オマイら、ついて来るなよ!(怒)
a0043520_22105643.jpg

未練気にゆっくりと泳ぎ去るタイマイを見送ったあと、そーっとダスキーアネモネフィッシュの様子を見にいくと、タマイタダキイソギンチャクがいた場所は死んだサンゴがむき出しになり、その隙間から、心もとなそうなクマノミが顔を出していた。
a0043520_2295510.jpg

クマノミの仲間は、小さいときからイソギンチャクの毒に免疫をつくって彼らと共生し、捕食者がイソギンチャクの毒を恐れて近寄ってこれないことで身を守られている。しかしそのイソギンチャクを失ってしまったら、よほど運良く他のイソギンチャクにお引越しが出来ない限り、生きながらえるのは難しいだろう。この子もたいへんだろうけど...グッドラック!

それにしてもタイマイ、どうして突然、タマイタダキイソギンチャクを狙うようになったのだろう?最近のヤップの海中の荒れようを見ると、どうも大きな生物の食べ物が不足しているように感じている。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-22 09:43 | ヤップの自然・海

たまには目の保養でも

木枯らし一番が吹いて秋も深まる日本列島のみなさんへ、本日はヤップ島の海の中から、キレイどころを選りすぐって参上いたしませう...
a0043520_9572457.jpg

まずはグレー地の小紋に黄菊を散らしたシックないでたちの月乃姐さん(ツノキイボウミウシ Phyllidia elegans)のご登場です。いや~学名のとおり、なんともエレガンスでございますなあ...。だけどね、ザッパな目しか持ち合わせないsuyapには、月乃姐さんマルチ姐さんPhyllidia multifaria)、それに梵字姐さん(ボンジイボウミウシ Phyllidia exquisita)の区別が、イマイチよくわからないんでございますよ。ま、マルチ姐さんは紅海にしかおられないみたい?ですがね。

さて次においで遊ばしたのは...
a0043520_1074015.jpg

おいおい、これがキレイどころかいって?だんな、そんなあけすけなぁ...そりゃバイカナマコはちと図体がデカ過ぎますが、アレはアレで一生懸命にやってんですから。ほら、あのフリルをつけまくった衣装を見てやってくださいましよ...ちとやりすぎの感はありますが。

ところで今回バイカを登場させたのにゃ、ちゃんとワケがありまして...
a0043520_10151758.jpg

ジャッジャ~ン!ねっ、お美しいでしょう?バイカのフリルに乗っかった美智代姐さん(ミチヨミノウミウシ Cuthona sibogae)で~す!
a0043520_10151695.jpg

この美智代姐さん、伊豆など日本の海にもお出ましになられますが、ヒドロ虫のなかでもウミシバっていうやつが大好物なようで、ふつうは海藻や岩肌についたそれらをパクパクやっておいでなのが見られます。それが今回はバイカナマコにくっついておられたってことは、バイカのやつ、ちゃんと風呂に入って身体洗ってないな...まあ、ムシもつかないようでも困りますがね。

おっと、あっしの話はどうも長くなりすぎていけませんや...
a0043520_113138.jpg

このあとはサクッといかせてもらいましょう。久々に夜空姐さん(ヨゾライボウミウシ Phyllidia carlsonhoffi)のお出ましです。調べてみると、姐さんがこの源氏名を頂戴してからまだ20年と経ってないんですね。でもヤップじゃけっこうお座敷がかかってますよ、季節ちゅうか流行ちゅうか、まあ波はあるようですが。

さてと...

a0043520_1133511.jpga0043520_1131448.jpg
最後は、賑やかしどころの小揖保ちゃん(コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa)で〆させていただきやしょう。この妓らも日々研鑽を積んでおりますんで、いつの日にか、上の姐さん方のように、ひとりでお座敷を勤めることができるようになるでしょう。そのためにもってか、どんなときでも夢を持つことは大切でございますね。

ところでアイ・ハブ・ア・ドリームとは1968年に暗殺されたマーティン・ルーサー・キングJr.牧師の有名な演説ですが、もう日本にゃ夢もチボーも無いよ...とお嘆きのアナタ、まだまだ諦めないでくださいまし。まずテレビを消して新聞を投げ捨て、誰がほんとうのことを言ってるか、目をカッと開けて耳をシンと澄まして考えてみましょうや。最後に、ちっとも世に倦んでおらるご様子じゃないけど世に倦む日日さんの記事をご紹介しときます:

選挙の前の風景 - 予算(税金の使途)こそ議論が必要
http://critic5.exblog.jp/19524180/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-20 11:58 | ヤップの自然・海

旗幟鮮明に

2012年も残すところあと1ヶ月半を切った。そしてヤップもニホンも、大きなターニング・ポイントを迎えている。しかし以前よりはモノゴトがずっとハッキリと見えるようになってきているのは確か、もう迷ってなんかいられない...ワクワク・ドキドキ、レッツ・ゴーゴー!
a0043520_20491774.jpg

な~んちゃって、なんで初っぱなから飛ばしまくっているのかというと、待ちに待ったスティッカーが届いたから♪ (こんなもんの入手にこんなにも時間がかかるのが離島の宿命だけど)

んで、さっそくマイカーにハリハリ~してみた^^
a0043520_20493063.jpg

去年の6月以来、わがオンボロMitsubishi Delicaは、メッセージ・カーへと大変身を遂げた。最初のうちこそ人目を引いたが、Sea's doomed, CRIME!もNO NUKES MORE TREESも、いまやヤップのふつうの光景の一部となった感がある。そこに最近は新たなメッセージが加わって、モチロン、そっちのほうがヤップ人にとっては超ホットなイシューなのだ。

a0043520_20495697.jpga0043520_20494610.jpg
どんな社会でも、カネと情報操作(+公権力=武力)で優位に立つ既得権力側は、自らの立場を守るためにあらゆる手段を使おうとする。そんなとき、「わたし、よくわかんな~い」とか、「いや、両方の言い分をよく分析して...」とか、「オレってニュートラル」とか、「どうせ、どっちもどっちさ、何も変わりゃしないよ」とか言ってる連中こそ、知らず知らずのうちに、権力側に絡めとられてしまうものだ。

a0043520_2050995.jpg

いま、ヤップでもそのような動きが出てきているのだけれど、国が大きいだけあって、ニホンのほうがさすがにスケールも大きいや(笑)。「わたし、よくわかんな~い」とか、「いや、両方の言い分をよく分析して...」とか、「オレってニュートラル」とか、「どうせ、どっちもどっちさ、何も変わりゃしないよ」とか言ってると、民主は駄目だったから今度は維新かなとか、やっぱ政治は自民でしょとか、ノーダじゃなくてハシシタだのアベッチだの...まあチンタローなんて人は少ないかもしれないけれど(苦笑)...あげくの果てに(かつてのわたしのように)「政治なんてキタナイだけだわ」と投票権を放棄してしまうコクミン多数...で、結局、某筋の思いどおりに日本終了...となるかも?!

a0043520_20503017.jpg一方では、せっかくオリーブの木を育てようと小沢一郎さんらが働きかけているというのに、「うちは最初から原発反対だったのです、キリッ」(しかし内心は国民の生活や脱原発の実現より党内序列のほうが第一!)な共産党さん、また300小選挙区全部に独自候補擁立で行きますか?

日々坦々:共産党が本当に「脱原発」を推し進めたいのであれば、選挙区調整するはずだ!何故しない?
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1753.html

プロジェクト99%:日本共産党に選挙区調整のお願いをしよう!
http://project99.jp/?p=4154

※それにしても共産党を理不尽に追われた(とわたしは記憶しているけれど)筆坂秀世サンにしてこのザマ...「なかのひと」を経験すると、やはり生涯頭脳閉塞に陥るのかしら...?せめて孫崎亨さんの『戦後史の正体』に書かれている史実くらいは戦後史の常識として踏まえておかなきゃ、現執行部と同じ穴のムジナ...あるいはカネに転んじゃった?

a0043520_2050433.jpgさて、そこで本題です。(えっ、これから?)

ブログ友のkappaさんが「脱原発法支持ならネコの毛色を問わず」をご紹介くださっているけれど(http://d.hatena.ne.jp/f-kafkappa/20121116)、念のために申しておきますと、この文言のオリジナルはこちらです:

明日うらしま:白ネコでも黒ネコでも脱原発法支持は良いネコ/小沢一郎氏と河合弘之弁護士のドイツ視察・その2
http://tkajimura.blogspot.jp/2012/10/blog-post_20.html

その明日うらしまさんのトップページに、東京都知事選で「宇都宮けんじ」さんを推す勝手連が、東京都各地域で活動を開始しているとか。東京都民のみなさん、12月16日は選挙に行ってね!

お知らせ:都知事選宇都宮けんじさんの公式情報源です。若者の皆さんよろしく
http://tkajimura.blogspot.jp/2012/11/blog-post_15.html

そして国民の生活第一の三宅雪子さんが、ノーダ総理と同じ千葉4区から立候補だと!

晴天とら日和:群馬4区から国替えして千葉4区から立候補する三宅雪子議員...
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52066669.html

これはひょっとしてひょっとするかも、さすが選挙の神様、小沢さんだ。外遊なんかしてる暇ないでしょうに>どぜう首相!千葉県船橋市の皆さん、12月16日は選挙に行って、ぜひノーダにノーを!

周知のとおり、今度の選挙は違憲総選挙だ。これは国民の側から選挙無効を訴えることも可能であると同時に、政権側が選挙結果に満足しなければ、司法にけしかけて何とでも出来るということも意味するわけで、ああ、ニホンって、いつのまにか何でもアリな無法国家になってしまったのね...ノーダのせいで。

でもね、ここで投げたら一歩も前へ進めない。原発の抱える危機的状況も、増税による生活圧迫も、そしてTPPに象徴されるハゲタカ外資による収奪も、もう待ったなし、ニホンの一般ピープルとしては、背水の陣を敷いてココぞと踏ん張るしかない。

自ら旗幟を鮮明にし、各所で最善の選択を!

※「だって、よくわかんないもの...」とは、旗幟(きし)を鮮明に=自分の立ち居地をハッキリ=していないから。言葉を変えると、それは責任放棄 or 無責任の自己宣言。誰しも自分や自分に関係する人々のいのちに、無責任ではありたくないでしょ...だからわがメッセージ・カーは、今日もとことこヤップを行くのであった~♪

(おまけ)
プロジェクト99%:私たちにできること
http://project99.jp/?page_id=79


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-19 14:26

鉄鍋を買った

a0043520_583736.jpgお米も芋も、どんな料理も、鍋は分厚いほうが美味しいものができる。もちろん、電子レンジでチンなんて不健康な料理を、わたしはいたしませんからっ...ていうか、電子レンジさえ持っていない(正確には数年前に中古をもらったが、すぐに嫌になって友人にくれてやった)。

さて、わが家の料理用火源は主にプロパン・ガス(しかも昔なつかしい鋳物のコンロ!)だけれど、ヤップの主食、イモ類を炊くのに適当な鍋がイマイチだった。米と違ってイモはでかいので、それに見合う大きさが必要だし、鍋が薄いと火のまわりが良くないし...。それがある日、雑貨を売る店に立ち寄ると、直径40センチくらいのアメリカ製鉄鍋が、なんと28ドルという半値以下にディスカウントされていた!原因は錆びが出ちゃったことだろうけど、鉄鍋の錆びなんてなんのなんの、たわしでゴシゴシやれば、すぐに取れちゃうし、買うっきゃないでしょ^^

a0043520_585491.jpgそれでもって、わくわくしながら家に帰り、るんるんしながら錆び落とし、そうそう鉄鍋のお手入れはまず使用前の「空焚き」?それから...軽く油を塗って...また「空焚き」?...なんちゃって、鉄のフライパンと同様の処置をして(この辺、正しいのかどうか自信はありませんが)。

いよいよ、タロイモを炊いてみる!真ん中のでかいのがラック芋(小さく切り分けなくてもズボッと収まるのが嬉しい)、まわりをライ芋でかため...

a0043520_585476.jpgそれからギンガンを用意。とくにラック芋を炊くときに、このギンガンを一緒に炊くか、あるいはジュースをしぼって加えることで、ラック芋が黄色く輝くのだ。味にはそんなに大差ないけれど、薄黄色にどよんとした芋よりも、鮮やかな黄色に輝いていたほうが、なんとなく美味しそうに感じるから、ヤップ人もギンガンが手元にある限り、こういう炊き方をするみたい。

a0043520_592165.jpgそれで、鍋の中の芋全体を、ラック芋の大きな葉っぱでくるむ。これが落し蓋の役割をするんだね。ラック芋の葉っぱがなければ、手近の丈夫な葉っぱでも代用できるし、サイズが合えば鍋のサイズよりもやや小さいお皿なんかでも代用できるけれど、やっぱり大きな葉っぱでぴったりと包みこむほうが、熱のまわりが良くて美味しく炊ける。

a0043520_594090.jpgそれから火にかけ、沸騰したらやや火を落として(中火の強)、延々、延々、1時間くらい。そうそう、炊く前に加える水は(火力や芋の量、種類で加減しながら)ひたひたくらい...まあ、適当です。

固いラック芋にスーッと竹串が通れば出来上がり、やっぱり鉄鍋の威力は絶大で、ほっこり美味しく長けました!(左の黄色いのがラック芋で、右のがライ芋、ライ芋はサトイモに似た味です)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-16 05:31 | ヤップな日々

美味しそうな海(笑)

いまは新月の大潮まわり、早朝の干満差が1.8メートル近くもあり、タイミング良く潜れば水路の中でもブルーに抜けた透明度を楽しめる。
a0043520_531610.jpg

きのうの朝は、そんなミル・チャネルのマンタ・リッジで、おもわず「しょうゆは?わさびは?ビールも!」と叫びたくなるほど美味しそうなサカナばかり見た(笑)。写真上は、すぐ目の前を威風堂々と通り過ぎる、体長1メートル級のイソマグロ。日本の市場では、イソマグロが取引されることはほとんどない(したがってみなさんの口に入ることもない)と聞いているけれど、刺身でも焼いてもけっこう美味しいサカナです。

潮がほとんど止まりかけたマンタ・リッジでは、ギンガメアジが居場所をお引越し中で(ギンガメアジはいつも流れの上に位置する習性があるから)、うまくアプローチするとギンガメアジのトーネードに巻かれることも。
a0043520_533054.jpg

ひとりギンガメアジの竜巻に囲まれ、フィンしか見えなくなっちゃったダイバー、潜ってて最高の瞬間のひとつです^^ わたしなら、こんなときにも「しょうゆは?わさびは?ビールも!」と叫んじゃう(笑)。

すると後ろに控えて次のアプローチ法を考えているわたしの目の前にも、ササササ~とギンガメさん。
a0043520_534522.jpg

ギンガメアジもアジ系の中ではそんなにメジャーな食材魚ではないかもしれないけれど、ヤップでは(獲れれば)ごく普通に食べられている。こっちも刺身や焼きでOK。

きょうもこれから早朝ダイビングに出発です。さあ、どんな海が待ち受けているか...うっとおしいニュースを聞いても、海の中で吹っ飛ばせるわたしは、やっぱりシアワセモノだなあ...。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-11-15 05:30 | ヤップの自然・海