ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

アメリカから来た豆腐

a0043520_15332866.jpgUSドルが流通するミクロネシアでは、ドルの価値が下落につれて物価がうなぎのぼりに上昇している。とくにここ最近は、月に1~2回しかこないコンテナ船が入るたびに物価が上がっているので、お財布がどんどん軽くなっていく。それでもやはり、(ヤップでは)珍しいTofuなんかを見たら、思わず買ってしまうわたしなのだが…。

今まで、たまにヤップに入ってきていた豆腐は、あのMorinyuのロングライフ充填豆腐くらいだったので、「こんなの豆腐じゃないよ」と思って滅多に買わなかったけれど、このちゃんと水に浮かんだお豆腐を見たときには、ちょっと感激した。

a0043520_1533945.jpga0043520_15331683.jpg
エキストラファーム(木綿)とソフト(絹ごし)があって、どちらも1個$2.30なり。賞味期限を見たら10月5日と6日になっていて、ギリギリ大丈夫!で、わくわくしながら買って食べてみると、やっぱり賞味期限10ヶ月のあの有名ブランドよりも、だ~んぜん美味しいわあ♪

で、House Foods America Corporationて、あのハウス食品さんじゃないですか…サイトも軽くて見やすいし、気に入ったので、アメリカ製だけどヤップで頑張る日本製品のカテゴリーに入れてあげよう^^
a0043520_15333157.jpg

ところで気になるIngredientsのほうは?
Water (水)、Soybeans (大豆)、Calcium chloride (塩化カルシウム)、Calcium sulfate (硫酸カルシウム)、 そして、This tofu is made from soybeans that were not genetically engineered. (この豆腐は遺伝子組み換え大豆を使用しておりません)
…お豆腐を食べようっていうアメリカ人は、もともと食と体への意識の高い人たちだから、「遺伝子組み換え大豆じゃない」って必須条件だね。House Foodsでは、こんな認定証まで取得して高らかに宣言してる。
a0043520_15333581.jpg

凝固剤に天然にがり(主成分はMagnesium chloride=塩化マグネシウム)を使っていないのは残念だったけれど、お味も内容も、↓こっちの製品↓よりはマシだと思う:
Morinaga Silken Firm Tofu
Ingredients:Water, Soybeans, Isolated Soy Protein (分離大豆タンパク), Gluconolactone (グルコノラクトン), Calcium Chloride.
あまり違いがないように見えるけれど、分離大豆タンパク粉を加えて、タンパク質成分が増えりゃ良いってもんでもないと思うけど(だから風味が減るのかも)。Morinyuではオルガニックな製品にも分離大豆タンパクやグルコノラクトンを使っているから、もしかしたらそれが充填豆腐の限界なのかもしれない。

さて固いお豆腐大好きニンゲンとしては、毎日でもハウスのFirm Tofuを食べたいところだけれど、やはり人工凝固剤なのがためらわれるし、お値段もちときつい。もっとも今回の入荷が売り切れたら、次の入荷がいつになるかわからないので、まあ食べ過ぎの心配はないだろう。

うちの猫の額菜園でも、場所変えしながら枝豆用に大豆を植えている。しかし数ヶ月待ってようやく収穫できる量は、せいぜいビールのおつまみ一回分で終わりだ(笑)。ああ、いつか大々的に大豆を育てて、海水豆腐を作りたい…。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-30 18:37 | ヤップで頑張る日本製品

蘭の名は…

今朝もまたトタン屋根をたたく土砂降りの雨音で目が覚めた。今年はほんとうによく雨が降るなあ…。さいわい家を出る前には雨が止んで、青空も見えてきた。マリーナの片隅で咲く名も知れぬ蘭の花も、雨上がりにうれしそうな風情。
a0043520_818428.jpg

形などから、コウトウシランの園芸種ではないかなと思うけど、どうでしょう?

ところで「蘭」といえば、台湾の南東にある蘭嶼という島をご存知だろうか。おそらくその漢字表記から、英語ではオーキッド・アイランドと呼ばれているが、この島のことを、わたしは最近よくヤップ人に引き合いに出す:
中国資本によるこの大開発をヤップに許すと、あなたの孫の世代にはヤップは台湾のようになるよ。台湾だって4世紀前まではヤップ人と同じ言語グループ(オーストロネシア語族)の人たちが住む島だったんだから…。今じゃそういう人たちは人口の2%、みんな山の上やオーキッド・アイランドのような孤島に追いやられて住んでいる」
台湾がもともとミクロネシア人の祖先と同じ人々の島だったなんて、みんなびっくりするけれど、これからは、これにもうひとつ付け加える事実が出てきた:

台湾・蘭嶼島。台風14号災害後に土壌の放射線測定値が上昇?
http://memo-no-memo.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/14-03fd.html

↓あっ、ノニの花にアリンコさんだ↓
a0043520_8181638.jpg

そして今、その蘭嶼近海を、大型台風17号(JELAWAT)が通過中だ。また放射線測定値が上がるのではないかと心配だ・・・とはいっても、いまだに収束していないフクイチや、稼動中の原発を含めてたんまりと放射性廃棄物をかかえる日本も、ほんとうに差し迫って危険なのだけど。

でも起きちゃったことはもう取り返しがつかない…これからは、それに自分はどう「対処」するか(=自分はどうかかわるか)…ですね。たまたま見つけた下のサイトだが、世界中にバラまき散らされた人工放射能の中で「生きる」ことを考えるお役に立つかも…:

「僕と核」(2006)
http://www.e22.com/atom/index2.htm
「僕と核」2012
http://www.e22.com/atom2/index2.htm


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-28 09:28 | No Nukes!

フリーダム・オブ・スピーチ

a0043520_13523046.jpg昨日の記事に書いたとおり、ヤップではいま、中国は四川省の成金による大型開発に対する反対運動がいろんな形で起きている。もちろん金に目がくらんだ頭の弱い賛成者もいるわけだが、幸い、わたしのまわりにそういう者はひとりもいない。しかし何事も雲の上のほうでゴチョゴチョと決められているので、ヤップの一般ピープルは大人も若者も不安でたまらない。

ヤップ高校が最近、教職員にこの話題を取り上げることを禁止したというニュースを、当の生徒たちから聞いた。ほとんどの先生がダンマリを決めこむ中、この件について聞いてくる生徒にはどんどん話をしてくれる先生がひとりだけいて、生徒たちの信頼を集めているそうだ。「これってフリーダム・オブ・スピーチの侵害じゃないの?」と、近所に住む着任して間もない若いアメリカ人教師に突撃質問を試みたら、案の定、あわわわわ・・・となって、「きょっきょういくてき観点から、わったしたち…授業の中では取り上げないことに決めたの。それにわたしは科学の教師だし…」(笑)。ふ~む、子供たちの話はほんとうなんだ。なんたること!

とはいっても、わが故国、日本だって誉められたもんじゃない。国境なき記者団による2006年の言論の自由度ランキングでは、168ヶ国中、堂々の51位。あれ、この年は、韓国・台湾・イスラエルにも負けてるし。最新のランキングではちょい盛り返しているけれど、これはフリーランスの記者たちの頑張りによるところが大きいのだろう。

さて…お昼過ぎにネットで日本のニュースを見ていると、どっかの動物園の選挙がどーのとかこーのとかばかりで、わたしが確認したかったニュースはすぐに出てこなかった。今年の4月くらいまで、あの人のことがニュースにならなかった日は無かったのに…(苦笑)。新党結成以来、彼の宿敵どもとそのご主人様であるアメリカ~の戦争屋どもらは、スクラム組んでガン無視してるよ、よほど名前が売れてほしくないんだね、コイツらずいぶんわかりやすいや(蔑笑)。

探していたのは、きょう東京高裁であった、「国民の生活が第一」代表・小沢一郎さんに対する、指定弁護士による(法的根拠のない)「控訴審」の初公判の結果。当初の予想どおり、裁判長は検察官役の指定弁護士が新たに申請した全ての証拠を採用せず、即日結審となったようだ。判決は11月12日とのことだが、控訴棄却=小沢さんの無罪確定という流れはまず間違いないだろう。だから、新聞もテレビもラジオも…み~んなダンマリなのね。

昭和の初めの戦争突入を許した世の中も、きっとこんな感じだったんだろうな。今の日本はほんとうに危ないと思う。せっかく中国政府が譲歩して、「国境問題はあるけれど、まあしばらくそれは棚上げにして、お互い元の関係に戻しましょ!」と言ってくれているのに、「国境問題なんか無い、キリッ」なんちゃって、まるで喧嘩を吹っかけているよう。それをメディアが盛り立てる。まあノーダ民主党政権や自民動物園や橋の下萎疹の後ろにいるのは、武器商売で儲けている日米財界+破綻した米政府なんだから、ホレヤレ、ソレヤレと、日本と中国を喧嘩させたくてたまらない様子。加えて欧米経済界も、中国市場から日本が追い出されて、「今こそビジネス・チャンス!」と大喜びしてる。

日本以外の世界中の国々の人たちが、すでに中国経済はアメリカをしのぐと見ているときに、日本がヤヤヤ~と駄々っ子戦争を起こして、いったいどこの国が本心から味方してくれると思いますか?ヤップが属しているミクロネシア連邦だって、とっくに外交の重点を中国にシフトしているっていうのに!

まったく長渕剛じゃないけれど、おもわず、
Japan, Where are you going?
とシャウトしたくなちゃうよ…他人事じゃないってば!

今のうちになんとかせねば…あきらめないで!というのは、ヤップの今の状況と同じ。これを止められるのはあなた(=わたし)だけ。あなた(=わたし)がまわりの人とこういう話をし始めることから、世の中の流れは変わっていきます…手遅れにならないうちに。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-26 15:32 | 新聞捨ててテレビを消そう

ブルートゥース・ナグ

ようやく雲の隙間から顔を出した夕方の太陽…実は昨日のものです。今日は雲がまだ多かったけれど、雨はすっかり止んで、南の風も収まってきた。ところでヤップに大雨を降らせた雲は、とうとう台風18号(EWINIAR)になったようで。EWINIAR(エウィーニア?)という名前はミクロネシア連邦から出たものだけれど(ポンペイだったかな?)、ヤップとは言葉も文化も違うので細かいことはワカリマセン。
a0043520_22583878.jpg

ところで昨夜は別のネタでブログを更新しようと写真だけアップしたところで、ふとfacebookに飛んだら、あららら…これはきっちりと保存&みんなでシェアしないと…という投稿がぎっしり貯まっていて…。

実はこのところ、6月の初めに書いた「中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その1)」「中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その2) 」という記事へのアクセスが高く、この件に関して日本でもまたなにか動きがあったのかなと思ったりしているのだが、ヤップでもこの数週間は、かなり目まぐるしい動きとなっている。

当然、いろんなグループや個人がこの破廉恥な開発計画に不安や反対を表明しており、州政府や州議会、伝統リーダー会議に公聴会を求めたり、それらの状況が公営ラジオで放送されたり(されなかったり)、州政府広報メディアで発表されたり(されなかったり)するので、比較的若いインターネットにアクセスできる連中はfacebookなどで、村にいる年寄り連中はラジオにかじりついて、あとはココナッツワイヤー・エキスプレス(口コミ)を通して、この開発会社(ETG)に関する話題には、老若男女を問わず、いまヤップ人全体がものすごく耳ピン状態になっている。わたしもETGアーカイブなるものを作ってはみたが、だいたい商売のウエブサイトすらまともに作れない人間が、ものすごいスピードで膨らんでいる情報量を管理しきれるはずもなく、そのままになっている。もしこれが理由でこの記事を頻繁に訪れてくださっておられるのなら、ごめんなさい。

そのかわり、facebookの中に作られた2つのグループ(mixiでいうところのコミュですね)では、素早い情報交換と素晴らしいディスカッションが続いていて、州政府メディアの隠蔽や情報操作を台無しにしている(笑)。2つとも管理者はヤップ人で主な投稿者もヤップ人、それにヤップを研究している有意の文化人類学者らもたまに加勢して、これらの投稿やディスカッションを通して、ヤップの若者たちだけでなく、生のヤップに少し「触れた」ことがある人で、もっとヤップを「知りたい」人にとっても、良い勉強の場を提供している。

興味があれば、facebookのアカウントを開いて、「Yap State Youth」、「Yap's Development」という名のグループを検索してみてください。ただし使用されている言語は、英語とヤップ語(このグループに参加しているヤップ人はみな英語の読み書きに何不自由ない人ばかりだけれど、ヤップ語がわからない外国人に読ませたくない会話はヤップ語で書く)、あるいはそのミックスですけど。

a0043520_22591751.jpgうちのスタッフのG嬢もチョメのおじさんも、新入りのJくんも、当然この問題にはすごく耳ピンというか、とにかくどんな些細な動きや情報にも敏感になっているわけで、そういう理由もあって、店のパソコンのセットアップも急いでいたのだが。G嬢やJくんは携帯やパソコンからfacebookできるけれど、重い音声や映像のダウンロードはお金も時間もかかる。そしてアナログ人のチョメおじさんにいたっては、大きなフォントで印刷してあげないと読めないし(笑)。ともかくバラバラで情報収集するよりも、facebookなどでわたしが集めたものはすべて店のパソコンに持ってきて、いつでも誰でも見られるようにセットアップしたわけだ。

そんなあるとき、G嬢が友人と電話で話している会話を小耳にはさんだ。いわく「ング・ブルートゥース・ナグ・ロム」…「G嬢、いまなんて言ってた?ブルートゥースって、最近の携帯の機能についているあのブルートゥースのこと?」

「そうだよ、suyapが手にいれたあの公聴会の音声ファイルを、友達にブルートゥースしてあげるって言ってたの」…「○×△?!」…(恥を忍んで)「G嬢、最近よく聞くブルートゥースって、ナンデスカ?」

てなわけで、いまさらながらにG嬢からブルートゥースの講義を受けたわけ(アナログおじさんのチョメのことを笑えないね)。ちなみにわたしの携帯(右上写真)は、ヤップで携帯電話が始まってすぐに買って、今年でちょうど10年目を迎えた。もちろんブルートゥースもインターネットもできないけれど、島の暮らしには携帯なくても不自由しないし…さすがにバッテリーはもう製造してないようで、そろそろ買い換えようかな…と考え始めてもう半年以上が経っている(爆)。

しかし新しい言葉を覚えるとすぐに「いかにも昔から知ってました!」という顔で使いまくるわたしのこと、さっそくブルートゥース・ナグ(外来語にナグをつけるとヤップ語の動詞として使える)を連発しまくっているのだが…そんなわたしに、G嬢から新たな指令が。「suyap、今度からね、ETG関係の文書をもってくるときは、プレイン・テキスト形式にしておいてね。そうでないとせっかくブルートゥースで送っても、相手先の携帯で読めないことが多いから」…「○×△?!…ハッハイ、カシコマリマシタ!」

いまヤップで起きていることは、ヤップ人としてのアイデンティティの確認作業だ。表向きには自分らには伝統文化があるから…としながら、戦後70年近く、あまり深く考えもせずに外来のものを受け入れてきた人々が、ようやく「yalean yu waqab」に真剣に向き合い始めた。しかし若者たちに「yalean yu waqab」のことを聞かれて、初めてあわてて大昔の記憶をたどる戦後育ちのアメリカ世代…それが今のヤップのリーダーたちの姿なのだが…。それでも(わたしの知る限り)みんな真剣そのものだ。いまfacebookでは、machibのあるべき姿まで語られている。近い将来このふざけた大開発を止めることができれば(わたしは絶対に止められると確信しているが)、いま島全体を揺るがしているこのショックは、戦後からずっと続いてきた対米依存から脱却し、ヤップ人が自立を模索していく良いきっかけになるだろう。

現在の島内の動きはきわめて「ヤップ的」なので、ヤップに縁の無い方々にそれを説明するのも難しく、また誤解を生むのも嫌なので、このブログでは一切詳細には触れません。もっと突っ込んだことを知りたい方は、鍵コメントなどで理由と連絡方法をお知らせください。対応できるものには対応いたします。


(同一テーマの記事)
中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その1)
http://suyap.exblog.jp/15476633/
中国人のための中国人による中国人のヤップ島開発に徹底反対!(その2)
http://suyap.exblog.jp/15478850/
流行のステッカー
http://suyap.exblog.jp/16527479
果報は寝て待て???
http://suyap.exblog.jp/17070174/
大統領との会見
http://suyap.exblog.jp/17206333/
パパイヤガラスもあきれてる...
http://suyap.exblog.jp/17219576/
おひさしぶりです
http://suyap.exblog.jp/17432052/
ヤップ島の巨大開発に反対するオンライン署名募集中
http://suyap.exblog.jp/17531397/
やっぱり果報は寝て待てか?
http://suyap.exblog.jp/17652204/
結実まであと一歩?!
http://suyap.exblog.jp/17756107/
懲りない面々
http://suyap.exblog.jp/17925665/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-24 22:55 | ヤップの開発問題(ETG)

雨・雨・雨…

一昨日の夕方にフィリピンの西方東方(ヤップの西方)で発生した台風17号(JELAWAT)が発達するにつれて、ヤップ島の上もまたすっかり雲に覆われてしまった。
a0043520_21262917.jpg

昨夕からときおりパラつき始めた雨は、今日は朝からもう「とことん」という感じで降り続いている(上はヤップ時間で本日午後7時32分の衛星写真より。赤丸がヤップ島の位置)。

風向はほぼ南西。わたしは島の東側にいるので、風が通り抜ける海の上に出ない限りわからないけれど、風力は15ノットくらいに強まっているらしい。とりあえず風の影響を受けていない身のまわりでは、雨で地盤が緩んで傾いたバナナが一本目につく程度だが、ときおりやってくる土砂降りモードになると、道からあふれた泥水がわが家に流れ込まないかと、ヒヤヒヤしながら見守っている。

こんな日は気温も上がらない。終日長袖のシャツを着て過ごした、雨・雨・雨な一日であった。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-22 22:13 | ヤップな日々

ロチ祭り♪

また雨が続いたせいか、水温がやや低めになってきた(とはいえ27度オーバーだけど)。そして新月あとの今週は、午前の早い時間に潮がばんばん上げてくるので、早朝ダイビングが命、どこに潜っても面白い!
a0043520_10172596.jpg

ところで最近、ナマコへブンというポイントのウミウシ情勢にやや変化が起きている。一時はあちこちで見られたアンナウミウシChromodoris annae)がすごく減り、ものすごい隆盛をみたキベリクロスジウミウシChromodoris elisabethina)が次々に姿を消したかと思うと、なんと今まで少数派だったミスジアオイロウミウシChromodoris lochi)が増えてきているのだ。
a0043520_10173946.jpg

もともと数的に少なかったアンナウミウシは、バーッと一気に増えることもなく出たり消えたりを繰り返しているが、キベリクロスジウミウシは長いこと「そこでもここでも」状態だったので、現在の減りようはかなり目立つ。そして今まで見つけられればラッキー!と思われていたミスジアオイロウミウシが、それまでキベリクロスジウミウシがいた同じカイメンに「そこでもここでも」ついている。いったい何が起きたのだろうか?
a0043520_10175029.jpg

そんなことを考えながら、あちこちのミスジアオイロウミウシ、学名から通称ロチ(lochi)ちゃん、を撮りためながら移動していると、このダイブサイトのもうひとつのお約束、タイマイ君にぶつかりそうになった。「せっかく休んでいたのに、しょうがねえなあ…」と上から目線?の怒り目になっているその表情に、あとで写真を見て気づいて恐縮…ゴメンね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-20 11:00

縄文のおやつ^^

白パン・白米食に加えて、インスタント食品やファーストフード、菓子類など柔な食品ばかり氾濫した結果、ここ数十年で、ずいぶん日本人の顔つきが変わってきたそうだ。国内でダイビング用のマスクを作っている会社では、そういう日本人の顔型の変化に合わせて、マスクの型を微妙に変えてきた。
a0043520_9312471.jpg

ヤップでも最近、若い世代の芋離れ、ローカルフード離れが取りざたされている。しかし上のようなスナックがポロンと店に並んでいるところを見ると、まだ大丈夫!と思う。中身はブオイ(タイヘイヨウカシグルミ)の実とコプラ。ちゃんと家の手伝いをしながら育ったヤップ人なら、誰でも作れます…というか、本来はそういう作業をしながらつまむ「おやつ」だった。

成長すると20m以上にもなるマメ科のブオイの木。その実は固い殻に覆われているので、強火で1時間くらい炊いたあと、蛮刀でエイヤッと割る。あるとき指をブチ切りそうになって以来、わたしは二度とこの作業には手をだせなくなったが、ヤップでは子供の仕事だ。

a0043520_1061798.jpga0043520_10624100.jpg
もうひとつはコプラ(ココヤシの完熟した実)。これも厚くて固い外殻を剥くには、蛮刀か、そこら辺にある棒をナイフで尖らせて地面に突き立てたものを使う。ヤップでは日常作業で、男子たるもの、テキパキとこれが出来ねば、「オマエはほんとうに男か?」と言われてしまう(笑)。

a0043520_1054223.jpga0043520_1055591.jpg
外殻を剥いたコプラは、これまた固い内殻に覆われているので、またまた蛮刀の登場だ。無ければ石でも割れるけれど、切り口がギザギザして汚くなるし、柔な石では石のほうが負ける。というわけで、今でもヤップの暮らしには、大きな蛮刀、中くらいの蛮刀、小さな切り出しナイフ、この3点セットは必需品だ。どこの家にも、誰の車の中にも(わたしの車にも)、日ごろ持ち歩くバッグの中にも、必ずよく研いだ刃物がそろっている。イザというときに使える刃物を持っていないと、「アンタってば、ほんとうにヤップ人?」とジョークを言われる(笑)。

a0043520_1061120.jpga0043520_106337.jpg
こうして取り出したブオイやコプラの実も、それからいろんな料理に加工されていくのだけれど、そういう手間隙かける料理は「おひとりさま分」なんかじゃなくて大量に作るから、素材(ブオイやコプラの実)も大量に必要だ。そんなときに、役得で「つまむ」のですね。あるいは「あまり」をおやつにもらう。
a0043520_931586.jpg

もちろん、どこか(ジャングルの中のガーデンとかね)の出先で小腹が空いたときには、落ちているブオイの実を拾って焼き、コプラを割って食べただろうし、嵐で海にも田んぼにも出られず食料が枯渇したときにも、保存が利くブオイやコプラは大活躍だっただろう。

このブオイとコプラのコンビは、伝統的にはそんな位置にあったのだけれど、いまだにローカル・スナックとしての位置を失っていないところが、ヤップ人の強みだ。両方とも固いから、よく噛みしめないと味も出ないし飲み込めない。ヤップ人が欧米製のマスクよりも一昔前の日本製のマスクを好むのは、こういう噛み噛みによって培われたエラの張った顔のせいに違いない。食べ物は大切ですネ!というわけで、いきなりマイ教訓を陳列して今回の記事はオワリです(笑):

1) 噛めば噛むほど味が出る食べ物こそがホンモノ!

2) ホンモノの食べ物を取れば、ホンモノの言葉を持てる!

3) 言葉は言霊、ホンモノの言霊はホンモノの食べ物に宿る!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-18 11:26 | ヤップの伝統食

カボチャの初収穫♪

3月に台所の生ごみから芽を出して、7月末から8月初めにかけて受粉したカボチャを初収穫!
a0043520_13424513.jpg

今回収穫したのは、トータルで5個実をつけたうちの第一陣で2個、両方とも普通のカボチャ型をしている。ひとつ(写真上)は差し渡し直径15センチ強、もうひとつ(写真下)は14センチ弱、近くの葉っぱがしなびて枯れそうになるまで待った甲斐あって、両方とも持つとズシリとした質感がある。
a0043520_13425569.jpg

わくわくしながらそのひとつを切り割って見ると…うぉ~、オレンジがかった鮮やかな黄色に熟した果肉から、新鮮な甘い香りとともに、たっぷりとジュースが染み出してきた!しかも種はよく太っていて、これなら次世代の継承も期待できそうだ。

それにしても…カボチャは地産のものを買ったりもらったりして日常的に食べているけれど、こんなにみずみずしい切り口を見るのは初めてだ。採った直後だからかしら?
a0043520_1343739.jpg

いつものように味噌汁の具にしようと思っていたのを、あまりにもジュースがたっぷりと出てきたし、しかも美味しそうな香りを放っているので(ホント、生でかぶりつきたいほどの香り)、丸ごと蒸し焼き風にしてみることにした。

a0043520_13431713.jpgとはいっても、カボチャ丸ごとではありません…(苦笑)。外皮の筋に沿ってざっくりと切り分けて(めんどうなので面取りは省略)、たっぷりめの油を熱した大きめな鍋で、まず両面に油を絡めるように軽く火を通したあと、塩を一振りかけまわして蓋をして、弱火で20分ほどコトコト蒸し煮。一滴の差し水もせず、甘~い蒸しカボチャの出来上がり~!添えの青物は、ほぼ火が通ったところで加えて数分蒸し煮にしたカボチャのツルサキ。

a0043520_13432572.jpgさて、台所に残った丸々と太った種!それらをそのまま生ゴミに放り込んだら、またたくさん芽を吹き出してたいへんなことになりそうなので、今回からカボチャの種はきれいにより分けることにしたのだが、
あと3個の実を収穫し終えたら、とりあえず今のカボチャさんには任務終了していただいて、まず生ゴミから作った肥料を入れて畑を整備して…その後、大根も植えたいし、ササゲもまたやりたいな。それで片隅に(今度はよく場所を考えて)、この中から元気の良さそうな種を選んで、またカボチャさんを植えてみよう…。それにしても、たくさんの種だなあ…そうそう、余った種は炒っておやつにもなるし…。
猫の額くらいの広さしかない菜園なくせに、作付け計画だけは果てしなく大きくなっていくのであった…(苦笑)



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-17 14:56 | 猫の額菜園日記

戦略って大事だね

わがパソコンはまだ音も出ず動画も動かないけれど、他の機能はサクサクと動くようになった。ネットもピーンとつながるので嬉しくなって、きょうは目の前にあるやらなきゃならないことも忘れて、あちこちのページをヒップポップしながら、いろんなことを想像していた。その結果…ヤップやニホンの現状に思いを馳せつつ、やっぱり世の中を大きく動かす力をまとめられるのは、はっきりした戦略(ストラテジー)を持ってるほうなんだよなあ~と考え込んでしまった次第。
(本日の写真は、いまだにヤップのあちこちで見られる、第二次大戦中の日本軍が残した、小さな残骸の数々です)
a0043520_2342436.jpg

たとえば、いま話題の「(橋の下)維新」グループが英名をRestorationとしたという話題から、さてそれではと本家の幕末「明治維新」前後の出来事を追ってみると…う~ん、明治天皇を挿げ替えたとしたら、タイミングは慶応3年12月9日/1868年1月3日のクーデターからだろうな…ホンモノの睦仁サン(明治天皇)の祖父である中山忠能を巻き込んだのがミソだね…とか。当時、ホンモノ睦仁サンを見知っていた者はどれくらいいたのだろうとか。徳川慶喜や久邇宮朝彦は天皇のすげ替えを知って、さぞかし「ヤラレタ!」と思っただろうな…とか。あれっ、一条美子サン(昭憲皇太后)が明治天皇に嫁入りしたのもクーデターのあと(明治元年12月28日/1869年2月9日)だよ!うまくヤッタなあ…睦仁サンの生母・中山慶子サンも、生涯沈黙を通して「新しい息子」に従うしかなかったんだろうなあ。ごくわずかな人間によって打ち立てられた嘘、○da金列強によってインドや隣国のようにバラバラにされないために、それに大儀を見出して従う者ら、それを150年近くも信じて疑わない100%近い「国民」!それを信じこんでヤップでも多くの兵士が命を落とした…。
a0043520_23422475.jpg

ところで今週のヤップでは、中国資本の大開発計画を受け入れようとする側と反対派との、切羽詰まる大きな議論があった。ヤップの文化、ヤップの伝統事情やヤップ人の気持を知らない人に、いま島で展開している事態の詳細を説明しても理解できないと思うので省略するけれど、興味がある人はfacebookに行って、「Yap State Youth」や「Yap's Development」というグループを検索してみてください。

さて…伝統貝貨まで持ち出されて強い言葉での応酬がつづき、ついには州知事リコールを始めるぞ!という最終通牒までなされて…今後やいかに? やりとりはすべてヤップ語だけれどラジオ放送され、その録音はfacebookにもすぐにアップされた。ある在米のヤップ人は、親切にもそれを英語に翻訳までしてくれている。そ・れ・で・も、ね、やっぱ現場を知らない者や、ヤップ人じゃないと、わからない雰囲気というか、阿吽の呼吸というか、そんなもんがあるんですねえ…。さあ、どっち側の戦略(ストラテジー)が勝利するか…それとも、戦略もなく、行き当たりばったりなのか…?
a0043520_23424894.jpg

いずれにしても、(初期の理由がどうであったにせよ)すげ変えられた天皇とそのグループによってデッチあげられた支配制度を150年も後生大事に抱き、それをいまだに変えることもできないでいるどっかの国の人々より、ヤップの人たちのほうが、よほどマシな結果を出せるだろう。

ヤップは…まだ大丈夫…あぶないのは…日本!

石原慎太郎がアメリカまで行ってブチ上げた尖閣諸島買取宣言、その後まわりまわって日本政府に買い取らせることに成功し、いま中国各地で反日デモが激化!?それとタイミングを合わせるかのような「橋下・維新」の国政進出!?おまけに…NHKで吉田茂をヒーローにした捏造番組がスタート!?

a0043520_114632.jpgこのNHKの番組は、明らかにいま爆発的に売れている孫崎享著「戦後史の正体」にあわてふためいた官僚、とくに150年も連綿と続いている「おいしい官僚仕事」のヒミツを知られたくない、対米従属+事なかれ外務省筋の肝入りで制作されたプロパガンダ番組であろう。そういえば、吉田茂の葬式を国葬にするかどうか、けっこう話題になっていたのを子供心にかすかに覚えているけれど、孫崎さんによれば、吉田茂は岸信介よりも対米従属派の官僚であったようだ。

カレイドスコープ:戦後史の正体「日米安保の目的-日本防衛のためは9%」
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1556.html
カレイドスコープ:孫崎享「TPP、日本だけが間違った認識を持っている」
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1558.html
植草一秀の『知られざる真実』:NHKドラマ「対米隷属の戦後を創った男・吉田茂」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/nhk-ab9d.html

そして今、中国の反日運動…満面の笑みを浮かべて喜んでいるのは…アメリカ~!な連中なわけで(怒)。これから習近平体制になると、飯山一郎さんの予測では、さらに「対日経済制裁!」 が進むだろうという。これは上の記事と合わせて読むとすごく納得できるし。

アメリカも中国もどこでも、リーダーシップがちゃんとしているところでは、かならずしっかりしたストラテジー(戦略)をもって政治をやっている。それに対するほうも、まず相手の行動を「読み」、その「意味をさぐって」、カウンター・ストラテジーを決める。ところが…

世に倦む日日:尖閣問題の責任を中国に押しつける内田樹の詐術論法
http://critic5.exblog.jp/18984393/#18984393_1

あ~あ、明治クーデターの(天皇すげかえも含めた)嘘+ゴマカシを長年放置した結果、まずニホンジンからプリンシプル(行動規範)が消え失せた。となると相手のプリンシプルにも気づけないし、そのストラテジー(戦略)など読み取ろうとするわけもない。こうして風見鶏的に小さな閉鎖空間の空気を読んで、我が身の保身だけをプリンシプルとして生きる官僚サマ+公務員サマ+団体職員サマの出来上がり…。その150年の嘘の延長線上に原発の大嘘もあり、それがついに破綻して不特定多数の生命が危機に瀕しているというのに、いまだにプリンシプルを取り戻せないヤツラが蔓延しているニホンて…。さあ今はもう、テレビにうつつを抜かしているときじゃ…ないでしょっ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-16 10:21

イシナマコのぼやき

本日お昼ころに、違うパソコンで写真だけ載せ、上記のタイトルをつけて「非公開」でアップしたつもりが、しばらく「公開」されていたようだ。それをたまたま見てしまったひと、ゴメンナサイ。
a0043520_11464768.jpg

仕事用を含めてパソコンは3台持っているが、そのうちWin7搭載のノート・パソコンは「旅先専用」で、ふだんは店と家(SH)に一台ずつ置いているデスクトップを使っている。その一方のDVDライターが壊れたので、新しいものを取り付けるついでに、他のパーツも少し追加したり、長年の懸案だったWinXP-SP3へのアップグレード(今頃!)をしたりして、スイスイと動くようになったほうをわたし用のメイン機に、のろいほう(笑)を主にG嬢の仕事用+みんなのPCに交換しよう!と思い立ち、数日前に張り切って作業を始めたのだけれど…。

ひとつは2005年、もうひとつは2008年に購入した、両機ともに手作りのパソコンで、OSはWinXP英語バージョン。それをわたしが快適に使うためには日本語がスイスイ走ってくれなきゃ困るし、わたし以外の者が使うためにはアプリケーションは英語じゃないと困る。しかしわたしにはSEの知識や技術がほとんどなく、これらを組み立ててくれた人はこの世を去ってしまった(悲)。やはりサービス会社に頼もうかと見積もりを取ってみたけれど、よく知らないSEにパソコン触られるのはどうも気が進まず…それに日英語の作動環境を整えるのは、結局わたし自身なのだしと思い直して、自分でやってみることにしたわけだ。

まずSP3の入手だが、マイクロソフトのサイトからのフリーダウンロードは、ヤップのようなネット環境では重すぎて現実的ではない。それが今までアップグレードもせずに放っていた原因だけれど、幸い、今回は親切なアメリカ人PCマニアからコピーをもらうことができた。それでは作業にかかる前に、え~と、すべてのファイルがちゃんとバックアップされていることを確認して…っと。

ドキドキ!しながらPCの箱を開け、まずDVDを取替えて、ドキドキ!しながら電源を入れると…あれ~~~新しいDVDライター入れたらUSBが動かなくなった…今までちゃんと動いていたのにどうして?え~いママよ(また?)と、マザーボードに差し込むDVDとUSBの赤くて細いコード(笑)をあちこち差し替えていたら、あれっ、動いた!ほっ(笑)。さ~て、どっちみちOSを最初から再インストールするんだから、少しでも軽くサクサク動かすために、じゃまっけなアプリやファイルはどんどん消しちゃおう、今はやりの断舎利でPC大掃除♪ それにしても…チッチッチ、ああ遅~いなあ、チッチッチ…おお、ついにSP3にアップグレード成功!

次はそれぞれのマシンに必要なアプリやファイルをインストールして…おやっ?どうして両機ともオーディオ・ドライバーを認識しないの?AVG(ウイルス・ソフト)もへそを曲げているし、え~Adobeさん、あなたまで…あれも動かない、これもだめ…ひぇ~余計なものはイラネ~と、どんどんファイルを消しているうちに、両方のマシンがガタガタになってしまった~!

パソコンに強い人にはまったく笑い話だろうし、それに「なんでいまどきXP?」と思われるだろうけど、頼んでないことまで勝手にやらかし、居場所がバレバレになってしまうWin7って、どうしても好きになれないし、それに、この手作りマシーンたちは、まだまだイケますし。わたしが必要とする仕事量くらいなら、これからもず~っとXPを使い続けてやるわ、キリッ!(笑)

てなわけで、ようやくメイン機がさくさく動いて、ネットもできるようになりました…まだ音は出ないけどね(爆

ところで本日のタイトルとナマコ…いったい記事とどういう関係が…って?

たはは…写真はおとといの海洋実習中に、すぐそばで元気に立ち上がって放精を始めたイシナマコ君です。ハイ、ぼやいているのは…イシナマコじゃなくて…わたしなのでありました^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-09-13 16:41