ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

夕暮れのブネネ(アマサギ)

9月も終わりに近づいて、あちこちで白いサギ、ブネネをよく見かけるようになった。
a0043520_2335018.jpg

ヤップでブネネと呼ばれる白いサギには、アマサギ(Bubulcus ibis)とクロサギ(Egretta sacra)がいるけれど、きょうの夕暮れ時に道端で見つけたのは、アマサギのほうだった。
a0043520_2342158.jpg

折からポツリポツリと降り始めた雨に濡れながら、そっと車を寄せてカメラを向けるわたしを意識してかどうか、ときどきひょうきんなポーズを決めてくれる。
a0043520_2345446.jpg

えっ、アキレス腱のストレッチですか?(笑)
a0043520_235542.jpg

そろりそろりと鳥の前までまわりこんでも、一向に動ずる気配なし。逆に、後から車が来たので、わたしのほうが退散するはめとなった。

夕方6時を過ぎると、ニワトリはみんな木の上のねぐらにもどっている。鳥類の多くは夜目が見えないと聞くが、ブネネたちには「鳥目」はないのだろうか?

(関連記事)
ブネネの恋物語
http://suyap.exblog.jp/4675329
ブネネのひとやすみ?
http://suyap.exblog.jp/9323076


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-29 23:07 | ヤップの自然・陸

ティーンエージャー女性兵士の戦死 & 放射能は風に乗って...

a0043520_22504685.jpgきょうは朝から雨が降っていて、それは夕方になってやっと止んだ。風もなく、そんなにひどい降りではなかったが、仕事場にしている部屋のすぐ外に生えているパンノキの葉たちは、たっぷりお湿りをもらって、ひっそりとなりを静めていた。

a0043520_22512549.jpgその住人にふさわしく(笑)、うちの家は裏が崖っぷちになっており、同じ窓からパンノキの下を見下ろすと、下草やシダに覆われた腐葉土が透けて見える。朝はいろんな鳥さんの声に起こされるこの環境、この緑が、どうか、いつまでもこのままでありますように...

しっとりした緑に心和らいでミクロネシアのニュースを見ていると、なんと先週の金曜日、またアフガニスタンでミクロネシアの若者が戦死したという。しかも19歳の女の子...

(以下の記事は日が経つとリンクが切れるかも)
〇グアムの新聞:Pacific Daily News: Yigo soldier killed by IED: Family mourns death of '09 Sanchez graduate

〇北マリアナ諸島の新聞:Marianas Variety: Teenage soldier dies

去年グアムの高校を卒業してすぐ米軍に入った彼女は、アメリカンドリームを追いかけるフィリピン系移民の娘だったようだ。米軍は、ヤップを含めたミクロネシアの各高校にまで、年に数回も兵士のリクルートにやって来る。そこで「入隊適格者」となれば、(命さえあれば)「ものすごい特典」付で米軍に採用してもらえるので、いまだに応募する若者が列をなす。

イラク・アフガニスタン戦争が始まった2003年以来、グアムから入隊した兵士の戦死者は、彼女で18人目、ミクロネシア全域では37人となった。グアムの空港をご利用の折には、ロビーにずらりと掲げられた37人の戦死した若者の写真をご覧いただきたい。その中にはヤップ出身の2人も入っている(実際にはもう1人いるのだが、彼は米本土の基地内での事故死だったので、戦死者には数えられていない)。

ところでミクロネシアの若者が命までかけて求めるアメリカン・ドリーム、その実態がどうなっているかというと...

マスコミに載らない海外記事:アメリカの警察国家化、もはやお墨付き
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-7c85.html

FBI conducts terrorism searches in Chicago homes
http://abclocal.go.com/wls/story?section=news/local&id=7687996

Information Clearing House:The US Is A Police State
http://www.informationclearinghouse.info/article26452.htm

いやはや、米本国ですら、集会・結社の自由もおぼつかなくなりつつあるようだ。「(影)の当局」は、すぐ間近に迫ったドルの破綻>>国内混乱に備えているのだろう。さらに、

村野瀬玲奈の秘書課広報室:精神遅滞女性への死刑執行、米バージニア州で
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-2009.html

もう「精神遅滞」なんかで言い訳はさせませんよ、「(影)の当局」の気に入らないことを言ったりやったりする奴は、生きる資格を与えませんってことだ。放っておくと、これ、5年以内に日本に伝染するよ(怒)。そして、

村野瀬玲奈の秘書課広報室:核実験で世界に拡散する放射性物質という、人類への脅威より抜粋:
報告書は「対流圏の流動パターンと観測された放射性降下物との全面的な関係は明らか」として、「太平洋で冬季に実験を行えば居住地域への早期の(降下)確率を縮小できる」と結論。放射能汚染を抑える方法を模索していたことがうかがえる。
朝日新聞・asahi.com ビキニの「死の灰」、世界122カ所に降った 米が観測)
赤道近くの低緯度地帯に吹く北東からの貿易風が冬季に強まるのを利用して、実験直下の地帯の被害を薄めて誤魔かそうという魂胆を、米軍は初めから持って核実験をしていたわけか...(怒怒怒)。

そういえば、ビキニ環礁などマーシャル諸島でのアメリカの水爆実験による風下被爆については、

マスコミに載らない海外記事:グアム島住民、アメリカによる太平洋の島への150億ドル軍事力集中計画に反対して団結
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/150-54fa.html

↑この記事↑でもちらっと触れられていたが、まさか、これが当初から米軍当局の想定済みだったとは、思いもよらなかった。過去の原水爆実験によって、いったいどれだけの放射能が、今現在、地球を取り巻いているのだろう。かくして、ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ、チェルノブイリは、わたしの、あなたの、すぐ隣ということです...。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-28 23:23 | 戦争はビジネス(怒)

ノニの温湿布

転んでコンクリートに右膝を打ちつけて以来、テーピングやらマッサージやらノニの温湿布やらを続けている。打った直後の腫れは数日でほとんど引いたので、それに安心して歩き回りすぎたか、自己流のテーピングがかえって血行を阻害したのではないかと思っているのだけど、再び腫れてきた。最初の腫れが衝撃直後の物理的な腫れとすれば、後のは膝の内部で何か化学的変化が起きているような腫れで、ジクジクと弱い痛みもあって、こりゃ長引くなあ…まあ生きてりゃ、どこかに故障が起きるのは当たり前です^^

マッサージのおばちゃんに言わせると、ちゃんと治るまで無理して歩ちゃダメなんだよと。はい、ごめんなさい。それで彼女のお薦めに従って、朝夕、ノニの温湿布をしているのだが、これが超気持良いので、今回はそのヒミツのノニ温湿布の方法をご紹介しましょ。

a0043520_2094228.jpgまずノニの葉っぱを偶数枚用意します。これ重要、奇数じゃ縁起が悪いから効かないよ。

そのうち4枚を葉の先が合わさるように重ねて、他の偶数枚の葉っぱ適宜を刻んだものを乗せ、

a0043520_2010974.jpg←このように四隅を折りたたみます。

それを適宜な大きさに切ったアルミフォイルで包み、↓このように↓まるで何か食べ物のフォイル焼きのように準備します。

a0043520_20104417.jpgそしてこのフォイル包みを、遠火で焦がさないように蒸し焼きにします。

わたしはガス火の上でフォイルの両端をアッチッチとつまみながら、日本ではもうそろそろマツタケが出てくるよな~とゴクリと生唾を飲みこみつつやっておりますが、フライパンを使う人もおられるようです。

a0043520_20114141.jpgやがてフォイルの両端から水蒸気が盛んに出始めたら、ノニの葉フォイル焼きの出来上がり。火から下ろして中身を取り出し(熱いから気をつけて)、←このように開いて、立ち昇る蒸気の上に患部を近づけます。これがと~っても気持良いんだわ...

すぐに冷めちゃうかと思ったら、これがなかなか、至福の恍惚は数分間、約束されます(笑)。

a0043520_20121720.jpgそのうち全体が人肌の温度まで冷めてきたら、ココナッツオイルを少しまぶして、葉っぱごと患部に湿布します。右の写真、見た目はすごい大怪我のようだけど、中身は葉っぱなのでご心配なく。

アルミフォイルがないときはどうするの?とおばちゃんに聞くと、ノニの葉っぱを何枚も重ねて火で炙るとのこと、アルミフォイルは1回ごとに捨てないで、何回も使いましょう^^

この方法の他に、患者が火の側に座り、ココナッツオイルをまぶしたノニの葉を炙って患部に当てることを繰り返すという温湿布法もあり、ヤップ島ではこっちのほうがポピュラーかも。実はノニの葉をずっと肌に当てているとアレルギーを起こす人も多く、そんな場合には、蒸気や温めた葉っぱを当てるだけでも十分効果があるみたい。

ところで、こういうとき日本だったらショウガ湿布が効くのだけど、ヤップではショウガは輸入品だからめちゃ高いし干乾びてるし無いときも多いし出回る量も少ない。だからといって心配はご無用、地産地消は食べ物だけでなく、こういう民間薬にも言えることでして、郷に入れば郷に従え、どこでも生きていく知恵と材料は手に入るものなんですね^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-26 22:10 | ヤップな日々

スーパー・イブニング^^

a0043520_1144494.jpg1日島内観光に添乗したあと店を閉めると、ちょうど日暮れどきだった。なんとなく空の色に誘われて、久しぶりに隣のマリーナのバーでくつろぐことにした。混んでないときに、ここから夕陽を眺めながら飲むビールの味は、ときにスーパー美味しいからね。

やがて陽が沈みきり、あたりが薄暗くなってきた頃、ちょうど2杯目のビールも終わったのでお会計を頼んだら、バーテンダーのJBDくん、もう1杯ビールを飲んだら全部ハッピーアワー料金にしてあげる、そっちのほうが今帰るより安くなるからさ~だって!

えっえっえっ???

ヤップのレストランやバーでは、夕方の2時間くらいアルコール類が少し安くなる時間帯を設けていて、それをハッピーアワーと言うんだけど、マリーナではビールの定価$3.75だから、なるほど今帰ると2本分で$7.50、もう1本頼むとハッピーアワー料金で同じ$7.50か…(笑)。それに今わたしが帰ると誰もお客さんいなくなっちゃうし、せっかくJBDくんお気に入りのシンガーの曲に変えて、オバサン(わたし)相手にこの15歳のアメリカ人ヒップポップ・シンガーとマイケル・ジャクソンがいかに違うかを説明してたのに、もっと話を聞いてよってことなのかな。ちなみに24歳のJBDくんにとっても、マイケルはスーパーシンガー!なのだそうです(笑)。

a0043520_11443568.jpg

そんなわけで、2週間とちょっと前に転んで打った膝にまだ少し腫れの残る右足をバーの椅子に乗せながら、3杯目のビールを飲んで家に帰り着いたころには、さすがにお腹ペコペコでスーパー良い気分になっていた。こんなときのわたしは突然スーパー料理人に変身することがあり、膝を怪我する前に冷凍庫に入れておいたサカナのことを思い出した。なんでも足のせいにして最近あまりちゃんと料理してなかったしなあ…。

それから30分かけて自然解凍したサカナを、たっぷりの油を熱したフライパンに入れると、まるで生きてるサカナのようにヒレも身もそっくり返った。やっぱり新鮮なうちに処理して冷凍すると、少々時間が経ってもサカナの鮮度は保てます~♪

a0043520_1145732.jpg両面に火が通ったところで、ヤップのレモン3個分の絞汁をまわし入れ、しばらく蒸し煮。ヤップのレモンは縦の長さがどれも5センチ以下と小ぶりなので、サカナ2匹にこの量でちょうど良い感じだった。

サカナには冷凍する前に軽く塩をしておいたので、とくに味付けの必要はなさそうだ。残念だったのはガーリックを切らしていたこと、仕方がないので市販のガーリックパウダーを振りいれて、最後に少量のお醤油で味を調整して、出来上がり~♪


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-26 11:42 | ヤップな日々

クリーングリーン

a0043520_7252241.jpg海岸に生える大きなゴバンノアシという木の幹から、直接新芽が出ていた。この木の風変わりな名前の由来は、その大きな実が、ちょうと碁盤の足のように見えることから。ヤップでは、この木のいろんなパーツが、薬としても利用されている。

a0043520_7255414.jpgこの木を見かけるたび、わたしが思い浮かべるのは小沢一郎さんのこと、だって囲碁がお好きなんでしょ(笑)。だから、こうして幹からぐんぐんと新芽が出ているゴバンノアシを見ると、嬉しくなってしまう。どうぞ今のうちにゆっくり休養して、時があなたを必要とする日に備えてください。

小沢真っ白 100%冤罪 収支報告書を徹底検証
http://www.tsuiq.info/OzawaWhite.pdf

ところで、予想したよりも早くから、カンカラ菅政権がふらついているようだ。まあ、ムリもないか…。ヤップじゃ週刊誌なんて売ってないけれど、こうしてネットにアップしてくださる人がおられるから、わたしだって気になる記事は読めている:

「日々坦々」の資料ブログ:これでクリーンなら、クリーニング屋が怒るよ 菅直人にもあった「政治とカネ」の重大疑惑 (週刊現代9月25日号)
http://ameblo.jp/asuma-ken/entry-10652600271.html

「日々坦々」の資料ブログ:どこがクリーン?これじゃ小沢と同じだよ 菅直人「政治とカネ」新たな疑惑 (週刊現代10月2日号)
http://ameblo.jp/asuma-ken/entry-10652595703.html

そして、とらちゃん!古い資料をひっぱり出してきてくれてありがとう!

お~い、とらちゃん出番だよ:実は市川房枝に見限られていた菅直人。 
http://toracyan53.blog60.fc2.com/blog-entry-757.html

↓若~いカンカラ菅さんのお顔を拝めます↓
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1934.jpg 

それじゃ、これから仕事に行ってきま~す!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-25 07:18 | ヤップでつらつら政治など

今度は火傷(泣)

今朝、コーヒーを入れているとき、左手に思いっきり熱湯を浴びせてしまった。ドリップ容器の中でフィルターが少しずれていたので、左手がそれを直そうとしていたのに、右手はかまわずお湯を注ぎ続けたというドジ。おまけに、左手全指にドバッと熱湯を受けた事の重大さを察知した右脳が「至急冷やせ、急いで冷やせ」と緊急指令を送っているにもかかわらず、左脳は「ちょっと待て、今止めたら湯が冷める、まだコーヒーが出きってない、豆がもったいない、これだけのコーヒーじゃ目が覚めない」と脳内分裂状態。

a0043520_1314689.jpg結局わたしは左脳に従い、いつもの定量=たっぷり3杯分のコーヒーを落とし切るまで作業を止めなかったので、そのあと急いでアイスパックを取り出したときには、左手は半端じゃない痛みに包まれていた。

熱湯を浴びた全指の裏表や指間にアイスを押し付けること延々2時間、やっと痛みが引いてきたので恐る恐る見てみると、薬指の第二関節と小指の第一関節の近くが、水ぶくれになりかけていた。あ~あ、またマガルウェグ(ノニ)のお世話になんなきゃ...というんで用意したのが右上の写真です。軽く炙って柔らかくした葉っぱの上に乗っかってる黒いのは、ノニの実から作ったジュースの絞りかすにココナッツオイルを混ぜたペーストで、切り傷・火傷の万能薬!

a0043520_1314365.jpg火傷が左手で良かったなあと右利きのわたしは感謝しながら、油でつるつるすべる葉っぱ+ノニ・ペーストが患部にうまく乗るように巻きつけ、その上から粘着包帯を巻いていく。それまでヒリヒリ感があった患部にペーストが当てられると、ヒヤッとして痛みが取れるから不思議、やっぱりこのペースト、すごい効き目です!

a0043520_1315476.jpg苦労しながら薬指にも同様に特効薬をあてがい、グルグル頑丈に粘着包帯を施したら、こんなになっちゃった(笑)。それからパソコンに向かったのだけど、当然、左手薬指&小指が担当するASQWZXのキーは、他の指が出張して押すことになり、おまけに、いつもより左寄りに行動範囲を広げている左手はしょっちゅうマザーポジションをロストするので、影響は他のキーにも及んで、タイピングにはいつもの3倍以上の時間がかかってしまう始末。

それでも夕方までずーっと巻いていたノニ・ペーストを取り除いて見ると、あんなにぷっくりと膨らんでいた水ぶくれが消えていた。もうこれなら大丈夫!というわけで、ゴテゴテのペーストをはずして、ようやくブログを書く余裕ができました。

今月はこけたり火傷したり、身の回りの怪我が続いているなあ。見る人が見たら、わたしの今はきっとそういう星まわりなんでしょうね…。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-23 18:08 | ヤップな日々

いまどきのローカルフード

コロニアにたった一軒、ローカルフードを専門に売っている店がある。ただし入荷はまったく供給者ベースで、いろんなものが豊富にそろっているときもあれば、何にもないとき、あるいは店を開けてないときあり…、今日はたくさん品ぞろいがあって、店が開いてて、良かったね!という感じの商売をしている。今回は、そんな最近の「良かったね」な日の品揃えをご紹介!

a0043520_22315653.jpgまずは、そろそろシーズンの終わるパンノキの実。1バスケット10ドルなり。これを買って、パンノキの実の保存食品マールを作っておこうかと、ちょっと心が動いたけれど、今日明日のうちにそんな作業をする時間はなさそうなので、止めた。熟れたパンノキの実は、すぐに処理しないとすぐに悪くなってしまうからね。

a0043520_22323733.jpgお次はヤップのメインの主食、田んぼのタロイモ、ラック芋。こちらも1バスケット10ドルなり。わたしひとりだったら、これだけの量があると2週間以上持つけれど、ラック芋はG嬢が定期的に届けてくれるので、この店で買ったことはない。それにラック芋も味が変わったり腐るのが速いから、できるだけ掘りたてを処理したほうが良いのだ。ラック芋には、おむすび=チョルゴイという料理もある。

a0043520_22334011.jpgこちらは、緑のがサワーサップ(ヤップ語でシャウシャウで、茶色のが、英語ではパシフィック・ドリアン、ヤップ語ではロワルと言われているフルーツ。シャウシャウもロワルも、ときに直径15センチ以上にもなる大きな実で、それらが木から下がっている様は見ものだ。

両方とも完熟前に収穫し、熟れるのを待って食べる。中には収穫が早すぎて、熟れる前に腐り始めるのがあるから、しっかり選んで買うことが大事。今回は2個のロワルを買った。3ドルなり。

a0043520_22341261.jpgこちらの台ではバナナバナナバナナの大集合。ざっとここにあるだけでも4種類。まだ緑のは、熟れるのを待ってフルーツとして食べても良いし、煮て主食代わりにして食べても良い。南国では、カリウムの多いバナナは、高血圧、メタボ解消、それに特効薬ですぅ~♪

a0043520_22344411.jpgそして←こっちがバナナの花。バナナの房が何段かになると、実を太らせるために花は切り落とされる。それが、と~っても良い野菜となるわけ。

バナナの花の料理法はこのブログでも何回か書いているので、興味のある人は過去記事をどうぞ:バナナの花のソテースパゲッティ・トロピカーナバナナ・チャンプルー

a0043520_22352412.jpg→こっちはカボチャのつるさき、一袋1ドル50セントなり。ヤップではカボチャのような実ものは家のまわりで勝手に生えてるという感じで植えてあるのだけど、適当につるさきをちょん切って、延々とつるが這い回って実のつきが悪くならないようにそれとなく手を入れる。そして、そのちょん切ったつる先がまた、柔らかくて美味しい野菜になるのです。スープに炒め物におひたしに…いろんな料理に使えマス。

a0043520_22355122.jpgひえ~子供の頭よりも大きなトウガンの行列!すべて1個1ドル50セントなり。なんだか、この店、1ドル50セントという値段が好きみたい(笑)。

ヤップでの主なトウガンの食べ方は、適当に割って皮ごと煮て、それを冷やしてスプーンで柔らかい実をすくって食べるというもの。暑いときに食べると、身体をひんやりと冷やしてくれます。

a0043520_22362130.jpgそして、これ!ヤップ語ではユガワといわれるこの実、なんだか判りますか?ユガワ>>ユガオ>>夕顔なんですね~。今の日本では干瓢の原料として栽培されているくらいかしら?

その名前から日本時代に持ち込まれたものらしいとわかるけど、上のトウガンよりも実がしっかりしているので、いまだにヤップではスープや炒め物などの具として大活躍、とっても便利で大きくて美味しい「野菜」だ。

a0043520_2237271.jpgそして最後を飾るのは、ヤップでグルグルと呼ばれるローカル・オレンジ。これからの季節、ありとあらゆる柑橘類がどっと出回るようになる。ヤップのオレンジにはなぜか酸味がほとんどなく、まだ青い実でも甘いひなびた味がしてなかなか美味しい。

実が豊富にあるときは、いちいち皮をむいて食べないで、実を6つ割りにしてチューチューとジュースを吸い取るという贅沢な食べ方を、ついしてしまうのだった。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-21 20:57 | ヤップの伝統食

領土問題?!

ヤップの9月は季節の変わり目、ときどき小さな低気圧も通過します。今朝も早朝から雨が降り、それが止んだ今も空を厚い雲がおおってて、たまに薄日が差す程度、偏頭痛持ちのG嬢も浮かぬ顔をしています…
a0043520_10211377.jpg

浮かぬ顔といえば、カンカラ菅さんのお顔も…ザマアミロご愁傷様ですネ。仕組まれた突然降って沸いた領土問題!by レンホーさん、すぐに言い替えたらしいけど、カンカラ菅政権の外交感覚はこの程度ってのが、透けて見えます。さあ、これから前原君のお手並み拝見…と、ヤップから高みの見物を決めこんでおれるだけで済めば良いんですけど、かなり心配です。

あの田中宇さんですら、中国と対決姿勢をとったまま米国に見捨てられた後の日本がどうなると予測されるかは、気が重いので書きたくないというくらいだから、相当なとこまで来ています、今の状況:

田中宇の国際ニュース解説:日中対立の再燃
http://www.tanakanews.com/100917senkaku.htm

ところでヤップでは、「人の名前」=「それぞれ固有の所有地」ですので、個々人が常に「領有権の主張」=「実効支配のデモンストレーション」をすることは、日常生活の一部となっています。いまだに測量を元にペーパー上の「境界線」がハッキリしている土地は全土地面積の数%しかありませんが、「領土問題」>>「紛争」にまで「発展」することがほとんど無いのは、近隣外交(親戚&近所付き合い)が日常的にしっかりなされているからでしょう。そして相手がヤップ人ではないとなると、領土保全への取り組みがよりしたたかになるのは、自然の道理でしょう^^

ヤップ島の北北西には、伝説で「沈んだ」といわれている島シピン(Siipin)があった場所とされる浅瀬(ハンターバンク)があります。いちばん浅いところでも水深20mが前後ある、速い海流に洗われる巨大な浅瀬ですが、そこにはいつも鳥山が立ち、良い漁場となっています(写真上)。

漁船拿捕
http://suyap.exblog.jp/3412060
海底に沈んだ伝説の島、シピンに潜った!
http://suyap.exblog.jp/7345058
a0043520_10214741.jpg

シピン海域から見ると、ヤップ島は↑こんなに↑小さく見えます。距離的には静岡県の伊東市から伊豆大島(約30マイル)より近いのですけど、ヤップには高い山がないですからね…

上の記事にも書いたとおり、ヤップ島からは約25マイル(海里=約46.3キロ)離れていますから、ヤップ州が沿岸12マイルの占有漁業水域を主張することは国際法上はムリなのですが、かつてうっかりここで操業していた日本の漁船も拿捕され、〇千万円もの示談金で解決したことがあります。どうして漁業会社が裁判に訴えてでも勝とうとしなかったかというと、その間、何ヶ月も漁船・船員をヤップ州に拘束されて操業できなくなるよりも、〇千万円の示談金のほうが、余程安いと踏んだからでした。

a0043520_11304965.jpg一方ヤップ人としては、ここは先祖代々語り継がれた伝説の島(ヤップ人に近い人々が住んでいた)があった場所であり、お天気と海況に恵まれればすごくたくさんのサカナを恵んでくれるこの海域を、外国の漁船に「荒される」のは、黙って見てられないという気持があります。JICA/OFCFも深く絡んでいるヤップの漁業公社(YFA)も定期的にここで操業していますし(写真右)。

というわけで、ミクロネシア連邦の200海里経済水域での操業許可を取った各国漁船でも、いまだにシピン海域での操業は避ける…という暗黙の合意がなんとなく定着しているようです。こういうのって、双方、現実主義=「大人の外交」として評価されると思います。

こういう「大人の外交」は、これまで尖閣諸島海域で操業する日中台の漁船取締りでも行われていたようで、海上保安庁は「尖閣諸島は歴史的にも国際法上も日本固有のものだ」というタテマエで監視をし、12海里内に入りこんでくる中国・台湾漁船をそれとなく追い出しはしても、深追いをしない…と。それを今回ここまでこじらせてしまっている裏には、いったい、何があるのでしょうか?

アメリカ現政権には何のポジションも持たないアーミテージさんがわざわざ日本にやってきて、仙谷陰謀官房長官とご飯を食べて、前原センセが外相になり…。それでもって、尖閣諸島はますますこじれ…、カンカラ菅政権は、この問題の落とし所をちゃんとわきまえて対応しているのでしょうか?

このままでは…田中宇さんじゃないけれど、その先の予想はわたしだって書きたくないです。小沢サンを毛嫌いし、カンカラ菅政権を支持されたクリーンフェチな方々は、いったいこういう事態をどう納得されるのでしょう?

そういえば、カンカラ菅さんご自慢の「クリーニング屋さんがいらないほどのクリーンクリーンな政治!」そのカンカラ菅的クリーンの内容が、ようやくオモテに出てきたようです:

Electronic Journal:菅首相の政治と金の疑惑
http://electronic-journal.seesaa.net/article/163182598.html

もうひとつ追加リンクです:

岩下俊三のブログ:「僕には夢がある」といったら粛清される「クリーンな国家」
http://blog.livedoor.jp/shunzo480707/archives/2985880.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-20 12:03 | ヤップでつらつら政治など

トカゲ男の民話パート2

お日様がストレートに真上から照っている時間帯の外歩きはさすがに暑い。そんなときの島内観光では木陰を選んで歩き、風通しの良い集会場では中に入ってちょっと涼をとる。日本でもヤップでも、風土に合った伝統建築は素晴らしく快適に出来ているから、休憩はつい長くなりがちかも(笑)。

きのうもカダイ村の集会場で、そんなまったりな休憩を入れていると、目の前のココヤシの幹に何か動くものあり…あっ、マングローブオオトカゲくんだ!
a0043520_963643.jpg

ヤップではガルーフ(galuuf)といわれるこの大きなトカゲのことは、以前にも何度かこのブログで取り上げたけど:

トカゲにされた男の話
http://suyap.exblog.jp/5554912/
ガルーフ(マングローブオオトカゲ)の話
http://suyap.exblog.jp/6070675/

みんなに見つめられてすっかり固まっちゃってたガルーフくん(まだティーンエイジャー・サイズです)、木の真下から煽ると、どんどん上に登っていって何かを狙っている様子。いつまで待っても動きそうにないので、もうひとつのガルーフ民話でも。ご紹介しましょうか…
a0043520_97273.jpg
むかしむかし、ヤップのドゴール村で、どこからともなくやってきた超ハンサムな若い男の噂が、人々の口に上るようになりました。近くの森に住んでいるというこの男を見かけた村の女たちは、みんな一様に、うっとりと心を奪われたようになりました。そのうち、ひとり、ふたりと、村の若い娘の行方がわからなくなり、だんだんに、人々はこの若い男を怪しむようになりました。

そんなある日、ある美しい娘がひとりで道を歩いていると、この若い男がやってきました。男を見た瞬間うっとりしてボーっとなっている美しい娘を、男もひと目で好きになりました。そこで娘を自分の洞窟の住まいに連れてきて、(いつものようにすぐに「処理」しないで)しばらく一緒に過ごすことにしました。

そのうち娘はお腹が空いてきたので、男に何か食べさせてくれとせがみました。そこで男が運んできたのは、強烈な腐臭を放つカニやらカエルやら得体の知れない昆虫やらの死骸でした。そのものすごい臭気に触れて、ようやく娘はこの男の正体に気づいたのでした。

恐怖にかられた娘は洞窟を飛び出し、両親の待つ家を目指して一目散に逃げ戻りました。娘から話を聞いた父親は、この男がやがて娘を捜しにくるだろうと予測して、いろいろと策を練りました。

待つほどもなく、男は恭順な若者を装って父親の前に現れました。そこで父親は目の前のココヤシの木を指差して、喉が渇いたので実を少し取ってきてくれないかと男に頼みました。目をつけた娘の父親に気に入られようと、男はスルスルと木に登っていきました。ところがココヤシの実を取って降りかけたとき、うっかり男の本性が出てしまったのでした。

頭を下にして木から降りてくる姿を見た父親は、ようやく、この男の正体に確信を持ちました。でも準備はしてありましたから心配ありません。先端が輪になった長い棒を手に取った父親は、木から降りてくる男の頭を、タイミングを見極めて引っかけました。そして棒を上のほうにギュッと引き上げ、男を締め殺しました。若い男の身体は地面に落ち、その途端、本来のガルーフの姿に戻っていったということです。
どうもヤップの民話には、見かけだけで男に惚れちゃダメだよっていう話が多いような…(笑)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-17 09:09 | ヤップの民話

こりゃ…ア菅わ(笑)

a0043520_11512220.jpg数日ぶりにすっきり晴れて暑くなった14日、朝からずっと陸上観光の添乗してました。、いつもは木の高いところにいるヤップ固有種のギギィが、どういうわけかオス・メスとも低い枝木に降りていて、わたしのコンパクト・デジカメでも、なんとか「影」以上のものが撮れました。そりゃゲストの高価なカメラのほうが多少クリアに写ってましたけど、そんなに差がなかったのがちょっと嬉しかったり^^ 写真はママ(メス)ギギィです。

さて気になってた民主党代表選挙ですが、朝からギギィをたくさん見ることができたので、これはひょっとして幸先良いかも!という期待が頭をよぎりましたけど、事前から不正開票の恐れがかなり指摘されていましたし、マスメディアの一様な情報操作ぶりも不気味でした。結果的にはそれが的中してしまったわけで(怒):

ラ・ターシュに魅せられて:菅総理再選! 雪崩を打って寝返る・・四十七士。 それは・・12時15分から始まった。
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-345.html

低気温のエクスタシーbyはなゆー:〔代表選〕サポーター票で小沢完敗の情報は9時から漏洩していた
http://alcyone.seesaa.net/article/162624382.html

それにしても、ここまでヤルか…(怒怒)

山崎行太郎:サポーターの投票率66%の謎。「3分の1」のサポーターが棄権なんて嘘でしょう。小沢一郎票は廃棄処分? 仙谷由人なら、やりかねないか…(笑)。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100915/1284492273

それにしても小沢一郎さんはエライですね。こんなミエミエの不正をやられながらも未来につながる素晴らしいスピーチ、それにさわやかな笑顔でカンカラカンに拍手してます。わたし的には下の記事を読んでやっと、心が落ち着いてきました:

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報:ポピュリズムはまた敗北した
http://amesei.exblog.jp/11919989/

ところで民主党代表選の結果を知ったショックも覚めやらぬまま、今早朝2時、空港へゲストをお見送りに行ったおり、このブログも読んで下さっていると言われた気安さから、カンサン続投ですって~と報告すると、これで小沢は終わったわねとゲスト妻。その断定的な言いっぷりに唖然としながらも、小沢一郎さんはこれからですよ。わたしたちが終わらせません!とにこやかにわたしが返すと、だってあの人、まっ黒じゃない!ときました。どうせすぐ目の前からいなくなる人たちなんだから、心の中で嘲りながら放置しておいても良かったものを、そのあまりの無知さ天真爛漫さに、ついムキになってしまったわたし(笑):
小沢さんのどこがまっ黒なのですが?この1年半、検察が彼の秘書や彼自身を上げようとしてメディア総動員で大騒ぎしたにもかかわらず、結局検察は小沢さんの起訴すらできず、かろうじて立件した秘書らの起訴理由すら、当初騒がれた収賄容疑ではなく単なる記載期日ずれ、これのどこが「黒い」のですか?あなたはこれまでにこの件でどれだけ事実を「知ろう」としましたか?小沢一郎さんのイメージは、すべてメディアによる意図的な偏向報道によって作られたものです。わたし自身は小沢さんが大好きですし、これからも頑張っていただきたいと思っています^^
と、そこへゲスト夫も参入:ヤップにいるあんたがどれだけ真実を知っているのか?どうしてそんなに自分の主張を他人に押し付けるんだ?小沢が白というならその事実を挙げてみろ。

はい、それではご要望に応じましょう(今朝は馬鹿馬鹿しくてディテールを語る気にもなりませんでしたけどね)。↓こちら↓の記事などを、ぜひ奥様に読んでもらってくださいませ。(某テレビ局のディレクターをなさっていたあなた様なら、これらは当然ご存知のはず…ですね?)

小沢真っ白 100%冤罪 収支報告書を徹底検証
http://www.tsuiq.info/OzawaWhite.pdf

人類猫化計画:大林宏検事総長が日本記者クラブで「(小沢氏について)結論として不起訴処分にした」と断言
http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-entry-1589.html

ついでに、折良くTBをくださったマスコミに載らない海外記事さんの記事から、チョムスキー先生のお言葉も拝借いたしました:
メディアってなんだろう?
マスメディアは、なぐさみと娯楽と恐怖を与える。
マスメディアは、ニュースを選別する。
マスメディアは、反対意見を小さく見せる。
マスメディアは、本当に重要な問題を語らない。
マスメディアは、ただ過大な利潤を求める。
マスメディアは、人びとを孤立させる。
    ~~中略~~
大切なのは自分で考え、伝えること。
ひとりひとりがメディアになれる。

捏造された“世論”を疑い、他者との連帯を深める中で自分の価値観を身につけることによって、人々は知的に自衛できる、とチョムスキーは説く。
変化をもたらす力は私たち自身の手にある。この映画(『チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント』)はそう教えてくれる。(コーラン焼却とアメリカの矛盾より)
しかしアッケラカンなわたしの言説にさらに憤る元テレビ・ディレクターの夫氏:あんたが日本のどんな政治家と結びついているか知らないが、お客に宗教や政治の話はするもんじゃない。まして自分の考えを押し付けるとは。せっかくヤップを楽しんでたのに、最後に気分悪くなった。(妻に向かって)おい、行くぞ!

ヤップの伝統踊りの動画を無料でコピーして差し上げようとしていたのに、それも待たずに搭乗ゲートに行ってしまわれました。短気は損気ですね(笑)。

このカップルの年の頃は30代半ば過ぎ、夫氏はそのお仕事柄、そうとう余裕がない頭になっちゃってるのかしら?局の先輩諸氏による洗脳教育の結果?それとも何かに怯えておられるのでしょうか?

わたしの考えをスパッと述べると「押し付けだ」と逆切れされる方、この年代の人たちにけっこう多いような気がします、全員じゃないけれど。わたしの言うことはすべてわたし自身の独断と偏見に基づいていますから、それを煮るなり焼くなりして食べるかどうか決めるのは、あなた方次第なんですよって、いつも最初からお断りしているのにねえ。

考え方や信仰・信条が違うと、もう付き合えない、話もできない、だから宗教や政治の話はするな…なんちゃって、本気で思い込んでるんでしょうか?ましてやガイドの分際で何を言うかと?(笑)。

お客様は神様です、逆らっちゃいけませんというご意見もあるでしょうが、わたしは「愛」を重んじるガイドです。そして「愛」とは「コミットメント=かかわる」ことですから、純情なわたしは、どこまでも真っ直ぐにゲストと「かかわって」参ります。それをどう受け取り消化するかは、それぞれのゲスト次第です。たとえ「愛」が「憎しみ」として受け取られようとも、「コミットメント」した事実は残りますから、わたしの「愛」は相手にしっかりと根づいていくものと信じております^^

また、南の島に「楽しいこと」だけを期待されるのも、無いものねだり、あるいは幻想ワールドの追っかけでしかない…ことも申し添えておきます。そういう現実逃避からは、ほんとうの「楽」にはたどり着けないのです。どんな場所でも、人間の暮らしには「楽」もあれば「苦」もあるのは当然。自分とは違う環境で生きる人間の喜怒哀楽をちょっとだけ垣間見せてもらうことで、自分自身の日常性をリフレッシュする、それが「旅」の醍醐味じゃないかな。「苦」への共感を伴わない「楽だけの交流」では、所詮うわべだけ、そんな旅も人生も、ぜ~んぜんオモシロクナイよ。

<追記>
どっかの甘ったれニートが、記事リンクも張らないでまた勝手な誹謗中傷記事を書いているようですが、こういう人種が真っ先に淘汰されるんですけどね~、これから先。上の記事をよ~く噛みしめて読む力があったら、「旅行は、日頃のストレス解消のために、見聞を広めに、癒しに、くつろぎに行くものなのに」なんて自己チューな寝言は吐けんでしょ。わたしのガイドは、そういう自己チュー(自分の小さな価値観・世界観のみで他者・他の世界を見る態度)を打ち壊し、多様な価値観・世界観に目を啓くお手伝いをするのが「売り」、そういうのが嫌な人は、わたしんところに来なくて良いよ^^

a0043520_11563741.jpgところで一部の方々にたいへんご心配いただいているわたしの右膝ですが、ほぼ腫れが引いた昨日からテーピング(もどき)を始めてみました。以前興味半分で日本から買ってきたキネシオロジーテープが1巻あったので、こちらを参考にやってみたら調子が良いです。このテープは数回の入浴に耐えるし、もう2回分くらいはあるので、あと1週間ほどはOK。その後は…ヤップではテーピングテープが手に入らないので、やっぱりノニ入りココナッツオイル・マッサージに励むことにします^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-09-15 11:26 | ヤップな日々