ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

海中のガラス玉-オオバロニア

今回はふたたび海の中のガラス玉もどき...オオバロニアのお出まし~
a0043520_22522522.jpg

海の中できらりと光るガラス玉、オオバロニアは単細胞の海藻だそうで。なるほど、単細胞的思考なわたしが惹かれるわけだわ(笑)。

   ~~閑話休題~~

実はこれを書き始めた昨夜、ちらっとTwitterのリンクを見ると、ななななぬ~! 民主党代表戦が回避の可能性...? まだネットのどのニュースも流してないときに、やはりTwitterの情報の広がりは速いですね...。その後、ず~っと目を皿にしてTwitter追ってて、とうとう昨夜はダウン。

このままカンカラカンではニホン「国民の生活」がますますメタメタになるし、かといって小沢さんがいま総理になると...彼の命が...狙われる可能性も大かも?というのは、わたし的心配。う~む、これからデスクを離れるので、結果を知るのは夜になるなあ...(心配)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-30 22:44 | ヤップでつらつら政治など

事件!

今朝この記事を書いたあと、遅刻出勤してバタバタ準備のあとゲストをお迎えにいくと...
a0043520_592093.jpg

ESAベイビュー・ホテルの入口横で日産サニーが海にはまっていた。ありゃりゃりゃ~!

後輪のブレーキ痕もないし、勢いが出ていた様子もないし、ヤップは右側通行なので、こういう角度で海に突っ込むためには、対向車線を乗り越えてズルズルと滑り落ちたしか考えられない。
a0043520_595627.jpg

ホテルの人によると、午前2時過ぎ、早朝フライトの送迎から戻ったスタッフから、車が海に落ちている報告を受けたそうだ。酔っ払いの居眠り運転かなあ...。運転席は空っぽだったけど、これくらいなら誰にも怪我はなかっただろう。ゲストとひとしきり写真を撮ったあとその場から離れかけたとき、オマワリさんが来てキーで運転席を開けていたから、事故ったあとすぐにドライバーは警察に行ったか連行されたか、あるいはトンズラしてナンバーから追跡されたか...(笑)。

ヤップではときどき、このような海への転落事故やヤシの木激突事故が起きるけど、幸い人身被害はほとんどない。午後に戻ったときには、すでに車は引き上げられて消えていた。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-27 23:05 | ヤップな日々

嬉しさで眠気が吹っ飛んだ!

ちょっと忙しい日が続いています。なので、すごく嬉しいニュースを前にしても、昨夜は眠くて眠くてダウン。
a0043520_562823.jpg

けさは早朝出勤のため早起きして、心配なお天気をチェックしたあとトゥイッターをちょこっとのぞいたら...

みんなのYes/No
http://sum.qooker.jp/O/election14/ja/sp1.html
a0043520_23182022.jpg

きのうは海の中で、カメのタイマイくんも、ウミウシのアンナちゃんも、ホラガイのトライトンくんも、みんなオザワイチロウさんの民主党代表選出馬を喜んでたし...

ゴミヨミウリさんちのサイトですけど、よかったら、みなさんもクリックしてくださいまし。

みんなのYes/No
http://sum.qooker.jp/O/election14/ja/sp1.html
  ↑  ↑
読売新聞社は、都合の悪い上記結果を、即刻抹消しました(怒)


では、仕事に行って参ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-27 05:06 | ヤップでつらつら政治など

ヤップのたわし

下はココヤシの完熟した実=コプラを真っ二つに割ったところです。
a0043520_23354735.jpg

右半分の真ん中の丸いのは芽を出しかけている胚乳、ふわふわしてて、ほんのり甘くて、ほとんど保存できないから、ふつう実を開けた者の役得(?)としてその場で食べられます。

その次に実の内側を白く覆っているのが、ココヤシの果肉。こりこりしてて、油分が強いけどサッパリした味です。これを削ったものから、ココナッツミルクやココナッツオイルが取れます。お菓子材料の乾燥したココナッツ・フレークもこれですね。

そして、その外回りを覆っているのが、ココヤシの実の繊維、これはヤシロープの材料、焚きつけや蚊遣りとしても大活躍ですが、「たわし」としても絶大の威力を発揮します。
a0043520_23362189.jpg

明治の時代に考案された、あの亀の子たわしも、ヤシの繊維から作られてたんですね。もっとも、材料はココヤシではなく、パームヤシみたいですけど。ココヤシの実の殻より繊維がやや固いのかな?それとも、パーム油を取るためのプランテーション化が進んでいたので、材料が手に入り易かったのか...?

亀の子束子が出来るまで

a0043520_23365335.jpgさてヤップの「たわし」の作り方はいたって簡単です。ココヤシの繊維をほぐして適量を手に取り、あとは普通のタワシのようにゴシゴシ、ゴシゴシ。油分もほとんど取れてしまうので、洗剤なんかいりません。海辺の暮らしなら、洗い物を持って浜に出て海水でゴシゴシ。こってりした脂でも砂をまぶすと、きれいに取り除けます。

洗い物というとすぐに合成洗剤、洗髪というとすぐにシャンプーやリンス、身体にもいろんな化学合成された界面活性剤を塗りたくりの現代生活は、身体にも環境にもよろしくないです。頭皮から吸収される化学成分は長い時間をかけて身体に蓄積し健康を蝕み、それらが注ぎ込む海ではそこに棲む生物に影響を与えています。

そんなわけで、もう長いこと、わたしは頭の先から足の先まで使うのは「せっけん」のみ、その後のスキンケアはノニの葉入りココナッツ・オイルのみ、台所の洗いものは主にフキンのみで、しつこい油には「せっけん」を少量、そして野外ではココヤシの「たわし」を使ったりしています。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-25 23:38 | ヤップな日々

新種のクラゲ...(ため息)

ベタ凪ぎの海~、北西側のリーフはオニヒトデも消え、小さなサンゴに彩られながらいろんなサカナが乱舞してました...
a0043520_0105986.jpg

マンジュウヒトデに乗っかってるヒトデヤドリエビもいつものように逃げまわらないで、なんだかまったりとポーズを決めてくれました...
a0043520_011353.jpg

ふと水面を見上げると...

ややや? 新種のクラゲ???
a0043520_0121829.jpg

では...ありませんね。水の中層を漂うレジ袋です。でも、これではカメさんたちのようにクラゲをエサにしている生物が、餌と間違ってパクリとやっても不思議ではありません。
a0043520_0125988.jpg

ヤップからレジ袋を追放したい...そんな思いをまた強めました。ひとりっきりのマイバッグ運動、続行中。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-24 23:08 | ヤップの自然・海

マングローブシジミ(じゃなくてカブラツキガイでした!)が戻ってきた!

知り合いのヤップ人のおばちゃんたちがおしゃべりしてるところをたまたま通りかかったら、スーも貝を持ってけーと言われて、ヤップでユングウォル(yungwol)と呼ばれる貝をもらった。
a0043520_8444098.jpg

沖縄でも食用にされるこの貝は、マングローブの生える湿地(泥地)に生息しており、和名ではマングローブシジミあるいはシレナシジミとなっている。ヒルギシジミ属のシジミの一種(Geloina coaxans)...そうか、シジミの仲間だから美味しいんだね^^

(追記)
...とひとり合点していたら、beachmollusc ひむかのハマグリさんからコメントをいただきました。この貝はどうやら、カブラツキガイ(Anodontia edentula)のようです。

微小貝データベース:
カブラツキガイ
シレナシジミ
ウラキツキガイ

う~ん、貝類ってむずかしい...。この貝のこと、また書きます。

------以下、ほぼ元記事のまま-----

しかしヤップでは、6年前のスーパー台風のあと、ユングウォルが湿地から姿を消した...。G嬢によると、台風直後は貝掘りに行っても死骸ばかり見つかったという。それが、再び数が増えてきて、こうしてわたしまでおすそ分けに預かれるようになったとは、嬉しい。

a0043520_845983.jpgヤップでの一般的な食べ方は、生食。←このようにスプーンを貝の合わせ目に入れてこじ開け、海水を含んだスープと一緒に、すするように食べる。

泥の中に棲んでいる貝だから、お腹に泥をたっぷり含んでいるのもいるので、わたしは上の写真のように、貝さんをしばらく塩水につけて泥を吐いてもらう。ただし、にがりを含まない「食塩」ではダメ、ホンモノの海の水か「自然塩」でないと、貝は死んでしまいます。

a0043520_8454223.jpg→このように、生貝の身は痩せているけれど、それでもやはりシジミだから、お味はかなり濃厚だ。

上のテーブルスプーンとの比較でもわかるように、ヤップのユングウォルは、だいたい殻長5センチから、せいぜい8センチどまりなのだが、他の地域では15センチにもなるものが獲れるという。そうなるとホタテ貝なみ?

a0043520_84694.jpgさて、生のユングウォルを前にして、スプーンでこじ開けて口に運び始めると、ヤメラレナイ・トマラナイ(笑)。

G嬢も、みんなで貝掘りに行っても、いつも家に帰り着く前に食べきってしまうんだって(笑)。まあ、あまり「食料を獲りに行こう!」って感じじゃなく取って食べてるところが、持続可能な採集生活のミソなのかもしれない。

a0043520_932559.jpg生食以外のユングウォルの食べ方は、ヤップではココナッツミルク煮だ。クラムチャウダーのような味で、すっごく美味しいです。でも今回は、家にコプラ(ココナッツミルクの原料)もココナッツミルクの缶詰(笑)も切らしていたので、半分以上を生でパクパク食べたあとの残りを、オリーブオイルでさっと火を通してみた。

ごく少量のオリーブオイルを引いたフライパンを熱して貝を並べ、少量のお湯をジュッと回しかけて蒸し煮にするだけ。貝から十分以上な塩味が出るから、味付けの必要は一切なし。
a0043520_9332361.jpg

加熱すると、生食のとき以上の旨味が出てきて、身も貝柱も太くなり、激ウマです!! 再び、ヤメラレナイ・トマラナイ、むさぼるように一気に平らげちゃった(笑)。これだけ「シジミ」を食べれば、少しは弱った視力が戻るかなあ...?

このレシピ、貝を加熱しすぎないように、レアからミディアムレアあたりで火から下ろすのがコツかも。

(追記)
ご参考までにbeachmollusc ひむかのハマグリさんのこちらの記事コメント欄もどうぞ:

お散歩仲間
http://beachmollu.exblog.jp/#cmt


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-24 08:19 | ヤップの伝統食

サンゴの体力?

2日前にまとまった雨を降らせた雲のかたまりは、ヤップの上空に留まることなくばらけながら北西に移っていき、穏やかな天候が戻ってきている。
a0043520_9344582.jpg

上の写真はミル・チャネルをドリフトでスノーケリング中に見つけた、てっぺんが真っ白に白化したコブハマサンゴ。頂上の水深は15メートルくらいで、三角山の裾のほうは18メートルくらい。
a0043520_9352060.jpg

不思議なことに、そのすぐ隣にある同じコブハマサンゴには、まったく白化が見られないこと。しかも水深はこっちのほうが浅いのに。

現在の水温はおおむね28度、共生藻が逃げ出して白化するかどうかに、サンゴの体力って関係あるかな?とふと思ったので、ここに記録しておく。もう少し経ったら、再びこの白化したサンゴの様子を見に行くつもりだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-22 09:47 | ヤップの自然・海

アルマイト鍋

a0043520_739919.jpg10年以上愛用したアルマイト鍋に穴があいた。そのちょっと前にはヤカンにも穴をあけていたので、ちょこっとお湯を沸かすにもヤカンがわりになる手ごろなサイズだったのだが、これで新しいのを購入しなきゃコーヒーも入れられなくなった。その穴をあける原因は空焚きなんだけど、パソコンに向かって仕事(?)に熱中していると、どうも...ね(苦笑)。

で、あちこちの店をまわりながら試行錯誤の末、新たに購入したのが←これ(左上)。

a0043520_7393995.jpgほんとうはステンレス製のしっかりしたものが欲しかったけれど、肉厚のしっかりしたのは100ドル近くするし、最近増えた中国製のはやけに薄くてすぐ穴があきそうだし、白いアルミ鍋は身体への影響が心配だし、結局、子供の頃からいつも近辺にあったような気がするツルマル印のアルマイト(酸化アルミ)鍋になった。21ドル65セントなり。

YCAでこれと高いステンレス鍋を比べて悩んでいるとき、あたしはずっとこれ(ツルマル印)をつかってるわよ、すごく丈夫だし...という店員のひと言が、わたしの決心を押してくれた。

a0043520_7401267.jpgそして彼女は白いアルミ鍋を指差して、こっちのは脳に影響する物質が出るっていうから恐いしねとも言った。おお、体内で蓄積したアルミニウムがアルツハイマーの発症とつながっているという説を、ヤップのフツーのおばちゃんですら知ってるわけだ...! とはいっても、酸化アルミ鍋がアルミニウム鍋より安全という確証はわたしにも無いのだけど。

かつて日本でもすごく普及したこのアルマイト鍋は、ヤップの家庭でもごく一般的に愛用されている。上のおばちゃんが言ったように、カマドの直火にもけなげに耐えるし、軽いので持ち運びにも便利だし、すごく丈夫だ。すごいなー、ものづくりの日本の誇りだなーと思ってタグをよくみると... MADE IN CHINA...(脱力)。
a0043520_7404956.jpg

とはいっても、鍋の中にはしっかりした日本語Onlyの取り扱い説明書が入っていた。ということは、この商品は本来、日本国内販売向けだったわけだ。そうか、ツルマル印の会社は日本アルミというのか...と検索してみると、

2010/4/1 生活用品事業からの撤退についてのお知らせ

えええ~~~!

さらにそれ以前には、

2009/10/2 会社分割による新会社設立のお知らせ

ひええ~~、ということは、ヤップにいまあるツルマル印アルマイト鍋が売り切れたら、この長年のヒット商品はもう永久に手に入らなくなるってこと? どうりで最近、ツルマル印のヤカンを見かけなくなったはずだ...

ツルマル印のお鍋を、もうひとつ買っておこうかどうか、いま悩んでいる。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-21 07:37 | ヤップで頑張る日本製品

オオオカガニとカツオの夜

a0043520_18593317.jpgずっと続いていたツアー添乗の日々、しかも連日の早朝ダイビングがふっと途切れたので、月曜の夜、久しぶりにしっかり外ビールした。これってマリーナの手作りビール以来かなあ...

今回の場所はパスウエイズ・ホテルのレストラン、ここは美味しいローカル料理をアレンジすることにかけては、ヤップのレストランの中ではイチオシだ。頼み方によっては、メニューにない料理もちゃんと作ってくれる。新鮮なカツオとガリップ(オオオカガニ)があるよ...というので、カツオのポキと、カニのスタッフィングを特別注文した。ビールのつまみとしては、2人では十分すぎるくらいの量だ^^

a0043520_1901036.jpg←これがオオオカガニのスタッフィング、ほぐしたカニ肉をローカル野菜と炒めて薄味し、きれいに洗った甲羅に詰めてある。特別注文だし、もっと高くても良いと思うのに、1コ$2.50だって。

料理の写真を撮りながら、今年はオオオカガニの記事を書いてないことを思い出した。毎年4月から8月ころにかけての満月の夜、産卵のために海を目指すオオオカガニをヤップのいたるところで見ることができるのだが、その数が今年はかなり少なかった。これからの季節も多少のカニは獲れるけれど、今年産卵に現れたオオオカガニが少なかった原因がニンゲンの浅はかな活動のせいでないことを祈りながら、今は来年の産卵期にたくさんのカニが戻ってくることを期待するしかない。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-17 18:47 | ヤップな日々

いまどきの海@8月中旬

新月のあと、お月様がだんだん太くなっていく潮まわりの早朝ダイビングは透明度抜群!以下はここ数日の水中スナップのマトメです。

ここんとこ場所や潮の動きに応じて、水温は28度と29度の間を行ったり来たりしていますが、ミル・コーナーの浅場をダイビング中、でかいイソマグロが接近してきました↓↓

う ま そ う.....でしょう(笑)
a0043520_104334100.jpg

↓↓こちらはおなじみ、バーティーゴオグロメジロザメ(グレイリーフシャーク)たち。このときは14匹まで数えられましたけど、実際の個体数はそれより多かったかもしれません。もちろんツマグロ(ブラックチップリーフシャーク)も登場しました。
a0043520_104466.jpg

近ごろ(ここ1年くらい?)あまり見かけなくなっていた大きなメガネモチノウオ(ナポレオン)が、再びあちこちのリーフで見られるようになりました。ティーンエイジャー・サイズの小さなナポは結構いるので、大きなナポがいなくなった原因はおそらくオーバー・フィッシングだと思ってましたが、↓↓こうして大きなナポが突然あちこちに戻ってきたのを見ると、すごく嬉しいけれど、ちょっと不思議です。
a0043520_10443460.jpg

↓↓こちらもおなじみのヤップ名物(!)カンムリブダイです。ヤップの海ではどこにでもいる魚ですが、やはり数が減ったかな...と思ってましたら、最近また増えてきたような...。これらの根付魚が海を渡って回遊するとは思えないので、ダイバーが水中で見かける数がときに増減する理由は、いろいろ考えられるでしょう。
a0043520_1045162.jpg

↓↓最後の〆は、エンマゴチさん。マンタがなかなか出ないミル・チャネルで、じっと哲学的瞑想にふけっておられました^^
a0043520_10455756.jpg

それはそうと、ここんとこのマンタさんの出席率ですが...見れたり見れなかったりと、またかなり低迷気味ですぅ...(苦笑)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2010-08-16 23:40 | ヤップの自然・海