ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

寝覚めの悪い夜明け

a0043520_942037.jpg

きのうは総選挙の投開票の日。幸い次の日の出航時間が遅いので、ビールを何本買い込んでパソコンの前に陣取ろうか、つまみは何にしようかと、それなにりウキウキしながら午後7時ころ家に帰り着きPCを立ち上げてネットにアクセスしようとしたら...電話回線が切れていた!

家中の回線を点検したが異常なし。外はもう暗くてよくわからないので、一縷の希望を島を留守にするときにしか使っていないノートパソコンに託し、かすかな無線LANがキャッチできることを祈りながら急いで立ち上げた。ピッという電源が入った音がしたので、キッチンでビールのつまみを作ってデスクに戻ってみると...キャ~~~~、ノーパソコンまで死んじゃった!(電源がまったく入らない。焼き切れた感じ)。前回の日本行きで、コップ半分以上あったニンジンジュースをキーボートにぶちまけ、それ以来、左半分のキーの戻りが悪くはなっていたのだけど、ちゃんと動いていたのになあ...(号泣)。
(電話回線については、今朝明るくなってから外回りを調べたところ、おそらく子供のいたずら/遊びで外のケーブルが切断されていたことが判明。電話公社の係員が来るまで、とりあえず切られた線を結わえてこれを書いている)。


これは、わたしに選挙開票速報を見せないためのインボーか!(笑)

もう諦めてヤケビールを飲んで寝てしまおうかと思ったけれど、気を取り直し、仕事場(店)で開票速報を閲覧することにした。オメエの来る時間帯じゃネーダロ!と、ときならぬニンゲンの出現に、ゴキどもはすっごく嫌がっていたけれど、ひとりでビールを飲みながら(スタッフには内緒ね)、店のパソコンの前に午前3時半までかじりついていたら、バドワイザーたった3本なのに悪酔いしちゃったよ。

で、まあ、総選挙結果です。堂々の308議席!民主党さまオメデトーゴザイマス。わたしの最大の関心事は社民と共産の票の伸びだったのだけど、かろうじて選挙前と同数の議席は確保はしたものの、ドーンと重いものが心に澱んできた。とくに保坂展人さんの落選は、かえすがえすも残念だ。フリーの身となっての、今後のご活躍に期待したい。

自公の華麗なる敗退は自業自得というものの、その当落結果は、非常に不気味なものでもある。わが宿敵シンキロウに、弱小ブヨの身でありながら総攻撃をかけたにもかかわらず(笑)、ヤツは小選挙区で当選してしまった(悔)。まあこの年代のこういう性事家は、これからは絶滅危惧種になるだけだろうから、あまり心配はしていないけれどね。

そんなわたしが今いちばん心配し、今朝の寝覚めを悪くしている原因は、小泉進次郎や安倍晋三の当選である。彼らの圧勝は、日本を影で操る勢力に繋がっていると思う。これらが民主党のマエハラ一派や、みんなのなんたらやらと結託して、日本版ナチスを仕立て上げる...これがヤツラの筋書きなのではないか?安倍晋三や次世代の小泉進次郎には、日本版ヒットラーとして操られるキャラがあると感じる。

その安倍や小泉Jr.に、小選挙区で敗退し自民の比例で救われた連中が連なる。比例復活における取捨選択を(誰かの身になって考えれば)、なかなか意味深ではないか。ところで比例復活議員が政党再編で所属政党を離れれば当然その議席を失うはずだけど、今後、何が起きるかわからないので、注意して見ておきたい。なにはともあれ、ほんとうに「民」のスタンスに立った政治を立ち上げるには、これからが本番勝負、あまり「政権交代の美酒」に酔いしれることなく、感覚を研ぎ澄ましておこう。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-31 08:53 | ヤップでつらつら政治など

ツバメの飛来確認&総選挙の天気

a0043520_7292213.jpg

きのうは曇り空でときおり土砂降りもくるお天気の中、朝から夕方までフィールドに出て、ときにはマングローブの森の中で格闘する一日だった。そのストーリーはまたいつか書くことにして...

a0043520_730372.jpgヤップで今年初めてのツバメが確認できたことを、ここに報告しておく。ご存知のとおり、ツバメは渡り鳥、北半球が寒い冬の間は、南の暖かい地方で過ごす。

オレンジが熟れるのも、ムロアジの到来も、そして北からの渡り鳥の到来も、なんだか今年は早い気がするなあ...

a0043520_7311217.jpgきのうのお天気の様子では、またヤップの西のほうで熱帯低気圧が発生しかけそうな雰囲気で、きょうのお天気も心配してたのだけど、幸い、雲の塊りが早めに北西に移動してくれているようだ。きょうはスノーケリング・ツアーが入っているが、曇り空だけどあまり降られることはなさそうだ。

a0043520_732837.gifところで気になるのは日本の総選挙。台風11号が出来かけたときから、どうして今頃こんな位置で?と思っていたけど、まさか、ここまでニアミスするとは...(どこかの組織が台風をコントロールしていると思われても仕方がないね)。

台風が発生しやすい地域は年によって変動があるが、今年は主にヤップとフィリピンの間やや北よりで出来ている。それなのに、ああ、それなのに...?でも、ニアミスでよかった。お天気が崩れる前に、早めに選挙に行きまょう>>関東地方の方々!上の台風11号のコースはJTWC(Joint Typhoon Warning Center)より。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-30 06:40 | ヤップの自然・陸

モリオットセー♪

ここまで言うかってなタイトルですが(笑)、ヤップの美しいカヌーを背景に、今夜はドロドロに汚れた日本の政治屋とメディアの嘘をブッチまけ~
a0043520_23565234.jpg

だって飯山一郎さんも、こうおっしゃってますんねえ..
.のりPが可哀相でならない.…これは飯山一郎の本音・本心です.

 もしも…,
 押尾学の “麻薬・売春・全裸変死事件” がなかったら…,
 そして…,
 石川の森一族の “麻薬・シャブ疑惑” がなかったら…,
 さらに…,
 総選挙がなかったら…,
 のりPが,こんなにも叩き抜かれることはなかったでしょう….
 のりPの事件ひとつだけを見ても…,
 この国はおかしい!
 全国の皆さん,
 8月30日,
 この国のあり方を大きく変える! …そういう行動を起こしましょう.
そう思っている人がたくさんいる証拠に、無実の罪で檻に入れられている植草一秀さんのブログは、人気ブログランキングで連日、堂々の1位を確保、毎日訪れてポチッとクリックして植草さんを励ましている人がこんなにもいるのだ。もう嘘と脅しとヤクで塗り固めた政治は通らないんだってば。

とか思っていたら、のりPが捨て子だっただのとか、いきなり今度はお涙ちょうだいの流れが出てきた。まだしばらく「のりP」ねたでにぎわしておくのと、早期復帰のレールづくりとで、双方折り合いがついたってことか?ったく、えーかげんにせーよーだっ(怒)。

これはもう、最初から仕組まれていたとしか、思えない。

田中良紹の内憂外患:のりピーで「目くらまし」
http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/hotjournal0908_002.html
押尾学と酒井法子という二人の芸能人の麻薬事件が相次いだ。かつての警視庁担当事件記者の目で見ると、事件に深みがあるのは圧倒的に押尾事件である。押尾学という俳優ではなく、事件の舞台となった六本木ヒルズに出入りする人種、その交友関係に闇があり、政財界に波及する可能性が高い。一方で酒井事件は芸能界によくある話で単純である。ところがメディアの報道は圧倒的にのりピーに割かれ、押尾事件は国民の目からは見えなくなった。情報操作をする側にとってこれは大成功である。
で、最後に株式日記と経済展望さんのあたりまえの総括:

政権交代によってご都合主義の警察組織は即刻、解体すべきではないだろうか。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/55cc3408b1fc99c5acb7fe6d438bc06a
自民党の大物議員や警察出身の議員が落選すれば、女性の携帯のリストから捜査の手が伸びるだろうし、議員が当選すれば警察に手が伸びて捜査は打ち切りになるはずだ。
自民党の大物議員>>あんたのことだよ、ミクロネシア利権も貪りつくしているモリオチロウ(森喜朗)さん!
 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-27 22:35 | 新聞捨ててテレビを消そう

どこからこんがらがったのか...自然との共生

a0043520_11373539.jpgウォネダイ・チャネルのすぐ外で潜っているとき、シャコガイがどっさりといるスポットを見つけた。しかも成長に時間のかかるヒレジャコ、ヤップ語ではこれらをトゥと呼んで、成長の早いオオシャコガイ、ファシュウと区別している。ニンゲンが手を出しさえしなければ、ヤップの自然資源は豊富なんだよなーとしみじみ。

a0043520_1138758.jpg昔はねえ、ヤップでもちゃんと計画してサカナを獲っていたし、農業にも漁業にも細々したルールがあって、みんな当たり前のように守っていたもんだよねー、それが崩れたのは、外国人が持ち込んだ「金」によって、自然からもらった生活の糧が「売り買い」できるようになったからだ...などど、G嬢相手に話あった。人類と生まれたからには、生活時間の6分の1くらいは食糧生産に従事しないと、ご飯をもらえないシステムにすれば良いのに...とも。

さて日本の将来を大きく左右する衆議院選挙をあと3日後に控えているわけだけれど、沖縄のサンゴやジュゴンのために頑張っておられるリーフチェッカーのさめさんからトラックバックをいただいた。

衆議院選挙に役立ててください
http://shark.ti-da.net/e2775219.html

a0043520_11384021.jpgさめさんたち「沖縄環境マニフェスト市民の会」では、沖縄選挙区から立候補している15名に対して、沖縄の環境問題について、どのような認識と政策を持っているかアンケート調査をしたという。

詳しくは上記リンクをお読みいただきたいのだけど、調査が沖縄選挙区に限定されているとはいえ、それぞれの政党がもつ傾向をしっかり反映していて、来る衆議院選挙の判断にはとても参考になりますねっ!

以下、さめさんの記事より、結果の一部を抜粋:
回答:7人
 社民党2人(2区・照屋寛徳、3区・新川秀清)
 民主党2人(3区・玉城デニー、4区・瑞慶覧長敏)
 共産党1人(1区・外間久子)
 自民党1人(4区・西銘恒三郎)
 無所属1人(3区・小渡 亨)

無回答:8人
 幸福実現党4人(1区・平良成輝、2区・富川昇、3区・金城竜郎、4区・富川満也)
 自民党3人(1区・国場幸之助、2区・安次富修、3区・嘉数知賢)
 国民新党1人(1区・下地幹郎)

---------中略--------

@再三の督促にもかかわらず回答者は7人と50%以下であった。無回答の候補者については、環境意識のなさ、無関心を憂慮するものである。

@回答をいただいた7人の中にも落差が見られる。沖縄のさまざまな環境問題・課題に対して誰が真摯に取り組もうとしているのかが読みとれる。

@政党別の評価
 社民党:立候補者2人全員に詳細な回答をいただき、その政策が具体的に理解できる。
 民主党:立候補者2人全員に回答いただいた。内容についてはかなり大雑把な面も見られる。
 共産党:立候補者1人中1人に丁寧な回答をいただいた。 
 自民党:立候補者4人中1人に真摯な回答をいただいた。3人は無回答。これまでの政権党として責任ある回答が欲しかった。
 無所属:立候補者1人中1人に回答をいただいた。環境はあくまで努力目標であり、まず「環境ありき」ではないとの立場を明らかにしていただいた。
 幸福実現党:立候補者4人全員が無回答。
 国民新党:立候補者1人中1人無回答。1区において優勢と伝えられる候補者だけに、無回答はきわめて残念である。

-------------------------------------------

アンケート結果:
各党の議員のこちらからの質問への回答は以下の表にまとめました。

pdfバージョン:
http://reefcheck.net/senkyo/kankyogiin.pdf
エクセルバージョン:
http://reefcheck.net/senkyo/kankyogiin.xls
泡瀬干潟を守る会が実施したアンケートもどうぞ:

http://www.awase.net/maekawa/ankesougou.htm



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-27 11:30 | ヤップの自然・海

あと5日...

今夜こそ書こう...と気張りながら、ずるずるとブログの更新をお休みしていた。毎日見に来てくださっておられる方、毎度すみません。
a0043520_19264688.jpg

写真は日曜日、ウォネダイ・チャネルの入り口で大集会をやっていたメガネモチノウオいや、標準和名よりもナポレオンとして知られているデカくなるベラさんたち。上の写真ではゴマ粒みたいだけど、
a0043520_19271995.jpg

ムリして引き伸ばせば、なんとかシルエットだけでもナポレオンっぽく見えるでしょ^^

ちょうど潮が下げ始めた直後で、水路の中から陸の土粒やプランクトンを含んだ濁った海水が出てきており、それを目当てにサカナが集まりやすいタイミングではあったが、デカイのから小さいのまで数えると、ナポレオンは10匹以上いたと思う。ところで、このサカナ、刺身や煮つけにするとおいしんんだよね~(コラコラ)

そして日曜日といえば、家に帰ってネットで日本のニュースを見るのが、ちょっと恐かった。だって、総選挙1週間前のこの週末に、なんか起きるという話があちこちで出ていたでしょ。何事もなくてホッとしたけれど、やはりまだ気になっている。と思ったら、緊急地震速報で誤報=「震度5弱」予測も揺れなし-電送データに誤り・気象庁(時事2009/08/25-12:26)だって。オイオイオ~イ(笑)。

あと5晩寝ると...と思うと、遠足の日の天気を心配しながら、寝る前に指折り数えていた子供のころを思い出すなあ。それよりも、気分はずーっと複雑だけれど。期日前投票に行ける人は、どんどん済ましちゃってくださいね。こっちの投票については、後日報告します。

そして↓コレラ↓の「落ちていただきたいダメンズ」の対立候補の方々には、ぜひとも:
モリ蕎麦はモリモリ食べて(石川2区)
利権クマは即刻退治し(長崎2区)
風車の羽をへし折り(東京10区)
怪しいOSはただちにAbendし(山国4区)
サル山軍団をぶっちぎり(東京8区)
瀬戸内の浜では潮干狩り(愛媛1区)
しちゃってください。これ以外にも、まだまだ、たくさんのオチロー候補がいるけれど、泣いても笑ってもあと5日!比例区の投票は、メジャーじゃないところにしたほうが、良いと思うなあ。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-25 19:05 | ヤップな日々

ウミショウブの開花を見た!

数日前の新月の大潮の前日、スノーケリング中に海面に漂うウミショウブEnhalus acoroides)の雄花を大量に見かけたので、翌日(8月20日)の大潮当日、スノーケリング・ツアーのランチ休憩に、ウミショウブが生えている入り江へ行ってみた。
a0043520_1582816.jpg

前日ほどではないけれど、ポツリ、ポツリと雄花が浮き始めたではないか。な~んだ、1日だけ一斉に開花するんじゃなくて、早まったり、出遅れたりするヤツもいるんだね(笑)。
a0043520_159714.jpg

早速マスクとスノーケルをつけ、腹を砂泥でこすりながら這うようにしてウミショウブ場へ行ってみると、いたいた!これがウミショウブの雌花です!

まわりを見回すと、2枚の包葉を開いた様々なステージの雌花が、あちこちで見つかった。時間帯は最干潮の直前で、雌花は水面下10から15センチくらいに没していた。包葉に包まれた3枚の花弁をこれから開こうとしているようにも見えるけれど、きょうの潮の下げ具合で、果たしてこの花たちが水面に出られるのだろうか?

a0043520_1594799.jpga0043520_15101891.jpg
ウミショウブの受粉は、花粉だけではなく、雄花が雌花に到達するという形式を取るのだそうだ。たとえば、カボチャの雄花が柄で切れて雌花まで移動するような形。それを想像するとオモシロイよね。

ウミショウブ:花のつくり・受粉
http://www.irumutiian.biz/seagrass/Enhalus.html
ウミショウブ雄花写真
http://www.irumutiian.biz/seagrass/Photoexhibition.html

水面に出て3枚の花弁を開いた雌花に、それより少し早めに浮き上がった雄花が水面を漂ってたどりつくという仕組みらしい。

a0043520_1511678.jpga0043520_15114125.jpg
水中で開きかけの雌花のまわりには、実のようなものもたくさん見かけた。それらは前回や前々回のの大潮のときに受粉した雌花が実をつけたものだろう。ということは、6月から8月の一番潮の引く時間帯に、けっこう個体によるペース、あるいは感(笑)で、開花しているってことかしら?ということは、出遅れたり早まったものには受粉のチャンスが減るというわけで、自然界もなかなか厳しいものだ。

それにしても、雄花が見当たらないなあ!

あちこち腹ばいで移動しながら探し回ったあげく、やっと、開いた2枚の抱葉の中から、気泡とともにポツリ、ポツリと浮き上がっている雄花を見つけたら...カメラのバッテリーが切れた!(涙)。というわけなので、雄花の様子は、こちらのサイトでどうぞ:

沖縄植物図鑑 ウミショウブ
http://qjy.web.infoseek.co.jp/okinawaplants/tochikagamika/umishobu.htm
神秘のウミショウブ(-1 雄花が走る)
http://qjy5.hp.infoseek.co.jp/2006-itsudemo/0710/umishoubu1.htm
神秘のウミショウブ(-2 雌花が待ち構える)
http://qjy5.hp.infoseek.co.jp/2006-itsudemo/0710/umishoubu2.htm

来年こそ、ちゃんと時間をとって、ウミショウブの開花・受粉のドラマを完全に観察したいものだ...

a0043520_15122248.jpgウミショウブはヤップ語でレム(Leem)と呼ばれ、かつては、その葉の両端に走る太い繊維から魚網を作ったそうだ。それらは親子何代にも使えるほどの丈夫さだったといわれており、その利用も、一株のウミショウブから収穫する葉は1枚ずつとか作法があって、資源を大事に使っていたという。

ヤップの海岸線を取りまく広大な藻場は、サンゴ場に比べてつい粗雑に歩いたりしてしまいがちだが、自然から与えられる限られた資源をひとつひとつ大切に生きた先人の知恵を忘れないようにしなければと、あらためて思った。

<関連記事>
ウミショウブの開花!
http://suyap.exblog.jp/7271311
まったりのスノーケリング
http://suyap.exblog.jp/8834504/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-22 18:54 | ヤップの自然・海

治水のできない森は伐採 or モリ蕎麦はモリモリ食べちゃおう(笑)

a0043520_2032521.jpgお陰さまで12日間ノンストップの出ずっぱりワーキングも無事にひと段落したので、きょうは久しぶりにG嬢とたっぷりおしゃべりしたり、ヤップの友達を誘ってランチしたりして過ごした。パソコンやデスクにうず高くたまった仕事は見ないようにしてね(笑)。

それで、ランチのあと某レストランで支払いをしていると、中から女将が顔を出したので、今年は例の日本のお子様軍団がこの店に来なくて良かったねと言うと、そうなのよ、いつも値切りまくるから、うちには何のメリットもないんだからねだって。
わたし:来年からは来ないことを祈りましょうよ。あれを使って公金を懐に入れていた日本の政治屋が、今度の選挙では落ちる可能性が高いみたいだから、白黒がわかる8月30日の深夜は祝杯よ!

女将:えっ、そんなことがわかるの?それじゃ、白黒わかったら電話ちょうだい、いっしょに祝杯あげましょ!
まあ、今からあまり明るい未来を期待しすぎるのも良くないけれど、わが宿敵シンキロウ氏がかなりヤバイらしいという情報は、ネット中にあふれかえっておりますしねえ(喜)。

a0043520_20325179.jpgところでラ・ターシュに魅せられた気弱な地上げ屋さんによると、夜な夜なシンキロウ氏の夢の中にまで登場なさっておられるという白いパンタロンをはいた美しい女性=田中みえこさんは、一部メディアが伝えたように森の伐採をしますとはおっしゃってはおらず、かわりにモリ蕎麦は、モリモリ食べちゃうのが一番!と、健全な食欲を発揮されているそうで...

それならば、わたしもシンキロウ氏をもう少し塩もみし、ついでに胡椒も適宜塗りたくって、田中みえこさんが美味しく食べられるようにして差し上げましょうか(笑)。

ラ・ターシュに魅せられて:日本に 「本当の議会制民主主義」 を定着させるのが願いであって、それができれば十分
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-146.html
ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報:メモ:芸能界麻薬汚染問題と森元首相(怪文書の類)
http://amesei.exblog.jp/10123542/
ネットゲリラ:M元首相と富永義政・元弁護士
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/08/post_3672.html
ネットゲリラ:誰が見てもバカ息子
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/08/post_0811.html

<森喜朗-ミクロネシア関連記事>
いきなり、ぶっちまけ
http://suyap.exblog.jp/2350980/
ミクロネシア諸島自然体験‐2006年少年少女自然体験交流-その壱
http://suyap.exblog.jp/3543578/
ミクロネシア諸島自然体験‐2006年少年少女自然体験交流-その弐-(財)モラロジー研究所との絡みは何だ?
http://suyap.exblog.jp/3699066/
ミクロネシア諸島自然体験‐2006年少年少女自然体験交流-その参-ご到着1日目
http://suyap.exblog.jp/4030932/
ミクロネシア諸島自然体験‐2006年少年少女自然体験交流-その四-使い捨て皿にプラ・フォーク?!
http://suyap.exblog.jp/4050590/
ミクロネシア諸島自然体験‐2006年少年少女自然体験交流-その五-やっぱり・・・
http://suyap.exblog.jp/4182374/
ミクロネシア諸島自然体験‐2007年少年少女自然体験交流-その壱
http://suyap.exblog.jp/5926151/
ミクロネシア諸島自然体験‐2008年少年少女自然体験交流-幕開け
http://suyap.exblog.jp/7354074/
ミクロネシア諸島自然体験‐2008年少年少女自然体験交流-島内散策
http://suyap.exblog.jp/7354154/
ミクロネシア諸島自然体験‐2008年少年少女自然体験交流-異文化交流
http://suyap.exblog.jp/7356708/
ミクロネシア諸島自然体験‐2008年少年少女自然体験交流-海辺の活動
http://suyap.exblog.jp/7357656/
ミクロネシア諸島自然体験‐2008年少年少女自然体験交流-現地州政府はツアー・オペレーターか?
http://suyap.exblog.jp/7357784/
ミクロネシア諸島自然体験‐2008年少年少女自然体験交流-ヤップでの(推定)支出額
http://suyap.exblog.jp/7357817/
新型インフルエンザもなんのその、今年もやってきたミクロネシア諸島自然体験‐2009年少年少女自然体験交流
http://suyap.exblog.jp/8689974/
余ったヤシノミ・ジュースは海に捨てましょう!?-ミクロネシア諸島自然体験‐2009年少年少女自然体験交流
http://suyap.exblog.jp/8692927/
怪しい会計報告書-ミクロネシア諸島自然体験‐2009年少年少女自然体験交流
http://suyap.exblog.jp/8692910/
はやく日本に帰りた~い-ミクロネシア諸島自然体験‐2009年少年少女自然体験交流
http://suyap.exblog.jp/8718115/



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-21 22:06 | ヤップでつらつら政治など

まったりのスノーケリング

a0043520_839107.jpg今朝も早くからツアーに出発だった。

きょうは新月の大潮1日前、朝の満潮時間は午前6時04分、この潮まわりでルムング島ツアーをこなすには、ゲストのピックアップ時間は午前6時半がギリギリで、それでもルムング島から帰ってくる頃には、潮がガンガン引いていた。大潮のときには、潮の動きが目に見えて変化するのでおもしろい。

a0043520_847261.jpgその後引き続いてスノーケリングだったので、潮が下げているけれど、ナマコヘブンに行ってみた。幸い、透明度は思ったほど落ちておらず、おまけに風が南西なので、水面はまるでプールのようにベタ凪ぎ。写真はクロオビアトヒキテンジクダイ(右上)と、マンジュウイシモチ(左)。

a0043520_853183.jpgナマコヘブン#2ブイ下で、おなじみのダスキーアネモネフィッシュを捜したが、なかなか見つからなくて、何度も素潜りを繰り返していたら、サンゴの瓦礫の下に、怒ったような顔をしたダスキー君がいた。よく見たら、宿主のタマイタダキイソギンチャクごと、瓦礫の下に埋もれていた。あれだけ大きなコロニーだったのに、見える部分はほんの一部、ダスキーアネモネフィッシュも2匹しか見当たらなかった。

a0043520_854067.jpg←これがその壊されたサンゴの遠景。ちょっと引っかけただけでポロッと壊れるユビエダハマサンゴは、たまに自重で崩壊することもあるが、このケースは自重崩壊ではなく、明らかに人為だと思う。重すぎるウエイトを装着したダイバーが、写真を撮ろうとしてしがみついたか、不注意なダイバーが蹴飛ばしたか、あるいは夜潜りでサカナを取っていたローカルが踏み飛ばしたか...。このポイントにまだブイを打ってなかった頃の素晴らしさを思い出しながら、心が沈んでいった。

a0043520_854412.jpgそれでも静かな海はまったりとして楽しいものだ。引き続きスノーケリングを続けていると、ゲストのひとりから、うわ~っと声が上がった。急いで泳ぎ寄ってみると、なんとオニカマスがブイ下をうろうろしていた。あとで聞いてみると、ボートの上からも、水中にいるデカイやつが見えたそうだ。ここは、たまにマンタも通りがかることもあるし、けっこう珍しいハプニングが期待できる場所でもあるなあ...(たぶん水路の地形のせいだと思う)。

a0043520_8552986.jpg休憩後は、ゲストのリクエストで、ちょっと外海に出てみた。水路から流れ出る濁った海水で透明度はイマイチだったけれど、いつもは波がブレイクしている場所にも泳いでいけるくらい、まったりと静か、ナポレオンカスミアジなど大きなものもたくさんいたが、腹ばい状態の浅瀬まで行ってみると、モンツキカエルウオの天国だった。貿易風のシーズンはドッド~ンと波がブレイクしている場所なので、とてもここまで近寄れない。モンツキ君も見慣れない闖入者にとまどい気味かも?(笑)。

a0043520_8561590.jpg長~い、まったりスノーケリングを終えてボートに上がる頃、海面は小さな発砲スチロール製のビーズをばらまいたようになっていた。えっ、ウミショウブが今頃開花?去年は7月2日の新月直前(7月3日が新月だった)に大量に開花したのを目撃したのに
、今年はまだ見かけないなーと思っていたら、1ヶ月遅れの開花だったのか?(あるいは、個体によって開花に多少のずれがあるのか?)
ウミショウブの開花!
なにはともあれ、1年に1度と言われている自然のイベントに遭遇するのはうれしいことだ。ひとりでニヤニヤしながら海面の発砲スチロールを手に取って戯れるわたしは、ゲストの目からはちょっと「変」に見えたかも。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-19 22:25 | ヤップの自然・海

うっふっふ、わたしも塩をおくりましょうか(笑)

a0043520_0164837.jpgまだもう少し忙しい日々が続く...(もういくつ寝ると...の心境^^)。

きょうはゴフヌー・チャネルマンタを求めてスノーケリングをしながら潮の上がるのを待って、夕方から伝統カヌー乗船体験、ならびにマングローブの水路を巡るという盛りだくさんのツアーだった。

あいにくマンタはわたしともうひとりのゲストしか見られなかったけれど、浅瀬にはたくさんのサカナがいて、楽しんでいただけたのではないかと思う。

a0043520_015432.jpg一日をフルにお日様の下で過ごして翌日の準備をし、暗くなって帰宅してご飯をかき込んだら、次はメイルをチェックしてネットでニュースや気になるブログを閲覧する。もうそのころには脳内は半分以上昏睡状態なのだけれど、植草さんのブログに行って人気ブログランキングをクリックすることだけは忘れない!彼が収監されてから2週間になろうというのに、いまだに政治ブログランキングで堂々の一位を保っているのは、それほど気づいた人々が多いということだろう。このうねりは、もう誰にも止められない。

a0043520_0144380.jpgそう、もう誰にも止められないうねりは、ついに、わが宿敵(笑)シンキロウのおっちゃんにも及んでいると言う。メデタイ、メデタイ!!!

飯山一郎さんちでは、“落選運動”が始まった。選挙の告示後でも、特定候補の当選運動ではなく、落選運動なら違反にならないのだそうだ。シンキロウははじめ、「落選決定候補」として、その重点候補(ターゲット)にさえ加えられていなかったのだけど(爆笑)、諸事情で(笑)、加えてもらったようだ。

〇 飯山一郎のちいさなホームページ:2009/08/17(月) さぁ,明日から選挙本番です!
http://www.geocities.jp/o1180/index.html

そして、ラ・ターシュに魅せられた気弱な地上げ屋さんからは、「象の巨体に蚤の心臓。サメの脳みそにオットセイの下半身」なシンキロウのおっちゃんの、意外な一面を教えられたけれど、

ラ・ターシュに魅せられて:赤城帝国?? 「すでに勝負はついてます」 バンソウコウ赤城
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-142.html

ハーレムのメスがどんどん逃げ出していくあわれなオットセイが、ヒステリックに無駄な雄たけびを上げている絵が見えてくるようだ。

しかし選挙は水物、これから何が起こるや知れず、まだまだ油断は禁物デスネ。それにインボーロンシャというレッテルを恐れずに言えば、奴らはこの週末に大地震を起こすだろうという説もあり、それらを見捨てては置けない気もするけれど、これから起こることには、すべて注意を払って見守っていこうと思う。それもこれも歴史の大転換点に証人として生かされているのだと思えば、ラッキーなめぐり合わせかもしれない。

んでば、どんどん縮んでいくオットセイに、わたしも塩を送っておきましょっと:

はやく日本に帰りた~い-ミクロネシア諸島自然体験‐2009年少年少女自然体験交流
http://suyap.exblog.jp/8718115/
ヤップと恥ずかしいニホン
http://suyap.exblog.jp/i17/



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-17 21:37 | ヤップでつらつら政治など

マンタ酔い

例年ならあまり混まないヤップの「お盆休みシーズン」なのに、今年は珍しく各方面からゲストにお越しいただいている。それでブログも怠り勝ちなのに、毎日チェキしてくださってありがとうございます。
a0043520_23433663.jpg

幸い、マンタもこのとおり大活躍(?)してくれて、とくに8月13日と14日には、透明度の良いときに5~6匹のマンタが乱舞という一瞬もあり、スノーケリングのゲストも水面からマンタ・ウォッチをバッチリきめて、大喜びしていただけた。ありがとう>>マンタ

a0043520_23441470.jpg

おまけに14日にはゴフヌー・チャネルに向かう途上でイルカの群れにも遭遇!とにかく、すごいツキを感じた1日だった。おまけにファースト・ダイブでエントリーした直後からマンタに囲まれ、ガイドとしては何もすることなし(笑)。あまりにもマンタが行ったり来たりするので、目がグルグルしちゃったという人も出る始末、名づけてマンタ酔い

a0043520_23445358.jpg

そんなマンタの大判振る舞いに夢中になっているダイバーのまわりを、これまた興奮気味のツカエイが泳ぎ回っていた。まるでねえ、ねえ、ボクもここにいるんだけど!こっちも見てよ!とでも言いたげに(笑)。

それにしても、タイミングってすごいなと思う。ファースト・ダイブであれだけ行きかっていたマンタが、セカンド・ダイブでは、パタリと姿を消したのだから。

いちおう時間による潮の動きや水路の混み具合を予想して出航時間を決めてはいるが、マンタの気持(気分)までは読めないから、やはり、こういうのは運としか言い様がない。何が良運を呼んだのかはしれないが、ともかくありがとう>>マンタ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-08-15 23:36 | ヤップの自然・海