ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2008年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

マンタのいない海もまた良し^^

a0043520_10173546.jpga0043520_10182417.jpg
なんとなく、マンタさんの登場率が鈍ってる。きょうは大潮の3日後と最高の潮まわりだったのに、ミル・チャネルでは、どこのサービスのボートもマンタに会えなかった。かわりに、最近やけにアクティブなオニカマスと、いつもながら見事なギンガメアジの群れを堪能!水温がちょっと下がったかなって感じたけど、わたしのコンピューターの水温表示は、28度と29度の間をいったりきたり。

a0043520_1019119.jpga0043520_10202855.jpg
満潮を過ぎて濁りが強まったミル・チャネルを後にして、2ダイブめはバーティーゴへ。きょうのサメさんは、9匹のオグロメジロザメ(グレイ・リーフシャーク)と、あちこちの浅瀬からスーッと出てくるので個体数まで数え切れないツマグロ(ブラックチップ・リーフシャーク)がいっぱい。しかし、それよりもなによりも、ここは昔からウミウシ類の宝庫でもありまして...。1センチにも満たないシロウネイボウミウシPhyllidiopsis striata)のベイビー(↑左↑)を見つけたのは、嬉しかったなあ。

a0043520_10212464.jpga0043520_10221397.jpg
きょうはイボウミウシが豊富のようで...。ハッキリと触覚を立てたコイボウミウシPhyllidiella pustulosa)(↑左↑)と、ハイイロイボウミウシPhyllidiella granulatus)(↑右↑)。

a0043520_10225616.jpga0043520_10233188.jpg
波もうねりも小さかったので、5mで安全停止を終えたあと、サンゴ場を抜けたサーフ・ゾーンまで移動して、この辺の住人である小さな方々にもご挨拶。↑右↑はミヤコキセンスズメダイChrysiptera brownriggii Bennett, 1828 あるいはChrysiptera leucopoma Cuvier, 1830)。あはは、学名っておもしろいね、違いは命名が2年の違いだけに見えるけど、いまだに両方の名前が通用してるみたいだ。日本の図鑑は(Chrysiptera leucopoma)を採用しているのが多いみたい。どっちかに決めないのは、なにか理由があるのかなあ...

同じく↑左↑のモンツキカエルウオBlenniella chrysospilos syn. Istiblennius coronatus)も複雑な事情をお持ちのようで(笑)。こっちは属名が2つ、われはモンツキカエルウオ属(Blenniella)なりやカエルウオ属(Istiblennius)なりや?まあ本家から分家が独立するようなもんだと思うけど、日本にあまりモンツキカエルウオ属(Blenniella)がいないので、日本のセンセー方はいまだにモンツキカエルウオちゃんをカエルウオ属(Istiblennius)にしたままなのだろうか?←オレにはどっちだっていいことだよぉ by モンツキカエルウオ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-31 23:12 | ヤップの自然・海

植草一秀さんのブログが開きません!(←復旧しました)

さっきから何度も、

植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

にアクセスしようとしているのですが、
@nifty
アクセスが禁止されています。

ブラウザで再読み込み(Reload)や再起動していただいても表示されない場合は、 URLが間違っているか、
ココログ開設者がココログを閉じた可能性があります。
という表示が出てきます。

植草さ~ん、大丈夫ですか?

プロバイダー@niftyのメンテかなにかであることを祈ります。

とりあえずキャッシュはこちらで:

http://209.85.173.104/search?q=cache:ZqSOuuFoZ9kJ:uekusak.cocolog-nifty.com/blog/+%E6%A4%8D%E8%8D%89%E4%B8%80%E7%A7%80%E3%80%81%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp&lr=lang_ja

明日にはまた読めるようになってますように...

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

で、翌日(10月31日)ですが、復旧したようです。
アクセスができなくなっていた理由はこちらで:

植草一秀の『知られざる真実』 ブログ復旧のお知らせ
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-2389.html
過去掲載記事における記事転載に関連することがらについて、ココログ様より連絡をいただいていたメールの確認が遅れ、一時的にブログへのアクセスができない状況になりました。
それで、その問題になった転載記事とは、
「麻生首相:あす就任1カ月 連夜の「会合」批判にキレる」と題する、麻生首相のぶらさがり会見のやり取りと麻生首相の動静を伝える毎日新聞記事を、「毎日新聞記事を転載する」との記述をつけて転載
したものだったようです。

多くのブロガーが新聞記事の転載をしているなか、やはり植草さんは狙い打ちにあってるんですねー。たぶん毎日もビビッてるんだろうなあ...

でも、植草さんのケースは見せしめで、これからどんどんこういう規制がエスカレートしていくでしょう。さあ、どうやってこれを跳ね返すか、こっちも戦術を磨かなければ^^



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-30 23:43 | 番外

道端の花たち

a0043520_738553.jpgきのうは醜いタコ坊主の写真をアップしたので、今回はヤップの道端に咲いている可憐な花たちの写真を載せて、身の回りの出来事なぞをちょこっと書きおき。

10月も末も迎えて、いよいよ北東の貿易風が強まる季節の直前の、妙にうららかなお天気が続いている。

a0043520_739453.jpgうららかというのは、風があまりない、ということで、ということは、よくスコールも来るということで、ということは、草木は水が豊富で生き生きしているということで、今年はいつになくその傾向がハッキリしているので、貿易風が吹き始めたらビュービューと吹きまくるのではないかという予感がする。

a0043520_7403130.jpgそうなると、東側の海は大時化、ダイバーにとって気になる潜れるポイントも西側のミル・チャネルが主体で、リーフ北端からまわりこんでくるうねりが強すぎると、西側でさえアウト・リーフには出れない日も多くなるわけだ。こんな「予感」はあまり当たってほしくないけど、でも、そういう天気のほうが「正常」なのかもね。さあ、実際はどうなりますか...

a0043520_7411915.jpgそれだもんだから、今はまさに時化の前の静けさって感じで、なんだか今の世界情勢と似てるような気もするし。

今後の世界経済はどうなりますかねえ...?なんて話をしながら、ヤップのあるホテルの経営者とランチしたのだけど、ドルが今後どうなるかも不安だし、世界各国からヤップへ来るツーリストの今後の動向もホント読みづらいし...こんなときには、大きな動きはしないで、細々と生きながらえる覚悟が必要だね。いざとなったら、わたしたちはこの島でろう城したって生きていけるわけだし(笑)。

a0043520_7421064.jpgそのあとで、虫歯の詰め物が取れてたのでヤップ州立病院の歯科へ行った。いろいろ迷ったけど、このまま穴ぼこを開けたままにするより、とりあえず詰めてもらったほうが良いかなと。それにしても、どこの国でも歯医者さんに行くのは、怖いもんだなあ。ウィーン、ウィーンと悪い歯を削られて、あら、この歯医者さん、上手いじゃん、痛くないじゃん、と緊張が解けかけた瞬間、ブルッ。ひゃ~、歯医者の手からドリルがすべって、くちびるを削られちゃったよ~~(涙)



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-29 07:09 | ヤップな日々

このタコ坊主を逮捕せよ!(追記あり)(さらに追記あり)

a0043520_2334380.jpgといっても、←このヤップのタコさんではなくて... きのうの記事でちょこっと書いた、10月26日の午後、東京は渋谷駅の近くで起きた事件。

ハチ公前から徒歩15分くらいのところにある麻生サンの豪邸(その土地だけで62億だって!)を歩いて見に行こうとしていた50人くらいの人たちのひとりに、まず、いきなり抱きかかえるようにぶち当たってきたのがいて、それに向かってコウボウだ、押さえろ、コウボウだぞ、と、コウモリ傘を振りながら陣頭指揮とってたタコ坊主、あんたのことです。

いくら天下のケーサツがマスゴミを買収しても、ばっちり証拠ビデオが撮られてて、YouTubeにも載っている。
   ↓  ↓
10/26 麻生邸宅見学に向かおうとしたら逮捕
http://jp.youtube.com/watch?v=3Uw701vV15U

ちなみに、このタコ坊主がわめいている言葉の意味は、コウボウ=公妨(公務執行妨害)、押さえろ=逮捕しろってことね。こんな用語はギョーカイの人しか使わんでしょ(苦笑)

a0043520_084623.jpg

この茹でダコ坊主(笑)は、警視庁公安部第1課所属ではないかとのウワサもあり。しかも(モチロン)、たまたま通りかかったわけじゃなく、ハチ公前からずーっとチャンスを狙ってたのが、ちゃんとビデオに写ってる。
   ↓  ↓
渋谷署警察官との事前打ち合わせ@ハチ公前
http://jp.youtube.com/watch?v=VukCiIa0BDc

主催者と、人あたりの良さそうな渋谷警察署警備課のオマワリサンとの平和でのどかな対話(!)の後ろで、このユニークなタコ坊主の顔がばっちり見え隠れ、虎視眈々とチャンスをうかがってるって感じ、オヌシも役者じゃのう(笑)。

a0043520_10301982.jpg(11月05日追記)
この人当たりの良さそうな渋谷警察署警備課のオマワリサンも、実はタコ坊主とグルであった可能性が露呈した!

麻生でてこい!!リアリティツアー救援会ブログ
移動・訪問を許可した宇井警備課長もはじめからグルだった??

http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/blog-entry-36.html

さらにこんなのも
   ↓  ↓
10/26 渋谷、逮捕前に打ち合わせするデカ
http://jp.youtube.com/watch?v=Rc0Z0Yvde8E

ちなみに、公務執行妨害とは、ケイサツ官など公務員が公共のための仕事(公務)をするのを妨害するってことだけど、ケイサツ権を持っている彼らが、自分らの勝手な都合で暴走できないように、ちゃんと法律のタガがはめてある:
特別公務員暴行陵虐罪(刑法第195条)
裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者が、その職務を行うに当たり、被告人、被疑者その他の者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときは、七年以下の懲役又は禁錮に処せられる(刑法第195条第1項)。

また、法令により拘禁された者を看守し又は護送する者がその拘禁された者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときも、第1項の罪と同様の法定刑とする。 (刑法第195条第2項)

a0043520_23414413.jpg


したがって、「特別公務員暴行りょう虐罪」の共謀(笑)、ならびにその実行主犯格として、このタコ坊主こそ逮捕されなきゃならんのだ!というわけ:

・ヘンリー・オーツの独り言:「公妨だ!」とわめくこのタコ坊主を逮捕せよ!
http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-531.html

・★遊牧民★のメディア棒読み!:タコ坊主公安を逮捕せよ!
http://blog.goo.ne.jp/nakanisi-sakai/e/ec8386b5abb1a627ad82da8908a42a81

それにしても、テレビや新聞など(いわゆるマスゴミ)が垂れ流す大嘘報道は、あまりにもひどい。だってツアー主催者が開いた記者会見で、この不当逮捕の瞬間ビデオを各社の記者達はしっかり見ていながら、結局、出てきたのは警察の意向を汲んだ嘘っぱち報道ばかりだからね。証拠はこちら。
   ↓  ↓
記者会見/「麻生太郎邸拝見ツアー」参加者3名不当逮捕
http://jp.youtube.com/watch?v=V6X0rVVUMY8

こういう状況のなか、事件の真実を伝え、逮捕された3人の救援活動をするために、さっそくブログが立ち上がった。
   ↓  ↓
麻生でてこい!!リアリティツアー救援会ブログ
62億円の豪邸を見物に行こうとしただけで逮捕ぉ!?!?
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/

またフリーター全般労働組合の声明でも次のように述べている:

Spiders’ Nest :: フリーター全般労働組合:声明 不当逮捕への抗議と62億円の豪邸の持ち主への要求
http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/20081027/1225133724
逮捕された3名には、公安条例違反や公務執行妨害といった「罪状」がならべられていますが、昨夜からすでに一部流されている報道は、警察による虚偽の情報にもとづいたものです。まず、警察はこの移動を「デモ行進」であるとは一度も宣言していませんし、中止の勧告=「再三の警告」もありませんでした。そしてもちろん、参加者が「警察官を殴るなどした」「暴行を加えた」などという事実もいっさいありません。これらは、現場で撮影されている複数のビデオ映像からも明らかです。

 私たちは、道理に対しここまでの非道理を重ね、仲間を逮捕し拘禁し、事実を完全にねじ曲げた虚偽宣伝を行う警察に、厳然と抗議し、3人の仲間をすぐに返すことを要求します。

いっぽう、こちらは永瀬ユキのブログから教えていただいた、梅田駅前で大騒ぎする阪神ファンの映像(勝った後はこれくらい当たり前だそうで^^)

http://www.youtube.com/watch?v=KZlNPFF6BfQ

要するに、大人数が集まって大音響を出しながら大騒ぎしても、ケーサツから何のお咎めもないこともあれば、今回のように、たった50人程度が拡声器もなにも使わず歩いただけで、同じくらいの数のケーサツがきて、当たり屋的にちょっかい出してパクっていくこともある。いったい、その判断基準は何やねん?そこら辺を、これから裁判を通してハッキリしていってもらいたい。

たまたま先頭近くにいたために「狙い撃ち逮捕」され、いまだに渋谷署に拘留されている3人にはほんとうにとんだ災難だったけど、これからの法廷パーフォーマンス、頑張ってくいださい。彼らをバックアップする活動への資金協力はこちらへ:
郵便振替 00110-6-317603
口座名 フリーター全般労働組合
※通信欄に「asou」または「あそう」と大きくお書きください


(新情報追記)
ゆでだこデカは「ドーガネ」という名前らしいぞ!
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/blog-entry-14.html
かなりの確度の筋から、ゆでだこデカは「ドーガネ」という名前だという情報が寄せられました。
みなさん、「ドーガネ」ですよ「ドーガネ」!。もしゆでだこを見かけたら、みんなで「ドーガネさーん!」と呼び掛けてみましょう。そしてもしドーガネさんが公務執行中だったら、ばしばし写真を撮ってネットで公開しちゃいましょう!

というわけで、このタコ坊主デカ「ドーガネ」に関する情報募集中!
なにやらお持ちの方は、
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/
に掲載のメイルアドレスにたれこみを!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-28 22:59 | 新聞捨ててテレビを消そう

どこいくニホン-グッド・ニュースと、ひゃーなニュース

a0043520_9165111.jpg

ヤップ・マリーナにあるうちの桟橋から、ちょっと雲の多い夕焼けを撮ってみた。明日もカラッとは晴れそうもないな...

さて、当ブログでも何度も取り上げた植草一秀さん痴漢冤罪事件、ちょっと良いニュースです。
(ご本人の報告)
植草一秀の『知られざる真実』:朝日放送名誉毀損訴訟「お詫び放送」で和解
(さすがわれらがとらちゃん、完璧なまとめです)
晴天とら日和:植草一秀さん、朝日放送名誉毀損訴訟「お詫び放送」で和解。(10月30日朝日放送「ムーブ!」にて「お詫び放送」予定)
というわけで、10月30日朝日放送「ムーブ!」で行われる予定の「お詫び放送」、見といてねー^^

次はひゃーなニュースの巻。最近のニホンのケーサツは、大勢でぞろぞろ町を歩いてただけで意のままに人を逮捕できるらしい。70年代の過激派デモで逮捕より、よほど逮捕術を進化させたんだなあ(怒):
(現場にいたヘンリー・オーツさんのレポート)
ヘンリー・オーツの独り言:日本はいつから法治国家ではなくなったのですか?あっ・そ~さん??麻生首相のお宅拝見ツアーで3人逮捕!
(JANJANの記事)
「麻生さんのおうちを見にいこう」のどかな企画に警察暴力―関係者に聞いた現場の真実
大手新聞やテレビじゃ、こんな現実を報道してないようだから、要注意!
時間がないので、きょうはこれにて...


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-27 09:13 | 新聞捨ててテレビを消そう

雨でも海の中はオモシロイ

a0043520_15142021.jpg晴れたかと思うとザーッと雨がくる不安定なお天気の中、→はスノーケリング中に水面直下から雨を撮ったもの。

水中でもザーッと雨の音がしてて水面も波立ってるけど、こんなときはボートの上で雨風に吹かれて寒い思いするより、水中にいたほうが暖かくて快適だ。陽が陰って風が吹くと気温は一気に下がるけど(それにカラダが濡れているとなお寒い)、水温は常に一定、ただいま29度!

a0043520_151571.jpgちょっとリキ入れて泳ぐと汗ばむくらいの水温だけど、サンゴたちもかなり高温適応したのか、オニヒトデさえいなければ、かなり元気にしているみたい。

いったい←この写真に写りこんだサンゴの種類はいくつになるんだろう...楽園、楽園^^

a0043520_15161746.jpg8センチ近くもある巨大なヨゾライボウミウシPhyllidia carlsonhoffi)も、パクパクなにかを食べている。この旺盛な食欲がキミの活力の元なのね。ごく浅いリーフの上から、十数メートルの海底まで、食べるものがあるところには、どこでも住まいます by ヨゾライボウミウシ(笑)。

a0043520_1547736.jpgそのすぐ側で、イシヨウジCorythoichthys haematopterus)のペアが、のんびりお散歩中(とは見えても、彼らもお食事中なのだけど)。

その形がおもしろいせいか、イシヨウジはスノーケラーの間でもかなりの人気者で、いつまでもじーっと見いっている人がいたり、海もいろいろ、サカナもいろいろ、人もいろいろ、だから生物っておもしろいんだね。

(おまけのニュース)
あらまっ、↓こんな記事↓が!
2008年10月25日(土)「しんぶん赤旗」
事故米 「極力主食用に」/農水省が通知していた/売却方法も定める/紙議員入手
同局長通知は二〇〇七年三月三十日付。政府保管の国産米と輸入米(ミニマムアクセス米)などの「事故品については、極力主食用に充当する」と明記。~~中略~~「事故米穀を主食用として卸売業者に売却する場合」の処理方法を詳しく定め、食用売却を容認していました。
さっすが調査力の共産党、グッジョブ!(いっそのこと名前を共生党に変えると、もっと票取れると思うけど)



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-26 15:10 | ヤップの自然・海

ミルチャネルのオニヒトデ

a0043520_2321192.jpgまだ10月なのに、もう貿易風っぽいのが吹き始めたり、かと思うと大雨がザーッときたり、不安定な天候が続いている。そんななかで、今回はミル・チャネルサンゴの状態を、ちょこっとメモしておきたい。

まず左上の写真は、上げの潮できれいにブルーに抜けた、わりと水路入り口に近くい場所。4年前の台風のあと、島のあちこちでオニヒトデがわ~っと増えて、たくさんのサンゴがダメージを受けたが、

a0043520_23231142.jpgその後、サンゴが回復したところとオニヒトデがまだ頑張っているところが、まばらに存在するようになった。でもやはり、サンゴの元気なところには、サカナが多いなあ。

ミル・チャネルの内外のサンゴにも、去年あたりからオニヒトデの食害が目立つようになった。

a0043520_2322987.jpgそんな中でも、水路の入り口からちょっと入ったところからマンタ・リッジの手前までの浅瀬では、まだまだ元気なサンゴがたくさん見られる。

ところで、サンゴにとっての心配は、オニヒトデだけではない。

a0043520_2324213.jpg写真→のように、誰か(スノーケルをするツーリスト、あるいはサカナ獲りのローカル)に踏みつけられて壊れたサンゴをちらほら見かけると、悲しくなる。

島の食料/観光資源としてだけでなく、サンゴの存在が、島やひいては地球全体の生態系にとってがいかに大切か...、それに、そもそもサンゴとはなにか...、そういう教育というか、情報伝達する努力を、もっともっとせねばなあ。

a0043520_23243387.jpga0043520_23253938.jpg
ところで、「まだまだ元気なサンゴがたくさん見られる」場所にだって、実はしっかりオニヒトデさんはいるのである。昼間はサンゴの陰に隠れて、↑このように↓ ひっそり生きているけど、彼らのまわりには、食べられて白くなったサンゴがあるから、見つけるのは簡単だ。

a0043520_23262691.jpga0043520_2327731.jpg
そこで、さしずめ日本のダイビング・サービスならオニヒトデ退治ツアーなんかを組めるんだろうけど、ヤップではそんな動きはないし、やたらめったらオニヒトデ退治することには懐疑的だ。無計画で中途半端なオニヒトデ退治は、かえってオニヒトデをだらだらと繁殖させる-という観察結果に、わたしは同意する。
オニヒトデ対策

a0043520_23274465.jpga0043520_23283078.jpg
ミル・チャネルでも、マンタリッジから内側の浅瀬では、オニヒトデに食われて死んでしまったサンゴが目立つけど、

a0043520_2329558.jpga0043520_23295942.jpg
↑こういうふう↑に、まばらに回復しているのがいたり、元気なベイビーが成長しつつあったりしていたりと、まったくの荒れ果てたガレ場ではないわけで、なんだかサンゴオニヒトデが無言の押し競饅頭をやっているみたいで、しょせん海の中ではお邪魔虫のニンゲンでしかないわたしとしては、サンゴオニヒトデのどっちかいっぽうだけに味方するわけにもいかず、お互いに頑張って生きてねーと、両方の生の充実を祈るしかないのだ。

それよりも何よりも、陸上や海中の本来の自然環境を、できるだけいじらないでおくことこそが、ニンゲンのできる最高の恩返しなのだよなあ。しかしまあ...、問題山積みでありますなあ...ヤップでもね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2008-10-25 10:16 | ヤップのオニヒトデ

夜釣り~♪

a0043520_8564266.jpgパシュイ(Pathuuy)の季節がやってきた!

このサカナ(→)は、9月から10月にかけて、ヤップ島の大きな内湾をもつ水路に大群で入ってくる。たくさん釣れる年と、まあまあの年と、あまり釣れない年と、どういうわけか年によって開きが大きいが、今年はよく釣れているという。

パシュイというのはヤップ語で、なぜか英語ではみんなマッカレル(Mackerel=サバ)と呼んでいるが、ちゃんとゼイゴがあるし、魚種としてはサバ系ではなくアジ系、たぶんモロDecapterus macrosomaで間違いないと思う。ムロアジDecapterus muroadsiモロは違うサカナなのでご注意を)

ちなみに近種のクサヤムロDecapterus macarellusのことを英語でマッカレル・スキャッド(Mackerel scad=サバアジ?)というから、それが短略されてマッカレルになったんじゃないだろうか。もしかしたら、ヤップ語ではこれらムロアジ属のサカナをみなパシュイと呼ぶのかもしれないけど、今獲れているのはクサヤムロじゃなくてモロのほう。

a0043520_8572814.jpgさてパシュイが湾内奥深くまで入ってくると、ヤップの男たちの話題にパシュイが上らない日はなく、ボートを持ってる連中は、いつ夜釣りに行くか計画を練る。そしてあちこちの店に、←のような日本製の仕掛けがドーンと置かれるようになる。ちなみにサビキ(SABIKI)は既にヤップ語です(笑)。

値段は左から、$4.45 → $2.95 → $1.90とかなりバラツキがあるけど、どれが良いのか、わたしにはわからない。

a0043520_1471671.jpga0043520_1441477.jpg面白いのは、「サバ皮」となっているほうが、「特選サバ皮」より高いこと。店が値段をつけ間違えたのか、それともそういうものなのか。

ヤップでは魚とりは原則男の仕事だし、わたし自身もあまり釣りに興味がないので、パシュイ釣りにも大昔に1度だけ連れて行ってもらったことがある程度だったけど、考えてみたら自前のボートがあるわけで、それに燃料を提供すれば、うちの男のスタッフどもはホイホイ乗ってくるに違いない(笑)。というわけで、仕事と潮と月と天候の兼ね合いを測りつつ、やっと実現しましたスタッフ&家族のパシュイ釣り!

あいにく仕事の終了が遅れ、日没過ぎての出航になってしまったけど、さらに仕掛けのパッケージを開けたとたんに自分の指を釣ってしまうような足手まといなわたしもいるけど(苦笑)、男たちはなんとか真っ暗な釣り場にボートを固定して、他人まかせのわたしの仕掛けも作ってくれて、いざ開始!

a0043520_94861.jpgそれで、ふつうの「サバ皮」より値段の安い「特選サバ皮」に錘をつけて水面に投げ込んだ途端、ガッツン、ガッツンという衝撃。ひゃ~、何か重いよ、重いよ、錘より重いよ~~~とわけのわからないことを叫ぶわたしに、ラインを引け、早く引けとまわり中から声。心の準備もなくビギナーズ・ラックを得てしまったわたしは、引き上げたラインを持って呆然としてるだけで、見かねたPさんがサカナをはずしてくれた。Lの奥さんのPさんとわたしが、今夜の紅2点なのだ

a0043520_954592.jpgで、こんなドジなビギナーに騙されちゃったかわいそうなサカナは、まだ若魚のギンガメアジCaranx sexfasciatus)2匹だった。ヤップでもあちこちで大きな群れを作っているこのサカナは、若いうちは内湾や浅所に入ってくるという。ああ、ご愁傷さま、でも美味しそう...(笑)。

a0043520_944774.jpg魚とりにはバッド・ラック・ウーマンで悪名を馳せているわたしが口を切ったのが意外だったのか、みんなも発奮して、徐々にパシュイが上がりはじめた。一方、わたしにとって意外だったのは、3人の男スタッフ全員が、それぞれ立派なリール付ロッドを持ってきたこと。手釣りはPとわたしの女勢だけだ。十数年前になる前回のパシュイ釣りでは、誰もロッドなんか持ってなかったよ。ヤップも変わったもんだなあ...

a0043520_964369.jpgそれにしても、日没後でポイントの選定がままならなかったこと、潮が下げる時間帯だったこと、すでに10月に入ってパシュイの食いが落ちてきていること、などの理由で、5人が4時間ほど頑張って、やっと40匹ちょっと、それも1/3はギンガメアジの若魚という釣り果となった。深夜になって潮が上げ始めたので夜通し釣りたい向きもあったが、今夜はほどほどに...ということにして、12時すぎにみんなで引き上げた。

そして釣り果の分配。分け前はそれぞれが釣った数ではなく、それぞれの後ろに控える家族の頭数にしたがう-こんな気配りを、わたしが何も言わなくても自分らでさっさとやってしまうヤップの男どもが頼もしい。

a0043520_973896.jpg深夜1時過ぎ、分け前のギンガメアジ2匹とパシュイ2匹を持って家に帰ってくると、さすがにお腹ぺこぺこで、それから思わず本格的なムニエルを作り始めてしまった。夜明けのムニエル、なかなかに美味しゅうございました。

PS: シーズン中に、もう一度くらい行きたいな~と、いままた仕事のスケジュールと潮見表を見比べている。やっぱり釣れると釣りはオモシロイ(爆)。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-24 10:03 | ヤップの自然・海

あたしをおうちに連れてって!

a0043520_21551524.jpg現在ヤップに到着する飛行機はすべて夜便だ。4年前の台風以来、真っ暗だったヤップの空港も、昨年からやっとライトも回復して明るくなったとはいえ、暗がりで待つのに慣れたわれわれローカルは、薄暗がりでボーッと到着を待つことが多い。

そんな暗がりから出てきてゲストをお迎えし、ホテルの送迎車へご案内中、自分のジーンズに何かリボンのようなものがくっついているのを発見した。

a0043520_21555070.jpgひゃ~、何これ~!
まわりの人から、グッド・ラック・サインだよと笑われながら仕事を終えても、このリボンはまだジーンズにしがみついたままだった。

そのまま車を運転して家に帰り、激写開始(笑)。どうやら、このリボンは、スズメガ科のキイロスズメTheretra nessus)らしい。それに、キイロスズメの幼虫は、ヤマノイモ科の植物を食草とするらしいから、ヤップにいてもおかしくない。

a0043520_21562622.jpgどんなに動いても、車に入っても、家の中に入っても、わたしの洗いさらしたジーンズにひたすらしがみついているキイロスズメちゃん、いったい、どうしちゃったの?もしかしたら、降りだした雨に翅が濡れてしまって、飛べなくなったのかなあ...

a0043520_215762.jpgでも、家の中をこんな大きなガに飛び回られては、ゆっくり寝てられないし、キイロスズメちゃんも困ってしまうだろうから、庭に出てそーっとジーンズからはずしてあげたら、よたよたと短い距離を飛んで、最初は濡れた地面に着地し、それからひらりと舞い上がって、すぐ側のノニの木に止まってくれた。そうそう、キミにはそこのほうが居心地が良いはずだよ...



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-21 23:49 | ヤップの自然・陸

ガニール橋はただいま一方通行中

2004年4月9日にヤップを通り抜けたスーパー台風Sudalのお陰で、FEMA(合衆国連邦緊急事態管理庁)から降ってきた援助金、32ミリオン・ダラー(約32億円)を使った復興工事が、最後の大詰めを迎えている。ガードレールや欄干が折れ曲がり、電信柱が全部海に倒れたコロニアのガニール橋でも、またまたなにやら工事が始まった。
a0043520_1818646.jpg

平日の労働時間帯は、こうして(赤い矢印の先)、緑と赤の旗を持ったおっさんが立って、いちおう交通整理をしているが...

a0043520_18184840.jpgランチ・タイムやアフター・ワークは←ご覧のとおり、無人です(笑)。

事情を知らない車だと、夜なんか怖いんじゃないかな。"ONE LANE CLOSE"の看板は、けっこう直前まで見えにくい。

a0043520_18192524.jpgま、ヤップじゃ事情を知らない車なんかほとんど走っていないという前提の下で(笑)、たいていは、こうしてお行儀よく順番待ちしているわけだ。

だけど、きょうは前方クリアを確認して渡ろうとしたときに、先を急ぐタクシーが突然侵入しかけてあせったけど、気づいたタクシーが後進してくれたので、事なきを得た。

a0043520_1820249.jpgで、旗振りおじさん以外には、数人が路面にうずくまっているように見えるだけなので、今ごろ何を直してるんだろうと思ったら...。度重なる台風で波に洗われてザラザラになったコンクリート橋の路面に、どうやらセメントを塗っているだけらしい、もちろん手塗りで(爆)。写真の向こう側が塗り終わって開通した路線で、手前がこれからのところ。

この橋は4年前のSudal以前から、その老朽化が心配されていて、やれ架け替える必要があるだの、予算はどうするだの、そろそろ入札があるそうだだの、いろんな話が出ては消えしていたのだけど、台風以降、架け替えの話は、とんと聞かなくなったなあ。

a0043520_18203757.jpg→オイル・パイプラインの通っている外側も、こんなにきれいになったし、テトラポットまで入れてもらった(こんなとこのテトラって役に立つのかどうかは不明にしても)

↓→内湾側の土手も、しっかりセメントで固められたのだけど、

a0043520_18211590.jpg結局、橋はそのままらしい。FEMAの巨大援助のお陰で、車の量が台風前より5倍近くになっている(壊れた家なんかその気になったらいつでも自分らで建て替えられるんだから、もらった金で車買ったり豪遊するっての当然でしょ-笑)というのに、橋はそのままで、路面だけセメント塗りとはなあ...。もっとも橋の老朽化説がガセだった可能性もあるし、FEMAに架け替えを認められなかったのかもしれないし、真相はわからないけど、いかにも、いま追い込みで予算を消化してますぅって感じの工事だね。

a0043520_18215667.jpgちなみに、こちら→は、太平洋戦争中に連合軍(米軍)の空襲で破壊されるまで同じ場所にかかっていた橋(当時はヤップ橋と呼ばれた)。当時のコロニアには今よりしゃれた建物もたくさんあったらしいけど、こうして橋のたもとから見える景色は、いまとそんなに変わってないかも。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-10-21 17:23 | ヤップな日々