ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

<   2008年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

戦争の落し物

a0043520_2140367.jpgヤップには今でも太平洋戦争の残骸がたくさん残っているけど、左の写真もそのひとつ。海の中に設置してあった機雷(正式には機械水雷というらしい)のアンカーだったという。

実はダイバーが潜る水域にも、こういうのがたくさん転がっている。まわりにサンゴがついているけど、なんだか人工構造物っぽいなーと思っていたら、あるとき、それらを設置したという元日本海軍の兵隊さんたちに出会う機会があり、それらが機雷のアンカーであることが判明した。ヤップの主だった水路、米軍上陸用舟艇が乗り越えられそうなリーフの外に、100個以上も設置したそうだ。機雷については、こちらに図解が出ている:
http://ww1.m78.com/topix-2/minetorpedo.html
じゃあ、このアンカーでつながれて、中層をプカプカ浮いていた爆弾部分はどうなったのかというと、敗戦後、翌年2月まで居残って、米軍と武器や爆弾の処理を手伝っていた元兵隊さんたちに聞くと、だいたい処理はしたけど、わかんなくなったのもあったそうだ。つい先日も、コロニアにつづくウォネダイ・チャネルで機雷が見つかって、米軍の爆発物処理隊が来て爆破していった。海底で砂に埋もれてサンゴがついて、今ではまったく機雷には見えなくなってしまったものもあるだろうと思う。

ところで、海上自衛隊の機雷掃海技術は世界でもトップクラスだという。なんでそうなっちゃったかというと、太平洋戦争後、日本のまわりには、日本軍が設置した係維機雷(ヤップのと同じアンカーで繋いであるもの)が約5万5千個、米軍の感応機雷(戦闘機から投下されたもの)が約1万1千個もあって、そのすべての処理を元海軍の人たちでやったのだそうだ。国際条約では、機雷の処理は設置した国があたるとされているにもかかわらず、米軍の投下した機雷の処理まで日本が負わされた。その結果、7年間で79人もの犠牲者を出しながら。機雷の処理はそれほど危険を伴うものらしい。
機雷掃海(航路啓開)部隊
機雷との戦い-海上自衛隊と掃海任務(1)
ヤップでは、機雷だけでなく、戦争中に米軍が投下した爆弾の不発弾が、いまでもときどき爆発する。それらは地中に埋もれてどこにあるかわからないので、焼畑で作付けするヤムイモの季節になると、うっかり不発弾の近くで火を焚いて突然爆発-ということが起きやすい。うちのG嬢のおじさんも経験者だ。幸い、畑に火をつけたあと、ちょっと用事ができて近くの家に戻っていたので、けが人は出なかったらしい。



続きを読む
by suyap | 2008-05-31 21:18 | ヤップと戦争

オニヒトデの嗜好について

北東の貿易風が弱まる季節になって、東側のリーフに潜る機会が増えた。ヤップ島の東側一帯のサンゴは、4年前の超大型台風以来、物理的ダメージ+高潮によって流出したシルトによる窒息>>オニヒトデの大発生という経過をたどって、まだまだ往時のような状態に戻るには時間がかかりそうだ。オニヒトデが最も猛威を振るっていたのは2年前だが、現在もちらほらと見かける状態が続いている。

a0043520_9225358.jpgところで、最近、オニヒトデが食べているサンゴの種類に、地域による偏りがあるのに気がついた。まだまだ十分な証拠ではないが、ちょこちょこ撮った写真をアップしておく。

まずこの季節にマンタを見るためにダイバーがよく潜るゴフヌー・チャネル付近では、オニヒトデが取り付いているのは、ほとんどコブハマサンゴPorites lutea)だ(写真左上)。

a0043520_9232752.jpga0043520_9235567.jpg
ところが、ゴフヌー・チャネルを出て数分南にボートを走らせたところにあるワニヤン・リーフガッポウオニヒトデが取りついているのは、ほとんどキクメイシ科のナガレサンゴLeptoria phrygia)なのだ。近くにコブハマサンゴPorites lutea)もあるのに、これはいったいどうしたことだ...?

a0043520_9244146.jpgいっぽう、まだサンゴが元気な南西側のリーフでも、たまにオニヒトデを見かけることはあるが、彼らが取りついているのは、ほとんどミドリイシ類のようだ。写真はスパニッシュ・ウォールハナバチミドリイシAcropora cytherea)をむさぼるオニヒトデくん。

こういう地域ごとのオニヒトデの食性の違いに気づいたのは最近なので、まだまだ調査が足りないけど、これからも注意して写真を撮り貯めていこうと思ってます。

あっ、それから、ぜんぜん違うイッシューですが、グリーンピース・ジャパン事務局長の星川淳さんのブログをご紹介しときます:

二つの疑問
http://www.greenpeace.or.jp/info/staff/jun.hoshikawa/21?gv

結びの部分だけ引用すると:
国民/市民みずからNGO市民セクターを無法者扱いし、白と黒のあいだの多様な選択肢を否定することは、国家/政府/公権力に対するチェック責任を放棄することにほかならない。その結果、国家/政府/公権力/軍による最悪の暴走を許してしまったのが、つい60数年前の日本だったのではないか。
個々の環境現場とグリーンピースのかかわり方については100%支持できない部分もわたしにはあるけど、今回の「横領鯨肉奪取」については、グリーンピースの方法論を全面的に指示します。上記はとても示唆にとむ文章なので、一読をお薦めします。

もうひとつ、沖縄のリーフチェッカー’さめ’さんから、埋め立てで殺されるサンゴたちの悲しい報告が入りました:

悲しい方の顔
http://shark.ti-da.net/d2008-05-30.html



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2008-05-30 10:18 | ヤップのオニヒトデ

たいへんだ~~~!(追記あり)

何をいまさら...と思われるかもしれないが、情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)さんからいただいたトラック・バックを開いたとたん、が~んとショックを受けた。そうか、こういうことだったのか...ネット規制法案(怒)

あたまがマイルドなわたしは、こうしてお絵かきしてもらわないと、なかなかピーンと来ないのです。図は上記ヤメ蚊さんからお借りしました:
a0043520_10573523.jpg

以下はヤメ蚊さんの過去記事の拾い読みです:

ネット規制はもう目前~インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/c4c0daa93cfb4397fcdab0b3d04bb427
要は、官製の自主規制をさせて権力監視を防止しようと言うことだ。名目は、児童などの健全育成、しかし、実体は権力批判防止…。本当にせこい…。
フィルタリング規制の方針が固まりつつある~総務省検討会中間報告骨子示す
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/3539df3fb6ed4238079d2331d456c767

ポルノ、暴力を突破口として政府によるネット規制を既成事実化させるな~独立行政委員会の早期設置を!
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/049af5436d775f5522217ef3ff2ec94f
 こういう誰も反対できないところからででも、レーティング・フィルタリングという「武器」をいったん、政府が入手したら、それから先は、政府にたてつく情報を「デマ率」でまとめて封じめようっていう発想になるまではそんなに時間がかからないと思う。

 表現内容の規制に踏み込むのであれば、管轄は総務省でなく、独立行政委員会によるべきだ。米国ではFCC,英国ではBCCなど、世界では当然のように独立行政委員会による規制がなされている。
有害サイト規制法案~民主党案をまね損ねた自民党案、有害法案であることは明白
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/ad9f9cc5f4782197d0c00b822d59e512

ネット規制、今国会成立へ~政府主導の規制には絶対反対の声を!
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/aca227644c1fcaa6aa6219f250a7f1d0
 読売新聞が、紙版で、自民党と民主党が、28日、いわゆる有害サイトへの子供の接続を制限することができるフィルタリングサービスの導入を携帯電話会社に義務づけることを柱とするネット規制法案を今国会で成立させる方針で合意したことを伝えている。合意内容は明確ではないが、仮に自民党案の政府主導のネット規制が導入された場合、いずれ、冒頭に掲げたような規制にまで拡大されるおそれがある。自民党案への妥協を許さないように、民主党議員に働きかける必要がある。ネットの自由を欲する全ての人がこの週末に両党に政府主導の規制に反対する趣旨の声を届けよう!
ヤメ蚊さんによれば、少なくとも、先進国ではスタンダードとなっている独立行政委員会によるネット行政は盛り込まれそうにない。ということです。このままでは、ニホンは世界一の言論統制国家になってしまいそう... なんとかしなくちゃ!

(追記)
海舌さん経由村野瀬玲奈さんから、インターネット規制法案に反対し、自主的規制の方法をさぐるディー・エヌ・エー、ネットスター、マイクロソフト、ヤフー、楽天が、共同声明文を出していることを知った。以下その声明文:



More
by suyap | 2008-05-29 11:16 | 新聞捨ててテレビを消そう

そろそろパンノミの収穫期

ヤップの北西で発生した台風5号(06W Nakri)の引きずる雲で、ヤップは1日中、降ったり止んだりのお天気だった。風については、昨日(5月27日)お昼前後に大雨がきて、そのとき突然、南東から南という、うちの桟橋にとって最悪の風向きになって、大慌てでロープを張って補強したのだけど、2時間もしないうちに風は南南西にまわり弱まった。今は静かで雨がちなだけです。

a0043520_9494972.jpg

さて、そんな雨がちなヤップの5月後半だけど、そろそろパンノキの実(パンノミ、ヤップ語でソウ《Thow》、ヤップ州離島語でマイ《Mai》)が出回る季節。4年前の台風(1号 Sudal)のあと、2年間もパンノミが生らなかったのが、去年やっと回復してきたことを、今年はパンノミが少し増えたという記事にしたけど、去年はそれでもかつてのようにパンノミだらけ-という印象は受けなかった。やはり台風によってパンノキが減っているせいか、離島からの移住者が増えて需要のほうが多いせいか、それともローカル・フード離れが進んで、あまり収穫をしなくなったせいか... たぶん、その全部が相まって、パンノミがマーケットに並んだり、もらったりする頻度が減っているのだろう。

いまは、あちこちの木で、収穫一歩手前の大きなパンノミがぶらさがっている。

<パンノミの料理例>
ヤップデイ続き-女の仕事①

<パンノキについて>
今年はパンノミが少し増えた
ブレッドフルーツ/ウル



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-05-28 23:15 | ヤップの伝統食

海の中はウミウシの季節&植草一秀さんのブログ

a0043520_18161980.jpgいつのまにか海の中ではウミウシがよく見られる季節になった。左は体長2センチにも満たないシロウネイボウミウシPhyllidiopsis striata)。小さくて超ジミーなウミウシだけど、見つけると、いつもうっとりしてしまう。写真が小さくて見づらいけど、へりの白いヒダヒダは薄い絹布のようにデリケートで、黒と白の畝立った縞模様を引き立てている。こんな幅の白黒の縞を着こなすのって、けっこうムズカシイよね。

a0043520_1817133.jpg右はハイイロイボウミウシPhyllidiella granulatus)のベイビー。成長すると4~5センチにもなるけど、この個体はまだ1センチくらい、身体を丸めて一生懸命カイメンにむしゃぶりついていた。たくさん食べて大きくなれよ~(笑)。

ところで、とらちゃんからいただいたトラック・バックで、植草一秀さんがブログを開設されたのを知った。
「きっこのブログ」様と「植草一秀の『知られざる真実』」様に見る、「債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら」の【ぐっちーさん】氏の二つの正反対の対応。
とらちゃんも、植草さんご自身も、【ぐっちーさん】氏のでっちあげ記事掲載について触れているからここでは書かないけれど、植草さんに対する印象操作が、マスコミだけでなく著名ブロガーまで使っていかに巧妙に仕立てあげられていたか、よくわかる。
「債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら」について
中年金融マンぐっちーさんコラム盗用問題報道について
なにはともあれ、こうしてブログで植草さんご自身の主張が公開されるようになったのは素晴らしいことだ。とはいっても、いたるところに撒き散らされた「やらせ」「捏造」「でっちあげ」報道に対して、コツコツと真実を綴り続けていくのは、たいへんな作業であろう。
無実の主張を貫くことが困難な状況のなかで、無実の主張を一貫して貫いているのは、人間としての尊厳を重視し、いかなる困難を伴うにせよ、無実の罪を認めることはできないと考えるからです。私はどのような迫害を受けようとも、無実の真相を明らかにするために闘い抜いて参ります。    
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_8a3a.html
植草さんて、ほんとうに不器用なくらい、正直で真っ直ぐな人なんだなあ。

こんな人を無実の罪に陥れた、コイズミ政権とそれに連なる者どもにこそ、はやく、ほんとうの罪を償ってもらわなければ...


神州の泉さんの記事を追記しておきます。
ブログにも見られる印象操作(植草事件の底流に)
 植草さんは明らかに官憲が介入した国策的謀略によって嵌められている。繰り返すが、京急事件が通常の冤罪でないことは、上述したようにマスメディアが関係者をいっさい取材しなかったということと、京浜蒲田駅に厳重な緘口令が敷かれたことだ。加えて、初期報道と機を一にして、mixiの日記とぐっちーなる人物のブログ記事によって、偽装事件があたかも本物であったかのように補強されているという事実だ。

 植草事件の本質とは、植草さんが、小泉政権の国益毀損性とマクロ政策的なミスリーディングを早くから舌鋒鋭く指摘していたことと、りそなインサイダー取引疑惑を指弾していたということに尽きるのだ。これによって彼は権力筋に狙い撃ちされたのである。また、そのことによって、植草さんは他の良心的な有識者たちへの『見せしめ』にされたのだ。植草さんの存在の重さを認識して欲しい。小泉政権がもたらした非道な結果は、今、国民全体を徹底的に苦しめている。小泉政権の初期からこの非道性を見抜き、良心にもとづいて果敢に批判していた植草さんを今こそ見直して欲しい。この素晴らしい先見性、そして並外れた洞察力、同胞への無償の思いは日本再建に絶対に必要なのだ。彼はけっして犯罪者ではない。他の有識者よりも弱者に対する同胞愛が強かったために、悪魔に魂を売った権力筋に狙い撃ちされた無辜の人物なのだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-05-27 23:12 | 新聞捨ててテレビを消そう

メイル・サーバー不調により...

ヤップ州もその一部であるミクロネシア連邦のインターネット・プロバイダーは1社だけだ。その名はFederated States of Micronesia Telecommunications Corportation(FSM テレコム)、政府から予算を受け、固定電話、携帯電話、インターネット、地上波デジタル(州によってはケーブル)テレビ、などのサービスを行う公社である。また、この国には、FSM テレコム以外の事業者は通信事業に参入できないという法律がある。昔の電電公社とKDDとNHKを一緒にしたようなもの-と思っていただければ良いかも。

a0043520_16491199.jpg

小さな島嶼国で、過当な競争や外資による独占が行われると困ったもんなので、まあこのシステムが良いほうに転がると良い面も多くあるのだけど、競争原理が働かないので、いまどきの他国に比べると、インターネットや通常電話の料金はベラボーに高い。それでもまあ、以前に比べると、サービスも多少は改善されつつあるので、その努力や良しとしよう。

し か し...
先週の金曜日から、突然、じぶんのメイル・サーバーに全くアクセスできなくなってしまうという事態が発生した!以下、少し長くなるけど、その顛末を記録しておこう。

a0043520_16495942.gif金曜日の午前8時過ぎまでは、正常にメイルをダウンロードできていた。それから1日中ツアーに出ていて、トラブルに気づいたのは午後7時をまわってから。しかし、こちらでは1回や2回ではアクセスできないことは日常茶飯事なので、たいして気にせずに他の仕事を片付けながら、引き続き何回かトライしたけど、「パスワードまたはユーザー・ネーム、あるいはその両方が違います」の表示。その夜はあきらめて寝ることにして、翌朝、再びトライしたけど、やはり駄目。この日も1日中ツアーが入っていたので、あまり追求せずにデスクを離れた。(左上の写真はFSM テレコムのサイトから借用)

土曜日は飛行機の来る日だから、パラオ行きとグアム行きの両便でゲストの出入りがあると、ほとんど落ち着いてデスクに座ってられない。その間、何度かトライしてはいたが、まったく状況は変わらず、ヤフー・アカウントからのダウンロードもNGで、違うパソコンからのアクセスもNG、え~い、ままよっ、返事を待っている人がいたら、コメンナサイと思いながらも、本格的な「調査」は翌日曜日から開始することにした。



続きを読む
by suyap | 2008-05-26 16:50 | ヤップな日々

バナナのギョウザ

a0043520_0334398.jpgメルマガで配信された原田和明さんの世界の環境ホットニュースの記事「毒餃子事件報道を検証する」を読んでるうちに、すっごくギョウザが食べたくなった。そこで、冷蔵庫の中をゴソゴソ捜してみると、1週間前に外皮(苞)をむいたまま忘れていた、しおれかけたバナナの花、これまた色の変わりかけたサヤインゲンが見つかった。これにタマネギとナスを加えて、すべてを刻んで炒めてギョウザの具を作る。モチロン、わたしのギョウザは100%ベジタリアン♪♪

a0043520_0343179.jpg以前ヨーロッパ人の友人と、世界のキッチン・ガベージ・レシピ(台所のゴミ処理料理)と称して、イタリア代表=ピザ、スペイン代表=トルティーヤ、ニホン代表=オコノミヤキ&ゾースイ(雑炊)なんかを残り物で作りあったものだけど、東北部中国代表=ギョウザという手もあったのだなあ... 食材の残り物を出さないのがホンモノの料理人だとわたしは思うし、生活人としても当たり前のことだと思っている。

a0043520_035111.jpg余談はさておき、マイ・ギョウザの皮には、ニホンから運んだとっておきのオーサワジャパン謹製「石臼挽き完全粉」を奮発することにした。完全粉とは要するに小麦粉のふすまを取り除かないで挽いた全粒粉のことだけど、具とともに小麦粉も味わうベジ・ギョウザには、ボテッと分厚く作った全粒粉がよく似合うのだ。

a0043520_0354516.jpgは~い、できあがり~!
たまたま残ってたバナナの花を初めてギョウザの具に使ったけど、これが大当たり。重厚な皮の味わいに、軽いサクサク感とほんのりした甘みが加わって、もう病みつきになりそう(笑)。

ところで、あれほど騒いでたニホンの毒餃子事件は、どうなっちゃったんだろう?世界の環境ホット・ニュースで書いている毒餃子事件報道の検証を順に読んでいくと、オカシイのはどこか、見当がついてくる。シリーズはまだ続くようです。一読をお薦めします:

第1回 被害者は有機リン中毒だったか?
第2回 濃度の問題
第3回 食い違う高砂市民病院の対応
第4回 兵庫県警はなぜ早期に発表しなかったか?
第5回 第二成分はあったか?
第6回 誘導される世論(1)「針穴はなかった」報道
第7回 ジクロルボス
第8回 情報操作?
第9回 兵庫県警の不作為
第10回 検出されなかったメタミドホス
第11回 警察庁の勘違い?
第12回 アセフェート
第13回 千葉県警はジクロルボスに無関心
第14回 メタミドホス 2万ppm 考
第15回 毒物は東京を目指す。
第16回 今度は除草剤
第17回 未明の対策会議
第18回 国内捜査終了



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2008-05-26 15:51 | ちょっと情報

チヨコレート

適度に疲れてお腹が空いたときに甘いものを売ってる場所に近寄ると、つい衝動買いしてしまうことがある。↓これら↓もそう。

a0043520_69385.jpga0043520_6153943.jpg
YCAストアのレジ近くに、入荷したばかりのロッテのチョコレートがずらりと並んでいた。しかも甘すぎなくてうますぎるアーモンド・チョコレートに1粒まるごとマカデミア・チョコレート、なかなかそそるコピーではありませんか!1箱それぞれ$2.40ナリは少々高いけど、ロッテはヤップでは新顔だし... え~い、両方食べ比べてみよう(笑)。それぞれ1箱ずつショッピング・バスケットに入れてレジを済ませ、ルンルンと戻ってきて、早速、♪♪試食♪♪

a0043520_5595720.jpg

。 。 。 。 。ヤ ラ レ タ !

アーモンド・チョコレートのセロファン包装を開けて、引き出し式の箱を引いてみると、粒々のチョコレートは片側に寄ってくっつきもっつき... 熱帯の太陽の下では、荷開け作業中の梱包箱が一瞬でも日に当たる瞬間があると、簡単にこんな状態になってしまう。ヤップで売られているチョコレートは、メーカーや種類を問わず、こんなことは珍しくない。したがってロッテさんに文句があるわけじゃありません。森永の板チョコ、BLACKチョコレートの銀紙を開けると、まるで誰かがかじったように半分になっていたこともある。



続きを読む
by suyap | 2008-05-23 23:54 | ヤップで頑張る日本製品

[ダイビング]カメさんにマンタさんに...そして静かなゴフヌー・チャネル♪

a0043520_7323588.jpgきょうは小さな低気圧の通過のため、また少し雨が降りがちなお天気、最後にまたマンタを見ておこうかな~というゲストのリクエストで、ゴフヌー・チャネルに潜った。朝のうちから風は南にまわったし、満潮時間も午前8時21分となっているので、7時に出航すれば透明度も期待できるかなと思ってたのに、ゴフヌー側はすでに潮が止まってて、透明度も15mくらい、それにお目当てのマンタがいない... なかなか、うまく行かないものですねえ。

a0043520_7314672.jpgでも水中でイルカを見たりしてツキまくっているゲストのお陰で(!)、今度は捕食に夢中のタイマイに出会った。甲羅の長さが50センチくらいのまだチビだったけど、近寄っても、近寄っても、まだ近寄っても(笑)、わたしたちのことなどお構いなしで、一心不乱に餌の海藻を穴からほじりだしてパクついていた。こんなときに捕まえようと思ったら簡単だ(モチロン、わたしたちは水中の生物にはぜ~ったいに手を出しませんけど!)。タイマイ(ベッコウ細工にされるカメさんです)は、これだから絶滅危惧種になってしまうのだろうね。もっと警戒感を持ちなさい>タイマイ君(笑)。

a0043520_7331542.jpg水から上がっても、きょうはゴフヌーに来ているボートはもう1隻だけだった。5月前半のあの混雑とはうって変わって静まり返っている水路、ヤップもいよいよ夏場のスロー・シーズン突入か。ところで、マンタ~、どうしちゃったの~~~?と休憩中に船上からテレパシー電話をかけといたら、2ダイブ目でやっとご登場遊ばした。まだ若いメスのマンタです。まわりに他のダイバーがいないので、ゆ~っくり観察できてラッキー!ただし、潮が下げ始めたので、だんだん流れと濁りが強くなってきたけれど。



続きを読む
by suyap | 2008-05-22 23:25 | ヤップの自然・海

人間は地球上のことすらまともにできないのに... by Shark

きょうのダイビングは、ミル・チャネルギンガメアジタイマイさんをたっぷり見たあと、ヴァーティーゴで、サメさんオンパレードだった。お空はちょっぴり曇ってたけど、海は静か~~~

a0043520_2246674.jpg

ところで、ヴァーティーゴでたくさんのサメさんに囲まれてうっとりしていると、ツマグロのお母さんがズズ~っと寄ってきて、こう言ったのよ:
人間は地球上のことすらまともにできないのに、宇宙基本法案なんて、なにごとよ?!
どうやら、きょうの参議院で成立しちゃったみたいです。反対したのは、共産党と社民党だけらしい。わたしは不勉強でまだ経過や内容をよく把握してないんだけど、どうやら、
●自衛隊による高解像度の偵察衛星の打ち上げや運用など、宇宙空間の防衛目的利用を可能にする。
●専守防衛の範囲内で軍事的利用を認める。ただし専守防衛として容認し得る範囲は、国際情勢や科学技術水準に応じて政府が判断することになり、歯止めが不十分だとの懸念が出ている。
●具体的には、ミサイル防衛(MD)で弾道ミサイルの発射を検知する早期警戒衛星の導入などが可能になるとみられる。
というシロモノらしい。「国際情勢」というのは、「アメリカの意向」と読み替えたほうが良いみたい。こんなブッソウなものを、たった4時間の審議で民主党まで加わってしゃんしゃんしちゃったのだから、不勉強なのはわたしだけじゃなく、国会議員さんたちも同様だね。それとも確信犯?



続きを読む
by suyap | 2008-05-21 21:38 | ヤップでつらつら政治など