ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

カテゴリ:No Nukes!( 140 )

お勉強

今年は偏西風が早く吹き始めると言われていますが、ということはヤップ島など赤道に近いところでは、貿易風が例年よりも早く強まるのかしら...? まだ9月は始まったばかりなのに、そろそろ貿易風の季節に思いが飛んでます。
a0043520_22542581.jpg

ちょっと珍しい二段重ねのハイビスカスを見つけました。もちろんこれは、日本列島でかなり見られるようになった奇形花ではございません^^

とはいっても、「奇形」という言葉が頭をよぎったついでに、ちょっと「ほ」のことを復習してみましょう。

長野県に「引退」してしまった小出先生につぐ熊取六人衆のひとり、今中哲二せんせいのJOC臨界事故に際してのレポート(2000年3月)です。

中性子とその被曝について
https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CB4QFjAAahUKEwiZrJjKiuDHAhXmH6YKHbfmDCE&url=http%3A%2F%2Fwww.rri.kyoto-u.ac.jp%2FNSRG%2Fkouen%2Fim000317.PDF&usg=AFQjCNFH4eXsyeOaRxW7LP4DjqWUyj77OA
4.中性子被曝の特徴
・ 人体の大部分は水であるため、中性子の人体への影響は、水に含まれる水素との衝突が重要となる。中性子によりはじき跳ばされた水素の原子核(陽子)は、周辺の分子をイオン化したりして細胞の構成分子を破壊する。

・ ガンマ線やベータ線に比べ、中性子被曝にともなうイオン化は、その軌跡にそって密に生じる(高LET 放射線)。そのため、同じ被曝量(吸収線量D:グレイ)であっても、中性子被曝の場合は影響が大きくなる(表1)。

・ 現在導入が検討されているICRP60 勧告によると、被曝量(等価線量H:シーベルト)は:
H=wR × D wR:放射線加重係数(中性子ではエネルギーにより5~20)

表1 中性子はガンマ線に比べどれだけ大きな影響をもたらすか(ICRP60 より)
-----------------------------------------------
腫瘍誘発 約3~約200 倍
(腫瘍誘発にともなう)寿命短縮 15~45 倍
形質転換 35~70 倍
染色体異常など 40~50 倍
哺乳動物の遺伝学的影響 10~45 倍
-----------------------------------------------
ガンマ線を計測するガイガーカウンターはかなり普及していますが、アルファー腺、ベータ線、そして中性子線は、そういう一般普及型の計器では測れません。ガンマ線量だけ測って一喜一憂していては、ほんとうの危機を見失います。

そして...こ~んなに危ない中性子線が、日本全国くまなく飛びまくり、そろそろ偏西風に乗ってアメリカ西海岸に飛んでいく勢い。なんでも「アメリカさん頼み」の日本のこと、おそらく海向こうで騒いでくれて、ようやく気づくという流れになるでしょうが、それまでに淘汰されてしまわないよう、ご自愛くださいませ♪(不謹慎?)
-----------------------------------------------
腫瘍誘発 約3~約200 倍
(腫瘍誘発にともなう)寿命短縮 15~45 倍
形質転換 35~70 倍
染色体異常など 40~50 倍
哺乳動物の遺伝学的影響 10~45 倍
-----------------------------------------------
これが、中性子被爆の現実です。3.11が起きるずーっとまえに、ゲストでいらっしたお医者さんが、「なぜか原発の近くでは、なぜか癌やダウン症児が多いんですよね」と、つぶやいておられたのを忘れることができません。

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15497061


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-09-05 23:44 | No Nukes!

へんし~ん!

きょうあたりから、ようやく風や波が落ちついてきて、海行きがお休みだったので、わたし自身も陸でまったり過ごせました^^

ところで、このまえ透明度の下がった水路で潜っていたとき、挙動のオカシなタテシマフエフキを発見。真っ昼間なのにパジャマ姿(夜の色)になってて、海底すれすれのところで激しい息づかい(エラ動き)をしていました。
a0043520_19113580.jpg

そおっと近寄っても逃げる気配はなく、相変わらずエラをハクハク動かしてしんどそう。自然界の動物でも体調が悪いときや病気になることもあるでしょう。でも、そんな弱った姿をさらしたら、一発で天敵の餌食になってしまいますから、ふつうは目立たないところで休むはずなのに...。

ところでニンゲン界では、そういう不慮の病気や事故に備えて、あらかじめお金を積み立ててイザというときに備える「保険」というモノがビジネスになって久しいです。それがイヨイヨというか、予想どおりというか、ついに日本の保険規約が、この10月から大きく変更されるそうです。

愕然!保険の規約変更が証明する事件や事故の多発と戦争
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12064233377.html

記事は三井住友を例に挙げていますが、一部を引用しますと、
変更前⇒「戦争その他の変乱」 と書いてあるだけ

変更後⇒「戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動によって被った身体障碍による就業不能。ただしテロ除く」

と、「やけに具体的で、まるで今後起こる事がわかっているかのように細分化」



原発の単独事故の場合、支払いしない
などなど、ぶっそうな変更になるようです。またブログ主さんも、
もともと保険会社というのは世の中の動きに敏感で、シビアに情勢を分析する調査能力を持たないと生き残れません。

その保険会社が物騒な文言を並べるということは、今現在から近未来にかけての展望が非常に危ないということになります。
と書いておられます。なるほど...です。それに時期もピッタシ(なにが?笑)

というのは、旧「ロシアの声」、現Sputnik英語版が、こんな記事を出したからです:

Unspoken Death Toll of Fukushima: Nuclear Disaster Killing Japanese Slowly
http://sputniknews.com/analysis/20150820/1025992771.html

3.11からの4年間でおよそ12000人の原発作業員が250mSv近い放射線を浴びている、すでに2000人が移住によるストレスによる自殺を含む病気で亡くなった、さらにこれから5000人以上の致命的なガン発病が予想されるが、それは氷山の一角に過ぎない...と、いたって控えめな内容なですが、在ロンドンの環境放射線に関する独立コンサルタントの発言として報じています。そしてロンドンといえば、世界の保険の親玉、ロイズ(Lloyd's)さん。ねっ、みんな繋がっているのです^^(知らぬは井の中の日本人ばかりなり)

まあそういうわけでして、フクシマがまき散らす中性子まみれのトリチウム&ありとあらゆる「ほ」の核種によって、ニンゲンどころか地球生物が全滅してしまうまえに、それが国際的組織になるか数カ国になるか特定の一国だけになるかわかりませんが、まずは無力(お馬鹿)な日本政府の施政権を取り上げ、次に住民の強制移住(それが関東圏だけになるか、関東・東北・中部を含むか、あるいは日本領土全域になるか)という措置が取られるでしょう。そうなると日本国内、大混乱必死です。

そんときに保険会社は、

うちら、そんなん知らんわ、保障できんわ

言うための、変更なのでしょうねえ。

今、日本の世間を騒がせている事件や事故は、①すでに「ほ」の字でオカシクなった人々によるもの、②「ほ」の字の影響を隠すために当局側がでっち上げているもの、といえます。

こんな「時代」に生きられた幸せをかみしめ、しぶとく、たくましく、しなやかにヘンシン~♪せんと、あかんよ~!!
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15478331


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-08-23 20:38 | No Nukes!

計画どおりの70年後!?

明日になれば台風13号の影響下から少しは逃れられるかと期待していたのに、なんとグアムの北東あたりで熱低が発生中のようで、また雨また雨の雲行きになってきました。
a0043520_21551786.jpg

というわけで、ヤップ島のぐずついたお天気は、いましばらく続きそうです。

ところで本日は...70年前のヒロシマにピカドンが落とされた日。
a0043520_21553531.jpg

記念式典では安倍っちが性懲りもなく恥をさらしたようですが、そんなことはもう放っておきましょう。彼はもう、外圧は益々昂進>股裂き>下痢酷い>下血>辞任の流れにあると、もっぱらのウワサです。

それよりも、いま何をおいても優先しなければならないのは、フクイチから連日モクモクと沸きあがり、日本列島の空を低く重苦しくおおっている放射性水蒸気雲のこと。それからどうやって身を守るかという工夫...。
a0043520_2154497.jpg

↑これ↑は、4年前の3月14日、フクイチの3号機が爆発した模様です。ずいぶん似てますね、70年前のヒロシマのピカドンと。

この爆発の結果、3号機、そして隣の4号機はこうなって、
a0043520_22184615.jpg

こんなになって、
a0043520_2219023.jpg

こんなにまでなって、
a0043520_22191297.jpg

それでも
原子炉格納容器や貯蔵プールの燃料は吹き飛ばず、そこにある
なんて、子供でも騙されないでしょう。

覆水盆に返らず:飛散した核燃料は?
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ss08031
高線量汚染瓦礫置場から大量の蒸気と死者
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-8042.html
奇妙な雲 東京スカイツリー
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-8041.html


また70年前のヒロシマに話を戻しましょう。

壮年の男たちがどんどん兵隊に取られ、路面電車の運転手や車掌すら足りなくなった軍都広島では、促成訓練した14歳から17歳の少女たちに過酷な乗務を強いていました。そして8月6日、とうぜん彼女らも被曝し、多くの犠牲者を出しました。(チンチン電車と女学生

「チンチン電車と女学生」(8月6日・ヒロシマ)を読む
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55646181.html

その過酷な経験を経て戦後を生き抜いた女性をお祖母さんにもつさすらいのカナブンさんが、おばあさんの経験を漫画で伝えようとしておられます:

(クリックすると、それぞれのストーリーに飛びます)
a0043520_2156443.jpg

http://homepage3.nifty.com/sasurai/Genbaku.html

a0043520_21554498.jpg

http://homepage3.nifty.com/sasurai/S_Genbaku.html

はだしのゲンもそうですが、漫画はより強く感情に響いてきますね。いまも70年まえも、いざとなったら、国も、政府も、行政も、な~んも助けにはならない。それがニッポンというっクニなんだということがよくわかります。

でも、それに気づいて、「そうかい、そういうもんかい」と腹をくくれば、きっぱりと事に当たれて気は楽になるかも。

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15478331


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-08-06 22:50 | No Nukes!

感覚まひ?

サイパンの北を通過した台風13号の影響で、きのうの午後あたりからヤップの外海も波が高くなり、きょうは降ったり止んだりの落ち着かない空模様です。でも南西の風なので、わたしのいる東側はいたって静かで、日が照らないので日中も涼しくて良い感じ。
a0043520_21331816.jpg

さて8月に入っても、日本方面からは相変わらず「暑い、暑い」という声ばかり聞こえてきます。それに対するわたしの答えは、「ヤップに避暑に来てください^^」

ところで不思議なのは、「どうしてこんなに蒸し暑いのか」とか、「この暑さと湿度は異常ではないか」という懐疑的な反応が、「暑い、暑い」と言っている人たちからまったく出てこない...w。これがわたしには恐ろしく感じられます。コトがコトだけに、もうあまり頑張ってうかつに「ほ」の深刻な事実を言いふらすことを、半ばあきらめつつあります。

真実に気づいてしまうと、その人は、①それまでの日常や価値観をすべて変えて生きるか、②だまって死を受け入れるか、選択を強いられます。まるで「癌」の告知のようですが、それでもわたしは真実を知って、じぶんでじぶんの未来を選択、つくっていきたいですから、きいてくれる人には、これからも「ほ」の話をしていきます。

ほんとうに生きたいなら、まずはこちらに投稿される情報を吟味精読して、無言実行第一:

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15478331

これから空港お仕事なので、今夜はこれで。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-08-04 21:44 | No Nukes!

こらこら(怒)

きょうは晴れたり、降ったり、止んだり、晴れたりの、めまぐるしいお天気でした。
a0043520_1937279.jpg

雨が上がって晴れ間が出ると、あちこちからご近所さんのコケコッコが、わらわらと繰り出してエサをついばみ始めます。

ヤップのコッコたちはみんな放し飼いですから、夕方近くになって飼い主の家近くの樹上のねぐらに帰るとき以外は、隣近所のコッコとまじって、そこらじゅうを駆け回っています。最近はなんだか数が増えて...さしあたっての問題は、うちのチビトウガラシを食いまくってくれること!


そして、本日もうひとつのこらこら(怒)は...(フェイスブックの投稿とダブりますが)
a0043520_19375666.jpg

大好きな大江健三郎さんが、またタクシーでデモに...みたいな写真をFBで見て、「拳マーク」に違和感を持ちながらも、なにげにLikeをポチッとしてしまったのですが、なんとこれ、コラだったと、つかさ組さんに教えていただきました。

ビックリ拾い物画像 ? / 大江健三郎さんと『拳マーク』
http://tukasagumi.exblog.jp/24728208/

へえ~~~、元写真は言わずと知れた2011年9月19日、明治公園で行われた「さよなら原発」大集会で、サインは「原発はいらない!」です。
a0043520_1937112.jpg

それが原発容認派の手羽先によって「電気はいらない!」に変えられ、さらに拳マークつきの「憲法を守れ!!」にされちゃったと。おそらく拳一派(SEALDs)の仕業でしょうね。
a0043520_19375291.png

わたしがSEALDsを胡散臭くて信用できないのは、こういうノー・リスペクトの裏にある「何か」を感じるからでもあります。大江健三郎さんなら、きっと拳マークが意味するもの、つまり「アラブの春」などの仕掛け人、国際革命ビジネス「オトポール」の関与をご存知のはず。だから、どうひっくり返っても、このサインはおかしいのです。

五輪のライバル"トルコに異変"暴動の裏側に潜む「革命ビジネス」とは!?
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20130902/

とか言いながら、さっき彼らの「革命指南書」をフリーダウンロードしちまいましたけど(爆)。どうやらアメリカ製の「民主主義の指南書」のようらしいけれど、メリケン民主主義がどれだけの人々を殺してきたか(怒)

アラブの春でも使われた?革命の指南書がフリーでダウンロード可能
http://miz2403.com/canvas/

わたしには、今回のSEALDs=日本版拳運動は、幕末の「ええじゃないか」同様、世の中の流れをある方向へ持っていくために巧妙に仕掛けられた(海外勢も関与した)大衆扇動のように思えてなりません。つ・ま・り...危機的状況にあるフクイチから大衆の目をそらさせ、おそらく2020年までには、日本を国際管理下におくための(それまでにフクイチ暴発しなければですが)。もうそれしか、爆走原発村+安倍一家を止める手立てはないのかと。

「日本から離れた安全圏にいるオマエに、つべこべ言われたくね~よ」

と思われるかもしれませんが、ヤップとて安全とはいえません。フクイチ最悪のケースは地球上生物絶滅です。

しかし今生の時間を「生きる」うえで、「遅すぎる」ということはありません。自分で調べよう、考えよう、決断しようと思えば、そのときがスタートです。どこに住んでいようと、「より良い明日」へ向けたスタートは「今」からできます。

新安保がどうの憲法がどうのという社会変革運動は、ここまできてしまった日本にはtoo lateというか、無意味、それよりも被曝が心配です。今となっては、個々人ができるだけ被曝しないように、それでも体に入ってくる汚染物質をできるだけデトックスしながら、いざというときに備えることに専念するときだと思います。

きのこ姐さんがフクイチ事象を時系列にまとめてくださいました:

福島原発大爆発 空間認知力
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7979.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-07-27 18:56 | No Nukes!

花(デブリ)はどこへ行った?

本日のヤップは低気圧の通過中で、朝からかなりまとまった雨になりました。いまのところ近くで熱低の発生はないようなので、まあ、たまにはこんな日もいいでしょう...午後になって少し薄日が差してきました。
a0043520_13284624.jpg

さて↑こちら↑は、ローカル素材100%のツアー・ランチです。その気になれば、まだ衣食住すべて自給自足できるのが、ヤップ島の良いところ。それなのに、アメリカ~がこの国への経済援助を打ち切ると言っている2023年から、「どうやって生きていくべ?山崩して、海埋めて、大型ホテルを誘致して、観光開発だ~~~」と、まだノーテンキに夢見ている横着ジモッチーの面々と、それを煽る外国勢(JICAもね)に辟易(へきえき)、あ~あ、です。

それでもまだ、3000キロほど北にいった島国よりも、ヤップ島は恵まれています。かの島国では、フクイチ1~3号機の100トン以上の核燃料デブリが、いったいどこにいったのやら、誰にもわからないっていうんですから、もう手に負えません。もしモヘンジョダロやハラッパーが核のために放棄されたのでなければ、このような剥き出しの大量放射性デブリに近接して暮らすというのは、人類始まって以来の初体験でしょう。↓ゴマモンガラ↓ちゃんも恐れをなしたか、岩の奥深くに埋まって出てこようとしません(笑)。
a0043520_132929100.jpg

というわけで、「花はどこへ行った?」の替え歌を作ってみました:
Where have all the debris gone?

Long time passing

Where have all the debris gone?

Long time ago

Where have all the debris gone?

Earth has swallowed them but is open

When will they ever learn?

When will they ever learn?
フクイチの撒き散らす放射性物質については、人それぞれ、いろんな妄想想像を元に眺めておられるでしょうけど、ついつい、自分に都合の良い方向へ考えがちではありませんか?まだ、大丈夫だ、と。

でもね、フクイチのライブカメラを見ていると...そんなに甘い期待は持てそうもないような気がします。
http://atmc.jp/fuku1/
↑ ↑
夜間こちらを見ていると、ときどき、こんな素敵な光の祭典を鑑賞できますw...
a0043520_1512866.jpg

フクシマ臨界イリュージョン 日本崩壊光の祭典
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7785.html

また...

※深夜~明け方にかけては霧などで映像が見えない場合があります。
↑ ↑
上記サイトには、こんな但し書きまでついていて、痛々しいです。そりゃ、地下で再臨界してモクモクと放射能(中性子も)まみれの水蒸気が上がっていれば、なにも見えなくなって当然ですね。

飯山一郎さんの現状分析によれば、
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15370191
733 状況は刻々と変化します。3月の時点では…、「デブリが岩盤層に届くと、中性子線を乱反射して臨界が一挙に激化して一気に大核爆発!」という事態が予想されました。

しかし、今はデブリの様相が丸で違ってきています。

今は、モックス燃料のプルトニウムが、迅速に娘核種に原子転換していて、中性子線は出すものの、原子炉内にあった時のような5000℃以上の超高熱を発する激しさはない。

つまり、ウランは劣化ウランに、プルトニウムも劣化プルトになってしまっているのです。

さらに、地下水や海水で冷却されるようになったので、デブリの温度が総体的には下がった。

どのくらい下がったかというと、最高温部分で4000℃以下、表面は1500℃くらい。

このため、チャイナ・シンドロームが止まってしまい、デブリは現在の位置に留まったまま。

というワケ(理由)で、デブリは、今後、ほぼ永遠に今の位置にとどまって…、青空天井型、かつ開放型のムキ出し原子炉として、放射性水蒸気(ウエット)と、高熱プルーム(ドライ)を出し続ける!という状態になってます。
少し前の記事(サムサノナツハオロオロアルキ)のほうに、かなり楽観的なコメントをいただいていますが、今現在、デブリスがどこに、どういう状態で存在しているかという想定によって、近い将来への備えが違ってくるのですね。

まだ幼い&若いお子様のおられる方、どうぞ真剣に考え抜いて(感じ抜いて)くださいませ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったらf="http://blog.with2.net/link.php?280210"target="_blank">人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-06-27 15:19 | No Nukes!

図星~♪

いまの季節にはめずらしく、少しさわさわした風が吹いた日でした。
a0043520_1741071.jpg

まだ梅雨まっさかりの日本各地は、いかがでしょうか?

めずらしく連日投稿する気になったのは、きのうの投稿が刺激的過ぎ、いや図星すぎたのか、かなりアクセス妨害をくらっているからです。こう書けば...今までの例では...かなりそれが軽減されていたのですが、さあ今回はどうでしょう(苦笑)。こうしてきわどい駄文を書いて公開していると、かなりいろんなことのバロメーターになりますね。商売にもめっちゃ影響きてますし~(爆

サムサノナツハオロオロアルキ
http://suyap.exblog.jp/21353751/

まるでわたしが日本を飛び立つのを待ってくれていたかのように、4月半ばからモクモクがお盛んになったフクイチさんですが、それを「ただの水蒸気」と勘違い、あるいはムリヤリそう信じこもうとしているヒトビトのなんと多いことか。そりゃ考えたくも想像したくもないでしょう、自分が人生をかけて築き上げてきた生活が、足元から崩れ去っていくなんて...。

日本というシステムから下りたウン十年まえに、わたしも似たようなことを身をもって経験しました...(苦笑)。そして4年前、3.11が起きて1号機、3号機、4号機がぼんぼん逝っちゃってたころ、あ・あ・あ・あ・もう...あの懐かしいウサギ追いしあの山も小鮒釣りしこの川も、もうオワリだ~と、頭抱えてたくさん泣きました。ほんとうです。

それが知らず知らずのうちに...なんや大丈夫みたい?まだ住めるん?という気分にされてきていましたが、ここにきて激しくなったフクイチのモクモクは、地下に沈んだ100トン以上もの核物質デブリスが水や海水にあたって再臨界しているためで、そこから立ち上る蒸気には、当然中性子によって放射化された重水も含まれているだろうし、それが風によって西へ東へと広範囲に流れており、湿度100%という現象が続出し、しかもこれからどうなるかという見通しが、ま~ったく立っていないという最悪状況、やっぱり、もうアカンでしょ、これは。

中性子線は1950年代の地上核実験時代のほうが多く飛んでいたとか、それじゃ今、どんだけ中性子が検出されているか挙げてみよとか、自分で真剣に調べもせずにアーダカーダー講釈ばかり垂れたい方へ、実際はこういう状況のようです:

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15370191
606:飯山一郎 :
2015/06/18 (Thu) 01:46:53 host:*.ocn.ne.jp
>>599
中性子カウンターは高額であり、所有者の身元がすぐにバレる仕組みがあります。そのため、中性子線の計測結果の発表は、非常に危険なのです。ですから、計測者は、結果を公表しませんし、しても消されてしまいます。

逆に、中性子線が出てない!という発表もないのです。実際に出てますから。

私に入電する情報は…、各地で出てます!当然です。

未確認ですが、熱中症で亡くなった患者の死体からも中性子線が出ていた!という情報があります。

その死んだ患者を診察した医師は、死体から出ていた中性子線で医師の手指が被曝して、医師の手指の体細胞が放射化する!(放射性物質となる!)ことを、非常に恐れていた、という情報もあります。

-------------------------

622:木枯し紋次郎 :
2015/06/18 (Thu) 16:30:05 host:*.ncv.ne.jp
中性子カウント機能のある物は必ず「御見積りご依頼」、アフターサービス必須ですから必ず身元がばれるようになってます。調べてみてわかりました。
というわけで、こんなアブナイこと書くブログは、かたっぱしからアクセス制限してるんでしょうね。

最近ずーっと、中島みゆきさんの「時代」のフレーズが、頭のなかをグルグルしています。

中島みゆき「時代」
http://www.dailymotion.com/video/x2ivl8f

どこに住み何をしようとも、生きてさえいれば、いつか笑えるときがきます!

だから生きのびることを最優先に、研鑽をつんでいきませう。

そのノウハウの(わたしからの)提案はこちら
 ↓  ↓
サムサノナツハオロオロアルキ
http://suyap.exblog.jp/21353751/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-06-18 17:50 | No Nukes!

サムサノナツハオロオロアルキ

えーっと、またへんてこなタイトルでごめんなさい。
沖縄では梅雨は明けたそうですが、その他のニッポン列島はいかがでしょうか...?
a0043520_18324492.jpg

ヤップにはもちろん梅雨はありませんが、ここ2日ほど、低気圧の通過のおかげで、お天気がぐずっていました。それに大潮まわりで(きょうが新月ですネ)、6月の大潮では午後にうんと潮が引くので、海岸のシマシラキも完全に「内陸化」(笑)。ところでこのマングローブの一種であるシマシラキの樹液には、サポニン系の毒があって、魚毒としても使われていたのですね。

ところで毒といえば...もう毎日のように、各地のアメダスをながめては、おろおろ心配しています。
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
とはいっても、とても宮沢賢治さんのようにはなれません。実際にはオロオロマヨイ...つつ、こんな駄文を今夜もオロオロしたためているわけです。

きのうから湿度100%が熊本でも観測されています。
http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-86141.html?areaCode=000&groupCode=62
a0043520_18491331.png

フクイチの地下に落ち込んだ100トンもの放射性物質が、地下水と海水に接して再臨界、もくもく湯気を立ててそれが地表高く舞い上がって西へ東へと流れている...それがいかに危険な状態であるか、なかなかうまく説明できない自分がもどかしいのですが、逝きし世の面影の宗純さんからいただいたコメントは、わかりやすいかと思いました。つまり、
1) 重水は凝固点が3度、沸点が1度程度高いが、最も重い3重水素のトリチウム水の場合、沸点が軽水より3度高く、これが本来なら99%の相対湿度が、100%と観測される原因だったとすれば、とんでもなく深刻。

2) 『湿度が上がる』とは、通常なら『温度が下がる』時に観測されるが、相対湿度100%を出している観測地点での顕著な温度低下が見られない。
さて、伊豆諸島八丈島もまだ100%出していますし、東京も今朝早朝100%いってます。

こちらは岩手県の宮古です:
http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-33472.html?areaCode=000&groupCode=22
a0043520_195756.png

重水、トリチウム水の蒸気につつまれて、ゆっくりと枯れていく...(もうなにも書きません)

EMANの物理:重水素
http://homepage2.nifty.com/eman/elementary/deuteron.html

重水と軽水は何が違う?
http://www.duckworthelliott.com/mizunosyur-3/zyu-suitok-24.html

広島市郊外に住む友人から、自宅の近くで0.23μSv/hを計測したと知らせがきました。1年間そこにいるだけで、レントゲン室の中にいるよりも2倍以上のγ線被爆する線量です。

現実を見ようとしない受け入れられない人には、なにを言っても書いてもムダですが、これを読んでなにかピンときたら、ぜひご自分で調べて対策を練りましょう。ゴールは、
生きのびる意思
をしっかり持つこと。こんなめちゃくちゃな世の中の行く末を、最後まで見届けてやらずばおくもんか!という意思さえあれば、そして、
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
宮沢賢治さんの時代には放射能がなかったからね。でも今は...飯山一郎方式がベターでしょう^^
1) 玄米や白米とぎ汁などから乳酸菌液を自宅でつくり、発酵菌を部屋中に拡散させる。
2) 乳酸菌(特に玄米豆乳ヨーグルト)の摂取量を増やす。
3) 上記自家製玄米豆乳ヨーグルトをたっぷり食べておけば、食事はほんの少量でOK。野菜のかわりに信頼のおける緑茶粉末(あらびき茶)。
4) 空気清浄機を1台買い増す。
5) エアコンのドライ運転を24時間回しどおしにする。
6) 上記4と5を施した部屋(放射能限りなくゼロ空間)で睡眠や休息など多くの時間を過ごし、また「その場駆け足」やスクワットなどに励んで、血流・血行を増やす。
そして、
以上を確実に実行しながら、丹田に気をみなぎらせる!という姿勢をとり、何事にも驚かない!
無闇矢鱈に余計な心配をしない! すでに始まっている日本人の大量死を冷静に見届ける! という
気持ちで淡々と生き抜いていくための精神修行をして下さい。(by 飯山一郎)
http://grnba.secret.jp/iiyama/
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15370191
広島や長崎の原爆で死んだ人は数十万人とよく言われますが、実際には500万とも600万ともいわれる人々が、その後、内部被爆で死んでいっているわけです。これから同じようなことが、70年前の数十倍の規模で起こります。それでも生き残る人は生き残る、その違いはなにか???

ま、なにごとも実践から。やってみればわかります^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-06-17 19:44 | No Nukes!

オーマイガッ!

ヤップ島は、連日、穏やかな初夏日和が続いておりまして(北緯9度に初夏も盛夏もあるかいというツッコミはなしで...)、海中で出会うカンムリブダイのおっさん(?)たちも、なんとものどかな徒党...をなしている様子でした。
a0043520_22192657.jpg

ところで先日、ヤップ島で湿度が100%いくことは、絶対にない...と書き放った手前、ちょくちょくとヤップ気象台のデータをチェキしているのですが、風が穏やかでスコールの多い昨今でも、やはり↓こんな感じ↓です:

http://w1.weather.gov/obhistory/PTYA.html
a0043520_2364555.png

湿度が70%を切るようなときには、もうさわやか~ルンルン♪気分です。

それで「湿度」なるものをもうちょっと突っこんでみようとグーグル先生を頼ったら...

梅雨に急増 湿気の正体  #635 (2002/06/09)
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/02/06/0609.html
湿度100%の世界は存在するのか?矢野さんが街中に探しにでました。すると銭湯のお風呂場や、ミストサウナで湿度99%が出ました。しかし100%はなぜか出ません。湿度100%とは、その空気の中に水蒸気が飽和状態まで含まれる時のこと。しかし100%になるとすぐに水蒸気は水になってしまい、水蒸気の量も減るので、湿度100%にはなかなかならないのです。
あれまっ、やっぱりねっ!

ちょっとまえの八丈島のことが気になっったのでみてみると...

http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-44263.html?areaCode=000&groupCode=30
a0043520_22195741.png

本日はこんな感じでややマシになってきていましたが、少し北(東京寄り)の三宅島では...

http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-44226.html?areaCode=000&groupCode=30
a0043520_22203373.png

実はわたし若いころ、真夏の三宅島で2ヶ月近く過ごしたことがありまして...いや~島の湿気には参りましたが、それでも湿度が100%なんてことは絶対になかったです。

湿度の基礎知識〜雨の日の湿度は100%?
http://allabout.co.jp/gm/gc/28106/2/
ある雨の日のデータを確認したところ、湿度は80~90%ぐらいでした。ドシャ降りの時なら90%を超えることもあるようですが、100%ということは無いようです。しかし、濃い霧が出ている時などは、湿度100%と考えられるようですね。
このところ、日本のあちこちのアメダスで湿度100%をたたき出しているようですが、そんなに日本のあちこちで濃い霧が出まくっているのでしょうか?ありゃりゃ、室戸岬でも100%出ちゃった!

http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-74372.html?areaCode=000&groupCode=56
a0043520_2220475.png

今夜はもうこれ以上、何も書きません、言いません、わかる人にはわかっているでしょうし...

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15370191


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-06-11 22:56 | No Nukes!

渡る世間は嘘ばかり

初夏はニンゲンのみならず、さまざまな動物の恋の季節(?)、まだ殻を背負ってるヤシガニ・ジュニアも、真昼間の村の道を、のこのこ歩いておりました。
a0043520_20143848.jpg

ところでヤシガニってニンゲンなみに長生きします。まずメスが卵を産めるようになるまで8年近くかかり、平均寿命は50~60年とか。分布範囲はインド洋から西部太平洋にかけてですが、ところどころにヤシガニの生息しない地域や島があって、それらの地域では、ニンゲンによる乱獲がヤシガニを絶滅させたという...いやはや。「地球上で一番危険な生物はニンゲンだよ」とは、サメやサンゴの友人たちからいつも聞かされておりますが、まったく反論のしようもありませぬ。

甲状腺がん新たに16人 福島の子、確定は103人に
大岩ゆり 2015年5月19日04時14分
福島県は18日、東京電力福島第一原発事故に伴う被曝(ひばく)の健康影響をみる甲状腺検査で、今年1月から3月末までに新たに16人が甲状腺がんと確定診断されたと発表した。検査対象となる事故当時18歳以下の約38万5千人のうち甲状腺がんが確定したのは計103人。
まあ記事は最後に「チェルノブイリ原発事故後に甲状腺がんが多発した、放射線の影響を受けやすい乳幼児には、がんは見つかっていない」と〆られていますが、あ~た、誰がそれを信じますか(嘲)

ところで、3.11後、長崎大大学院教授から福島県立医科大学副学長に就任した山下俊一センセ、「100ミリシーベルト以下は大丈夫」「ニコニコしていれば放射線は来ない」と豪語していましたが、それ以前に書かれたご本人の論文が明るみに出ました:

山下俊一の嘘が暴かれた
http://blogs.yahoo.co.jp/ahi3776/3947341.html
友人が、国立国会図書館で山下俊一の311前の講演内容を調べてきました。
後ほど順次Tweetしますが、驚愕の内容です。

山下俊一 
その結果(チェルノブイリの20万人子供の大規模調査)、事故当時0~10歳の子供に、生涯続く甲状腺の発がんリスクがあることを疫学的に、国際的な協調のなかで証明することができました。(2009年3月)

山下俊一 
一方、日本では思春期を超えた子供の甲状腺がんをまれにみるぐらいです。その頻度は、年間100万人に1人といわれています。これは欧米、日本、ほぼ変わりません。

山下俊一 
(エコー検査の結果)われわれも自分の目を疑いました。世界も最初は信じませんでした。しかし1991年以降、徐々にこの数がふえていきました。大人では、結節をさわるとだいたい100人に1人か2人にがんの可能性がありますが、子供の場合には約20%ががんでした(2009年3月)

山下俊一 
(チェルノブイリの調査)そして放射線誘発性の甲状腺がんはすべて乳頭がんでした。これは非常に大きな事実であり、乳頭がんの発生メカニズムを解明できる大きな母集団がここにいるということになります。(2009年3月)

【重要】山下俊一 
同時に、大人と異なり、小児甲状腺がんの約4割は、この小さい段階(超音波で甲状腺結節を見つけて、1センチ以下、数ミリの結節の事)でみつけてもすでに局所のリンパ節に転移があります。(2009年3月)

山下俊一 
ですから、手術の方法はきわめて慎重でなければなりません。すなわち、放射線と健康影響を考えるときに、広島、長崎の外部被ばくの様式と異なり、この地域(チェルノブイリ)の一般住民には内部被ばくの放射線影響があることを示唆しています。(2009年3月)

【最重要】山下俊一 
いったん被ばくをした子供たちは生涯続く甲状腺の発がんリスクをもつということも明らかになりました。(チェルノブイリの調査結果。2009年3月) 
そんな山下俊一センセにも多少の良心はあったのか、事故直後の2011年5月1日に福島県立医大が開催した「健康管理調査スキームについての打ち合わせ」会議で、1ミリシーベルト以上の被ばくした人への生活補償や医療補償について言及していたというのです。年間1ミリシーベルトという基準は言うまでもなく、チェルノブイリの被災住民に無条件で移住権を保証する基準であり、それが日本で1995年に制定された被爆者援護法(原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律)にも反映されています。

上記会議の議事録は、こちらで見られます。

「福島県は世界最大の実験場」「1ミリで支援」山下俊一氏
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F1917

参考までに↓こちら↓も:

被爆者援護法とフクシマ
http://nucleus.asablo.jp/blog/2013/09/08/6975708

もはやフクシマにとどまらず、日本各地でスポット的に「年間1ミリシーベルト」以上の外部被爆可能な地域が発生しつづけるのみならず、口から、鼻から、皮膚から、じわじわと全国民が内部被爆しつづける事態が進行しているにもかかわらず、いまだに「食べて応援」と...。

騙すほうも騙すほうなら、騙されるほうも騙されるほうですが、 安倍っちや橋↓のアフォーマンスを鵜呑みにしてたら、殺される淘汰されるだけです。

そんな北朝鮮並みの日本メディアの惨状を、ついにエコノミスト誌にまで、おちょくられてしまいました。
a0043520_21214523.jpg

The media in Japan Speak no evil
日本のメディアは邪悪なことは伝えません
Japan’s media are quailing under government pressure
日本のメディアは政府の圧力に震え上がっています

http://www.economist.com/news/asia/21651295-japans-media-are-quailing-under-government-pressure-speak-no-evil?fsrc=scn/tw/te/pe/ed/japansmedia


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-05-20 21:41 | No Nukes!