ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

カテゴリ:食は命の「かなめ」( 6 )

呼んじゃったかな

3週間くらいまえに、こんな記事を書きました:

花盛り...でボンmb?
http://suyap.exblog.jp/21032483/

今年はマンゴーがほんとうに花盛りで、フェイスブックのほうには、「このまま大きな熱低や台風が来なければ、この夏は(5月末から7月にかけて)、食べきれないほどのマンゴーの実が出まわるでしょう。」とまで書いてしまったから、あの超スーパー台風大接近を招いたのかな…(やや反省)。
a0043520_2123379.jpg

そしていま、あちこちのマンゴーが未熟な実を落とし始めて、そういう実を拾うのにみんな大忙しです。

もともとヤップの人たちは、青くて酸っぱいマンゴーの実をカリカリ食べるのが大好きだから、まったく無駄にはならないけれど、それにしても大量だから、青酸っぱいものが苦手なわたしにまでおすそ分けが(苦笑)。
a0043520_2124751.jpg

今回の台風は100キロほど北に離れて通過してくれたお蔭で、ヤップ島は大きな被害をまぬがれて、ほんとうにラッキーだったけれど、それでも伝統建築などにマイナーな被害は出ています。この週末は、あちこちの村でその修復や片付けに大忙し。↑この↑ヤシガニさんの子供は、ニンゲンがたくさん立ち働くわさわさしたジャングルから、ひょっこりと抜け出してきた様子。

ところでヌッポン国では、茨城県鉾田市海岸にイルカが150頭以上も打ちあがったそうです。4年前、3.11の数日前にも、近くに50頭が座礁したとか。メルトスルー驀進中のフクシマも心配です。

ある「危険」の可能性を察知したとき、あるいは「危機」に直面したとき、それをどう受け取るかは個々人で違って当然ですが、それによる「判断」と「行動の選択」が、その後の運命を左右します。わたしなら「生きる」「生き抜いてやる」というゴールにかけたいなあ。

ここら辺で、「発酵生活」の基本中の基本、米とぎ汁乳酸菌の作り方を、もう一度、まとめておきます:

<白米から>
①500mlのペットボトルに、黒砂糖大さじ山盛り2杯、自然塩小さじ1/3杯の目安で用意する。
※1000mlのボトルなら、黒砂糖も自然塩もそれぞれ倍量
※白砂糖やJTの塩ではうまく出来ません!

②白米の濃い一番とぎ汁(+2番目くらいも可)を上記に注ぎ入れ、シャカシャカよく振り混ぜて、キャップを緩めて暖かいところに放置。日に数度、シャカシャカよく振り混ぜる。
※米をとぐ水も、水道水では塩素が入っていてうまくいきません。フィルターを通した良い水を使うこと。

③気温により2日から一週間で乳酸菌液の出来上がり!
※一度乳酸菌液ができると、今度はそれに上記①と②を継ぎ足して、どんどん拡大培養もどきができて楽です。
※お掃除に、洗濯に、体洗いに、空中噴霧に…ありとあらゆるところにばら撒きましょう!

<玄米から>
①ペットボトルなどの容器に、玄米1割、糖蜜え、または黒砂糖3%、自然塩1%を入れ、塩素や薬品をろ過した水を入れて、シャカシャカよく振り混ぜ、キャップを緩めて暖かいところに放置。日に数度、シャカシャカよく振り混ぜる。
※白砂糖やJTの塩、水道水ではうまく出来ません!

②気温により2日から一週間で乳酸菌液の出来上がり!

③糖分と塩、水を何度か継ぎ足して発酵させ、ふやけた玄米は、そのまま食べるか、炊いたり料理に使います。

④この玄米乳酸菌を1割、豆乳を9割、黒砂糖3%、自然塩1%を混ぜて、暖かいところにおいておけば、豆乳ヨーグルトになります。こちらの作り方と合わせて、やりやすい方法でお試しください。


発酵生活しながら、身体を暖め、太陽を視る

これらが、放射能が舞い散る地球で生き残るコツでございます。生き延びようね^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-04-12 22:11 | 食は命の「かなめ」

進化するイチロウさんと進化する豆乳ヨーグルト^^

ヤップのパパイヤガラスのなげきにも耳を傾けてくれる清楚で可憐な18歳のきのこちゃんだけど、きのこちゃんといえば、なんとあのベストセラーの著者さんなのですよっ!

a0043520_23224277.jpg発酵マニアの天然工房
価格:1260円 (税込)
出版:三五館
カテゴリ:単行本(ソフトカバー)
ページ:157頁
JAN:9784883205530

そして、そのきのこちゃんの今日のブログに、1月25日に開催された生活の党の党大会での、小沢一郎さんのスピーチ全文が、文字おこしされて載っていた。速度が250kbpsというこちらのインターネット環境では、動画を降ろすのはきついのでまだ見ておらず、細切れで文字おこしされたものだけを読んでいたのだけど、こうしてスピーチ全体を読んでみて、あらためて小沢さんという政治家に感動した:

小沢一郎代表 代表就任あいさつ 文字おこし
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-4020.html

文字を通してでさえ、先月の選挙直後からの小沢さんのつらかった気持が、ひしひしと伝わってきた。3年半に及んだ検察との闘いよりも、ご本人にとっては、よほどきつい体験だったのではないか。もしかしたら、70歳にして初めて経験した、最高の挫折感だったかもしれない。

それでも、イチロウは立ち上がることにした!
70歳の老人が、肝の底から湧き出る血の涙をぬぐいながら...

どーするよ、コクミン?
生きるっきゃないでしょ!
放射能地獄のなかを、生きて、生きて、生き抜いてやる!
と覚悟をきめて。
それには身体が資本ですぅ!!!

だから...

もうひとりのイチロウさんや、きのこちゃんや、大勢のみなさんのおかげで、どんどん進化する醗酵生活!を実行して、放射能に負けない身体をつくりましょう...というわけで、今回は、ますます進化するWイチロウにまけず進化した豆乳ヨーグルトの作り方をご紹介しましょ^^

a0043520_2325138.jpg以前は、米とぎ汁自然塩黒砂糖でまず乳酸菌液をつくって、それから豆乳ヨーグルトをつくっていたけれど、それがなんと今は、少量の玄米と豆乳でつくれちゃう。

わたしのやり方は、

1)まず大さじ軽く山盛り一杯の玄米を、容量が1カップ程度のふた付容器に入れて、

a0043520_233166.jpg2)それに豆乳を180ccくらいと、自然塩を耳かき一杯程度を加えて、
きのこちゃんや飯山一郎さんのレシピでは自然塩は入ってないけれど、ヤップのように常時26度から30度という醗酵天国だと、ちょっと油断するといろんな醗酵がはじまって酸っぱくなりすぎるので、安定剤?として塩も入れてみたらうまくいった。

3)ふたをして、よくシェイクし、ふたをゆるめて、暖かいところにおいておく。
※ヤップならどこにおいても最適温度だけれど、冬場の日本なら、暖房具の側とか、キッチンの火の側とか、コタツの中とか、いろんな保温の工夫はできるでしょう。あまり神経質にならずに、ざっぱに試してくらさいな。

a0043520_233980.jpg4)ほうら半日後でこの状態に!
※上にふわふわのヨーグルトが浮いて分離していて、このまま食べても良いけれど、わたしは豆乳を一日一膳、朝だけ食べることにしているので、もう一度シェイクシェイク。24時間後に食べるときには、かなり酸味とピリピリ味が出たのを食べてます。

a0043520_2331778.jpg5)食べる前に、もう一度よくシェイクシェイクして...7割くらいを食べ、2~3割を容器に残しておく。

6)容器に残した豆乳ヨーグルトに、食べた分量と同じ程度の豆乳と、自然塩を足して、またシェイクシェイク...この繰り返しで1週間くらいはいけマス。
※日数がたつと玄米がふやけて、いつのまにか豆乳ヨーグルトの中に粒が混じってたりするけど、気にせずポリポリと食べてOK。5日から1週間後、醗酵のパワーが少し弱まってきたかなと感じたら、その日は残さないで全部食べて、もう一度、1)からやりなおす。
a0043520_2332797.jpg

ほうら、↑これ↑がわたしの元気の素の、玄米豆乳ヨーグルトで~す。毎朝、おちょこ一杯の手作りノニ・ジュースと、この豆乳ヨーグルトで、きょうも元気イッパ~ツ!という気分♪

乳酸菌と免疫力の関係については...:

免疫力とプロテクト乳酸菌の関係
http://health.suntory.co.jp/protect/meneki01/index.html
↑ ↑
このサントリーのページがすごくわかりやすい。でも、わざわざ乳酸菌製品を買わなくても、誰でもじぶんで作れるんだからねっ^^

あと、こっちもたいへん格調高く、一見の価値あり(笑)
↓ ↓
きのこちゃん:じーちゃんと小児科医の「乳酸菌猥談」 
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-3974.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-01-28 23:06 | 食は命の「かなめ」

にっきゅうぱー あるいは想像力

日本では値下げブームだそうである。ところがヤップでは物価がどんどん上昇している。たとえば、ツナ缶。
ツナ・ツナ・ツナ
http://suyap.exblog.jp/6810424
この記事を書いたのはたった1年ちょっと前で、当時のツナ缶1個の値段は85セントから95セントだった。それがなんと今では1ドル60セントから1ドル80セントもする。1年でほぼ倍になったわけだ。

a0043520_21573946.jpga0043520_2159892.jpg
これには米ドルの世界的な値下がりと、燃油高騰のおりの輸送料の値上がりが大きく尾を引いているわけで、先行き不安なままの経済を見越して、ヤップのような僻地に値下げの波は及びそうもない。

成田からヤップに戻ってくるコンチネンタル航空BO767は予想以上に混みあっていた。春休みも終わってるのに不思議だなあと思っていたら、なんと、グアムのホテルに3泊4日と航空券込みのパッケージが3万円台どころか、曜日によっては2万円台で出回っているからだという。旅行会社や航空会社の取り分をのぞくと、いったいホテルにいくら支払われるのだろう?それにヤップ-成田間を8万5千円も払って飛んでいるわたしの隣に、距離は3/4にしても、たったの1万程度で飛んでいる人がいるのかと思うと、メチャ気分わるいよなあ。

挙句の果てにグアムの入国審査では長蛇の列、通貨に1時間近くもかかってしまった。作業を遅くしているのは、もちろんESTA導入のせいもあるけど、入国書類にちゃんと記入していない日本人の多さも原因らしい。航空会社も係員を置いているが、とてもさばききれる人数ではない。わたしの前後でも若い人たちや、そんなに若くない人たちまで、査証ってなに?とか、国籍ってなに?とか、しまいには、わかんないのはテキトーでいいでしょとかやっていたので、聞き捨てられず手伝ってあげたり... 前のほうでは書類不備でつきもどされてる人が何人も出ている。ちなみに皆さんが手にしておられたのは、日本語で書かれた入国書式でしたよっ!(怒)。

グアム空港でそういう今どきの日本人を相手に働いている友人によると、彼らにはグアムが外国であるという緊張感が感じられないという。入国審査で要求されるものとか、他所の国に入ることがどういうことなのかとか、それらを初めは知らないにしてもそういうことがらの意味を知ろうっていう心構えすら、感じられないのだと。だから国籍を聞かれても答えられないものが続出する。日本国内のメディア操作された「常識」だけで世界がまわっていると思ってるのだろうか?

待ち時間が長くなると誰でもイライラする。前のほうで指紋や虹彩写真撮られてるのがわかると、日本じゃこんなことしないのにねーという非難が聞こえた。ご愁傷様、あなたが世間知らずの日本人だから知らないだけで、日本に入国する外国人は、みな同じことを要求されてますってば(怒)。

こうして安いパッケージで人数を呼び込んでも、グアムには結局ほとんどお金は落ちやしない。ホテルでカップ・ラーメンをすすりながら、タモン湾のホテル街をそぞろ歩き、夜遅くなって人通りのなくなった通りでしゃがみこんでるニホンの若者にギョッとさせられるのが落ち。いい加減でグアムの人たちも気づかないと...。

a0043520_22431766.jpgところでスーパーの西友が298円の弁当を出すんだそうだ。ゴンベイさんから教えていただいたサイトでやまけんさんがいたくお怒りだ。(写真はヤップのローカルフード・ランチ!完全無農薬でミネラル・繊維満点です)

やまけんの出張食い倒れ日記:食べ物の安売りは、世の中を佳くはしない。小売業者のやり方には、憤りを覚える。
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2009/04/post_1302.html
「美味しくて、新鮮で、栄養があって、安全で、、、そういう食べものを、安くちょうだい!」

などというわがままな消費者と、その消費者におもねって、とにかく「消費者がこの価格じゃないと買ってくれないんだから」という理由で、価格を押しつける小売業者。これが続くと、常識はずれの安値にするために、劣悪な材料や、膨大な添加物や、偽装といったことをする業者が現れる。それは、本当は消費者と小売業者自身がつくり出したものなのに、一方的に非難・糾弾され、退場を迫られる。

そして、この国には大手のメーカー数社しか残らない、寡占状態になる、、、この状況が長く続けば、そうなってしまう。おそらく想像力のない人は「それでいいじゃん、何が悪いの?」と言うだろうが、、、

西友の298円弁当、怖くて僕は食えない。イオン、イトーヨーカドー店頭でも、安売りしているモノは買いたくない。僕は生産者・流通業者叩きに荷担したくないからだ。
(文中の色太字はsuyapによる)
しごく、こもっともな説だと思います。

どんな売りモノにもそれが生産される過程でかかったコストがあり、それがどのようなものであるかを想像しながらモノの良し悪しを見比べるのは、購入者の権利のひとつでもある。そして良いものには生産者に継続した生産をさせるに足る利益を含んだコストが支払われて当然である。

わたしは、どうしてこんなものが100円で売れるのだろうと想像し始めると心が痛み疲れるから、日本の100均なるものが苦手だ。また、グアムやハワイ、あるいは東南アジアの格安ツアーに慣れている人から、どうしてヤップはそんなに高いツアーしかないの?と聞かれるのも困る。航空券にしたって、グアムまで2万台で飛べても、競合路線が飛んでいないそれから先の島々へは3倍以上の値段に跳ね上がるし、物価にしてもグアムから先へは別チャージがかかるし...。

世界で2大政党制だなんて威張ってる国より、いろんな政党がたくさん林立して政権交代が頻繁に行われる国のほうがよほど多様で柔軟性のある民主的な社会なのと同じで、食べ物でも旅行でもその他の業種でも、大手だけしか生き残れないような商売環境からは、決して良い製品は産まれてこない。それによって結果的に悲惨な目にあうのは、消費者なんだけどなあ。

ひとつ、ひとつのモノを購入するときに、生産者のことを思い浮かべながら、じっくり選べたら良いね。わたしはそんな消費者でありたいし、生産者でもありたい。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2009-04-14 14:39 | 食は命の「かなめ」

この米、洗うべからず

a0043520_1933737.jpgクリスマス前としては珍しく風も穏やかな一日、空にはアイスクリームのような雲が浮かび、海もまったりと静まっていた。

a0043520_12145181.jpgタロイモなどの伝統食を離れて、調理が簡単な米食を好む人が増えていると前回のエントリーで書いたが、右の写真がミクロネシアで最もポピュラーな、カリフォルニアの(たぶん日系)精米会社が出しているCALROSEブランドだ。

ヤップで売られているCALROSEには黄袋(Pacific Pride)と白袋(特選〇小町とか書いてある)があって、わたしが普段買うのは黄袋、5ポンド(2.26キロ)$2.65(ニホン的に換算するとキロ140円以下)のものだ。50ポンドの大袋だと値段は$20.00前後(キロ105円以下)、大家族のヤップ人はもっぱらこっちを買っている。一方、白袋の値段はこの2倍くらいするので、買うのはおそらくわずかばかりの在住ニホン人がだけであろう。

多くのニホン人が外地でいだく「米の飯がまずい」という感想を、わたしもヤップに来た当初は持っていた。奮発してCALROSE特選白袋を買っても、どうしても「内地のご飯」の味にはならない。レストランやローカルのご飯も、やはりなにか「臭う」...

そんなある日の朝、自宅でぼんやりコーヒーを飲んでいたとき、前日に買ってきた米袋がテーブルに乗ってて、読むともなく袋のサイドに記載してある小さな文字を追っていくと、

This rice is polished and coated with glucose. Do not rinse before cooking.
(この米は精米してグルコースでコーティングしてありますので、洗わないで調理してください)

どひゃーっ!
グルコースって砂糖の仲間でしょっ。そんなんでコーティングされてたら、常温28度湿度80%以上もあるヤップのようなところでは、すぐにカビが沸くではないかー!

a0043520_12152717.jpg
↑これが現在のパッケージの裏面。以前は袋のサイドに小さく書いてあったのに、今では堂々の裏位置を占めている。グルコース云々が無くなったのは、何か意味があるのか?グルコース・コーティングを止めたのかな?

ニホンに生まれ育った人間(わたしの年代以上のオンナであれば)なら、米を買っても、いちいち「炊き方」のインストラクションを読むことはないだろうが、もともと米食の習慣がなかったヤップ人の中には、こうして書いてあったら、つい読んで真に受けてしまう人も多いのではないだろうか?

わたしも学校の家庭科では、「米を研ぎ過ぎないように」とは習った。でもそれは、精米してあまり時間の経ってない保存状態の良い米が、いつでも手に入るニホンのような場所での話だ。カリフォルニアの精米所を出荷されて、長いこと港湾の倉庫に保存され、どんぶらこっこと太平洋を渡り、あちこちの港で時間を食い、ヤップにたどり着いても港湾や店の倉庫に長いこと置かれ、やっと店頭に並んで、ようやく消費者の手に入り、ヤップの常温・常湿にさらされれば、米袋の封を切って一ヶ月もしないうちに、米の表面にはうっすらカビが生えるのだ。表面にグルコースがまぶしてあれば、なおさらのこと...

パッケージのインストラクションを読んで驚いて以後、わたしは米を買ったらすぐに冷蔵庫で保存し、鬼のように研ぎあげて炊くようになった。すると、あら不思議!ニホンで食べる米と遜色ないお味になったではないか(笑)。同様に高い白袋でも試してみると、わたしには黄袋との味の違いがまったく感じられなかったので、もっぱら安い黄袋に徹している。(白袋のほうが米粒がそろっているので、おそらく屑米の混入率が違うのではないか?)

もともと味には定評のあるカリフォルニア米だから、よく研げば表面の酸化した部分が削れて美味しい味が戻ってくるのだろう。黄袋の表にも書いてある通りENRICHED、すなわちビタミン強化米なわけだが、わたしは、白米はもともと「米」という穀物の(言葉は悪いが)カスだと思って食べているから、下手に人工的な手を加えてくれなくて良い。白米で取れない栄養は、ちゃんとオカズで補うようにする、そういう栄養指導こそ、大切なのである。

ヤップの玄米とわたしが思っている「ラック芋」が、「白米」にそのまま取って変わられたことが、ヤップ人の食生活に悲劇をもたらしている。昔は「イモとサカナ」を食べていれば、ほぼ完全栄養食だったのに、「白米と缶詰」では、ビタミンもミネラルも繊維も足らず、身体はバランスを崩す。その違いを多くのヤップ人に気づいてもらえるように、スタッフや友人には「イモとサカナのほうが、ええよー」と事あるごとに言いつづけているのである。

ヤップ州立病院でも「伝統食見直し」のプログラムを組んだりして啓蒙に努めており、また成人病の増加で一般ヤップ人の食への関心も高まりつつあって、徐々にではあるが、食生活の大事さに関心を寄せるヤップ人も増えていると思う。

(注)
精米技術が発達する前のニホンでは、「銀シャリ」といても今のように白い米ではなかったようだ。だから、今のニホン人が「伝統食」に回帰するとしたら、まず分搗き米からスタートするのが良いのではないかと思っている。玄米のように食べにくくはなく、味わいがあって、美味しいよ!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2006-12-23 22:41 | 食は命の「かなめ」

食べ物の選択は、精神と肉体の自由への最後の砦だ!

a0043520_17584118.jpgヤップ島の伝統的な主食は、水田耕作のタロイモ(ラック)をメインに、季節物のパンノミ、ヤムイモや、補助的なバナナやタピオカ、サツマイモなどだ。しかし、この地でも若い世代にどんどん「イモ離れ」が進んでいる。

食生活の激変を招いた大きな原因となったものは、太平洋戦争後にアメリカから大量に入ってきた米や小麦粉、それに缶詰類だった。タロイモは生育に時間がかかるし、田んぼに行って抜いてから料理して食べるまでに数時間を要するが、米なら電気炊飯器(多くの家庭に普及している)に入れておけば15分だ。サカナを採りに行かなくても、缶詰を開ければ1分以下でオカズができる。

かくして、白米にコンビーフやサバ缶をガポッと乗せて、醤油をまぶして食べる、という食生活が、戦後アメリカが統治した太平洋地域全体に広まった。今ではそれにインスタント・ラーメン、スナック菓子、甘い缶飲料(+オトナのビール消費)が加わり、若年性肥満、高血圧、糖尿病など成人病が蔓延するアメリカ低所得者層と変わらない社会状況になっている。

食物の影響の怖いところは、それがジワジワと知らないうちに進むことである。子供の頃にしっかりラック芋と地のサカナで育った世代は、年を取って少々白米にコンビーフをかけて食べても持ちこたえるが、子供のうちからコーラにお菓子、白米にコンビーフ&ラーメンで育った子供は、どのくらい健康に生き延びられるのだろうか、ゾッとする。おまけにアメリカは、100%米国産狂牛肉とその製品どころか、抗生剤注入などでアメリカ国内では食料としての販売が禁止されているシチメンチョウのシッポまで、ミクロネシアの属国の民に売りつけているのだ。

続きを読む
by suyap | 2006-12-22 23:26 | 食は命の「かなめ」

モー狂牛肉は食べないで

天候: 雨
風向: 東
風力: 13ノット
気圧: 1008hPa
湿度: 90%
気温: 26.2℃
過去24時間の最高気温: 31.1℃
過去24時間の最低気温: 23.9℃
(6月22日22時57分現在のヤップ気象データ)
(注)「天候」「気温」に関しては、観測時間によってデータに大きく差がでます。一般的に夜は雲が多く気温も低いです。

きのうまで持ったお天気が、きょうは一転、雨模様。島の上を厚い雨雲が被っている。幸い海の仕事はお休みで、ちょっとだけネットで情報収集に時間を割いて、脱力・・・してるバヤイじゃないか。

なんと、あのコイズミの国費無駄遣いお遊び訪米旅行の手土産に、米狂牛肉の輸入再開が決定されたという。

きっこのブログ・猿と犬との監獄ロック
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/06/post_57f1.html

怖いのは、これだけ外食産業が盛んになったニホンでは、自分では気をつけて狂牛肉を避けているつもりでも、たとえばカレールーに使われている牛脂だとか、レストランで注文したスープのスープ・ストックだとかに、狂牛エッセンスが紛れこんでることだって大いにありえるっていうことだ。

「ワタシはもう年だから、たとえ狂牛を食べたって発病するまで生きてるとは思えないから、何でも好きなもの食べるわよ」っていう人も、もう少しよ~く考えてみて。

「自分は危険の範疇外だから」ということで狂牛肉を受け入れるということは、この国やアメリカの「ならずもの」どものやり口を暗に受け入れていることになるからだ。そういう態度は、まだもろ危険の範疇にいるニホンの年若い世代のことを、切り捨ててるってことになるんじゃないかな?

ここは皆んなで大声あげて、「モー狂牛肉は食わないぞ」と断固宣言するっきゃ、ないでしょ。そして、もっと野菜と穀物をちゃんと食べる人が増えれば、身体も心も調子が良くなって、食費の出費も減らせて、すべてハッピーということになる。もしかしたら、コイズミはそこまで深慮して狂牛肉輸入再開を決行しようとしてるのかも、ってことは絶対ないな。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
(本日のメッセージ・バナー)
雑談日記さんより。
a0043520_23465275.gifついでに、ちょっと古いけどコイズミ関連のこんな記事も。
きっこの日記・コイズミ迷言集http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20041208
レイプ魔エロ首相の後はヤクザ&カルトの安倍君かい?No Way!
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
by suyap | 2006-06-22 23:16 | 食は命の「かなめ」