ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

あ~あ、またこのまま放置か...(電話回線事情)

a0043520_22465958.jpgきのうの記事で、わが家の電話回線が、何者かのいたずらで切られたことを書いたけれど、その原因となった回線接続板(っていうのかな?)は、2日経ってもまだこの状態で放置されたまま。家に帰るたび、これを見て脱力している。

ヤップ島の電話ケーブルは、1992年にすべて地下に埋設された。携帯電話の普及とともに、現在では回線電話は減る傾向にあるけれど、いちばん北のルムング地区以外ほとんどの地域に電話の地下ケーブルが普及した当時の、電話加入ラッシュはすごかった。電気は引いてないけれど電話は引いたという家もかなりあったりして、ローカルの電気と電話の利用価値判断に、けっこう考えさせられたものだった。

今のわたしの住まいは、ベニヤ板とトタン屋根とセメンでできた、おそらく築30年以上の古~い平屋建ての借家で、そこにニンゲン3所帯+ゴキ、ネズ、アリンコ、ヤモリ、クモらが入居している。この「回線接続板」は、そこに住んだ歴代店子の電話を接続してきたものだろうが、カバーはとっくの昔に失われ、中身は風雨にさらされるがまま、しかも10個もあるスイッチなど完全無視されて、地下から上がるケーブルに、それぞれの所帯へ行く線がぐちゃぐちゃと繋いであるだけという有様だ。

総選挙から一夜明けたきのうの朝、わが家へ繋がる線を丹念にたどってやっと切れた箇所を見つけ、とりあえず手動で結わえて、自力で回線を回復した(笑)。あとからやってきた電話公社の係員に、この回線ボックスを新しいものにしてよ、このままじゃ、また子供がいたずらして切っちゃうだろうし、風でも切れてしまいそうだからとお願いすると、ノープロブレ~ム!と今すぐにでも付け直しに来てくれるような雰囲気だったので喜んでいたのに、相変わらずだなあ...(何年も放置しておかれたものが、そんなにすぐ直るわけないか)。

a0043520_22475262.jpg一方、こちらは屋内のモジュラー・ジャック(っていうんだっけ?)。一応ここまでが電話公社の所有なので、ユーザーが勝手に触ることは慎まなければならないのだが、実はこの小さな箱の中、アリンコさんたちのお気に入りの場所でもあり、放っておくと、アリンコさんのお陰で電話が繋がらなくなったりする。だから、わたしは敢えてカバーを取り外し、いつも中の様子が見えるようにしているわけだ。

電話機の中やパソコンの中も、アリンコさんは大好きみたい。おとといの夜、おそらくショートで焼け切れたノートパソコンも、こぼしたニンジンジュースの匂いにつられて侵入していたアリンコさんが原因じゃなかろうか、とわたしは思っている。

ヤップでも強力な殺虫剤は手に入るけれど、わたしはそういう大量殺戮は大嫌いだから、絶対に使わないし買わない。それぞれの生物がお互いの生活領域を尊重しながら住み分ける、多様な生物資源を尊重するってことは、本来こういうことなんでしょ!なんちゃって、今夜の記事はマトメに窮して、なんだか知り切れトンボでスミマセン。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2009-09-01 22:41 | ヤップな日々
<< スパゲッティうどんを食べながら 寝覚めの悪い夜明け >>