ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

わたしたちの海や海岸のもっとも危険な生物・・・ポスターの説明を追加

ヤップのあちこちで、こんなポスターを目にするようになった。

a0043520_8475838.jpg

THE MOST DANGEROUS SPECIES OF OUR COASTS AND LAGOONS - わたしたちの海(正確には礁湖だけど)や海岸のもっとも危険な生物種

なにやら、新種っぽいサカナやらエビやらヒトデやらクラゲやら...に見えるけど、実はこれ、みな海の中を漂ってたり海岸に流れ着いたりしたゴミ!それぞれについている説明を見ると、そのゴミが環境やまわりの生物に与える悪影響や、自然に還るまでに要する時間が書いてある:

(ポスター上から下へ、左から右へ)
ガロン・プラボトル→400~600年
a0043520_18362466.jpg
電池→1000年
a0043520_18374881.jpg
コンドーム→30年
a0043520_18392530.jpg
炭酸飲料プラボトル→300年~500年
a0043520_18405476.jpg
ダンボール箱→25年~50年
a0043520_18422721.jpg
紙袋→4週間
a0043520_18433099.jpg
ブリキ缶→200~500年
a0043520_18443464.jpg
タバコのフィルター→10年
a0043520_1846872.jpg
6缶パックのプラ紐→450年
a0043520_1848158.jpg
ビンの蓋→300年
a0043520_1849219.jpg
ディーゼル油/機械油→量次第
a0043520_18512239.jpg
プラ製レジ袋→35~60年
a0043520_18522548.jpg
ガラス瓶→1000年
a0043520_18533092.jpg
アルミフォイル容器→10年
a0043520_18541769.jpg
プラ製食品包装→20~30年
a0043520_1855535.jpg
アルミフォイル→5年
a0043520_18561259.jpg
紙おむつ→25年
a0043520_18573080.jpg

このポスターに載ってるものの中には、ヤップの海岸や海の中でもよく見かけるものもある。どこか遠くの海で投棄されたものもあれば、ヤップの陸から流れ出たもの、海に投げ捨てられたものもある。マンタを見ているゲストに気づかれないように、そおっと水中の空き缶やラーメン袋、ときに紙おむつまで!を拾うのは悲しいことだ...(紙おむつがないと子供が育てられないと考えている若い母親がヤップでも増えている)。

それに海の中では、ほんとうにポスターのような形に見えるから、カメやイルカや他の生物が、ほんとうにこれらのゴミを「エサ」と勘違いして食べてしまい、胃潰瘍や他の重い病気になっている。

a0043520_8484457.jpgしかしローカルの反応といえば、これがイマイチ...。まだみんな、外から来た便利なもの=良いものという発想から変われない人が多い。

ところでこのポスターの出所は、SPC(Secretariat of the Pacific Community)という機関。太平洋戦争が終わってすぐ、太平洋の戦勝側植民地宗主国(イギリス、オランダ、フランス、アメリカ)に、オーストラリア、ニュージーランドが加わってできた機関だけど、現在は22の太平洋島嶼諸国/地域がメンバーとなって、主に資源管理や技術などの情報を提供/シェアする機関となっている。

さらに下のほうを読んでみると、なんとまあ、このポスターのオリジナルは、スペインのGeneralitat de Catalunya(カタルーニャ州自治政府)のために作られたものらしい。

海のゴミ問題も、全世界的なのである。

よく考えてみたら、上のゴミを出すものをすべて使わなくても、ヒトは生きていけるのだ。とくにヤップのような島では...。でも、島に来てゴミの多さに嘆き、島の人々を責めるまえに、それらを持ちこみ売っている側と、それらを買う金をばら撒いた側の責任とその構造の否を、問うていただきたい。

a0043520_191869.jpg




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2009-01-17 23:42 | ヤップな日々
<< やったー! 「海の中」を「観る」ものとして... >>