ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

離島連絡船、また出航延期

a0043520_10245913.jpgヤップ州の離島連絡船の出航が、ひと月近く遅れている。

今年の2月28日、駐ミクロネシア連邦中国大使まで出席して華々しくデビューした新造連絡船のハピルモホル(Hapil Mohol)は、その後2度ほどヤップ州の東端まで航海してダウン。なんでもジェネレーター(発電機)が壊れちゃったとか。この船はオープン・デッキのスペースが狭くてキャビンがメインだが、船室内はエアコンがないと蒸し風呂になるし...。それよりも何よりも、電気系統がストップしたらやっぱり航海は無理だろう。直そうにもパーツを中国から取り寄せるルートが定まっていないとかで、いまだに修理のめどは立っていない模様。

そこで、3月いっぱいで現役から引退したマイクロ・スピリット(Micro Spirit)に再びお声がかかったのだが、3ヶ月も岸壁に置いておかれたあと、7月中にングルーユリシーへチャーター航海に出て、エンジンに調子の悪いところが見つかった。それでもマイクロ・スピリットは日本製だから、パーツはすぐ届いて直したんだけど、なかなかバシッとはいかないみたいで、8月13日が20日になり30日になり9月3日になり7日になり8日になり、その8日の朝になって急に12日になったのだそうだ。当日朝の変更を知らなかったわたしは、離島に帰る友人を見送ろうと桟橋まで行ってしまったよ。(写真は手前がハピルモホルで、奥の黒いのがマイクロ・スピリット)

毎年6月に入って学校が休みになると、幼稚園から高校まで離島の学校の先生たちは、ヤップの教育省で行われるワークショップに出るため、大勢の家族を引き連れてヤップにやってくる。先生たちには出張費が出るし、家族はヤップでバケーションできるけど、彼らを受け入れる親戚縁者は大変だ。この時期の離島出身者の家はどこも所狭しと人であふれかえり、ヤップで働いている者たちは、島から出てきた親戚一同を、借金してでも食わせなければならないので、ほんとうに大変そう。それが今年はいまだに続いているわけで、それにまた、先生たちがみんなヤップにいるということは、離島の学校ではまだ新学年が始められないのだ!

それでも、こんなことでは誰もあわてないし、あせらない。
学校の始まりが遅れたぶんは、いつでもスケジュール調整できるし...

さすがに軽飛行機が飛んでいるユリシーファイスの先生たちは、みんな飛んで帰ったみたいだけど、それから先の島々へは、もう2ヶ月も連絡船が途絶えている。それでも、こんなことはヤップの離島ではよくあることだから、誰もあわてないし、あせらない。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2007-09-09 09:23 | ヤップな日々
<< [ダイビング]アバサー、ごめん! [ダイビング]オイランヨウジ >>