ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

新連絡船就航式典とメディアの影響などなど...

a0043520_2336550.jpg正味6日ほどヤップ島を留守にしただけなのに、ずいぶん島情報に遅れていることに気づかされる一日だった。10時半開始のミーティングが入っていたので行ってみると、誰も来ていない。聞くと、中華人民共和国から寄贈された新連絡船の就航式典が10時から行われていて、ミーティングに出席すべきメンバー全員がそっちに行っているのだそうな(←電話くらい前もってくれろよっ-怒)。

で、わたしたちも桟橋に駆けつけてみると、いました、新連絡船HAPILMOHOL。この名前の由来は、ユリシー環礁とウォレアイ環礁の間の伝統航路だそうだ。ちゃんとフェリーのような乗降口がついているけど、ヤップの島々で、どのくらい使い道があるのだろう?




a0043520_2337257.jpgミクロネシア連邦大統領(ヤップ州ウォレアイ環礁出身)と駐ミクロネシア連邦・中華人民共和国大使(女性)を迎えて、粛々と式典が始まったばかりだったが、やがて国歌斉唱(といっても音楽が流れるだけ)タイムとなった。

a0043520_23372888.jpg横断幕をよく読んでみると、

中華人民共和国政府蜜克羅尼亜聯邦政府雅浦州客貨両用船交換佼式

なーるほど、
ミクロネシア連邦=蜜克羅尼亜聯邦(羅は新体字)
ヤップ=雅浦
勉強になりました(笑)

ところで、ややややや!

a0043520_23451030.jpga0043520_23454484.jpga0043520_23461935.jpgMCのおっちゃんも、テントの中の偉いさんも、外につっ立ってるおっちゃんも、みーんな右手を胸にあててるでわないかっ!

もちろん桟橋をとりまく広場の日陰にはたくさんの一般見物人がいるのだけど、そっちには、だべったり座ったりしてるのもいた(笑)。でも、この偉いさんと準・偉いさんのテントとそのまわりの格好のつけようは、いったい何なのだ~~~。今まで、この国でこんな光景を見たことなかったから、ゾッとしてしまったよ。やがて、この光景が映像で流れ、多くのヤップ州民が右へならえをするのだろうか?(ともかく、ヤップで「国家」が流れることが多くなったのは、今年1月8日に現州知事就任以来だ)。

同行のお客さんに聞くと、最近のニホンでも、キミガヨが流れると右手を胸に当てるのがファッションになってるという。サッカーなんかの表彰式で外国選手が手を胸に当てているのをカッコイイと思ってマネする選手が出てきて、それを見てカッコイイと思ってマネする観客が増えたとか?ミクロネシア連邦の「国歌」はまだずーとマシな歌詞だけど、あなたはキミガヨに忠誠を誓えますか?右手をハートに当てるということは、心の底から誠意を示すということだ。カッコの問題じゃないんだよ!その気になれない人が、

あったしゃー、ぜーったいに、嫌だねーっ

と、誰でも自由に言える社会が、ほんとうの「自由な共生社会」です!
ミクロネシアの島々は、本来そういう社会だったのに...

まっ、中華人民共和国ヨイショの式典に、あんまり興味ない方々を連れていたので、踊りも見ずに早々にその場を去ったのだけど、その後、見物人も「試乗」させて、新造のハピルモホル(HAPILMOHOL)はリーフの外まで遊覧航海をしたのだそうな。

a0043520_23375453.jpgで、帰ってきて接岸中、

ぐわぁ~~ん

という轟音と振動に、乗客全員驚いてデッキに飛び出すと...

ありゃりゃりゃりゃ~~~

接岸するときには、まず岸壁にロープを投げてつなぎ、それを船上のウインチで巻き上げるとともにサイドスラスターで調整しながら、船が風で岸壁に叩きつけられるのを防ぐのだけど、その肝心なウインカーが吹っ飛んだのが、この衝突の原因ということだ。

そのほかにも窓枠が取れたり、「この試乗航海だけで、あっちこっちのものが壊れたぜ」という話があちこちで聞かれた。

あと、もうひとつ、きのうの午後からヤップ島を覆っている正体不明の「モヤ」の、気になるニュース・リリースを...

Pacific Daily Newsでは、きょうもまた「ニホンの一部、中国、ロシア」からのモヤとして、呼吸器系疾患のある人は外出を控えるようにというお達しがでたというニュースを流した。

Haze advisory in effect for Guam

それに対して読者から、風向きを考えても、臭いからも、去年の経験からも、これは絶対にアナタハン島の噴煙に違いないという意見が多く寄せられており、

http://forums.guampdn.com/viewtopic.php?t=3965

その中に北マリアナ諸島(サイパンを含む島々)で出ているSaipan Tribuneの記事が紹介されていたので行って読んでみると、2月28日の記事では、はっきりとアナタハンからの噴煙だと書いてあり、全公立学校が休校になっている。

Volcanic haze shuts down PSS

ところが、これを書いているうちに12時をまわっちゃって、今は3月1日なのだけど、こんな記事が出てきた。

Haze, Asian smog moving out of Northern Marianas
The Anatahan volcanic haze and winter-time Asian smog are moving out of the CNMI area, according to the Emergency Management Office yesterday.
常識的に自分で物を考えられる人ならわかることなのだけど、サイパンやグアム、ヤップで恒常的に吹いている風は北東で、現に今も連日強い北東の風が吹いているわけで、どうあがいても、北西の位置にあるニホンや中国・ロシアからモヤやスモッグか流れてこれるはずがないのだ。

おそらく、どこかの公的機関で大ボケ情報を流してしまって、サイパンよりUSに近いグアムに従うようにSaipan Tribuneのほうに力が働いているのだろう。あるいは、なんらかの軍事機密が絡んでいるのかもしれない。恐ろしいことだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックを!



◆◇ヤップの情報はこちらでもどうぞ◇◆
http://www.naturesway.fm/index2.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
by suyap | 2007-02-28 23:33 | ヤップな日々
<< 2007年ヤップデイ・1日目 ただいまー♪ >>