ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

鉄骨を買う

天候: 曇
風向: 北東
風力: 5ノット
気圧: 1009hPa
湿度: 82%
気温: 27.3℃
過去24時間の最高気温: 31.1℃
過去24時間の最低気温: 23.9℃
(7月13日20時50分現在のヤップ気象データ)
(注)「天候」「気温」に関しては、観測時間によってデータに大きく差がでます。一般的に夜は雲が多く気温も低いです。

日本からきたお客さんや知り合いに必ずといって良いほど言われる言葉に、
「スーさんは、こういうのどかなところで暮していて良いですねえ」
というのがある。

もう慣れてしまって、あえて強く反論もせずニヤニヤして頷くか、「そうですよぉ、うらやましいでしょ?」なんてワザと小憎らしいことを言って煙に巻くことが多いけど、わたしにとってこれほど実感からかけ離れたコメントはない。毎日ドタバタと駆け回っているうちに日常が過ぎていく、というのが現実だ。

何でも電話一本で業者が呼べる日本とは大違い。とにかく住居のトイレが壊れても、仕事の桟橋が壊れても、大家さんが直してくれるのを待ってたらいつになるかわからないから、Do it yourself!が一番ということになる。車にしたって、凸凹道を中古車を駆使して走り回ってるから、タイヤ交換や急場の応急処置はできなきゃ困るし、修理工場でも「メカを知ってるふり」して交渉しないと、何をどういじられてなんぼ請求されるかわからない。

「そんなの、スタッフの男どもにやらせりゃ、いいでしょう?」
それもそうだけど、いちおう監督責任者として何をどう修理してコストはいくらかかるか把握してなきゃならないし、やっぱ財布を握るものが最終決断をしないと、とんでもない買い物になっちゃうんだよね(笑)

そんなわけだから、わたしには毎日がエクサイティング&新たな学習の日々で、のんびりしている暇なんてない。だけどこれも悪くないナと思う。だって、もともと数字やメカに弱いわたしだから、放っておいたら自らビジネスをやったりクルマやボートをいじるなんてこと、絶対にしなかっただろうし・・・自らの隠された可能性を状況が開拓してくれる?あっはっは。

それでもまださすがに「建築」方面に手を出したことは無かったから、今日のお買い物は、わたしにとって、とっても学習度が高かった。以下は建築関係に明るい方には、なぁんだ、って話でしょうけど、わたしには久々のエクサイティングなヒットだったんで、ちょっとご紹介。

a0043520_8205870.jpg今月初めの熱低で落ちてしまった桟橋のランプ(架け橋)を次回の嵐に備えて補強する方法をスタッフと相談したところ、「ぶっとい鉄骨の先をU型に曲げて地中に埋め込んで杭を作り、そこにランプの付け根を繋ぐ」という案に落ち着いた。サイズと長さ、形だけ聞いて、わたしはお買い物に建築資材屋へと走る。これ← が陳列された商品=鉄骨。1本20フィート(約6m)を丸ごとかわなきゃならない。

a0043520_8214333.jpgスタッフの「指示」は「1本4フィートの先をU型に曲げてもらえ」とのことなので、径2cm以上ある鉄骨をホントに切ってもらえるか、曲げてもらえるか、なんぼ取られるか、ドキドキしながらオッちゃんに聞いてみたら、難なくOK。食パンきりのオバケみたいな道具でスパスパ切ってくれて、次の作業へ。この時点でわたしの目はオッちゃんの鮮やかな手さばきと鉄骨を曲げる道具の動きに釘づけ、あわててカメラを取り出す。「オッちゃん、写真とってもエエか?」

a0043520_8222071.jpg「そんなに寄っちゃ危ないガナ、もちっと離れとれ」
わたしは鉄骨をU型にするにはバナーで熱して柔らかくして曲げていくしかないだろうと思っていたから(その作業になんぼかかるかも心配だったし)、こんな便利な道具があるとは、ほんとにオドロキ感動ものだった。

a0043520_823634.jpgわたしの目の前で、5本の鉄骨は次々と道具にかけられて、グニューと曲げられていく。ホントは必要なのは2本だけだったのだけど、20フィートの鉄骨を丸ごと買った訳だし、わたしももっと作業を見続けたかったので(爆)、残りも全部曲げてもらった。出来上がりは、→こんな形。

「車をこっちに持ってきな」
作業を終えたオッちゃんは、5本のUになった鉄骨を運びやすいようにくくりながらそう言った。
「あっ、そうダネ。その前に事務所で支払いしてくるわ」

事務所「何本切ったり曲げたりしてもらったんや?」
わたし「1本だけ」
事務所「はあ?たった1本?ええわ、請求起こすのも面倒やから、金いらんわ」
わたし「ほっほんと?あんがとさん!」

で、このお買い物のコストが鉄骨代$19.55だけで終わったことに気を良くして、5本のUになった鉄骨をさげてルンルン店に帰ってくると、スタッフ一同あ然。

「なんで5本も作ったんや?」

「だって、20フィート丸ごと買わなけりゃならなかったんだから」

「残りはそのままにしといて他のもんに使えることもあったろうに」

「予備よ、予備。潮水に鉄骨がどのくらい耐えられるか、わからんでしょ?」

曲げる作業を見たいがために5本も作ってしまったとは、さすがに言えなかったなあ。



AbEnd(安倍晋三をThe Endに)キャンペーン参加中!
バナーはヘンリー・オーツさんより借用
a0043520_8234391.gifAbEndって何?という方は、このブログ左上の<トラックバック・ピープル>のAbEndキャンペーンをクリックして、そこにトラックバックしてあるブログを読んでみてください。広域暴力団、金正日、統一協会と大の仲良し、学歴詐称、戦争大好き、すぐにぶっちぎれる安倍晋三に日本をまかせたら、大変なことになるでしょう。

◆ぬぬぬ?「ぬかがの季節はいまが旬 @2重スパイか?陰に隠れた本当の”対日工作員”」
98年のテポドン騒ぎも額賀福志郎防衛庁長官のとき、偶然かなあ?98年と06年と2度に渡って、防衛施設庁スキャンダルが起きた、これも偶然かなあ?98年からミサイル防衛網構想をぶち上げて、日米韓を巻き込み、米国軍産複合体へ天文学的売上貢献を見込んだ新商品開発をプレゼンテーションした張本人でもあるそうだ。Watch him out!

◆ヤップの旅の情報はこちらでどうぞ
http://www.naturesway.fm/index2.html

人気blogランキングへ
by suyap | 2006-07-13 23:58 | ヤップな日々
<< こりゃ、マヂでヤバいっすよ 嵐のあとの木々 >>