ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

トーチカ…いまむかし

ヤップ島の中心地コロニアの裏山に、いまもひっそりと残る日本軍のトーチカ、
a0043520_2274676.jpg

戦後70年も打ち捨てられた知る人ぞ知る場所なのですが、これがなんだか知らないジモッチーにとってはただのコンクリートの塊。すでにすぐ近くを道がとおっているので、将来ブルドーザーで潰されてしまう日が来るかもしれないと危ぶんでいます。

中は大人が2人も入ると身動きもとれないくらいの狭さ。真っ暗でクモの巣だらけで、さすがのわたしも、できたら入らずにすませたい…。それでも「探検」したいゲストを外で待ち、出てこられた方を地上に送ったあとでチャチャッとオートでシャッターを切ったら、意外なものが写りこんでいました。ジモッチーの子供たちの落書き。以前はこんなのなかったのに(苦笑)。
a0043520_2264917.png

ところで↑こちら↑は沖縄は宜野湾市の嘉数高台公園に残っているトーチカの看板です。ヤップと大違い!7年前の放映のようですが、NHKがこのトーチカにまつわる話を収録しています。

戦争と証言:嘉数のトーチカ(宜野湾市)【放送日 H20.4.23】
http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/senseki/detail04.html
a0043520_227732.png

ヤップのトーチカも岡の上、この写真のよりも上のほうに、稜線に沿って何個もありました(今では潰れてしまったものが多いですが)。
大きな家には少尉 中尉 幹部が寝泊りするわけです。
そういうふうなときには兵隊さんと一緒になって
迎え撃つかと 協力は惜しみませんということになる
奉仕と言うよりも勝つために軍隊に協力しなさいですから
考える余裕はないですよ、
思想信条もないですよ
勝ち戦のためにやれでしょ
今考えたらばかなことをしたなと
それで犠牲になったなと
これは番組に登場した、当時少年としてトーチカ造りに借り出された方の言葉ですが、なぜか今の日本の現状とかぶって聞こえてきました。それでも生き残ってばかなことをしたな述懐できる人は良いですが、その陰で何十万人も命を落としているわけです。
a0043520_23184563.jpg

a0043520_2326108.jpg

白目をむく、けいれんする、泡を吹く、悲鳴をあげる てんかんのような発作を起こす人が増えている
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/168.html

こんなことが水中で起きたら一大事ですから、日本からのダイバーさんには、特別に神経を尖らせて対応しています。

発狂し、自滅してゆくプロセス
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ss11071

東日本、とくに首都圏で、最近、意味不明の事故が多くありませんか?


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。

ヤップ島から発信するこちらのサイトもよろしく!:
https://www.facebook.com/naturesway.yap.jp/
http://www.naturesway.fm/index2.html
ヤップ島あれこれ
ヤップのマンタ
by suyap | 2015-11-09 23:08 | ヤップな日々
<< 命がけ エルニーニョ >>