ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

お墓まいり

数日前から集まり始めた雲のかたまりは、グアム島の南で台風20号となって、ゆっくりとした速度でヤップ島の北を通過したあと、徐々に北上を開始している。

そんなお天気模様だから、ヤップでも降ったり止んだり照ったりの日々がつづいているが、けさはときおり強い南風も吹いていて、たくさんの実をつけたベニノキが、振り落とされそうにゆらゆら揺れていた。
a0043520_19151318.jpg

いよいよきょうから11月だ。ことしは11月1日と2日が週末に重なったので、カトリックの人たちは、それぞれ教会に行ったり、お墓の掃除に行ったりしている。わたしも午前中の晴れ間を利用して、まずセントメリー教会の墓地にあるお墓に、G嬢の作ってくれたリースを置いてきた。

今回は、G嬢に4個のリースを作ってもらった。残る3つはまた別のお墓へ。
a0043520_19145715.jpg

お供え用には造花もポピュラーで、わたしも昔は大いに利用したものだけれど、日にちが経ってどんどん汚れていっても、誰かの気持がこめられたものは、親族もなかなか捨てにくい。それが生花であれば、やがて枯れて腐れば土にもどるから、お墓の掃除もやりやすかろう。

そういうことに思い至ったものの、わたしにはフラワー・アレンジメントの才能が悲しいほど皆無だし…(汗)、それに材料を集められる土地もないので、最近はG嬢にお願いして、生花のフラワー・スタンドやリースを作ってもらっている。
a0043520_19162980.jpg

今回のアレンジメントは、シダの仲間のミズスギがベース。それにヘンヨウボク(クロトン)の葉とサンタンカ(イクソラ)の花を差しこんだだけのシンプルなものだけれど、どの素材も長持ちするから、お供え花に向いている。さしづめヌッポンの菊の花みたいなものだね。午後からまとまった雨になったので、あと3つのリースをお供えに行くのは翌日にしたけれど、たぶん大丈夫だろう。

敬虔なカソリック信者が多いヤップ自立派の人たちは、あした、お墓まいりと教会のミサに参列したあと、また別口でヤップの良い将来(11月4日の選挙必勝)をお祈りする会を持つそうだ。わたしはそれには出られないけれど、すでにきょうから4日間を、祈りの日と心に決めている。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-11-01 20:36 | ヤップな日々
<< ヤシの実は知っている 千人針バナー >>