ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

やっぱり刺身だぜ!

休暇でしばらく在の村に戻っていたチョメさんが、前触れもなくフラリと姿をあらわした。
「久しぶりだね~!ちょいと痩せた?」

「よく働いてたもん、ビールが恋しいな」

「つまみは何にする?」 「そりゃ、やっぱり刺身だぜ!」
a0043520_23154497.jpg

ということで、どこからともなく魚が2匹あらわれ…(笑)
「どっちを刺身にするよ?」
小さ目の(上写真)は30センチくらいのヤイトハタ、、刺身も良いけれど、ココナッツ・ミルクで煮たスープのほうが、最高に美味しいし…。
「じゃ、↓こっち↓を半身ほど刺身にすっか?」
a0043520_2251870.jpg

それで、体長50センチ足らずのカンムリブダイが、ご指名を受けてマナイタに。

人手が無ければ仕方なくヤルけれど、実はわたし、↓こーゆーの↓は苦手、チョメさんの鮮やかな手つきを、箸としょうゆを用意して眺めているの一番だ(笑)。
a0043520_23175960.jpg

「この包丁、研ぎが足らんぞ…」と文句を言いながら、あれよあれよとカンムリブダイは半身をとられ、大きな肝が大事に取り分けられた。
a0043520_23182372.jpg

ここら辺が、やっぱり「技」なのですネ。あるいは「好きこそものの上手なれ」 ヘタがやると、内蔵を取り出すとき肝までつぶしてしまう。プルンプルンの肝を、大事に取り分ける仕草で、いかにチョメさんがこの部分を愛でているか、よくわかる(笑)。
a0043520_23175186.jpg

半身を策にとって大きな肝を確保したら、残りは明日のスープ or 煮つけ用に冷蔵庫へ直行。それから皮を下にして身をそぐように切り分け、肝も同様の大きさにぶつ切りにして、タマネギのスライスと、若干の塩で身を締め(きれいな海水があれば、それで洗うのがベター)、ほんの少しコショウを振ったら、サシミ・ア・ラ・チョメの出来上がり♪

欲を言えば、レモン汁をぎゅーっと絞りこみたいところだけれど、あいにくレモンを切らしてた。
「レモンなんて、うちの村に腐るほどあるのに…」

「それじゃ、なんで持ってこなかったのよ?」
お互いブツブツ言いながらも、ビールの缶だけは、どんどんと並んでいったのでした…^^


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-06-02 00:28 | ヤップな日々
<< マンゴー食むカニ オオオカガ二の守衛さん(笑) >>