ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

瓢箪から駒

いろんなことでバタバタしているうちに、1月も半ばを過ぎた。そのバタバタのひとつの原因は、朝・昼・晩と作って病院に届けているパワー・ミール、今ではほんの少ししか食べられなくなってしまったけれど、ひとくちでも食べてくれる限り、続ける…という前置きはともかく、今朝作って持っていったバナナ・パパイヤ&きなこ入り豆乳ヨーグルト・ドリンクが、お昼に行くと爆発していた。
a0043520_095037.jpg

ボトルの中に発酵するものが入っていることを知らない付き添いはビックリ仰天、「こんなの、病人に飲ませて大丈夫?」

「これはね、ヤシ酒と同じように発酵するの。だから身体に良いんだよ。ほんとうはこれくらい発酵したものを食べてもらいたいんだけど、酸っぱすぎて嫌がるだろうから、これは、わたしが持って帰って食べるわ」

「ヤシ酒と同じ」という咄嗟のたとえが効いたようで、この件は、たいして詮索されることもなく切り抜けた。なんせ、「血中タンパクが低いから、毎食、卵の白身を3個分食べさせろ」というアフォ医者の指示通りの食事を作れと騒ぐくせに、大豆からできた豆腐や味噌も高タンパク食品だと理解できない程度のヒトだから、毎日がバトルってるw

アライという品種のバナナ半個と完熟パパイヤ1/8個、きなこ、黒砂糖、玄米豆乳ヨーグルトをそれぞれ大匙1、それに自家製豆乳を2カップ…だいたい、そんな分量かな(いちいち量りはしないけれど)。それが半日でバリバリに発酵して爆発したわけだ。
a0043520_09544.jpg

ところで、まるでタイミングを合わせたかのように、Soyajoy G4という、自家製豆乳が簡単に作れる道具がアマゾンから届いて、大いに助かっている。一回で1500mlの豆乳、あるいは、好みの豆類または穀類を加熱・粉砕、クリーミーな飲料にしてくれる。

a0043520_0102047.jpg←これは、玄米3に大豆7の割合で作ったもの。このマシンを手に入れるまで思いもつかなかったけれど、大豆に少量のコメを混ぜるだけで、いちだんとクリーミーなものに仕上がった。

日本の医療機関にも負けず劣らず、怖い薬漬け、無駄な治療漬けにされてしまうヤップの病院については、また日を改めて。早く死なせてくれと苦しむ病人を前に、ふんぞり返って商売に励む医者や世間体だけをつくろう取り巻き…結局、病になるのも、病から立ち直るのも、はてまた死に方を選ぶのも、やっぱり自分自身の選択なのだよと、そんな思いを深くしている。

決してヒトゴトではありませぬぞよ、ヌッポンのヒト!

ウイルス・パンデミックか?!
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii01162


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2014-01-18 06:08 | ヤップな日々
<< きゃ~ マル芋の作付け >>