ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

バナナ酵母パン

バナナを房ごともらうことがよくある。房ごとというのは、あの何段にもなった房全部のことね。だから、そんなときは、くれた人には申し訳ないけれど、正直言って「うへ~」という気持のほうが先に立つ。どんどん熟れていくバナナを、煮たり焼いたり揚げたり、そしてホットケーキのように生地に練り込んだり…飽きるし(笑)。

つい先日も、どうしても食べきれず、ぐずぐずに崩れかけたバナナをもう見たくもなくてしばらく冷蔵庫に放り込んでおいたら、なんだかいい匂いがしてきた。「あれっ、これって発酵してる?」

a0043520_23251133.jpga0043520_23245620.jpg
ということは…もしかして、バナナで天然酵母が取れる!?今まで、どうして考えつかなかったのだろう。

さっそく、ぐずぐずバナナの皮を取り除き、容器に入れて、手でさらにぐずぐずぶちゅぶちゅに潰して、米とぎ汁乳酸菌も少し加え、また1日ほど冷蔵していたら、う~ん、いい感じに発酵してきた(上写真右)。それに地粉を加えてサクッと混ぜて(上写真左)、また冷蔵すること1日ちょっとで、低温発酵の中種が出来上がった。

a0043520_23252274.jpga0043520_23253214.jpg
しっかり発酵した中種に、塩と粉をテキトーに混ぜ混ぜして、しっかり捏ねて…もうその段階で、「おっ、これはうまくいくかも!」とうっふっふな感じの、良い匂いと感触だった。一次発酵1時間後(上写真左)と、3時間後(同右)。

そうして十分膨れたパン生地を、わくわくしながら成形して、安もののメリケン版パン焼き器へ。いちおう捏ね捏ね機能もついているのだけれど、どうも満足にできないので、焼き以外はみな手でやっている。

そして…じゃじゃ~ん!

a0043520_23255734.jpga0043520_23254374.jpg
上がパカッと割れて、表面はパリパリ、中はしっとりの、立派なバナナ酵母パンの出来上がり~♪

バナナが酸っぱくなりかけていたところへ、米とぎ汁乳酸菌も加えたので、お味はサンフランシスコのサワー・ドゥ・ブレッドな感じ。バナナ酵母パン作り、これはなんだか、病みつきになりそうだ(笑)。将来は、バナナでビール作りもやってみたいなあ(爆)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-12-16 23:19 | ヤップな日々
<< 見る猿・聞く猿・言う猿 南の島の季節感 >>