ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

危機管理とか醗酵生活とか...

先週末あたりから少しお湿りが増えてきたヤップ島、マッデン・ジュリアン・オシレーションが西から移動してきたせいかも?とか、最近、聞きかじった言葉を使ってみるけれど...(笑)、「そんなこたあオレたちにゃ関係ねえや」と、バーティーゴのサメたちは、相変わらず元気だった^^
a0043520_9533643.jpg

↑こういう↑写真を見て、「うわ~、コワッ」と思う人は多いだろうけど、そういう感情は(いま流行の)危機管理(あるいはリスク・マネージメント)でもなんでもないくて、そういうことじゃ、あなたはほんとうの危機から身を守れな~い^^

なぜならば...「危機」を①あらかじめ認識し②それを回避する対策を講じ...という危機管理のイロハをすっ飛ばし、「現象」のみに「感情」で反応しているに過ぎないからなのだね。そういった反応はパニックに過ぎず、そしてパニックは危機回避行動を最悪にするだけ...。

a0043520_14403681.jpgたとえばハイハイし始めたばかりの赤ん坊が、床に転がっていたナイフを手に取って遊び始める。母親やまわりの大人たちはそれを見てはいるが、赤ん坊からナイフを取り上げたり叱ったりはしない。「切って痛い思いをすれば、刃物の使い方を覚えるさ...」 

生活から刃物全般が疎外されてしまったニホンでは考えられない光景だろうが、ヤップではまだ普通の日常、小学校低学年ともなれば、自分の腕よりも長い蛮刀も器用に操れるようになる。いまの日本社会のように、「刃物=怖い」という「印象」を植えつけるだけで、その使いこなしを教えなければ、現実に直面したときに出てくる行動はパニックだけ、そんなのまったく「危機管理」になっていないから、キチガイに刃物という事象が起きまくりなのにね。

バーティーゴのサメたちを見ながら、そんなことをつらつら思ってしまうのは、いまだにフクイチから垂れ流されている放射能とそれによる内部被曝の影響が、どんどん(しかもひそかに)目に見える形になってきているにもかかわらず、ヌッポンの多くの一般大衆は、わたしが接することのできるわずかなヒトビトでさえ、まだノホホ~ンと何も手を打たずに、モノを買い、食べの日常生活を送っているからなのだ。口では反原発を唱えているヒトビトでさえ...。

a0043520_14524751.jpgこのブログをよく読んでいると言いながら、「ただし乳酸菌の話は聞きたくない」と宣言しおった御仁もいたが、いったいどこを読んどるんじゃ~~~、食べ物、乳酸菌を含む醗酵生活への理解を抜きにして、suyapを理解することは永久にムリじゃわい~~~!(怒)。わたしの書き方が気に食わんのなら、清楚で可憐な18歳のきのこちゃんのレシピでも参考にして、はよう自分で乳酸菌をつくりやがれっ

きのこちゃん流、大雑把天然酵母の作り方
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-1065.html

いまだに日本+世界原子力村が認めようとしない内部被爆による健康障害...しかし、そんなもん広島に原爆を落とされる前からわかるヒトにはわかっておったし。そういう手合いは、どうやったら自分とその身内だけは内部被曝の被害から免れられるか、ちゃんとリスク管理しておるわけだよ。そういう「ノウハウ」をもっと進めるために、フクイチがまきちらし続けている放射性物質の引き起こす影響を、ウハウハと末永く「研究」していくわけさ。しかし、ヤツラはそういった研究成果を、決して公衆の利益に還元しようとはしない:
a0043520_9561626.png

かくして、ヌッポン国内のみならず、世界中に「人工核」がばらまかれ、そんなことはな~んにも知らぬ一般ピープルだけが、空気・水・食べ物を通して、知らず知らずに内部被曝しているわけさ。そうして長い年月にわたって徐々に「病人」が増えてきたらしめたもの。またそれで大もうけできるシステムが出来上がっているというわけ(怒)。

ここまでは、もうわかっているよ!というヒトも多いと思う。し・か・し...いざ現実の生活となると、どうして、そういうヤツラを喜ばせるようなスタイルを変えられないんだろう?すぐに変えられないまでも、「変えよう」と実際に行動を起こしてみないんだろう?まず自分の足元を固めないで、どうして脱原発・反原発を声高に(?)叫ぶことができるんだろう?知行一致、まず自らの生活を、ヤツラが喜ばない方向に持っていくことが先だろうにっ(怒)。まず自分で乳酸菌を育て、様々な醗酵菌と共に生きてみること。病気とは何か?命とは?という疑問に、真摯に、ひとりで、心から、向き合うこと。そうしたら、「自分はどうせ長生きしないから」なんて傲慢な言葉は吐けないぜ!(ちょっと個人的な体験が入っちまってます、ゴメン>>すでに知行一致でライフスタイルを変えることから始めている多くの方々)

ところでヤップ島のお隣の米領グアム島では、1990年に米議会を通過したRadiation Exposure Compensation Act(放射線被曝補償法)を改正して、グアムも風下被害地域に加えるように請願する決議案が、ふたたび議会に上程された。

Increased radiation compensation for Guam pushed
http://www.mvguam.com/local/news/29344-increased-radiation-compensation-for-guam-pushed.pdf

グアム島の政府・議会は2004年以来、米国政府に対して同様の請願を繰り返し行っている:

GUAM SEEKS U.S. NUKE TEST COMPENSATION
http://pidp.org/archive/2004/April/04-08-08.htm

Relative to petitioning the United States Congress to pass H.R. 1490 and S. 791 which will amend the Radiation Exposure Compensation Act of 1990 to include Guam and to improve and increase compensation for those affected by ionizing radiation.
http://senbenp.com/PDF/Bills/1319_001.pdf
a0043520_1150543.gif

上の地図でご覧のとおり、ビキニ環礁のあるマーシャル諸島からグアム島にいたる間には、ミクロネシアのたくさんの島々が点在している。おそらく国のサイズや米国に対する立場上、まだミクロネシア連邦としては同様の動きは出てきていないが、インターネット上のフォーラムでは、トピックとして上がるようになった:

USA ATOMIC BOMB TESTING IN MICRONESIA AND ITS PERMANENT EFFECTS
http://www.micronesiaforum.org/discussion/10792/usa-atomic-bomb-testing-in-micronesia-and-its-permanent-effects

一方、あれだけの事故を起こしながら、いまだに誰も罪を問われず収束もままならず、その上、首相みずから原発行商するという恥さらしなわがヌッポン国ながら、とうとう「もんじゅ」に無期限使用停止命令が出るかも...という事態にもなっている:

ネットゲリラ:三人寄れば文殊の馬鹿
http://blog.shadowcity.jp/my/2013/05/post-2672.html

「もんじゅが高速で増殖したかったのは、核燃料ではなくて、たぶん役人の利権と天下り先だったのだろう」とは、上記リンクにつけられたコメントの一節だけれど、ホントにねえ...(ため息)。こうやって「原子力村」の住民どもは、じぶんらの生活だけは安全に保ちつつ、好き勝手のやり放題。

それにNOと言いつづける事は大事だけれど、それと同時に、まずひとりひとりの生活から、ヤツラを利する要素を追い出してやる!という覚悟と怨念は、ぜったいに必要...ってか、そうしなけりゃ、テキが潰れる前に自分がやられちゃう。
a0043520_1358345.jpg

そんなわけだから、老いの身体を張ってみずから人体実験してみせてくれてる飯山一郎じっちゃんや、清楚で可憐な18歳きのこちゃんの奮闘には、ほんとうに感謝・感動こそすれ...このヒトたちの表現の真意を読み取れないようなら、もう一回、小学校からやりなおしたらどお?(プッ)

金をかけずに健康に生きる方法がいくらでもある!

これをみずから証明してこそ、原発にノーというメッセージが本物になるんだと思う。

最後に情報として、南相馬市大山こういちさんのブログから、直近記事をいくつか:

これは凄まじい!内部被曝1bqは1㍉sv相当!西尾正道さん(北海道がんセンター名誉院長)
http://mak55.exblog.jp/18742600/
「脱原発」は「脱洗脳」から②:家族でマスコミ洗脳から「覚醒」し再び脱原発に邁進しましょう。
http://mak55.exblog.jp/18742806/
警察、検察、裁判所、行政、政治―ー日本の支配権力構造が垣間見える動画を集めてみました。
http://mak55.exblog.jp/18751396/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-05-14 14:21 | No Nukes!
<< M? 空中散歩 >>