ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

サカサクラゲ大発生

ヤップにもどってから初めての、朝から雨が降ったり止んだりするお天気となったが、午後には雨もすっかり上がり、青い空が見えるようになった。
a0043520_21261448.jpg

そんな雨の合間をぬって島内観光に出て、ウル村の石畳の道を歩いているとき、埋め立てられて半陸封状態になったマングローブ湿地の海水中に、お皿のようなものがたくさん沈んでいるのを見つけた。

なんじゃらほい?と、陸の上からしばし観察していると、ややや?「お皿」のヘリが、もぞもぞと動いているではないか!

これってもしや…サカサクラゲ?!

(上の写真のグリーンぽく見えるのは水面に映ったココヤシの葉。雲のように見えるのがクラゲちゃん)
a0043520_21263235.jpg

直径が10mもないような水たまり(海水)のあちこちに、たくさんのサカサクラゲがモゾモゾ動きながら沈んでいた。こんなに大量のサカサクラゲを一気に見たのは、もちろん初めてだ。

ここは潮の干満で水位が上下しているので、埋め立てられていても、どこかで海と繋がってはいるのだろうけれど、いずれは埋め尽くされてしまうだろうこの場所に、土管などが埋設されているとも思えない。ということは…このクラゲたち、外の広い海に出られる可能性は低いだろうな。浅くて狭いこの場所で、みんな一生を終えてしまうのだろうか…?

そんなことを考えていたとき、ゲストの声が…

「このクラゲ、食べられますか?」


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-04-23 21:46 | ヤップの自然・海
<< それぞれの夕日 健全な命は勝手に伸びる(笑い) >>