ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

ペット

例によって桟橋の前のゴムの木を見上げてシロアジサシを確認していると、足元でチッチッチという鳴き声がした。
a0043520_22194622.jpg

あれれ...キミたちはニワトリさんの雛ではないの?

ヤップでは、ニワトリはどの家でも放し飼いにしているが、近くに民家のないこんな海辺まで遠征してくるようなニワトリを、今まで見たことがない。それに親鳥はどこだ?
a0043520_22195079.jpg

こんな雛だけで、いったいどこから来たのだろう...と不思議に思いながらカメラを向けると、やけに人慣れしている様子。それに、こんなに大きさや色合いが違う子たちだから、同じ時期に同じ親から産まれたとは考えられないし...。普通ニワトリは、同時期に孵化した仔たちが、母鶏に守られながら成長するから、サイズや毛並みはそろっているものだ。
a0043520_22205015.jpg

しばらく雛たちと遊んでいると、マリーナ・レストランで働いているGくんがやってきた。「ボクの雛たちは元気してる?」

「えっ、この仔たち、Gくんの?」

「そうだよ、両方ともボクが卵から孵したんだ。家に置いておくとイヌやネコにやられちゃうから、毎日仕事場に連れてきてる。みんなボクのことをお母さんだと思っているから、放しておいても逃げないよ。仕事が終わると連れて帰るんだ」
a0043520_22212473.jpg

「この仔たち、オスだよ。コックのDさんのニワトリよりも強く育ててみせるよ」

「えっ、トサカの生えかけた大きいほうならわかるけど、こっちの小っこいのもオスだなんて、どうやって見分けるの?」
a0043520_22215999.jpg

「簡単さ、ニワトリを手の上で逆さまに吊るしてみて、つばさを使って起き上がれる(上の写真)のがオスだよ。メスは逆さまに吊るされたままで、起き上がろうとしないから」

何度も実演してみせてくれるGくん、なるほど、両方ともちゃんと起き上がってくる。それにしてもヤップの男の子たち(たまにオッサンも)、ニワトリさんをペットにするのが、ほんとうに好きだねえ...。ちなみにペットにしたニワトリは、絶対に食べないそうだ(笑)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-02-21 22:52 | ヤップな日々
<< ごあいさつ ジョーダンじゃない! >>