ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

「シマ」あらそい

潮がだいぶん満ちてきた夕方、それまで桟橋の下でじっと動かずにいたミナミイワガニが、なぜだか突然、勢いよく走りはじめた(そこはやはりカニさんだから横向きにね^^)
a0043520_20513934.jpg

なんだ、なんだ、なんだ~~~!

まるで彼の声が聞こえそうなくらいの猛ダッシュぶりに、わたしもつられて一緒に走り出し、ランプの向こう側まで追いかけて行ってみると、
a0043520_20515139.jpg

あれあれっ?なにやら、すごく大勢のカニさんが集まってきていて...!

はじめはミナミイワガニの集会でもやるのかと思っていたら、なんか様子が変?わ~、カニ軍団の抗争だ~~~!ふたてに分かれて、お互いにハサミを振り上げたりしてるし...(あるいはシマ奪還を想定した突撃抗争始め?) 
a0043520_20515139.jpg

ちょうど一週間前、国民の税金で戦争ごっこするんじゃないよ!(怒) という記事を書いて、今年の陸上自衛隊第1空挺団が、「敵が侵入した離島を奪還する想定」で降下訓練始めをすることの無謀と無駄に怒ったけれど、どうやら本日、その公開訓練が実施されたようだ。

a0043520_20551945.jpg空挺団降下始め 離島防衛を初想定(産経ウエブ版)2013.1.13 14:41
(引用開始)国内で唯一の落下傘部隊の陸上自衛隊第1空挺団(千葉県船橋市)による毎年恒例の降下訓練始めが13日、習志野演習場(同市など)で行われた。今年は離島防衛を念頭に置いた訓練を初めて実施。小野寺五典防衛相やアメリカ軍関係者も視察に訪れた。

演習場を敵が占領した島に見立てた。海岸近くの着水に備え、救命胴衣など最大80キロの装備を装着した隊員が次々と降下。想定のもと、海自や空自の支援を受けた隊員らが、海上輸送で到着した後続部隊とともに島を奪い返した。

例年は、本土に侵入した敵部隊の背後に降下する想定。中国船の領海侵犯などで沖縄県近海で緊張が高まる中、現実的な脅威に備える狙いがある。(引用終わり)
はあ?海上輸送で到着した後続部隊?1月6日の陸自発表段階では、
演習場を島に見立て偵察部隊数人が海岸に降りた後、後続部隊約40人が空自や海自の援護を受けて降下
するという想定だったはず。やっぱり、おフランス製の696M1落下傘は使えなかったのデスカ~!?(プッ)

http://news.guideme.jp/kiji/24e5419692a04bba30012a4d806896ba

きのこちゃん:戦争ごっこしたーいのっ
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-3918.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2013-01-13 22:06 | ヤップな日々
<< おカネのいらない暮らし シロアジサシに夢中 >>