ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

ところでイケカツオのお味は…

どっぷりと潮漬かりの(シアワセな)日々がひと段落して久しぶりの朝寝を楽しんだあとは…家の中やデスクまわりの「お片づけ」にウンザリがっくり中です(笑)。

ところで昨日は予定どおりビーチで火を起こしての野外料理付ツアー、そこで先日釣れていたイケカツオも焼いてみた。
a0043520_15373236.jpg

まずは乾いたココナッツの殻と外皮(ハスク)、潅木で火を起こし…といっても、わたしはヘタだから、そういうローカル・スキルを要する作業はスタッフのG嬢と新人Mくんにお任せです。

火が起きて焼きの準備が整うまでの間、冷凍庫でコチンコチンになっていたイケガツオは氷水から取り出されて自然解凍中…。
a0043520_15382385.jpg

それだけではお味の保証がないし量も少ないし…なので、前夜の漁で上がりたての色とりどりのサカナたちを店から買ってきた。ヤップ島ではシガテラ毒がほとんど出ないので、ほぼすべてのサカナが食用になる。
a0043520_153879.jpg

さて↓こちら↓はコプラの皮むきを実演中のMくん。こういう作業はヤップの男として家では日常仕事だけれど、初めてツーリストの前でやると…緊張するぅ(笑)。でも、「じぶんの生活は今の地球上で一番ナウいかも!」という自信を持って、堂々と見てもらえば良いよ^^
a0043520_15374761.jpg

やがて、ひととおりの作業を見終わったゲストとわたしが村のツアーに出かけたあと、Mくんが下ごしらえしたサカナにG嬢が程よい塩加減をして、それらをせっせと焼いてくれて、
a0043520_15401840.jpg

待望のイケカツオも↓こんな感じ↓に焼きあがっていた。ところで、そのお味は…?
a0043520_15384858.jpg

食感はしっかりアジ系なのに、噂にたがわずたいへんに淡白で…というより旨みがほとんどなく(爆)、とっても不思議な後味だった。やっぱりチョメさんが言ったとおり、サシミは×、さらに「焼き」よりも「揚げ」のほうが良かったかもしれない(苦笑)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2012-03-28 16:36 | ヤップな日々
<< 野鳥の叫び 外づら内づら二枚舌 >>