ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

ヤップのビール事情その2

a0043520_21103125.jpgしばらく島から姿を消していたバドワイザーがようやく入荷したので、気になる方々のためにビール事情の第2段いきます(笑)。

ご覧のとおりすっかりデザインが変わってしまったバドワイザー、値段も上がってなんと$1.65!かつては「安さ」も受けていた韓国ビールのハイトも今や$1.40なり。あらためてバドワイザー(レギュラー)を注意深く味わってみると、やはりビミョーに以前とは違うテイストであり、ついでに同じ工場で作っているキリンと飲み比べると、これがまた新バドワイザー・テイストに風味の無い苦味を加えたような味で笑ってしまった。どっちも似たような味なら、とりあえず自家製ビールを切らせたときに自分で飲む分には、わたしは20セントも安上がりなキリンを選ぶだろう。そしてもし今後もアサヒ・スーパードライが同じ値段で手に入るのなら、もちろんそっちがファースト・チョイスだ(笑)。
a0043520_21104888.jpg

たぶん日本で売り出されているバドワイザーもすでに新しいデザインに変わっていると思うけれど、とりあえず載せておきます。↑上のようなロゴ↑が2回繰り返され、つなぎに↓下(バーコードの入った部分)↓が1ヶ所に入ります。
a0043520_2111517.jpg

ヤップ島では70年代後半から80年代にかけて、「バドワイザーの歌」というのが大ヒットした。それは、
♪バドワイザーは美味しさで人を惑わしワケわからなくしてしまい、ずっと飲み歩いて家に帰らなくさせてしまう。日本時代には酔っぱらうと監獄にぶち込まれたそうだけれど、まあこの際バドワイザーに免じて許してくれや♪
みたいな歌詞で(笑)、たぶん怒涛のように押し寄せるアメリカ文明をバドワイザーに引っかけたのが受けたのじゃないかと思う。

そしてそのアメリカの衰退とともにバドワイザーも...まさに栄枯盛衰は世の習い...ですなあ。

a0043520_2112488.jpgところでサイドの缶デザインはやけに味気なくなったけれど、トップは←こんな感じに。

赤いプルトップに王冠マークがくり抜いてあるのがちょっとお洒落?このプルトップをまたせっせと集めて、新しいデザインのプルトップ製バスケットを作る人が、きっとすぐに出てくるだろう。

バドワイザー・ライトはわたし自身が飲まないので買ってないけれど、ほぼ同じデザインで色はブルー、プルトップも...ブルーだったかな...(自信ないので、今度ちゃんと確かめます)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
by suyap | 2011-10-15 21:14 | ヤップな日々
<< 実りの秋なのに... スノーケリングでマンタ三昧 >>