ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

MELL SENTOSAの座礁現場

去る1月27日、パイロットを雇わないで大雨の中を出航し、ヤップのダイビング・サイトのひとつに乗り上げたMELL SENTOSAの座礁現場、その水中の様子を、1月31日に潜って撮ってきた:
a0043520_6434935.jpg

北東の風に対して、ほぼ東南東の方向につっこんでいるのがわかる。
a0043520_6442389.jpg

船首が止まった地点から、Vシェイプを撮ったもの(↑写真)。
a0043520_645657.jpg

突っこんだ地点から撮ったもの(↑写真)と、押しのけられた大きなハマサンゴの塊り(↓写真)。
a0043520_6452490.jpg

中には水面に顔を出している塊りもあるので、現場はボートの上からでもすぐにわかる(↓写真)。
a0043520_646410.jpg

全長148メートル、最大幅23.3メートル、総トン数9,984トンの巨大なコンテナ船の、船首から約40メートル近くがサンゴの浅瀬に突っこんで一昼夜過ごし、更に何度も後進をかけて抜け出そうとしたので
a0043520_647156.jpg

乗り上げていたV字谷の壁面は固く押し固められており、船底塗料もしっかり付着していた。

a0043520_6472861.jpga0043520_6474792.jpg
座礁による直接の影響を受けていない水深6メートル以上ある場所でも、サンゴは大きなダメージを受けていた。とくに左舷側にボロボロ壊されたサンゴが散見される。
a0043520_6482453.jpg

何かにひっかけられて固着地点からもぎ落とされたようなユビエダハマサンゴが、あちこちに見られた。
a0043520_6491989.jpg

座礁現場から少し離れたところにこのようなダメージが広がっているのは、ロープを投げてひっぱったりといった、座礁後の作業が関わっているのではないだろうか?(怒)
a0043520_6525297.jpg

まるで大きな浚渫現場のような有様を見て、出るのはため息ばかり。今後、ここをMELL SENTOSAのV字谷とでも名づけて、潜るたびにサンゴや生息生物の回復状況を観察していきたい...


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html

Twitter
by suyap | 2011-02-03 06:53 | ヤップな日々
<< ヤシ酒な夜のあとは... サカナの街で >>