ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

椰子殻のタワシ

木から自然に落下した、完熟ココヤシの実から芽が出ている。ココヤシは、まだ木にくっついている実を登ってとってきたものは(ジュースを飲むにはそうするけれど)、ぜったいに芽を出さない。

こうした完熟ココヤシの実(コプラ)には、ほんとうにいろいろな使い道がある。使用するには、まず分厚い外殻をむいて…(本来ならもっと長めの棒を調達するのだが、近くに適当な長さのものがなかったのか、Mくんは短い棒で器用にむいてます)

こういったコプラの殻むきは、ヤップの生活では日課のようなもの。ブタさんの餌も9割以上がコプラの果肉だし、毎日の食事にも、コプラの果肉を削ったものや、それを絞ったココナッツミルクがふんだんに使われる。

そうやってむいたあとの外殻や、果肉を取り出したあとの内殻は…

乾いたところに保存しておいて、焚き付けにする。油分が豊富なので、強い火力が得られます。屋内に立派なキッチンがあっても、ヤップの家には屋外にかならず炉場があって、そこで芋を炊いたり、サカナを焼いたり、つまり日常料理の基本は直火。味がまったく違うからね。

そんな重要な役割を果たすコプラの外殻は、ときには↓こんな↓使われ方もする…

これぞ本物のタワシ!(笑)

あるとき野外でオオオカガニを料理していたら、カニさんを洗うのに、G嬢がササッと即席つくったものだ。

使いやすい幅と長さに切り取ったコプラの外殻の先を、これまた筆先のように小さく切れ目を入れて、複雑な体型のカニさんを、隅々まで洗えるようになっている。芸が細かいなあ>>G嬢!

もちろん使用後は豪快に使い捨て。それがやがて土に戻って肥やしになります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-08-19 20:24 | ヤップの伝統文化 | Trackback | Comments(0)

ふたつのDVD鑑賞

久しぶりに北東の風が戻ってきた。北東向きの窓から涼しい風が入ってくるようになった夕方、チョメさんとDVDでも見ようかということになった。

そうなると、ポップコーンはなくてもビールはかかせない(笑)。チョメさんのポケットから出るだけの金を巻き上げてビールをピックアップしたあと、いざDVD屋さんへ参上したものの、日ごろDVDをレンタルしないわたしには、なにを選んで良いものやら…ふと見ると、Buy to own, only $2.00!の棚に、

あのマイケル・ムーアの、華氏9/11が!あらまあ、ヤップにも入ってきていたとは知らなんだ。

ネットでさんざん内容はネタばれしているので観た気になっていたけれど、実はわたしもまだ観たことなかったし、いちおうチョメさんの好きなアクション・シーン(ただしリアル)もあるだろうし、コメディとも書いてあるし(笑)、え~い、これを買い取ってしまおう。DVD買取コーナーに並ぶのは、古くて傷物、ときどき画が固まるのを我慢すれば、それでもそこそこ観られます。

何も言わずに華氏9/11をチョメさんに渡すと、ケースの裏書を読みながら、「コメディか?…ふんふん」と、なんだか期待気味。そして…

10分後: チョメ「これ、ほんとにムービーか?」 わたし「知らない」
ビン・ラディン家とお友達のブッシュ: チョメ「なんだ、これ?」 わたし「ほんとのことみたい」
20分後: チョメ「おもしろくねーぞ、こんなの嫌いだ」 わたし「…(無視)」
米軍の空爆で殺された子供: チョメ「オーマイガッ」
子供を殺された母親の罵り: チョメ「…(うるうる)」以後、無言。

あいにく、米軍が貧乏人の子供をリクルートする仕組みに差しかかったところで画が固まってしまったので、この日の鑑賞は、ここで打ち切ることになった。

米軍に志願したヤップの若者も、たくさんイラク・アフガニスタンに送られ、すでに3人が棺に入って戻っている。チョメさんひとりでは絶対に華氏9/11なんてレンタルしなかっただろうけれど、もうこれは返す必要のないDVDだから、わたしがいないところで、彼は再びこれを観るだろうと確信している。

それにしても、まだビールが残っているし…と、何度も繰り返し観ている数少ないDVDコレクションの中から、チョメさんが引っ張りだしてきたのが、↓これ↓

えっ、まだ泣き足りないの?まさか、華氏9/11のあとに蛍の墓とはね、チョメさん…(わたしが観たいだろうと慮ったのか、本人が観たかったのか、いまだに不明)。

トトロ、モノノケ姫、魔女の宅急便とともに、もう何度も何度も何度も観ているんですけどね、うちのスタッフ。ヤップ人も、わたしも、100%泣きます、これ観ると。

「ヤップで戦争が終わって69年目の8月」に、期せずしてこのような時間を持てたことに感謝しながら、久しぶりに蛍の墓を鑑賞した次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-08-17 20:54 | 戦争はビジネス(怒) | Trackback | Comments(2)

プロパガンダ

今朝もトタン屋根を叩く雨音で目覚めたけれど、朝も早いうちに雨は止み、強い日差しが戻ってきた。これから数日は青空が期待できるはず...でもお盆を過ぎて商売は暇になるんだけれど^^

さて本日の『お題』は、プロパガンダ。実はこのイシューで記事を書こうと、昨日から準備中だったが、なかなか時間が取れないままに、時間が過ぎた。

まず、ひとつのプロパガンダの例として、ヤップならマンタでしょ…てのがある? でもまあ、これは半分は当たるかも…とりあえず、ここんとこ数は多くはないけれど、マンタは順調に出てきてくれてマス。以下の写真は、水面からの激写静写、そおっとマンタが回って来るのを待って撮ったもの。

しかしながら、世にはびこる観光の宣伝には、特定場所、特定生物をターゲットにして売り込んでいるのが多いから、そういうのを鵜呑みにしないよーに、お願いします。ヤップでいえば、マンタに迷惑なので^^

それでもって、この記事で主に言わんとすることは、天下のNHKも絡む、例のSTAP殺人事件であります。

ついにというか、遅かりしというか、まったくの正論をビジネス・ジャーナルが掲載して、ネット界では注目を集めている。同様なことは武田邦彦センセ山崎行太郎センセもブログで書いておられるけれど、やっぱりインパクトは、こういうメディア記事のほうが大きいようだ。

NHK、STAP問題検証番組で小保方氏捏造説を“捏造”か 崩れた論拠で構成、法令違反も
ビジネスジャーナル 2014年8月15日 00時10分 (2014年8月15日 16時00分 更新)
(文=大宅健一郎/ジャーナリスト) 
http://biz-journal.jp/2014/08/post_5714.html
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140815/Bizjournal_201408_post_5714.html

一方、小保方さんの友人が、STAP騒動の経緯をまとめたサイトを立ち上げてもいる。わたしの中でもクリアでなかった部分が、かなりハッキリ見えてきた。

STAP問題を考える
http://stapjapan.org/

これらをしっかり読みこめば、STAP騒動が、いかにある意図を持って仕掛けられたプロパンダであったことが、よく理解できるだろう。

ヤップにいるわたしには、もちろんNHKによる当該番組を視聴できなかった。しかし、この記事によって暴露された事実は、わたしが想像していたことを、はるかに凌駕する破廉恥なことであった。リンクを見に行く手間を惜しむ方々のために、一部、ここに抜粋しておこう。
異様な番組内容

この番組の最後にあるべきクレジット(制作に関わった人物名)が一切出なかった
およそテレビ番組で、クレジットが出ないものを、想像したこともなかった。これだけでも、この番組の非常識さ、異常さがわかるというものだ。さらに、
番組タイトルで「不正」という文言が使用されていたが、一般社会で使用される「不正」には、自らの利益を優先した悪意ある行為、という意合いがある。しかし、サイエンスの世界での「不正」とは、作法に間違いがあった、手続きにミスがあった、という意味でも使用される。

科学論文の世界では「不正」すなわち「ミス」が見つかることは少なくなく、「不正」の指摘があれば「正し」、さらに検証を受ける、という“手続き”の連続である。それが科学における検証のあるべき姿だ。その結果、再現性がなければ消えていく。科学は、そのような仮説と検証のせめぎ合いで発展してきた。
~~中略~~
しかし同番組では、一般的な「不正」の意味、つまり「自らの利益を優先した悪意ある行為」という意味を含めており、番組構成も科学的検証とは程遠い、事件の犯人を追うような構成となっていた。これまで質の高い科学番組を制作していたNHKスペシャルとは思えないずさんな内容であった。その結果、小保方氏の「ES細胞窃盗および捏造説」を視聴者に印象づけた事実は大きい。
もう、視聴者誘導のし放題、これだけでも、小保方さんは名誉毀損でNHKを訴えることができるのではないか。

法令違反の疑い
理研の職員は準公務員であり罰則規定のある法律を順守しなくてはならない

NHKが独自に入手したという小保方氏の実験ノートのコピーである。視聴者には受けたかもしれないが、これは明らかな秘密保持に対する法令違反である。

私信の公開は法令違反である。調査資料として秘匿すべき責務を負っている調査委員会からリークされたのは間違いない。罰則規定のある法令違反を犯しても、STAP論文の「不正」をゴシップ的に報道する理由はなんなのか? 
私信を勝手に第三者に流し、それが勝手に編集(切り貼り)され、好き勝手にストーリーが作られる…恐ろしいことだ。

論拠を失った「ES細胞混入説」に基づき番組構成

放送された7月27日に先立つ22日、若山教授がこれまで主張してきた「STAP幹細胞は若山研究室にないマウスに由来している」という解析結果が間違いだったと発表した(23日付朝日新聞記事『STAP細胞解析結果は誤り 若山氏、会見内容を訂正』より)

22日の時点で、解析結果が間違っており、STAP幹細胞が若山研究所のマウスに由来する可能性、つまり、小保方氏がES細胞を混入したことを“否定”する可能性を示していたのにもかかわらず、同番組は「ES細胞混入説」で押し通したのだ。ちなみに22日の時点で番組の編集が終わっていた、という理屈は通じない。なぜなら、小保方氏がNHKの執拗な取材で怪我を負ったのが23日だからだ。

NHKは、なぜ直前に論拠を失った「ES細胞混入説」に基づき、番組を構成したのか。科学的な検証を行うならば、必ず指摘しなくてはならない矛盾だったはずである。しかも、小保方氏が「あるはずのないES細胞」を冷蔵庫に保管していた、という報道まで行って視聴者を捏造説へとミスリードした責任は大きい。
これは完全に、捏造ストーリーによるミスリードだね。

笹井氏は「不正」発覚後の4月の会見でも、STAP細胞の存在を信じていた。STAP細胞から生まれたキメラマウスにおいて、STAP細胞が胎盤にまで分化していたことは、ES細胞でも実現できないことだと当初から発言していた。笹井氏は再三「STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータがある」と語っていたのだ。

ノーベル賞を獲ってもおかしくない世界トップの科学者が述べていることに重みがあると考えるのが当然だと思うが、笹井氏は「嘘をついている」という前提が、いつの間にか出来上がっていた。

そ してそのバッシングの矛先が今、小保方氏一人に向いている。私たちは冷静な目でSTAP問題の検証を見守ることが大事なのではないだろうか。欲望や嫉妬、 個人的感情により正気を忘れた狂乱騒動で真実を見る目が曇れば、日本における「科学」は崩壊し、科学者も育たなくなるだろう。
ほんとうに、そのとおり。ところで、笹井さんの発言を思い出しても、STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータがあると表現していたが、笹井さんの口から「STAP細胞」という言葉が出た場面を、わたしは知らない。

笹井さんが死亡してリークされた小保方さん宛ての『遺書』とされる文言を、ここでもう一度、思い出していただきたい。
STAP細胞を必ず再現してください
などという、日ごろ口にしてもいない、あいまいな文言を、第一線の研究者であった笹井さんが、自死を目前にして遺すだろうか?もし言うとしたら、「STAP現象の存在を、再現して証明してください」でしょうが・・・

なお、この記事もいつまで生き延びられるか不安なので、ここに全文をコピペしておきました。

また、

STAP問題を考える
http://stapjapan.org/

このサイトもすごく重くなっているときがあるので、重要な部分を全文転載してあるこちらも紹介しておきます:

○STAP細胞問題における変遷
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-10528.html

それと…Wikipediaの、あまりにも速すぎる笹井さん死亡期日のアップデート記録が、ここに出てます:

笹井氏死亡年月日フォームが、なぜか死亡日二日前につくられていた
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-10510.html

これらを見てもまだ、笹井さんが『自殺』したと信じられる人は、ほんとうに頭がお花畑なんだなあ…というのが、わたしの感想。この世はなんでもアリよ、そんな中で、強く生き抜かなきゃね…ウソやゴマカシをしっかりと見極めて。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html


NHK、STAP問題検証番組で小保方氏捏造説を“捏造”か 崩れた論拠で構成、法令違反も
# by suyap | 2014-08-16 09:51 | 新聞捨ててテレビを消そう | Trackback | Comments(0)

サンゴのおうちで

カラッと晴れた次の日に、また少しお天気が下り坂になった。東から小さな雲が近づいているせいで、たいした崩れにことを祈るばかり。

さて今回は、リーフの内側の浅瀬で見かけた小さなサカナたちを、サクッとご紹介。まずトップはミヤコキセンスズメダイ(Chrysiptera brownriggii):

日本の図鑑の多くは、ミヤコキセンスズメダイの学名がChrysiptera leucopomaになっていて、わたしも最近まで混同していたけれど、これは同魚のジュニアシノニムなのだそうだ。

お次はやや大型のセグロスズメダイ(Dischistodus melanotus

近くのクログチニザ(Acanthurus pyroferus)と同じくらいに見えるが、いつも一匹で忙しそうに泳ぎまわっている。

そしてトリは、インドカエルウオ(Atrosalarias fuscus holomelas):

この魚、カメラを向ければすぐにサンゴの隙間に隠れてしまい、いつも振られてばかりだったので、今回これが撮れて、気分はとってもハッピーなのだ♪


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-08-14 23:35 | ヤップの自然・海 | Trackback | Comments(0)

この世はまったくウソとデマだらけ

おかしな雲行きでたっぷりと雨が降ったきのうとうって変わり、きょうは朝から気持ちよく晴れあがって、暑かった。陽のよく差す浅い海底で、カンモンハタのおっさんから声をかかった。

きのうは御巣鷹山のJAL撃墜から29年目だっつーのに、なんでおまえさんはスルーなんだい?

え~っと、スルーするつもりはなかったのだけれど、あまりにも話題が多すぎて…(汗)。例年になく、この事件に触れているブログが多いなと思ったら、フジテレビでなんか特集をやったみたいですネ。ウクライナ機が撃墜したマレーシア航空機の事件の便乗して視聴率を稼ぎ、またデッチアゲの「事実」をあげて世論を操作するつもりなんだろうな…(怒)。そんなウソやデマに誤魔化されず、↓こちら↓の秀逸な記事から、少しでもほんとうの「真相」をお察しあれ:

【備忘録】「日航123便墜落事故」昭和60年8月12日午後6時56分の出来事
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52173284.html
「ドーン、ドーン、ドーン」3回の爆発音 ~JAL123 日航機墜落30年目
http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2014/08/jal123.html
日航123便の(御巣鷹山)墜落 今も強まる疑惑

それにしても、この世はウソとデマまみれですなあ…。

きのこちゃんの記事に、笹井さんの死亡場所が載っていた:

笹井氏の死亡場所 IPS研究室の前
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-6532.html

いくらなんでも、自分に敵対している側の本丸で自殺するかいな…?これは脅しだろう。

殺された笹井さんのご遺族に雇われたという弁護士が声明を発表して、ご遺族にも「自筆」署名入りの遺書があったと言ったというけれど、Who knows?ですよ。署名はいくらでも捏造できるし、ご遺族も脅かされている可能性が高い。そういや共同執筆者のバカンティ教授も、職を辞したというし…。笹井さんを殺すことによって、STAP現象研究グループを壊滅的な恐怖に陥れることに成功とか?熱烈に小保方さんの援護記事を書いている山崎行太郎センセも、なんと温泉の中で脅迫電話を受けたらしい:

山崎行太郎 サスペンス劇場「なぎさ温泉でベルが鳴る」
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-6532.html
大隅典子よ、「日本分子生物学会」からの声明文は出さないのか?
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20140812
片瀬久美子の正体。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20140813

やっぱり新聞止めて、テレビも消して、情報は自分から求めて取捨選択しながらメディアリテラシーを磨いていかなきゃ、一生、騙されて利用されるだけの人生になっちゃうよー、そんなのやだやだ!!!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-08-13 15:49 | 新聞捨ててテレビを消そう | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >