ブログトップ | ログイン

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

suyap.exblog.jp

千人針バナー

ヤップの州知事・州議会議員選挙まで残すところあと4日となり、両陣営とも、選挙キャンペーンが大詰めに差しかかっている。ヤップに政党があるわけではないが、この選挙は、連邦政府+現政権の後押しを受けたヤップ島を身売り同然に外国の開発にゆだねようとする派(ここでは仮に身売り派と呼ぶ)と、それに気づいて総力で乱開発に歯止めをかけようとするヒトビト(ここでは仮に自立派と呼ぶ)による、まさに「両陣営」の熾烈な戦いなのだ。

少し前、身売り派が金をかけたバナーを貼りだしたというので、自立派の人たちの間が少しざわついていたが、昨夜、ついに自立派も、彼らが押す州知事副州知事候補の応援バナーを掲げた。

Our vision is their mission!

わたしたちの願いは彼らの使命!

応援候補といえども、決しておもねったり持ち上げたりしない、なんと神々しくも凛々しいメッセージだこと!これ書いた人、コピーライターでもやっていけるよねっ^^

惜しむらくはアートワーク…前もって相談してくれれば、少しくらいお手伝いできたのに…と思って、貼りだした本人に、「何枚くらい作ったの?ここ以外に、どこに掲げたの?」と尋ねると、「モチロンあの一枚だけよ。それだって、文字のパッチワークに丸2日かかったんだから」…「えっ、あの文字、ぜんぶパッチワークなの?」

もう絶句です。ひと針ひと針に願いをこめて、あれだけの文字を生地に縫い付けている姿は、まるでヌッポン戦争時代の千人針のよう。こんなに人々の思いがかけられた候補者が、当選しないわけ…ありません…「不正」でもされない限り。

いちおう公平を期すべく(そんな気づかい屁でもくらえだけどさっ)対立候補のバナーも載せておきまっしょ。ヌッポンで作ると、たぶん福澤諭吉サンが軽く5枚は飛ぶくらいの立派なモノだけど、メッセージ性はまったくナシ、顔だけで勝負する気かいっ(爆)。

こっちの陣営は、ヌッポンの腐政権と同じく、彼らの隠れたアジェンダ=カジノを含んだ外資呼び込み=を、徹底して話題にしないようにして、対立する自立派候補のネガキャンばかり流している。そんな側にゾロゾロくっついているのは、金絡みでなければ情報疎外者(つまりヤップのB層)。優子りんの小渕ワインどころか、特定候補者の名を挙げながら、ウォッカとビールが村のミーティングで堂々と配られる世界だから、ヤップのB層救出には、ネット情報だけでなく、口コミ(ココナッツ・ワイヤー・エクスプレス)が大きな威力を発揮するわけです。

実はヤップ州始まって以来初めて、この州知事選挙には第3の候補も立っている。しかし、擁立されているご本人が気づいているかどうかは別として、こちらは明らかに、自立派候補の得票切り崩しが狙いなのだ。だから彼らのキャンペーンでは、自立派候補と同様なことを、肝心なポイントだけぼかして述べる。なんとしてでもヤップにねじ込みたい魂胆の外資が、あの手この手と身売り派に入れ知恵している気配。こんな選挙、ヤップでは初めてだ。

初めてといえば、バナーやポスターの登場も、ヤップ州知事選では初めてのこと。それにしても、こんな土壇場になってバナーひとつなんて…もっと早くから組織だった行動を始めていれば、いまごろは、もう少し安心しておれたのに…。

それでもわたしは、ヤップの千人針と、ココナッツ・ワイヤー・エクスプレスの威力を、信じます!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-10-30 21:59 | Trackback | Comments(0)

先行き不明につき

しばらく穏やかなお天気が続いていたが、北西太平洋にまた雲が広がり始めて、本日のヤップ島も、ときどきサーッと通り雨がくる一日だった。それでも海に出ている最中は、ほとんど降られずにすんでラッキー^^

ただいまヤップ島では、州知事・州議会議員選挙を来週の火曜日に控えて、それぞれの応援運動が深く静かに潜行している。誰がどの候補を応援しているか、すぐにバレバレになるほど小さな島なので、うかつに選挙の話なんかできやしない。「この人は自分と同じ派」とわかった間柄だけで、ようやくこっそりディープな話が始まる。ふだんどんなに親しくしていても、応援候補が対立する間柄だと、よそよそしい付き合いにならざるを得ない。

この国では選挙権を持たないわたしといえども、モチロンこっち側に加勢しているのは周知の事実(笑)で、ヤップの行く末を案じながら、ささやかなお手伝いをさせてもらっているけれど、詳しくは選挙が終わってから(壁に耳あり障子に目あり)。

それはさておき、「選挙なんか行かねえやっ」とスネていたJくんを、G嬢と一緒に懸命に折伏(笑)して、ようやく「選挙人登録に行こうかな」という言質を引き出せたのは、本日最大の収穫だった。

きのう22歳になったばかりのJくんにとっては、今回が初めての選挙だ。たぶん、親族のなかでも応援候補が分かれてアーダカーダになっているのに巻きこまれたくないのと、イマドキの若者の特徴として「GOと見られたくない」という変なこだわりから、「選挙なんか…」と逃げていたのだろうけど、
もしこの選挙でETG賛成派がたくさん当選したら、カジノができ、ゴルフコースができ、島中が中国人などの観光客や労働者であふれて、海からサカナが消え、土地からはカニや芋や作物が取れなくなっちゃうんだよ。あんたねえ、22にもなって、どうして自分の島の将来に責任を持とうとしないのよ?…でもね、わたしがこんなこと言うのは、わたしも若いころにまったく選挙に行かなかったからなんだ。フクシマが爆発して、ヌッポン全国放射能まみれになって、これからたくさんの人が弱って死んでいくようになって、今はすっごく後悔しているけれど、もう手遅れだよね、ヌッポン。投票に行かない人が増えると、どこの国でも得するのは権力を持っているやつらなんだ、今のヤップもそうだよ。だから、たとえ結果がどうであろうと、自分で考えて最善の候補者に投票することが大事なんだよ。
↑これだけのことを言った↑あと、しばらくG嬢とふたりだけにしておいたら、「Jが選挙に行くって」との報告があり。おお、ようやった!選挙人登録の締め切りは今週末だからねっ。

とは言っても、この選挙の行く末はほんとうに心配だ。太平洋の島々を泡銭のゴミ捨て場=カジノ化して儲けようという魂胆なのは、陰でヌッポンを操って支配している一味と同じ国際強盗集団だから、やつらに洗脳されてお先棒かついで「開発・開発」と叫んでいる島の勢力は、なんでもやってしまう可能性が…なきにしも…あらず…ヤップにはムサシはないから、投票用紙の…おーっと、今はココまで(苦笑)。

ところでエボラ感染疑惑のため羽田で隔離されたのは、ニューヨーク・タイムス記者のオオニシ・ノリミツさんらしい。そのタイミングといい、日本側の状況といい、狙われたとしか思えないような…あるいは、エボラ宣伝マンとして本人合意の上なのか?

http://lightbox.time.com/2014/10/02/ebola-virus-liberia-daniel-berehulak-nyt/#1

↑この取材↑を終えたあとで日本に入国、待ってました!とばかりに隔離なんて、わかりやすいなあ。それにしても、あのモノモノシイ防護服を脱ぐときは、塩素をぶっかけてOKとは、エボラ・ウイルスって…あんまし強くない???ウイルスって塩素で「消毒」できたっけ?えっ?えっ?

植草さんからのホットな情報です:

エボラ熱騒動浮上と血液検査強制法案の関係
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-2db0.html

やれやれ…。いったい、ヌッポンは、世界は、どこへ向かおうとしているのやら…w


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-10-28 21:27 | ヤップでつらつら政治など | Trackback | Comments(1)

バナナでも食べますか…

きのうこんなことを書いたら、ログインできなかったデスクトップはつながるようになったけれど、今度はラップトップのほうがおかしくなった。せっせとIPアドレスを変えながら、同じURLのTBを日に何個も貼りつけてくる輩もあとを絶たないし、ご苦労なことですなあ>アベ・セコウ工作員殿(嘲)。

それにしても、このブログには珍しく11個もTweetしていただいたというのに、エキブロのアクセス・カウントも、
や、も、異常に下げちゃってるんですよね。きっと自称サイエンス・ライターの片瀬久美子と書くと撥ねられるんだろうなあ、ま、イイかっ(笑)。ちなみに片瀬久美子サンって、売文で食ってるのだから公人も公人、名前出して批判したってOK、文句があるなら陰でコソコソ汚い手を使わないで、正々堂々と批判返しすれば良いのにネ。

それはさておき、本日のお題は…久しぶりのバナナです^^

大家さんちのバナナの花がするすると降りてきて、ちょうど良いくらいの房をつけてて、そろそろバナナの花(花苞)の切り落とし時だなあと見上げたそのあと、訪ねた知り合いの家で、バナナをたくさんもらってきた^^

まず上のバナナは、食べごろに熟れても緑色のままなパウ・ニ・マラヨウ(またの名はパウ・ニ・ゴッチゴッチケンギン)

そうはいっても、まだ若いこの房は1/3くらいしか熟れていなかったけれど、そのひとつをむいてみると、皮は意外に分厚くしっかりしていて香りが高く、それに対して中身はほっそりと柔らかい。

ゆっくりと熟れていくタイプなので、あわてて食べきる必要はない。毎日、食べごろになったのを数個ずつもぎ取って、あとは部屋につるしておけば持ちが良い。ただし部屋置きするときは、ゴキブリさんとヤモリさんには要注意!熟れて柔らかくなったところから、ズンズン食い進められてしまうから。

そして、↓もう一種類もらった↓のはシュガかと思って喜んでいたら、なんとフロリダ(またの名をファルボン)だった。

この変てこなバナナを見て、一発でフロリダと言い当てたG嬢はさすが!フロリダの特徴である先っちょのとんがりがなく、短くてボテッとしたボディはシュガにそっくりなのに、食べてみると味はまさにフロリダだった。どうやら房の先っちょの部分だから、こんな姿になったらしい。なんたって足が速い(持ちが悪い)ので有名なフロリダだから、マラヨウよりもこっちをせっせと食べないと、すぐに腐ってしまう。

いやはや、ヤップのバナナもまだまだ奥が深いです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-10-27 21:04 | 新聞捨ててテレビを消そう | Trackback | Comments(0)

いやな悪寒

ヤップ島はきょうも順調に(?)晴れわたっています。

桟橋からラグーンをはさんで対岸の丘の中腹に生える見事なゴムノキにはシロアジサシが生息していて、朝夕には緑の中に白い点々がいくつも見えるのだけれど、みんな日中はお出かけ中のようで、静かな緑だけが広がっている。

ところで、このところブログの更新がのんびりになっていますが、どうしたわけか、一週間ほど前からエキサイト・ブログの自分のアカウントに、とってもアクセスしづらくなっているのです。店で使っているデスクトップからは完璧にログイン不能で、スタッフ用のPCからもつながりにくく、ふだん家においているラップトップからのみ、なんとかログインできるという状態…(汗)。

どのPCもOSはWin7で、ブラウザはFire Fox、わたし専用のラップトップだけが日本語OSであるほかは、環境も設定もみな同様にしているのに?!いろんな可能性を考えながら、あれこれ設定をいじってみたりしても、結果は同じ。まったくつながらなくなったPCに外部から侵入されて、何か細工されたのかも?

それはともかく、『発酵マニアの天然工房』の著者、きのこちゃんも、たいへんな目にあっているらしい。飯山一郎さんのレポからどうぞ:

きのこ女史が家宅捜索を受けた
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10241
執拗な取り調べを受けている きのこ
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10242
日々、警察国家化するニッポン
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10243
きのこ女史、帰宅へ
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10244
きのこ宅ガサ入れは ガサツだった
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10245
きのこ宅のガサ入れは、不当で不法で無法!
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10251
きのこが書いた! 復活!
http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii10252
きのこ宅ガサ入れは、背後に体制側の陰険な意図と絵図があったので、強硬な家宅捜索が強行された! というのが飯山一郎の意見。山崎行太郎の意見は?
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7573.html

それできのこ女史と小保方晴子サンには共通点が三つあります。(飯山一郎)というわけなのだが、もっとも重大な点は、自称サイエンス・ライターの片瀬久美子にヤラれたこと。

この裏にはSTAPに限らず、いまをときめくエボラ利権をめぐるエゲツナイ国際的詐欺強盗軍団の影。自称サイエンス・ライターの片瀬久美子なんざあ、その下っ端チンピラ売文屋だわなあ。

最近、こんな新聞記事を目にして、「えっ?」と思った方もおられるでしょう:
STAP特許、手続き継続…「存在否定されず」
読売新聞 10月25日 8時45分配信

理化学研究所は24日、国際出願しているSTAP(スタップ)細胞の特許について「当面取り下げず、審査開始に向けて必要な手続きを継続する」と明らかにした。

一方、共同で出願した東京女子医大は、この手続きに加わらない方針を示した。この日は日米など一部の国で、審査に必要な書類の提出期限だった。

理研は2012年4月、東京女子医大、米ハーバード大の関連病院と共同で、STAP細胞の作製法に関する特許を米国で仮出願した。その上で13年4月に約150か国が加盟する「特許協力条約」に基づき、国際出願していた。

ただし、特許を認めるかどうかは制度上、加盟国ごとの判断で、どこの国でも実質的な審査は始まっていない。

特許の出願を取り下げないことについて、理研広報室は読売新聞の取材に対し、「STAP細胞の存在が否定されたわけではない。STAP細胞が実用化された場合に利益を生む主要国で、手続きを進める」と説明している。
笹井さんが何度も言っておられたとおり、STAP現象はあるのだから、その存在証明というかノウハウの特許申請は早い者勝ち。それを一般化しないで独占(秘匿)して、金儲けにつなげようとしている勢力に笹井さんや小保方さんはヤラれ、笹井さんにいたっては殺された命まで奪われたという次第。アメリカ政府(CDC)が2009年に早々とエボラ・ウイルスの特許(特許番号EP 2350270 A2CA 2741523 A1)を申請し取得していたのと、構図は同じです:

エボラ・ウィルスは本当に空気感染しないのか
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3119.html
Why does the CDC own a patent on Ebola 'invention?'
http://www.naturalnews.com/046290_Ebola_patent_vaccines_profit_motive.html#

<追記>
虎は死して皮残す。笹井は死して特許残す
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7576.html#more

それで、この国際的詐欺強盗軍団の下っ端のヌッポン自称科学者どもの、そのまた下っ端、片瀬久美子の正体をがんがん記事にしていた山崎行太郎センセも、きのこちゃん同様に狙われているだろうという悪寒:

小保方晴子論(2)・・・小保方晴子事件(STAP細胞事件)は、Twitterと2チャンネルから始まったように見える。たとえば、新聞やテレビの情報源は、最初は、明らかにTwitterの書き込みだったはずである。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20140909/1410245963
「小保方晴子擁護論(4)・・・僕が理解できないのは、日本の多くの科学者たちが、小保方晴子博士による「STAP細胞再現実験」に反対したことである。おそらく、彼等は、小保方晴子博士の「研究不正」に争点を限定することによって、「STAP細胞の存在の可能性」を封鎖し、科学研究としてのSTAP細胞問題そのものに反対だったのである。何故か?
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20140911/1410388031
「STAP細胞問題」と「STAP細胞事件」とは異なる。STAP細胞問題とは科学問題だが、「STAP細胞事件」とは、「2チャンネル」やTwitter、ブログ、そしてマスコミに於ける「小保方博士バッシング報道」のことだ。小保方晴子博士を鬱病状態に追い詰め、そして笹井芳樹博士を自殺に追い込んだのは「小保方博士バッシング報道」である。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20141005/1412466510

まあ、こんなリンクをがんがん貼っているこのブログも、とっくに狙われているのは確かで(笑)、だから自分のブログに自分のPCでログインできなくなっちゃったりするんだろうけど、ここで黙っちゃダメなんですよっ

だから、きのこちゃんの決死の覚悟を、全面支援するからっ!!!

拷問にも不法操作にもマケズ
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-6773.html
不法捜査 偽証には誣告罪で
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-6770.html

これを読んだみなさんにできることは、とにかく、書く・言う・真実を拡散する…ことを、止めないことです。心があるなら。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-10-26 14:29 | 新聞捨ててテレビを消そう | Trackback | Comments(0)

蝶よ花よと

あっという間に10月も2/3が過ぎてしまったけれど、ヤップ島では季節の変わり目の小秋日和(?)なお天気が続いている。毎朝出かける前に、先日きれいにしたばかりでまだ何も植えていない畑をながめて、ひとりニンマリするのが、こここ数日の日課になった(笑)。

そんなおり、茶色く枯れたサツマイモの葉っぱの上に、なにやら蛍光グリーンっぽいものがくっついているのを目の端がとらえて、あまりにも場違いな色合いに、包装紙の切れ端かと思って拾おうとしたら…ひゃ~青虫さんでした!

どこのどなたか存じませんが、とりあえず写真を撮って…(笑)、

それをもとにウエブ検索で調べていたら、なななんと!お尻に一本角が生えているのはスズメガの仲間の幼虫なのだそうで、
幼虫は一般的に、青虫、芋虫、毛虫などと呼ばれますが、青虫は蝶に、毛虫や芋虫は蛾になる、ということではありません。ふさふさの毛虫やちょっと痛い感じのトゲトゲの虫でも蝶になるものがいます。青虫でも蛾になるものは多いです
だと。それで、この青虫はスズメガの仲間の幼虫だろうと見当をつけて(ただし、この子のお尻の角は潰れているけれど)、さらに検索するうち、タバコスズメガかな…とか、いやトビイロスズメではないか…とか、いろいろな候補蛾が上がったけれど、

この横顔と体側の斑紋(点)、それになんといってもその食性(サツマイモが好物)と分布域から、たぶんエビガラスズメだろうというところに落ち着いて、ひと安心。エビガラスズメの幼虫には茶色バージョンもあるみたい。

エビガラスズメ
http://www.jpmoth.org/Sphingidae/Sphinginae/Agrius_convolvuli.html

成虫もなかなかカワユイじゃないっすか。なんだか蛾に親近感がわいてきたような…(笑)。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-10-23 01:11 | ヤップの自然・陸 | Trackback | Comments(4)

収穫!

仮住まいにいた4ヶ月のあいだ、ほうりっ放しにしていた猫の額菜園を、朝のうちの涼しい時間帯に、2日をかけて整理した。畑全体を覆うほど伸び放題だったサツマイモから、収穫できたイモは、

たった↑これだけ↑ それでも想定どおりというか、こんなにあったんだ!と、ちょっとだけ嬉しかった。ほんとうは家を移る前に収穫しておくべきだったんだけど、忙しかったからね…。

そして雨後のタケノコならぬ、何本もにょきにょき生えていた激辛小粒トウガラシはといえば、

最終的にサツマイモのツルにおおわれて負けそうになっていたけれど、二株だけ残して始末して、実を収穫したら、↑こんだけ↑採れた。さあて、これをどう保存しようか…。

なによりも嬉しかったのは、完全にサツマイモにおおわれて、もうダメだと思っていたパイナップルが、一株だけ元気に生き残っていてくれたこと。しかも畑の隅っこで一番ひ弱そうだったのが、たくましく育っていた。もう一株はサツマイモにおおわれただけでなく、ワンコが掘り返した(け飛ばした)ような形跡もあった。ごめんな。

3月ころに植えたヤムイモも完全にアウトだったけれど、サツマイモのツルの下で、なんとノニが何本も、ひっそりと芽を出していた!

以前のように屋根のすぐ下で生えさせないように、少し離して植えなおしてみた。ノニに限らず、どんな植物もじぶんが生えたいところをよく知っている。移植したところは土が固くて、少し掘ると岩盤に当たるような過酷な場所なのだけれど、どうか無事に成長してくれますように。

きれいにした畑には、貯まりに貯まっていた台所生ゴミの米とぎ汁乳酸菌漬けを埋めて、土が乾かないように、引き抜いた大量のサツマイモのツルを丸めておおった(再び根付くのもいるかもしれない)。来週か再来週くらいに、さて何から植えようか…?とまあ、ふたたび猫の額菜園生活が戻ってきて、たいへんハッピーな週末でありました♪


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしかったら人気ブログランキング地域情報 & にほんブログ村海外生活ブログにクリックをお願いします。


ヤップのマンタ:
http://yaplog.jp/mantas/
ヤップ島あれこれ:
http://yaplog.jp/suyap/
ヤップ島の旅案内:
http://www.naturesway.fm/index2.html
# by suyap | 2014-10-19 20:26 | 猫の額菜園日記 | Trackback | Comments(7)
< 前のページ 次のページ >